編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

司馬懿は大軍を率いていながら孔明にビビって逃走したってほんと?

この記事の所要時間: 225




 

諸葛孔明のライバルと言っても過言ではない人物。

それは司馬仲達(しばちゅうたつ)です。

今までの三国志では孔明に惨敗しまくっていた仲達ですが、

孔明が拠点としていた城に追い詰めたことがあったそうです。

孔明は少ない人数で城を守っていたのですが、

仲達は孔明が少ない人数で城を守っていることにビビってしまい撤退してしまったそうです。

果たして本当なのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指していたの?




別働隊として全軍を分散させる

 

孔明は魏を討伐するために北伐を開始。

彼は陽平(ようへい)に本体一万を駐屯させると他の蜀軍を全軍を別々に行動させます。

司馬懿は孔明の北伐軍を迎撃するために出陣すると20万ほどの軍勢を率いて出陣。

彼は蜀軍が分散して魏へ攻撃を仕掛けていることを知りますが、

孔明を討ち滅ぼせば蜀軍は撤退すると考え、孔明の本隊がいる城へ突き進んでいきます。




孔明最大の危機

 

司馬懿は孔明が守っている城の付近に到着すると彼が守っている城を調査します。

すると孔明の本隊一万が城を守っているだけで付近に蜀軍がいないことが判明。

孔明も司馬懿の大軍が自らの城に迫っていることを知りますが、

すでに城の付近に来ていたため撤退することもできなくなっており、

最大の危機が訪れる事になるのです。

しかし彼は慌てることなく冷静に部下へ「蜀軍の旗を全てしまって静かにせよ。

 

 

また幕舎から兵士達が出ることを禁じ城の四方の城門を全て開かせよ。」と布令を出します。

さらに彼は城門前の掃除をしてきれいにした後、司馬懿の軍勢が来るのを待ちます。

 

ビビって山に駐屯する

 

司馬懿は孔明のいる城へ到着しますが城の四方の城門が全て開かれている状態で、

旗指物がなく恐ろしい程静かな状態であることに不信感を抱きます。

そして部下に「孔明は慎重な人物であると聞いている。

もしかしたら付近に援軍もしくは伏兵が潜んでいるかもしれない。

このまま攻撃を仕掛ければ我が軍が全滅する可能性があるので、

近くの山に駐屯して様子を見ることにする。」と述べて付近の山に駐屯することにします。

孔明は司馬懿の軍勢が城に攻撃を仕掛けることなく付近の山に駐屯している様を見て

大笑いして「司馬懿はこの城に伏兵があるかもしれないと危惧して、

攻撃を仕掛けてこなかったのじゃ。

なんてビビリなやつなんだ」と言っていたそうです。

司馬懿はその後孔明の城に伏兵がないことを知ると大いに悔しがりますが、

すでにこの時に魏延(ぎえん)や他の諸将が帰還していたので、

孔明の本隊が守っている城へ攻撃を仕掛けることなく撤退していくことになるのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

上記の話は晋の時代の役人である郭沖(かくちゅう)が記した

諸葛亮弁護論と言う書物に記載されている話です。

この書物を読んだ三国志・註を書いた裴松之(はいしょうし)はこのように批判しております。

彼は「そもそも孔明が陽平に駐屯していた時期、

司馬懿は荊州(けいしゅう)を統括しており孔明と戦っている可能性は少ない。

また司馬懿がいかに臆病者であったとしても20万の軍勢を率いており、

しっかりと孔明が守っている城を調査すれば、

伏兵がいたとしても孔明の軍勢を打ち破ることは簡単なことだと考える。

にも関わらず司馬懿がビビって付近の山に駐屯することなどありえるだろうか。

また孔明は魏延に別働隊を率いて行動させたことが一度もなかったのに、

なぜこの時にだけ魏延に別働隊を与えて率いることになったのか。」と

この諸葛亮弁護論に疑問を投げかけております。

果たして郭沖の記した諸葛亮弁護論の戦いはあったのでしょうか。

それとも郭沖の想像の範囲で描かれた物なのでしょうか。

郭沖が居ない今真相は闇の中ですが・・・・。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三國志魏書4 今鷹真・井波律子著など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:司馬昭(しばしょう)とはどんな人?三国時代終焉の立役者でもあり司馬懿の次男

関連記事:【軍師連盟】司馬懿は遼東遠征の時なんで大虐殺をしたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 龐徳(ほうとく)ってどんな人?忠烈な最期を称えられた魏(義)の猛…
  2. 賈南風(かなんぷう)とはどんな人?司馬衷の妃となって晋王朝を滅亡…
  3. そうだったの?呂蒙が後を託したのは陸遜では無かった!
  4. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編
  5. 後漢の人材難極まる!火薬庫涼州の刺史がボンクラ揃い
  6. 【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?
  7. 意外と義兄弟と離れ離れの時期が長かった関雲長のぼっち履歴をご紹介…
  8. 姫様ってあだ名を付けられた戦国大名が存在した!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【刀匠干将・莫耶】二人が作った剣、実は三国志にも関わり合いがあった!
  2. 59話:文武両道、義侠心に厚い漢 徐庶(じょ しょ)は劉備と出逢う
  3. 今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙
  4. 【三国志のエチケット】口臭は人間関係もビジネスも台無しにする?
  5. 許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー
  6. 【シミルボン】自分を褒めまくり、曹丕の自叙伝が意識高い系でウザい

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操の迅速な機動力VS劉備の逃げ足の速さ 孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した! 17話:結構頭脳派?少数の手勢を何倍にも見せた菫卓 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(おうろう) 99話:荊州を餌に孫権に合肥を攻めさせる劉備 三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの? お笑いウルトラクイズか?大田城、水攻め爆発で落城!秀吉のリベンジはハンパ無い 英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析

おすすめ記事

  1. 【キングダム】秦の旧六大将軍と新六大将軍を大胆予想!
  2. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編
  3. 【シミルボン】衝撃!司馬懿の首は本当に180度回った?
  4. どうして劉備は呂布を胡散臭いと思ったの?
  5. 【真田丸】高速で関ヶ原の戦いは終わったが、どうして三成と家康が戦うことになったの?『黒田廉の考察』
  6. 策士・張飛 (ちょうひ)が繰り出す瞞天過海の計&暗渡陳倉計ってどんな計略?
  7. 蜀の勇将・姜維は司馬昭に嵌められ無念の最期を遂げる?
  8. 金ケ崎の退却戦ってなに?秀吉の名前が一躍知れ渡ることになる退却戦

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP