曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【魏の陣営・趙戩と傅幹の討論】劉備は益州を攻略できるの?

この記事の所要時間: 22




 

劉備は益州の劉璋(りゅうしょう)の陣営からの要請によって益州攻撃を開始。

彼は劉璋と共同で張魯討伐を行うことが表向きの建前であったため、

3万ほどの軍勢を引き連れて益州へ侵入。

劉璋からおもてなしされた後、益州各地の劉璋の領土へ攻撃を開始します。

魏ではこの時益州攻略を開始した劉備が、

果たして益州攻略を行うことができるのかどうかについて議論されておりました。

今回は魏の側から見た劉備の益州攻略の是非についてご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【一触即発】益州の争奪をめぐって劉備と孫権が対立しそうだった




劉備が益州攻略に乗り出す

 

劉備は張魯(ちょうろ)討伐の名のもとに自らの軍勢を引き連れて、

益州の劉璋の領土に入ります。

劉備は劉璋の領土に入りますが張魯討伐を行おうとせず、

劉璋の領土内で民衆達の人気取りを行います。

彼はその後、孫権からの救援依頼を名目に益州から去ろうとします。

劉備は益州から去る際に劉璋から兵力を借りようとしますが、

半分程度しか与えてもらえませんでした。

彼は劉璋が自らに協力的ではない態度に激怒して、

劉璋の領土内になる城へ攻撃を仕掛けていきます。

こうして劉備の益州攻略戦が始めることになります。




趙戩の意見:「劉備は益州攻略に成功しないであろう」

 

魏では劉備が益州攻略に乗り出したことを聞くと群臣達は色々な討論を開始します。

主な討論の内容は劉備が益州攻略を成功させることができるのか否かでした。

趙戩(ちょうせん)という人物は傅幹(ふかん)という人物と劉備が起こした

益州攻略戦の是非について討論を行います。

趙戩は傅幹へ「劉備が益州を攻略することは無理だと思う。

その理由だが、彼は今まで戦に勝ったことがほとんどなく、逃走することに長けている。

また益州の地形は兵を進めるのに不利であり劉璋がしっかりと拠点によって戦えば、

劉璋軍がまず負けることはないであろう」と述べます。

しかし傅幹は彼の意見とは真逆の意見を持っておりました。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

傅幹の意見

 

趙戩の意見に対して傅幹は別の認識を持っておりました。

彼は趙戩に対して「劉備は今まで敗北を重ねてきたが、

核となっている軍勢は散らずに残っている。

さらに彼には関羽張飛と言う一騎当千の強者がおり、将軍として兵を率いているそうだ。

彼らに加えて最近劉備の配下となった諸葛孔明という人物は、

政治に対して優れた能力を持っており、状況の変化に応じて対応できるそうだ。

他にも荊州の優れた人物が彼の配下として加わっており、

劉備が彼らをしっかりと使いこなせれば、

ほぼ100%益州を攻略することができるのではないのでしょうか。」と

劉備が益州を攻略することができると判断します。

そして傅幹の予想通り、劉備は益州攻略を短期間の内に成功させることになります。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

傅幹の討論には興味深いものがあります。

それは諸葛孔明の存在が曹操軍の間で知れ渡っているからです。

孔明は劉孫同盟における外交がはじめての活躍と言えるものではないのでしょうか。

赤壁の戦いの時にはほとんど表立って活躍しておらず、

劉備が南荊州に領土を確保した際、

彼は南荊州の領土経営において手腕を発揮した程度で、

他国においてその名を轟かすほどの活躍をしておりません。

この程度の活躍していない他国の軍師が、

曹操の配下の中堅どころの文官にまで知られているのはすごいことだと思いませんか。

当時の中華において無名に近い人物が、

どうして傅幹のような中堅どころの文官が知ることになったのかはわかりません。

しかし一つ言えるのは

曹操の配下達にとって諸葛孔明は驚異的な人物であるという認識を持たれていたのは

間違えないと思います。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:益州に侵攻した劉備にとって最も強敵だったのは誰?

関連記事:益州の牧・劉璋の配下で最強の武将は誰か?魏延や黄忠を打ち破ったあの武将

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)
  2. あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王
  3. 李広(りこう)とはどんな人?「飛将軍」と呼ばれた男は李信の子孫で…
  4. 李孚(りふ)とはどんな人?度胸と勇気は三国志一の魏のマイナー文官…
  5. 真田昌幸にとっての領土拡張戦略と沼田城の重要性
  6. なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの?
  7. 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる
  8. 裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 張遼ってイケメンだったの?【張遼好き必見】
  2. 三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計
  3. ガシュガル・ホータン連合軍を率いて戦い続けた後漢の武将・班超
  4. 天下の袁紹軍の組織図はどうなってたの?袁紹陣営をミエル化してみる!
  5. 【キングダム】昌文君が李斯を土下座説得!何で昌文君は李斯があんなに必要なの?
  6. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 自己紹介編 【001】

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

父・信玄を超えるために武田勝頼が行った政策って何? 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介 川口雪蓬(せっぽう)とはどんな人?西郷家の最強居候 妻が13人もいた曹操が一番愛した女性は誰だったの? アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 高麗がモンゴルと組んだ理由 禰衡大喜び?刑罰はフンドシ一丁で受ける決まりだった魏 三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚 龐徳(ほうとく)ってどんな人?忠烈な最期を称えられた魏(義)の猛将

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【5/15〜5/21】
  2. 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事件?
  3. 5話:頓挫する王莽の新と、後漢王朝の復活
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/10〜7/16】
  5. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.2【完】
  6. 成蟜(せいきょう)ってどんな人?史実の通り策士な政(始皇帝)の弟
  7. 【第5回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】総括します!愛着の湧く三国志ゲームでした
  8. 【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデオロギー

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP