編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

まだまだいた三国志の名外交官たち5選

この記事の所要時間: 233




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志そう言えばいた、あんな一発屋」のコーナーです。

 

 

前回、外交交渉能力最高賞を決定しましたが、実はその後で、

外交で活躍した文官はまだまだいたなーって反省する結果になってしまいました。

武将や軍師は記憶に残っているんですが、文官は印象が薄いんですよね。忘れていました。

本当に申し訳ありません!

と、いうことで今回は「三国志の名外交官」を追加してお伝えしていきます。

前回登場しなかった皆さんの大好きな外交官も登場してくれればいいのですが。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

前回記事:日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10




劉備→孫権 使者・伊籍(いせき)

 

伊籍は有名なのでご存知な方も多いと思います。荊州の劉表に仕えていた男です。

孫権も伊籍の能弁ぶりを聞いていたので、使者として訪れたときに意地悪なことを言います。

伊籍が拝礼して立ち上がった際に「苦労して無道の主に仕える必要はあるまい」と話しかけます。

伊籍は「いえいえ、一拝一起に何の苦労がありましょうか」と答えました。

つまりたった今、拝礼した相手が無道の主ということになるのです。

主君の劉備の尊厳を保つこの切り返しに孫権は感心します。

伊籍は機知が優れていたのですね。




孫権→曹丕 使者・趙咨

 

孫権が曹丕に帰順して呉王となったときの使者が趙咨です。

意地悪な曹丕に「孫権を滅ぼそうと思っているが」と言われて、

「100万の兵がいて、長江や漢水を池のようなものに感じている我らが

恐れるとお思いですか?」と答えました。

曹丕や魏の文官たちはその口上と姿勢に感心したそうです。

孫権のもとに戻った趙咨は曹丕と結んでいても長くは続かないので、独立すべきだと報告します。

呉の使者はなかなか命知らずで能弁な外交官が多いですね。

 

孫権→劉備 使者・鄭泉

 

夷陵の戦いで大敗を喫した劉備は成都に戻らず、白帝城にこもっていました。

反省の気持ちが強かったようですね。病弱にもなったようです。

そんな劉備のもとに向い、今後について話し合ったのがこの鄭泉です。

かなり気をつかったのではないでしょうか。

とてつもなく他人を思いやることのできる人にしかできない役目ですね。

ここで劉備も納得したので、死後、諸葛亮孔明の指示のもと蜀と呉は再び同盟を結ぶことができました。

一番難しい場面で外交交渉したのがこの鄭泉なのです。凄いです!

 

劉禅→孫権 使者・陳震

 

孫権が呉の皇帝となり、蜀と共に魏を倒そうという約定を交わしたときの使者が陳震です。

魏を討ち滅ぼした後は、蜀は幷州・冀州・涼州・兗州を加え、

呉は徐州・青州・幽州・豫州を加えるという割譲の約束もしています。

ちなみに司隷は半分ずつという内容でした。

蜀と呉の不可侵条約を締結したのが陳震なのです。

確かにこれ以降、蜀と呉は領土問題を起こしていませんね。

見事な外交交渉です。

 

劉禅→孫権 使者・李密

 

孫権は使者に対してけっこう意地悪です。

蜀の李密が呉に訪れたときに、「兄と弟のどちらがいいのか」という質問をしました。

もちろん孫権は弟だと言います。理由は自分が孫策の弟だからです。

しかし李密はそれを知っていながら、兄であると答えました。

理由は兄の方が親を長く養えるからだそうです。

忠より孝が大事であると言われていた時代です。

孫権を含め、呉の文官らもみなその答えに納得し、称賛したそうです。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

皆さんはどれくらい知っていましたか?

かなりマニアックなキャラが多いですね。そーいえばゲームで見たかも!みたいな。

しかし、こうなると前回発表した

「外交交渉能力ベスト10」は入れ替わってしまうのでしょうか。困りました……。

この五人ともに凄い外交官ですよね。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10

関連記事:三国志一騎打ちの強さベスト10!一騎当千は誰だ!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 周瑜の名言から知る三国志の世界「人生れれば死あり。修短は命なり」…
  2. 魏(曹丕)呉(孫策)蜀(劉禅)の2代目君主は誰が一番優秀だった?…
  3. 三国志で映画にしてほしいシーンベスト10
  4. 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢
  5. 董卓はどうしてデブになったの?真面目に考察してみた
  6. テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指…
  7. 【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの?
  8. 三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた!…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 諸葛靚(しょかつせい)とはどんな人?父(諸葛誕)の敵である司馬家を恨み、晋に仕えなかった硬骨漢
  2. 馮煕(ふうき)とはどんな人?曹丕の脅迫に屈しなかった呉の外交官でもあり光武帝配下・馮異の子孫
  3. 呉の大都督、周瑜の魅力がありあまり過ぎて困る7つの理由
  4. 楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しちゃうよ?
  5. 大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!?
  6. みにおん三国志とはどんなアプリゲーム?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧 53話:体制を立てなおした劉備に曹操が襲いかかる 【感想・ネタバレ】劉備徳子は静かに暮らしたい 1巻 三国志の武将たちが現代の高校生に転生!? 趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に! 何で姜維の北伐は反発されてたのに孔明の北伐は反対されなかったの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース43記事【3/13〜3/19】 【大三国志 攻略3】滅亡も覚悟の8・8青州外交 どうなる同盟・天下乱舞の運命! みんな大好き王騎の副官・騰将軍の仕事は意外に激務だった!

おすすめ記事

  1. 馮煕(ふうき)とはどんな人?曹丕の脅迫に屈しなかった呉の外交官でもあり光武帝配下・馮異の子孫
  2. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.1
  3. キングダム 516話 ネタバレ予想:城を追い出された難民はどこへ向かうの?
  4. 孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!?
  5. マンガ『キングダム』に学ぶ、本心を隠し部下の本音を探れ
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース38記事【3/6〜3/12】
  7. みんな大好き王騎の副官・騰将軍の仕事は意外に激務だった!
  8. 三国志探索・蜀の楊儀ファンはいるのだろうか?生き方が不器用な楊儀

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP