広告募集
李傕祭り

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!?

この記事の所要時間: 611




劉備 桃園

 

桃園三兄弟として、死ぬ時は一緒と誓った、

劉備(りゅうび)関羽(かんう)張飛(ちょうひ)

しかし、それは、三国志演義の固定観念に過ぎず、

実は、関羽は劉備の部下ではなく、同盟者であり、

一人の群雄だったという説があるのです。

蜀書、関羽伝を追いながら、その真偽を確認してみましょう。




疑惑1 主従と言いながら、別行動が多い関羽

関羽 神様

 

関羽は、河東解(かいとうかい)の人でしたが、

トラブルから人を殺して涿(たく)郡に出奔します。

そこで、黄巾賊討伐の義兵を集めていた劉備に知りあうのです。

 

劉備は、関羽と張飛を厚遇し、共にベッドで寝る程でしたが、

二人は、衆人の前では、君臣の別を貫き、一日中、

劉備の近くに立ち護衛していたそうです。

こうして見ると、初期の関羽は劉備を主として見ていたようです。

 

しかし、それから数年後、劉備が公孫瓚(こうそんさん)の配下として、

袁紹(えんしょう)攻撃で手柄を立てて、平原の相になると、

劉備は、関羽と張飛を別府司馬(べっぷしば)に任命して、

別々の部曲(ぶきょく)を与えたと書いてあります。

 

部曲とは、私兵の事なので、劉備は、かなり早い段階から、

関羽を独立した別働隊として見ていたようです。

もっとも、この時点では張飛にも部曲を率いさせていますから、

関羽が、独立志向であったとは、まだ言えません。




疑惑2 劉備に代わり、徐州を統治している関羽

関羽 関索

 

西暦200年、曹操暗殺計画に加担した劉備は計画がバレると、

徐州に進軍し、刺史の車冑(しゃちゅう)を殺して、

関羽に徐州牧を代行させ、自身は小沛に駐屯して、曹操の攻撃に備えます。

 

さて、ここでも関羽は、別行動で徐州の州都下邳(かひ)に入り、

その行政を担当しています。

何故、劉備は、関羽と行動を共にしないで役割分担しているのでしょうか?

ここに、関羽が劉備の配下ではなく同盟者にランクアップした、

様子が見て取れないでしょうか?

 

ここでの戦は曹操の勝利に終わり、劉備は泣きながら袁紹を頼って

北に向かって敗走しますが、関羽は逃げられず捕まります。

 

関連記事:【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧

関連記事:関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇

関連記事:誘引の計にかかった関羽、ブチ切れる。

関連記事:劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ

 

疑惑3 曹操に捕まっても自殺していない・・

関羽 曹操 ゆるキャラ

 

さて、演義では、この時、関羽は劉備の妻子を保護していて、

その為に自殺を思いとどまるとされていますが、蜀書の関羽伝には、

劉備の妻子を保護したというような描写は一切ありません。

 

ただ、関羽が劉備に深い恩義を感じていて、早く戻りたがっており、

長く自分の下に留まる意志がないのを張遼(ちょうりょう)から聞いた

曹操(そうそう)が残念に思ったと書かれているだけです。

 

やや、紛らわしいですが、関羽が自害しないのは、

劉備の同盟者であり部下ではないからではないでしょうか?

 

そして、演義では、忠臣関羽が自殺していない理由づけを探し、

関羽が劉備の妻子を保護していたから・・という架空の理由を

つけて、関羽が自殺しなかった不思議を正当化したのでは?

 

関連記事:桃園三兄弟、バラバラに、、関羽は曹操に捕らわれる

関連記事:義将関羽が曹操に出した降伏の3つの条件

関連記事:いつかは去りゆくと知っていながら関羽を厚遇した曹操

関連記事:【保存版】三国志に登場する兄弟をドーンと紹介!!【三國志兄弟物語】

 

疑惑4 曹操から送られた官位を辞退していない・・

曹操 関羽LOVE

 

関羽は、袁紹との戦いで顔良(がんりょう)を斬り、

漢寿亭侯(かんじゅていこう)に任命されていますが、

これを辞退した形跡がありませんし、また、捕らわれた直後には偏将軍に、

任命されていますが、これも拒否してはいません。

 

曹操は、漢の丞相であり、その官職は献帝(けんてい)から授けられるのだから、

問題はないと言えはしますが、もし、関羽が劉備の家臣なら、

それでも二君に仕える事になり、信義には反するでしょう。

 

関羽は、劉備の同盟者でも部下ではないので、

忠臣は二君に仕えずというカテゴリには入っておらず、

自殺など思いもよらなかった。

そうは、受け取れないでしょうか?

 

関羽

 

また、関羽が曹操から多額の贈物を貰っても封をして返却した事を

関羽の義理堅さと取ったりしますが、これから長い旅をしようという時に、

かさばるような大きな贈物は、有難迷惑ではないでしょうか?

 

持っていける小物だけは持ち出し、そうでないものは封印して、

返してしまい、旅の荷物を軽くしたとも取れます。

 

関連記事:これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行

関連記事:実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介

関連記事:そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)

関連記事:いつまでやるの?またまた『赤兎馬=カバ説』を検証してみる。第2弾【HMR】

 

疑惑5 荊州で関羽が率いていた謎の兵団

関羽

 

曹操の追っ手を逃れて、荊州の劉表(りゅうひょう)を頼った、

劉備と関羽ですがその劉表も西暦208年に病死します。

すると、跡を継いだ劉琮(りゅうそう)は、曹操に降伏して、

曹操の大軍が、荊州になだれ込む事になります。

 

劉備は、この時に樊城に居ましたが、知らせを聴いて仰天し、

食糧の備蓄のある南の江陵(こうりょう)に落ちのびようとしました。

蜀書、関羽伝では、この時、劉備は関羽を数百の船に乗せて、

江陵で落ち合おうと出発させています。

 

さらっと書いていますが、

何でまた、この非常時に、劉備と関羽は別行動なんでしょうか?

曹操の大軍を前にすれば、一つに固まった方が安全だと思います。

もしかして、劉備と関羽の兵は指揮が別々であり、

関羽は独自の判断で劉備とは、別ルートを取ると決めたのではないでしょうか?

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 劉表(りゅうひょう)とはどんな人?肥沃な土地と膨大な兵力を保持し…
  2. 三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡
  3. 2分で分かる合肥の戦い その1 はじまりの裏側
  4. 【意外な事実】天才将軍・韓信は数学にも強かった事が判明!
  5. 司馬徽(しばき)はどんな人?なんでも善きかな、生涯誰にも仕えなか…
  6. 【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた?
  7. 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事
  8. 三国志の時代のお祭りは、どんな様子だったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎ネタバレ感想】第42話「長篠に立てる柵」
  2. 月刊はじめての三国志2017年8月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました
  3. 趙達(ちょうたつ)とはどんな人?サイババか!?三国志に現れた天才占い師
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第39話「虎松の野望」を振り返ろう
  5. 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.3【完】
  6. 実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【5/1〜5/8】 嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせる 陳泰(ちんたい)ってどんな人?司馬昭の親友でもあり正義感が強く清廉な将 禁断の比較!蜀の五虎大将の忠義・実行力・容姿を比較してみた 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【3/27〜4/3】 徳川三傑の一人・井伊直政(いいなおまさ)ってどんな人? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/24〜10/30】

おすすめ記事

  1. まだ漢王朝で消耗してるの?第5話:統一国家 晋の礎 司馬懿
  2. 【母は偉大なり】三国志の英雄を支えた偉大な母たちを紹介!
  3. 大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!?
  4. 三国志の時代にダムがあった!蜀が豊かであったのはダムのおかげ
  5. 36話:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布
  6. 秀吉のDIY?墨俣城(すのまたじょう)って本当に一夜で造られた?
  7. 【はじめての三国志市場】今ならポイント10倍 楽天ブックス 漫画まとめ読み
  8. 毌丘倹(かんきゅうけん)とはどんな人?朝鮮半島に進出し倭も吸収合併を目論んでいた?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP