土方歳三の最期はどのようなものだった?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

新選組の土方歳三

 

土方歳三(ひじかたとしぞう)新選組(しんせんぐみ)鬼の副長として局長近藤勇(こんどういさみ)を補佐した人物です。剣技ばかりでなく、統率力にも優れ最盛期には300人にも膨れ上がった新選組隊士を局中法度(きょくちゅうはっと)で縛り上げ、死の制裁をもって鉄の団結力を持つ組織に成長させました。

 

幕末京の人々に人気がない新選組

 

しかし、土方が命を懸けて守ろうとした徳川幕府は江戸城無血開城を以て崩壊します。尊王攘夷派(そんのうじょういは)蛇蝎(だかつ)の如く嫌われた新選組、その副長の土方歳三は降伏を潔しとせず、死に場所を求めて東北を転戦、ついに運命の地五稜郭(ごりょうかく)に向かいました。


大政奉還から鳥羽伏見

大政奉還した徳川慶喜

 

慶応(けいおう)3年6月、土方や近藤は幕臣に取り立てられます。しかし、これは事態が風雲急を告げている事の序章に過ぎませんでした。同年10月14日、徳川幕府15代将軍徳川慶喜(とくがわよしのぶ)は大政奉還し将軍職を辞します。12月9日には王政復古の大号令が発せられ江戸幕府は事実上終焉しました。慶応4年1月3日には、新政府軍と旧幕府軍の間で、鳥羽伏見の戦いを端緒とする2年間も続く戊辰戦争が幕を開けます。

幕末 大砲発射

 

新選組も旧幕府軍として招集されますが、局長の近藤は京都の墨染で御陵衛士の残党に狙撃され負傷、新選組の指揮は土方が取る事になりました。しかし、少数ながら戦術と武器と士気に勝る新政府軍に寄せ集めで武装の統一もとれない旧幕府軍が大敗します。

 

この後、江戸城に登った土方は佐倉藩江戸留守居役の依田学海(よだがっかい)に戦況を尋ねられると

「もう戦争は大砲の時代です、私は剣を帯びて槍を執りましたが、少しも用いる機会がありませんでした」と答えています。

旧幕府軍敗北シーン

 

ただし、この頃には新選組も有名なダンダラ模様の羽織ではなく、フランス式の幕府軍歩兵に合わせ、黒羅紗・筒袖の黒っぽい軍装に変わっていました。なので、ここで敗北したから土方が刀と槍の時代は終わったと気づいたわけではなさそうです。あくまでも、新政府軍に比較して旧幕府軍の装備が遅れていたという意味ではないかとkawausoは考えています。


近藤勇、降伏して斬首

 

鳥羽伏見の戦いに敗れた後、新選組は大坂から江戸に撤退、追われる側になった近藤と土方は、近藤が大久保剛(おおくぼつよし)、土方は内藤隼人(ないとうはやと)と偽名を使い新撰組を「甲陽鎮撫隊(こうようちんぶたい)」に改名して甲府城に向かいます。しかし途中の3月6日、甲州勝沼の戦いにて大敗。土方は戦争前に急ぎ援軍要請へ向かったが成功しませんでした。

 

幕末 洋式軍隊の行進

 

その後、甲陽鎮撫隊は、流山で再起を図るものの、4月3日、新政府軍に包囲された近藤が大久保大和と名を偽り投降して捕縛されます。包囲された頃、近藤勇は切腹しようとしていましたが、土方が投降を勧めたと言われています。

江戸城

 

土方は江戸へ向かい、勝海舟(かつかいしゅう)らに直談判し近藤の助命嘆願しますが、敗戦処理をどうするかで手一杯の状態で、近藤を何とか出来るわけもなく近藤は板橋刑場にて、罪人として斬首されます。

 

土方は近藤の分まで暴れ回る決意をしたのか、斎藤一(さいとうはじめ)を会津に向かわせて大鳥圭介らが率いる旧幕府軍と合流。4月11日に江戸城が無血開城すると、江戸を脱出した土方は、秋月登之助(あきづきのぼりのすけ)率いる先鋒軍の参謀を務め宇都宮城の戦いに勝利して城を陥落させます。

 

ところが直後の壬生(みぶ)の戦いでは破れ、宇都宮城を奪還しに来た新政府軍と再戦した時に足を負傷、会津に護送され、そこで3カ月間の療養生活を送り天寧寺に近藤勇の墓を建てたと伝わります。

 

【維新を阻止しようとした男たちの秘話】
ガンバレ徳川


会津でも敗れ運命の五稜郭へ

新選組の土方歳三

 

土方は、全快すると戦線に復帰し会津の防戦に尽力しますが、8月に母成峠の戦いの敗戦に伴い会津戦争が激化します。そこで、援軍を求めて庄内藩に向かうものの、すでに新政府軍に恭順していた庄内藩においては入城さえ出来ず、土方は会津から仙台藩へ向かうことを決めます。

斎藤一 新選組

 

土方の腹心であった斎藤一は、大鳥圭介(おおとりけいすけ)や土方に、転戦せずに会津に残って抗戦する事を訴え、土方は斎藤とも袂を分かちました。土方は仙台に至って榎本武揚(えのもとたけあき)率いる旧幕府海脱走艦隊と合流。榎本とともに奥羽越列藩同盟の軍議に参加しますが奥羽越列藩同盟がまもなく崩壊。

 

同盟藩が次々と新政府軍に降伏すると、交戦に見切りをつけて新選組生き残り隊士に桑名藩士らを加えて太江丸に乗船します。こうして、土方と新選組は、榎本艦隊と現宮城県石巻市折浜を出航し蝦夷地に向かいました。


蝦夷共和国が建国

榎本武揚

 

蝦夷地鷲(えぞちわし)ノ木に上陸後、土方は間道軍総督となり五稜郭に向かいます。箱館・五稜郭を占領した後に、土方は仙台藩士で構成された額兵隊などを率いて松前に進軍して松前城を陥落させ、その残兵を江差まで追撃します。

塩が途切れて白旗を挙げるイギリス海軍の帆船

 

この時、榎本武揚は軍艦開陽丸で土方軍を援護して江差沖に向かったものの、途中で暴風雨に遭い座礁、そのまま江差に上陸し開陽丸の沈没を見届けました。旧幕府脱走艦隊の主力、開陽を失ったのは後々まで痛恨の痛手となります。

 

江差を占領した土方は、松前城に一度戻り、榎本が各国の領事を招いて催した蝦夷地平定祝賀会に合わせて五稜郭へ凱旋します。その後、幹部を決定する選挙を行い榎本武揚を総裁とする蝦夷共和国が成立、土方は幹部として陸軍奉行並となり、同時に箱館市中取り締まりや陸海軍裁判局頭取も兼任します。

 

短い生命で終る蝦夷共和国も、この時ばかりは祝賀ムードでしたが、土方は冷静で1月から2月にかけて箱館・五稜郭の整備にあたります。3月、新政府軍襲来の情報を掴んだ土方は、新政府軍の最新鋭軍艦、甲鉄奪取を狙い宮古湾海戦に参加します。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 河上彦斎
  2. 黒船(ミシシッピ号)
  3. 篤姫
  4. 徳川家家紋

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志ご要望の進捗状況"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP