キングダム
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

西郷どん

大久保利通の死因は?ご遺体とお墓はどこにあるの?




 

幕末時代は数多くの歴史に名を残す人物が登場しました。

その中でも幕末時代に討幕の中心として活動し、

明治維新後には新たな政府のリーダーとして日本を動かしたのが大久保利通です。

大久保利通の死因は暗殺でした。

その強引な改革は誤解も含め敵を作りました。

大久保利通の暗殺現場は目を覆うような状態だったといいます。

ご遺体はまさに惨殺というしかない状態だったのです。

そして、そのご遺体となっても恨みは消えません。

彼のご遺体は故郷の鹿児島へは帰れませんでした。

では、大久保利通はどこに埋葬され、今はどこにお墓があるのでしょう。

それを今回はご紹介します。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:大河ドラマ西郷どんをブレなく楽しむ6つのポイント




大久保利通の死因は暗殺だった

 

大久保利通は、49歳でその生涯の幕を閉じました。

1878年5月に大久保利通は不平士族6人に襲撃を受け暗殺されたのです。

自宅から明治天皇への元へと向かう移動中のことでした。

不平士族は大久保利通の乗る馬車を襲撃します。

彼を外へと引きずり出し6人がかりで滅多切り、滅多刺しです。

武器は「侍の魂」ともされる日本刀でした。

鋭利な刃は、大久保利通の首を貫きました。

ご遺体を調べた結果、直接の死因となった一撃はこの首への刺突であったとされています。

その一撃は大久保利通の首を貫通し地面に突き立ちました。

その地の名前が紀尾井坂です。

そのため大久保利通暗殺事件は一般に「紀尾井坂の変」と呼ばれ歴史に刻まれることになります。

そのご遺体の損傷は凄まじかったと伝わっています。

頭部に8カ所の斬撃を受け、全身で合計16カ所の死の刃を受けたのです。

頭は叩き割られ、肉は切り裂かれ、骨は断たれた状態でした。

ただ殺すという暗殺ではなく、まるで恨みを晴らすかのように、

大久保利通は切り刻まれて死んだのです。




大久保利通は何で暗殺されたの?

 

大久保利通が暗殺されたのは、

彼の業績と欧米諸国を知りすぎていたことが原因であったともいえます。

明治政府のリーダーとなった大久保利通は、

岩倉使節団の一員として欧米の視察に出ています。

目的は江戸幕府の結んだ不平等条約の改正でした。

しかし、欧米諸国に比べ、日本の制度はあまり異質でした。

今の時代からみれば、

江戸時代がそれほど遅れていたということは無かったという説も聞くことができます。

しかし、時代の当事者であった大久保利通にとっては、

異質な日本の制度が条約改正の障害となっていることを見抜きます。

それを日本の遅れであると考えたとしても、

その時代の中の判断としては正しいとしか言えないでしょう。

日本の不平等条約は、領事裁判権を欧米諸国に認めたこと。

つまり日本の国内法で外国人を裁けません。

そして、関税自主権のないことです。

貿易のときに設定する関税を日本は自由にできなかったのです。

これは、日本の制度が欧米諸国のスタンダードに合っていないからだったのです。

犯罪を裁く根拠となる刑法も、

貿易など商売のルールを決める商法も欧米の目から見れば全く整備されていない国に見えたのです。

この時代、欧米諸国から見て異質であることは遅れていることと同じです。

大久保利通の目指した日本の近代化は、日本の欧米化ということでもありました。

そのようにしなければ対等な相手とは認められないのです。

大久保利通の目指した近代化により、古い障害となる勢力は排除されます。

彼は行く道を曲げません。征韓論で対立し、

西郷隆盛が下野することとなっても、大久保利通は妥協しませんでした。

欧米の存在をその目で見た大久保利通と日本に留まった西郷隆盛。

このふたりの見ていた日本は大きく違ってしまっていたのでしょう。

大久保利通は、日本の近代化が最優先であり

征韓論は欧米諸国の介入を受ける恐れがあると考えたのです。

西郷隆盛への友情を心の奥底に封じ込めるしかなかったのでしょう。

西郷隆盛の人望に心酔する士族は多く、彼は不平士族に祭り上げられ、

薩摩で不平士族反乱のリーダーとなります。

そして、明治時代最後にして最大の反乱である西南戦争が起きます。

結果は明治政府の勝利。

西郷隆盛は戦場で介錯され生涯を終えます。

しかし、西南戦争後も不平士族の一部は、暗殺というテロで明治政府と戦おうとしました。

その中のひとり、島田一郎という加賀藩出身で、

明治政府の軍人であった男が大久保利通の暗殺の主犯となります。

彼は自分を含む6人の不平士族で大久保利通の暗殺を行ったのです。

島田一郎を含む不平士族6人は、大久保利通が日本の近代化を目指す中で生まれた犠牲や、

不平等条約の改正が進まず、日本という国が貶められている元凶であると思い込んでいました。

そして、島田一郎は私淑する西郷隆盛を自刃に追い込んだのも、

大久保利通であると恨みを抱いていました。

それゆえ島田一郎たちは、大久保利通を暗殺したのです。それも惨殺ともいえるような方法で。

大久保利通の日本近代化への揺るがぬ信念が生んだ犠牲は

歴史の変革の中では避けられなかったものでそう。

そして、欧米に対する不平等条約の改正がそんなに簡単にいくわけがないことが

島田一郎たち暗殺犯には理解が出来なかったのです。

ただ、大久保利通に対する恨みの多くが誤解であったとしても、

島田一郎たちには知るすべがなかったのも歴史の事実ではあるでしょう。

 

関連記事:大久保利通はどんな性格をしていたの?身長や西郷隆盛との関係性

関連記事:大久保利通の身長は?幕末時代の身長が高かった偉人たち4選

 

暗殺時に持っていたとされる西郷からの手紙は何が書かれていたのか?

 

大久保利通は暗殺されたときに、西郷隆盛からの手紙を持っていたと言われます。

2通の手紙です。

その内容はどんなものだったのでしょうか。

1通は「王政復古の大号令の趣旨を外国人に曲解されて、

本国に伝えることがないようにきちんと説明して欲しい」というものです。

もう1通は「写真を撮るのはもうやめろ。

みっともないから」という内容のものだったのです。

西郷隆盛は大の写真嫌いで有名です。

上野公園の西郷隆盛像も絵を元にして親戚からの聞き取りで創られたものです。

写真が無かったのでそのような方法しかなかったのです。

大久保利通が死ぬまで西郷隆盛の手紙を持っていたこと。

明治政府のリーダーとしての大久保利通ではなく、

ともに薩摩藩の下級藩士に生まれた幼馴染で、幼少期に貧乏な暮らしをしていたふたり。

紀尾井坂で暗殺による最期を迎えるときまで、

大久保利通「個人」にとって西郷隆盛は無二の親友であったのではないでしょうか。

西郷からの2通の手紙はその証であったのかもしれません。

 

大久保利通のご遺体とお墓はどこ?

 

大久保利通の葬儀はまさに国葬レベルで行われました。

しかし大久保利通はご遺体となっても、恨まれ続けていました。

故郷である鹿児島県では大久保利通への恨みが大きく、

納骨することが近年までできませんでした。

鹿児島県では西郷隆盛を死に追いやったのは大久保利通であるという誤解が根強く残っていたのです。

大久保利通は、西南戦争が始まった時、

西郷が反乱士族のリーダーであることを信じられず、

それが本当だと分かると西郷を説得しようと鹿児島に向かおうとしました。

しかし、政府に止められます。

明治政府のリーダーである彼をそんな危険な場所へ行かせるわけにはいかないのです。

そして、彼は死ぬ時まで西郷の手紙を持ち続けました。

そして、そのことを誰にも言わず暗殺によって斃れます。

故郷に眠ることを拒まれた大久保利通は一体どこで眠っているのでしょうか。

東京都港区の「青山霊園」に大久保利通の大きなお墓があります。

趣味である囲碁のデザインがなされた土台に、巨大な5メートルの墓石が建っています。

今、彼はそこで永遠の眠りについているのです。

 

幕末ライター夜食の独り言

 

激動の時代ともいえる幕末時代から明治維新にかけ、

私心を捨て他人から「冷血漢」と思われようが大久保利通は、

日本が欧米諸国と対等な国家となることを目指していました。

明治維新を経て近代日本は世界が驚くほどの変革をなしとげ、

欧米と対等の立場の国家となりました。

不平等条約改正は明治時代が終わりを告げる直前に達成されたのです

大久保利通が暗殺された年から33年後、

大久保利通が最後の言葉で残した「後進の賢者」たちが無しとげた成果です。

世界がまだ弱肉強食であった時代に、日本を近代国家へと変えていったのは、

大久保利通の示した強い意志は後進の者に引き継がれ、

彼の指し示した将来への道筋があったからではないでしょうか。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:西郷隆盛は本当に「ごわす」「おいどん」と鹿児島弁を言ってたの?

関連記事:西郷隆盛は子供の頃、剣士になりたかったって本当?

 




 

夜食

夜食

投稿者の記事一覧

歴史大好き。特に江戸時代から幕末、太平洋戦争にかけては好きすぎるくらいです。戦史が好きですので、時代を超えて「戦いの歴史」が好きという者です。よろしくお願いします!!

好きな歴史人物:田沼意次

何か一言:歴史小説もWEBで公開しています。

関連記事

  1. 久坂の思想から新日本グランドデザインを探れ!
  2. 大久保利通や西郷どんもビールを飲んだ!明治4年山口での文明開化
  3. 坂本龍馬(幕末時代) 松平春嶽がいなければ坂本竜馬が歴史に名を残すことはなかった!?
  4. 徳川家を守った篤姫 幾島vs本寿院勝敗を決めたのは徳川斉昭のスケベだった
  5. 徳川慶喜(幕末) 徳川慶喜の墓はどこにあるの?谷中霊園の行き方とアクセス方法
  6. 立見尚文とはどんな人?八甲田山の雪中行軍の悲劇も紹介
  7. 篤姫 篤姫の実家今和泉島津氏はどんな家柄?今和泉家に里帰りした事がある…
  8. 島津斉彬の死因は?島津斉興に暗殺されたのか?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 呉の孫堅

おすすめ記事

  1. 三国志の時代に実際にあった計略について徹底紹介
  2. 第16話:袁術くん「マインドフルネス」を劉備から学ぶ 劉備を僻む袁術
  3. キングダム586話最新ネタバレ「二突きの勝負」レビュー記事
  4. 李傕(りかく)とはどんな人?董卓よりも横暴な政治を行った暴虐な政権運営者
  5. 武田信玄と上杉謙信といえば、川中島の戦い! 上杉謙信
  6. 楽進・李典・張遼のトリオは三国志最強だった!?

三國志雑学

  1. 甘露寺 十字紋石
  2. 張飛 本 学問 三国志
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム53巻
  2. 後継者を決めずにダラダラする袁紹
  3. 明智光秀 wikipedia
  4. 蜀の劉備

おすすめ記事

卑弥呼 女王・卑弥呼はどこから来たの?邪馬台国のミステリーに迫る! 【衝撃の事実】三国志でよく使われていた弩が日本で流行らなかったのは日本人がガラパゴス脳だったから 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに? 鳥羽伏見の戦い影の功労者ウィリアム・ウィリス【はじ三ヒストリア】 韓嵩(かんすう)が気の毒すぎる!劉表に命じられて曹操の元へ偵察に行って帰ってきたら殺されそうになる 【諸葛亮の北伐】精鋭部隊をミエル化 キングダム53巻 キングダム588話雑学スペシャル「王賁は何を食べていた?」 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP