キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

まだまだいた三国志の名外交官たち5選




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志そう言えばいた、あんな一発屋」のコーナーです。

 

 

前回、外交交渉能力最高賞を決定しましたが、実はその後で、

外交で活躍した文官はまだまだいたなーって反省する結果になってしまいました。

武将や軍師は記憶に残っているんですが、文官は印象が薄いんですよね。忘れていました。

本当に申し訳ありません!

と、いうことで今回は「三国志の名外交官」を追加してお伝えしていきます。

前回登場しなかった皆さんの大好きな外交官も登場してくれればいいのですが。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

前回記事:日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10




劉備孫権 使者・伊籍(いせき)

 

伊籍は有名なのでご存知な方も多いと思います。荊州の劉表に仕えていた男です。

孫権も伊籍の能弁ぶりを聞いていたので、使者として訪れたときに意地悪なことを言います。

伊籍が拝礼して立ち上がった際に「苦労して無道の主に仕える必要はあるまい」と話しかけます。

伊籍は「いえいえ、一拝一起に何の苦労がありましょうか」と答えました。

つまりたった今、拝礼した相手が無道の主ということになるのです。

主君の劉備の尊厳を保つこの切り返しに孫権は感心します。

伊籍は機知が優れていたのですね。




孫権→曹丕 使者・趙咨

 

孫権が曹丕に帰順して呉王となったときの使者が趙咨です。

意地悪な曹丕に「孫権を滅ぼそうと思っているが」と言われて、

「100万の兵がいて、長江や漢水を池のようなものに感じている我らが

恐れるとお思いですか?」と答えました。

曹丕や魏の文官たちはその口上と姿勢に感心したそうです。

孫権のもとに戻った趙咨は曹丕と結んでいても長くは続かないので、独立すべきだと報告します。

呉の使者はなかなか命知らずで能弁な外交官が多いですね。

 

孫権→劉備 使者・鄭泉

 

夷陵の戦いで大敗を喫した劉備は成都に戻らず、白帝城にこもっていました。

反省の気持ちが強かったようですね。病弱にもなったようです。

そんな劉備のもとに向い、今後について話し合ったのがこの鄭泉です。

かなり気をつかったのではないでしょうか。

とてつもなく他人を思いやることのできる人にしかできない役目ですね。

ここで劉備も納得したので、死後、諸葛亮孔明の指示のもと蜀と呉は再び同盟を結ぶことができました。

一番難しい場面で外交交渉したのがこの鄭泉なのです。凄いです!

 

劉禅→孫権 使者・陳震

 

孫権が呉の皇帝となり、蜀と共に魏を倒そうという約定を交わしたときの使者が陳震です。

魏を討ち滅ぼした後は、蜀は幷州・冀州・涼州・兗州を加え、

呉は徐州・青州・幽州・豫州を加えるという割譲の約束もしています。

ちなみに司隷は半分ずつという内容でした。

蜀と呉の不可侵条約を締結したのが陳震なのです。

確かにこれ以降、蜀と呉は領土問題を起こしていませんね。

見事な外交交渉です。

 

劉禅→孫権 使者・李密

 

孫権は使者に対してけっこう意地悪です。

蜀の李密が呉に訪れたときに、「兄と弟のどちらがいいのか」という質問をしました。

もちろん孫権は弟だと言います。理由は自分が孫策の弟だからです。

しかし李密はそれを知っていながら、兄であると答えました。

理由は兄の方が親を長く養えるからだそうです。

忠より孝が大事であると言われていた時代です。

孫権を含め、呉の文官らもみなその答えに納得し、称賛したそうです。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

皆さんはどれくらい知っていましたか?

かなりマニアックなキャラが多いですね。そーいえばゲームで見たかも!みたいな。

しかし、こうなると前回発表した

「外交交渉能力ベスト10」は入れ替わってしまうのでしょうか。困りました……。

この五人ともに凄い外交官ですよね。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10

関連記事:三国志一騎打ちの強さベスト10!一騎当千は誰だ!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓
  2. 三国志 Three Kingdomsのここがすごい!スリーキング…
  3. 船冒険する諸葛直 船 【三国志版艦コレ】孫権が保有していた巨大戦艦長安を解説
  4. 張飛の男気人生に痺れる!これぞ三国一!一騎当万の豪傑
  5. すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選
  6. 呉の大都督、周瑜の魅力がありあまり過ぎて困る7つの理由
  7. 曹彰(そうしょう)とはどんな人?勉強嫌いだが、武を磨いて将来を期…
  8. 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【中華二千年の戦い】皇帝の友達宦官vs母方の血族外戚
  2. 近藤勇の池田屋事件での活躍とは? 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  3. 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだった! 孫策に攻撃される黄祖
  4. 周泰(しゅうたい)ってどんな人?孫権に重んじられた、全身傷だらけの男
  5. 坂の上の雲の主人公・秋山真之と後漢王朝の張衡には深い関係があった!?
  6. 袁尚(えんしょう)とはどんな人?兄と争ったせいで袁家をつぶしてしまった漢

三國志雑学

  1. 鍾会を説得する姜維
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔融と禰衡

おすすめ記事

世界一お粗末! 菫承の曹操暗殺計画。間男の恨みでぶち壊しに! 歴史上の最強の弓の使い手は誰?太史慈?李広?源為朝?立花宗茂? 北条早雲の家臣は無名だけど有能揃いだった 理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう) 天才軍師・郭嘉の息子も天才軍師だったの!? 阿部正弘には子孫がいるの?子孫もイケメン? 三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人? 【三国志平話】小喬がイケメン孔明に生唾ごっくん

おすすめ記事

  1. 大阪城へいざ参らん!!黒田家元家老・後藤又兵衛
  2. タウンゼントハリスはどんな人?善意の仮面をかぶった食わせ者外交官
  3. 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?
  4. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4
  5. 【シミルボン】これはヤバいよ!裏三国志 大流行したドラッグ五石散
  6. 【三国志とお金】曹洪のサイドビジネス三国時代の金融業はアコギだった
  7. 黒田官兵衛の奇抜な献策と備中高松城攻防戦の水攻めがスゴイ!
  8. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロであり陳寿も認めた忠義と信義【後編】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP