編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

まだまだいた三国志の名外交官たち5選

この記事の所要時間: 233




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志そう言えばいた、あんな一発屋」のコーナーです。

 

 

前回、外交交渉能力最高賞を決定しましたが、実はその後で、

外交で活躍した文官はまだまだいたなーって反省する結果になってしまいました。

武将や軍師は記憶に残っているんですが、文官は印象が薄いんですよね。忘れていました。

本当に申し訳ありません!

と、いうことで今回は「三国志の名外交官」を追加してお伝えしていきます。

前回登場しなかった皆さんの大好きな外交官も登場してくれればいいのですが。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

前回記事:日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10




劉備→孫権 使者・伊籍(いせき)

 

伊籍は有名なのでご存知な方も多いと思います。荊州の劉表に仕えていた男です。

孫権も伊籍の能弁ぶりを聞いていたので、使者として訪れたときに意地悪なことを言います。

伊籍が拝礼して立ち上がった際に「苦労して無道の主に仕える必要はあるまい」と話しかけます。

伊籍は「いえいえ、一拝一起に何の苦労がありましょうか」と答えました。

つまりたった今、拝礼した相手が無道の主ということになるのです。

主君の劉備の尊厳を保つこの切り返しに孫権は感心します。

伊籍は機知が優れていたのですね。




孫権→曹丕 使者・趙咨

 

孫権が曹丕に帰順して呉王となったときの使者が趙咨です。

意地悪な曹丕に「孫権を滅ぼそうと思っているが」と言われて、

「100万の兵がいて、長江や漢水を池のようなものに感じている我らが

恐れるとお思いですか?」と答えました。

曹丕や魏の文官たちはその口上と姿勢に感心したそうです。

孫権のもとに戻った趙咨は曹丕と結んでいても長くは続かないので、独立すべきだと報告します。

呉の使者はなかなか命知らずで能弁な外交官が多いですね。

 

孫権→劉備 使者・鄭泉

 

夷陵の戦いで大敗を喫した劉備は成都に戻らず、白帝城にこもっていました。

反省の気持ちが強かったようですね。病弱にもなったようです。

そんな劉備のもとに向い、今後について話し合ったのがこの鄭泉です。

かなり気をつかったのではないでしょうか。

とてつもなく他人を思いやることのできる人にしかできない役目ですね。

ここで劉備も納得したので、死後、諸葛亮孔明の指示のもと蜀と呉は再び同盟を結ぶことができました。

一番難しい場面で外交交渉したのがこの鄭泉なのです。凄いです!

 

劉禅→孫権 使者・陳震

 

孫権が呉の皇帝となり、蜀と共に魏を倒そうという約定を交わしたときの使者が陳震です。

魏を討ち滅ぼした後は、蜀は幷州・冀州・涼州・兗州を加え、

呉は徐州・青州・幽州・豫州を加えるという割譲の約束もしています。

ちなみに司隷は半分ずつという内容でした。

蜀と呉の不可侵条約を締結したのが陳震なのです。

確かにこれ以降、蜀と呉は領土問題を起こしていませんね。

見事な外交交渉です。

 

劉禅→孫権 使者・李密

 

孫権は使者に対してけっこう意地悪です。

蜀の李密が呉に訪れたときに、「兄と弟のどちらがいいのか」という質問をしました。

もちろん孫権は弟だと言います。理由は自分が孫策の弟だからです。

しかし李密はそれを知っていながら、兄であると答えました。

理由は兄の方が親を長く養えるからだそうです。

忠より孝が大事であると言われていた時代です。

孫権を含め、呉の文官らもみなその答えに納得し、称賛したそうです。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

皆さんはどれくらい知っていましたか?

かなりマニアックなキャラが多いですね。そーいえばゲームで見たかも!みたいな。

しかし、こうなると前回発表した

「外交交渉能力ベスト10」は入れ替わってしまうのでしょうか。困りました……。

この五人ともに凄い外交官ですよね。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10

関連記事:三国志一騎打ちの強さベスト10!一騎当千は誰だ!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた…
  2. 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!
  3. 袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操
  4. 【ビジネス三国志】孔明の大逆転!既成概念を破壊してチャンスを掴め…
  5. 【誤解しないで!】男同士のひざまくらが三国志の時代に大流行!その…
  6. ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭を…
  7. 名馬ズラリ!三国志〜日本史と英雄の偉業を支えた名馬たちを徹底紹介…
  8. 曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. キングダムの時代に開花した法家の思想
  2. 【科学面や発明品から知る三国志】三国時代の発明品ってどんなものがあったの?
  3. 游楚(ゆうそ)とはどんな人?諸葛亮の攻撃を耐え抜いた魏の太守
  4. 【魏のキラーの名を冠した将軍】城を守らせたら誰にも負けない文聘ってどんな人?
  5. 民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる
  6. 誘引の計にかかった関羽、ブチ切れる。

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物 なぜ劉備は蜀王ではなく小さい土地である漢中王に就任したの? キングダムでついに韓非子の名が!韓非子ってなに? 三国志の英雄も楽しんだ?日本とは少し違う三国志時代の蝉取り 諸葛孔明の弟、諸葛均ってどんな人だったの? 【センゴク】なんで西の覇者・毛利家は織田信長と敵対し続けたの? キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実在したの? 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】

おすすめ記事

  1. 士仁(しじん)は何で関羽を裏切ったの?呉へ降伏してしまった蜀の武将
  2. 桓騎軍のDQN集団がヤバ過ぎる・・・何であんなのが配下に集まるの?その驚くべき理由とは?
  3. なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占いと衰退した理由
  4. 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(おうろう)
  5. 【キングダム】イケメンな始皇帝の意外な最期を大胆に考えてみよう!
  6. 【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!!
  7. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧しいが性根の優しい人物Part.1
  8. これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう)

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP