ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!?

関羽と関索




劉備 桃園

 

桃園三兄弟として、死ぬ時は一緒と誓った、

劉備(りゅうび)関羽(かんう)張飛(ちょうひ)

しかし、それは、三国志演義の固定観念に過ぎず、

実は、関羽は劉備の部下ではなく、同盟者であり、

一人の群雄だったという説があるのです。

蜀書、関羽伝を追いながら、その真偽を確認してみましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:関羽もメロメロ(死語)武神の心を掴んだ杜夫人は人妻!

関連記事:関羽のエア息子?関索が大活躍した理由とは

 

 

疑惑1 主従と言いながら、別行動が多い関羽

関羽 神様

 

関羽は、河東解(かいとうかい)の人でしたが、

トラブルから人を殺して涿(たく)郡に出奔します。

そこで、黄巾賊討伐の義兵を集めていた劉備に知りあうのです。

 

劉備は、関羽と張飛を厚遇し、共にベッドで寝る程でしたが、

二人は、衆人の前では、君臣の別を貫き、一日中、

劉備の近くに立ち護衛していたそうです。

こうして見ると、初期の関羽は劉備を主として見ていたようです。

 

しかし、それから数年後、劉備が公孫瓚(こうそんさん)の配下として、

袁紹(えんしょう)攻撃で手柄を立てて、平原の相になると、

劉備は、関羽と張飛を別府司馬(べっぷしば)に任命して、

別々の部曲(ぶきょく)を与えたと書いてあります。

 

部曲とは、私兵の事なので、劉備は、かなり早い段階から、

関羽を独立した別働隊として見ていたようです。

もっとも、この時点では張飛にも部曲を率いさせていますから、

関羽が、独立志向であったとは、まだ言えません。

 

 

疑惑2 劉備に代わり、徐州を統治している関羽

関羽 関索

 

西暦200年、曹操暗殺計画に加担した劉備は計画がバレると、

徐州に進軍し、刺史の車冑(しゃちゅう)を殺して、

関羽に徐州牧を代行させ、自身は小沛に駐屯して、曹操の攻撃に備えます。

 

さて、ここでも関羽は、別行動で徐州の州都下邳(かひ)に入り、

その行政を担当しています。

何故、劉備は、関羽と行動を共にしないで役割分担しているのでしょうか?

ここに、関羽が劉備の配下ではなく同盟者にランクアップした、

様子が見て取れないでしょうか?

 

ここでの戦は曹操の勝利に終わり、劉備は泣きながら袁紹を頼って

北に向かって敗走しますが、関羽は逃げられず捕まります。

 

関連記事:【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧

関連記事:関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇

関連記事:誘引の計にかかった関羽、ブチ切れる。

関連記事:劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ

 

疑惑3 曹操に捕まっても自殺していない・・

関羽 曹操 ゆるキャラ

 

さて、演義では、この時、関羽は劉備の妻子を保護していて、

その為に自殺を思いとどまるとされていますが、蜀書の関羽伝には、

劉備の妻子を保護したというような描写は一切ありません。

 

ただ、関羽が劉備に深い恩義を感じていて、早く戻りたがっており、

長く自分の下に留まる意志がないのを張遼(ちょうりょう)から聞いた

曹操(そうそう)が残念に思ったと書かれているだけです。

 

やや、紛らわしいですが、関羽が自害しないのは、

劉備の同盟者であり部下ではないからではないでしょうか?

 

そして、演義では、忠臣関羽が自殺していない理由づけを探し、

関羽が劉備の妻子を保護していたから・・という架空の理由を

つけて、関羽が自殺しなかった不思議を正当化したのでは?

 

関連記事:桃園三兄弟、バラバラに、、関羽は曹操に捕らわれる

関連記事:義将関羽が曹操に出した降伏の3つの条件

関連記事:いつかは去りゆくと知っていながら関羽を厚遇した曹操

関連記事:【保存版】三国志に登場する兄弟をドーンと紹介!!【三國志兄弟物語】

 

疑惑4 曹操から送られた官位を辞退していない・・

曹操 関羽LOVE

 

関羽は、袁紹との戦いで顔良(がんりょう)を斬り、

漢寿亭侯(かんじゅていこう)に任命されていますが、

これを辞退した形跡がありませんし、また、捕らわれた直後には偏将軍に、

任命されていますが、これも拒否してはいません。

 

曹操は、漢の丞相であり、その官職は献帝(けんてい)から授けられるのだから、

問題はないと言えはしますが、もし、関羽が劉備の家臣なら、

それでも二君に仕える事になり、信義には反するでしょう。

 

関羽は、劉備の同盟者でも部下ではないので、

忠臣は二君に仕えずというカテゴリには入っておらず、

自殺など思いもよらなかった。

そうは、受け取れないでしょうか?

 

関羽

 

また、関羽が曹操から多額の贈物を貰っても封をして返却した事を

関羽の義理堅さと取ったりしますが、これから長い旅をしようという時に、

かさばるような大きな贈物は、有難迷惑ではないでしょうか?

 

持っていける小物だけは持ち出し、そうでないものは封印して、

返してしまい、旅の荷物を軽くしたとも取れます。

 

関連記事:これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行

関連記事:実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介

関連記事:そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)

関連記事:いつまでやるの?またまた『赤兎馬=カバ説』を検証してみる。第2弾【HMR】

 

疑惑5 荊州で関羽が率いていた謎の兵団

関羽

 

曹操の追っ手を逃れて、荊州の劉表(りゅうひょう)を頼った、

劉備と関羽ですがその劉表も西暦208年に病死します。

すると、跡を継いだ劉琮(りゅうそう)は、曹操に降伏して、

曹操の大軍が、荊州になだれ込む事になります。

 

劉備は、この時に樊城に居ましたが、知らせを聴いて仰天し、

食糧の備蓄のある南の江陵(こうりょう)に落ちのびようとしました。

蜀書、関羽伝では、この時、劉備は関羽を数百の船に乗せて、

江陵で落ち合おうと出発させています。

 

さらっと書いていますが、

何でまた、この非常時に、劉備と関羽は別行動なんでしょうか?

曹操の大軍を前にすれば、一つに固まった方が安全だと思います。

もしかして、劉備と関羽の兵は指揮が別々であり、

関羽は独自の判断で劉備とは、別ルートを取ると決めたのではないでしょうか?

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

船の数から考えると、関羽の直属兵は、3000名

関羽

 

そして、数百隻の船に乗せて行くという事は、

ここには、関羽の直属の兵が分乗したとしか受け取れません。

小舟程度だとしても、一隻に10名乗れるとすれば、

300隻で、3000名はいる事になります。

これは、劉備とは別の関羽直属の兵という事だと思います。

 

その後、劉備と関羽は夏口で合流していますが、

合流しても、劉備は関羽の兵を吸収したような様子は描かれていません。

つまり、樊城で別行動を取った関羽は、劉備から分けた兵ではなく

自前の兵力を保有していたという事になるのです。

 

疑惑6 荊州南郡の制圧は、関羽の手柄だった・・

関羽 大暴れ

 

赤壁の戦いで、孫権と共同戦線を張って、曹操を撃退した劉備は、

どさくさで荊州南郡を支配します。

蜀書、先主伝では、曹操軍に追いつかれた劉備が妻子を捨て、

趙雲達の僅か数十騎で逃亡した事が記されています。

つまり、大惨敗であり、事実上、赤壁で頼れたのは関羽の軍だと

考えて間違いないでしょう。

この時に荊州南郡を攻略するのに大きな働きをしたのは

関羽だったのです。

 

南郡を得た劉備は、重臣達に大幅な加増をします。

関羽は、ここで襄陽太守、盪寇(とうこう)将軍となり

長江北岸に駐屯しました。

 

関羽からすれば、当然の加増だと思った事でしょう。

第一に襄陽は荊州の州都で中心地です。

これは、赤壁における一番手柄が関羽の手によるという、

労いの意味だと思います。

 

疑惑7 関羽は横暴になったのではなく、群雄になった。

関羽 激怒

 

さて、荊州の襄陽太守になった関羽は、この頃から傲慢な態度が増えます。

孫権が自分の息子を、関羽の娘と結婚させたいと申し出ると、

その使者をボロクソに罵って、孫権を激怒させています。

 

また、縻芳(びほう)や、傅士仁(ふしじん)というような武将を軽んじて、

最終的に二人に背かれるというような失態もおかしています。

 

関羽が劉備の義弟という固定観念を持つ、私達は関羽が年を取り、

思考の柔軟性を失い、目上の人間に厳しく出る性格が顕著になったから、

と考えてしまいがちですが、果たしてそうでしょうか?

 

実は関羽は、襄陽の太守となった頃から、自身は劉備の部下ではなく

独立した群雄である、という考えになっていたのではないでしょうか?

それならば、劉備とは同盟関係の、孫権の申し出を蹴ったのも、

不思議ではなくなります。

 

「兄者は兄者、俺は俺、、」このように関羽は考え、

虫が好かない孫権の縁談を蹴ったのでしょう。

 

疑惑8 関羽は、在野の勢力に印綬称号を配っていた!

関羽 一騎当千

 

西暦216年、劉備は、漢中王を自称します。

そして、荊州の関羽を前将軍として、仮節鉞としました。

仮節鉞(かせつえつ)は、独自に軍を動かせる権限ですが、

すでに、荊州南部を実効支配していた関羽には、

特に必要でも無かったでしょう。

その年に、関羽は樊城の曹仁(そうじん)を攻撃しています。

 

この前後、蜀書関羽伝には劉備の指図も孔明の影もありません。

関羽独自の行動であり、荊州北部を抑える曹操の影響力を駆逐して、

群雄となった、自身の領土を拡大しようとしたのでしょう。

 

曹仁は危機に陥り、曹操は于禁(うきん)龐徳(ほうとく)を派遣しますが、

長雨で漢水の堤防が決壊して船を持たない于禁の軍は水没、

于禁は捕虜になり、龐徳は降伏を拒否して関羽に斬られます。

 

曹操は関羽の勢いを恐れて、許から遷都しようとしたと言われ、

関羽の名はこの頃、中原に鳴り響いたそうです。

 

この時、関羽は、梁(りょう)・郟(きょう)・陸渾(りくこん)から

やってきた群盗に、印綬(いんじゅ)と称号を与えて支党としたと、

蜀書には記録されています。

 

印綬や称号は、独立した支配者でない限り勝手に配りません。

部下がそれをすれば、越権行為であり、

通常ならば、天下を狙う野心ありと見做されるでしょう。

 

これは、基本、王か皇帝か、でなければ天下を狙う

群雄しか発行できないものです。

 

それを独自に鋳造して、周辺に配っていたとすれば、

この時、すでに関羽は劉備の配下ではなく、荊州を領有する

群雄の一人だった事にはならないでしょうか?

 

関羽 死

 

もちろん、それでも関羽と劉備がお互いを信頼する事は絶大でした。

であればこそ、関羽が呂蒙(りょもう)に討たれると、

劉備は激怒して無謀な夷陵の戦いに打って出るのです。

 

孫権は関羽を群雄の扱いで葬った(kawa註)2018/11/15追記

関羽

 

蜀志関羽伝に引く呉歴によると、曹操は孫権から関羽の首を送られると、その死骸を諸侯の礼で葬ったそうです。

三国志演義は、これを踏襲して曹操が関羽を手厚く葬ったとしているのですが、幾らなんでも、かつての元部下の関羽に対して、

諸侯の礼は行きすぎではないでしょうか?

元々、論功行賞にシビアな曹操が死んだからと言って、関羽を破格の待遇で祀るとは思えません。

しかし、別に曹操は関羽を特別扱いしていないとしたらどうでしょうか?

つまり、関羽は独立した群雄でありすでに諸侯レベルなので、それに見合った葬儀をしただけだったとしたら・・

関羽がずっと劉備の部下だったのではなく、荊州南郡に君臨する王だったという説も、あながち誇大妄想ではないのではないか

とkawausoは思ってしまうのです。

 

関連記事:時空を超える関羽、琉球の民話に登場

関連記事:なんで関羽の顔は赤いの?京劇が関係している?

関連記事:関羽の死|桃園三兄弟の悲しい別れ

関連記事:【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

後世に忠義の人として、伝えられる関羽ですが、

それは真実の関羽を伝えているものではないかも知れません。

実際の関羽は、劉備の部将というよりは、同盟者であり、

そして、後半は自立した群雄だったのです。

 

関羽の中では、中国は三国志ではなく、自身を含めた、

四国志に見えていたのかも知れません。

 

あくまでも推測ではありますが、、

荊州を領有してから、急に自分勝手になったように見える

関羽が、仮に群雄であったと考えると、全ての行動が、

不思議に辻褄が合うのです。

 

もし、関羽が呂蒙に殺される事なく、呉や魏とそこそこ上手くやり、

劉備の方が、先に死んでしまったら、、その後は、、

孔明政権になった蜀から完全に切れて、関楚(かんそ)の旗を立てて、

蜀と呉と魏のど真ん中で中原に鹿を追う関羽の姿が現れたかも知れません。

 

本日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【まさかアッチ?】美女を退けた関羽の劉備愛が凄い

関連記事:【兄者を尋ねて一千里】五つの関所を破るウォンテッド関羽

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 孫権のツンデレ外交に蜀の天才外交官・鄧芝の能力炸裂!蜀呉同盟を復…
  2. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 【潼関の戦い】どうすれば馬超は曹操に勝てたの?
  3. 曹操が絶望詩人と化した兗州争奪戦を地図で紹介
  4. 郭嘉を推薦する荀彧 試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害
  5. 袁術 匡亭の戦いから転落した袁術、彼はどうして皇帝を名乗ってしまったの…
  6. 【官渡の戦いの裏話】趙儼と李通がいなければかなりやばい状況だった…
  7. 三国志大学 曹操 教える事は特権?後漢時代の塾の先生は威張っていた!
  8. レッドクリフ レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操と夏侯惇
  2. マラソン日本代表として走る中村勘九郎 いだてん
  3. 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟
  4. キングダム
  5. 孔明
  6. 孔明
  7. 軍事面でも才能を発揮する諸葛恪
  8. 孔明

おすすめ記事

  1. 西園寺公望とはどんな人?最後の元老であり教育者としての評価は? 西園寺公望
  2. 勝海舟はどうして西郷どんを高く評価したの?
  3. 61話:曹仁が繰り出した高度な陣形 八門金鎖の陣を繰り出す。劉備軍はどうやって攻略したのか? 曹仁 三国志 ゆるキャラ
  4. インスタグラムはじめました。
  5. 韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え自殺してしまった武将 被害妄想で怯える韓馥
  6. 後藤象二郎とはどんな人?大政奉還の立役者でもある土佐三伯の1人 後藤象二郎

三國志雑学

  1. 朱然
  2. 双流星を振り回している徐盛
  3. 袁術と呂布
  4. 甘寧 裏切る ゆるキャラ


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 関羽に無視される孫権
  2. 曹操に降伏する教祖・張魯
  3. 敬哀皇后

おすすめ記事

藏覇(臧覇)と孫権 【保存版】孫呉の歴史(208~219)を年表でザックリ紹介するよ 玄宗皇帝 宣帝とはどんな人?刑務所で育った前漢中興の祖の数奇な人生 【書評】キングダム 最強のチームと自分をつくる【伊藤羊一】 孫香(そんこう)とはどんな人?そんな人いたんだ!最期まで袁術に尽くした孫家の将 海上での戦い 劉備と曹操 【素朴な疑問】三国志に海上での戦いってあったの? 王郎(おうろう)とはどんな人?光武帝を苦しめた自称漢のプリンス 関羽に無視される孫権 樊城の戦いの始まり、その原因は関羽に合ったって本当? 貂蝉 蠱惑的な美女・貂蝉あなたは天使?それとも悪魔?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP