はじめての三国志

menu

三国志の雑学

まだまだいた三国志の名外交官たち5選

この記事の所要時間: 233




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志そう言えばいた、あんな一発屋」のコーナーです。

 

 

前回、外交交渉能力最高賞を決定しましたが、実はその後で、

外交で活躍した文官はまだまだいたなーって反省する結果になってしまいました。

武将や軍師は記憶に残っているんですが、文官は印象が薄いんですよね。忘れていました。

本当に申し訳ありません!

と、いうことで今回は「三国志の名外交官」を追加してお伝えしていきます。

前回登場しなかった皆さんの大好きな外交官も登場してくれればいいのですが。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

前回記事:日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10




劉備→孫権 使者・伊籍(いせき)

 

伊籍は有名なのでご存知な方も多いと思います。荊州の劉表に仕えていた男です。

孫権も伊籍の能弁ぶりを聞いていたので、使者として訪れたときに意地悪なことを言います。

伊籍が拝礼して立ち上がった際に「苦労して無道の主に仕える必要はあるまい」と話しかけます。

伊籍は「いえいえ、一拝一起に何の苦労がありましょうか」と答えました。

つまりたった今、拝礼した相手が無道の主ということになるのです。

主君の劉備の尊厳を保つこの切り返しに孫権は感心します。

伊籍は機知が優れていたのですね。




孫権→曹丕 使者・趙咨

 

孫権が曹丕に帰順して呉王となったときの使者が趙咨です。

意地悪な曹丕に「孫権を滅ぼそうと思っているが」と言われて、

「100万の兵がいて、長江や漢水を池のようなものに感じている我らが

恐れるとお思いですか?」と答えました。

曹丕や魏の文官たちはその口上と姿勢に感心したそうです。

孫権のもとに戻った趙咨は曹丕と結んでいても長くは続かないので、独立すべきだと報告します。

呉の使者はなかなか命知らずで能弁な外交官が多いですね。

 

孫権→劉備 使者・鄭泉

 

夷陵の戦いで大敗を喫した劉備は成都に戻らず、白帝城にこもっていました。

反省の気持ちが強かったようですね。病弱にもなったようです。

そんな劉備のもとに向い、今後について話し合ったのがこの鄭泉です。

かなり気をつかったのではないでしょうか。

とてつもなく他人を思いやることのできる人にしかできない役目ですね。

ここで劉備も納得したので、死後、諸葛亮孔明の指示のもと蜀と呉は再び同盟を結ぶことができました。

一番難しい場面で外交交渉したのがこの鄭泉なのです。凄いです!

 

劉禅→孫権 使者・陳震

 

孫権が呉の皇帝となり、蜀と共に魏を倒そうという約定を交わしたときの使者が陳震です。

魏を討ち滅ぼした後は、蜀は幷州・冀州・涼州・兗州を加え、

呉は徐州・青州・幽州・豫州を加えるという割譲の約束もしています。

ちなみに司隷は半分ずつという内容でした。

蜀と呉の不可侵条約を締結したのが陳震なのです。

確かにこれ以降、蜀と呉は領土問題を起こしていませんね。

見事な外交交渉です。

 

劉禅→孫権 使者・李密

 

孫権は使者に対してけっこう意地悪です。

蜀の李密が呉に訪れたときに、「兄と弟のどちらがいいのか」という質問をしました。

もちろん孫権は弟だと言います。理由は自分が孫策の弟だからです。

しかし李密はそれを知っていながら、兄であると答えました。

理由は兄の方が親を長く養えるからだそうです。

忠より孝が大事であると言われていた時代です。

孫権を含め、呉の文官らもみなその答えに納得し、称賛したそうです。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

皆さんはどれくらい知っていましたか?

かなりマニアックなキャラが多いですね。そーいえばゲームで見たかも!みたいな。

しかし、こうなると前回発表した

「外交交渉能力ベスト10」は入れ替わってしまうのでしょうか。困りました……。

この五人ともに凄い外交官ですよね。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10

関連記事:三国志一騎打ちの強さベスト10!一騎当千は誰だ!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 李儒(りじゅ)とはどんな人?董卓の恐怖政治を参謀として支えた謎の…
  2. 曹真が明帝時代の名将である確固たる理由
  3. 【第5回 幻想少女】ついに董卓との決戦!みんな大好き・袁術様も登…
  4. 胡烈(これつ)とはどんな人?姜維と鍾会の夢を打ち砕いた晋の将軍【…
  5. 【保存版】三国志に登場する兄弟をドーンと紹介!!【三國志兄弟物語…
  6. 蔣欽(しょうきん)とはどんな人?孫権に『国士』と激賞された呉の十…
  7. 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる
  8. 曹操くんポカーン。こやつ何を言ってるんじゃ?古代中国の方言から現…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんなの?
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【5/15〜5/22】
  3. キングダムのラスボスは昌平君でも李牧でもなくあの人だ!
  4. 92話:劉備を徹底的に追い詰める張任
  5. 【シミルボン】かつて三国志は今とは似てもにつかない荒唐無稽な話だった
  6. 【呉を作った男達】いぶし銀の輝きを放つ呉の英雄を紹介!

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察 秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ! 7話:黄巾の乱は、どうして起こったのか? 黄巾賊についてわかりやすく解説 聶栄(じょうえい)の弟の名を歴史に残すための執念がスゴイ!千里の道をいとわずやってきた聶栄 邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ? 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ! 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.2【完】

おすすめ記事

  1. 【はじめてのセンゴク】毛利家の暗躍と荒木村重の反乱
  2. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【11/7〜11/13】
  4. 37話:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る
  5. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第12部
  6. 【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話
  7. 133話:公孫淵の反乱と司馬懿の台頭
  8. 後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP