キングダム
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

西郷どん

島津斉彬の急死は暗殺だったの?弟の久光が黒幕?

この記事の所要時間: 329




 

薩摩藩主・島津斉彬の死が「暗殺ではないか」という話は以前からありました。

一般には島津斉彬はコレラで亡くなったのではないかと考えられています。

しかし、その死のタイミングがあまりにもでき過ぎだったのです。

島津斉彬は、将軍家の後継問題に介入し、政争の最中に死を迎えたのです。

薩摩藩主・島津斉彬の死は「暗殺」だったのでしょうか。

それも普通の病死だったのでしょうか。

暗殺であるとすれば、犯人は一体誰でしょう。

そしてその動機はいったいなんだったのでしょうか?

今回は島津斉彬の死について考察していきます。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:島津斉彬の死因は?島津斉興に暗殺されたのか?

関連記事:島津斉彬(しまづなりあきら)はどんな人?西郷隆盛と大久保利通を育てた名君

 

島津斉彬が亡くなった年表

 

薩摩藩主・島津斉彬は1858年7月16日に死亡しました。

斉彬は死亡する8日前には薩摩藩の城下、

つまり今の鹿児島県鹿児島市で、軍の視察を行いました。

そして、自分で釣った魚を食した後に体調を崩します。

ことのとき、高熱、下痢などの症状があり死因はコレラではないかと言われています。

死までの動きを年表的に見ていきますと以下のようになります。

7月8日には軍の視察をするほどに元気であった。

その日、魚を食べた後に体調を崩した。

7月14日の時点では下痢と高熱が確認された。

また、別の史料では「心臓が弱っている」という医師の診断もありましたが、

心臓が弱るのは、コレラで死にそうになっていれば誰でもそうなるでしょう。

このままであれば、普通にコレラで死亡したのでいいのではと思いますが……

島津斉彬が急死した理由

 

しかし、島津斉彬の死はあまりにもタイミングができすぎだったのです。

少なくとも後世の目か見ると非常に不自然に見えないこともないです。

徳川将軍・家定が死去します。

そして、その後、将軍の継問題が浮上します。

島津斉彬は、自分の政治力により「公武合体政策」のために、徳川家に篤姫を嫁がせているのです。

篤姫通して、島津斉彬は幕府内部の将軍跡継ぎ問題に干渉していきます。

一橋派と組んで水戸藩主・徳川斉昭の息子である慶喜を次の将軍に就任させようと動くわけです。

しかし、薩摩藩といえば、関ヶ原からの因縁が続く外様中の外様大名という存在となります。

そんな、外様大名が幕政の内部にまで介入してくることに、

徳川直参の大老・井伊直弼が、快く思うわけがありません。

島津家と井伊家は関ヶ原以来の敵ですから。

そんな因縁まで当事者が思っていたかどうかは別として、

保守的で徳川家を守ることを自分の使命であると信じていた井伊直弼にとっては、

島津斉彬は邪魔な存在だったでしょう。

島津斉彬は、この将軍後継問題に圧力をかけようと、

軍勢を率いて京都に向かい、朝廷工作を行うことを考えていたようです。

朝廷の側から圧力をかけようと画策したわけですね。

そして、その直前に島津斉彬は死にます。

あまりにも、将軍後継問題で争っていた相手にとってはラッキーな死だったのです。

そのため、島津斉彬の急死の理由に「暗殺」が浮上してくるのです。

そして、暗殺だとしたらその犯人はだれなのかということが問題ですよね。

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん

 

島津斉彬は弟・久光によって暗殺されたの?

 

島津斉彬の死因を暗殺だとする者も、その犯人に関しては様々な説を上げています。

一番得したのは、対立していた井伊直弼ということになりますね。

その他、父親の斉興であるという説もあります。

元々、仲の悪い父子であり、京都に兵を引き連れ朝廷工作などしたら、

逆に島津家は終りになってしまかもしれないと考えても不思議はないです。

しかも、斉彬の近代産業を起こすための事業は非常にお金のかかるもので、

父親の斉興から見れば「こいつ、島津家潰すつもりか?」

と思っても仕方のない状況だったかもしれません。

立場により人それぞれに正義があるのですから。

しかし、他にも容疑者がいます。島津斉彬の弟である島津久光です。

ふたりの関係はそれほど険悪ではないとされていました。

憎み合っていたのは父と子です。

斉彬と斉興の父子が徹底的に対立していたのは確かです。

しかし、久光とはどうであったのか。

実は父親の斉興が藩主にしようとしていたのは、久光の方でした。

斉彬がいなければ、自分が藩主に馴れた可能性はあったのです。

ただ、島津家の後継争いで勝利したのは斉彬でした。

その恨みが、弟の久光のあったのでしょうか。

これは、状況証拠しかないのです。

斉彬の息子たちが死んでいったのも弟の久光の暗殺ではないかという説もあります。

しかし、江戸時代の医療レベルを考えれば、人の若死に珍しいことではないでしょう。

そして、島津斉彬が死亡するときに、下痢と高熱を訴えていることも、暗殺説の根拠を薄くします。

当時よく使われたヒ素中毒でもそのような症状も出ますが、

そもそも高熱、下痢のでる病状などいくらでもあり、

わざわざヒ素に結びつける根拠は薄いと思われます。

 

島津斉彬がもっと長生きしていたら薩摩藩どうなっていた?

 

島津斉彬は死亡した時にはすでに、

日本近代化のための人材や指針を創り上げていたのではないでしょうか。

大久保利通、西郷隆盛といった人材はすでにでき上がっていました。

薩摩藩どころか、日本を動かせる人材です。

そして、斉彬が藩主として薩摩藩内で興した産業化もそのまま、進められます。

やがてそれは日本全体の資産ともなるものです。

歴史のIFはいろいろな想定ができます。

しかし、その後の歴史の流れはのレールは既にできてたのではないかと思います。

島津斉彬が生きていても、彼は自分の育て人材に先を委ねたのではないでしょうか。

であれば、歴史の流れはさほど変化が無かったのではないかと思います。

 

幕末ライター夜食の独り言

 

島津斉彬の死因を暗殺とするのは「説明」や「仮説」でならできないことは無いかもしれません。

しかし、他の歴史ミステリーの題材としてなるような

「本能寺の変の黒幕は誰だ?」とか「龍馬を暗殺したのは誰だ?」

というようなレベルで人の興味を惹くものでもないと思います。

たまたま、死のタイミングが政敵に都合が良かったというだけであり、

もし本当に「暗殺」の疑いが当時の時点で濃厚であれば、

もっと大きな騒動が起きていたかもしれないのです。

また、久光は兄の死後に野望をむき出しにして動いたというようなこともありません。

たまたま、偶然死んだタイミングがあまりにも、政敵に都合よすぎたということだけです。

そもそも、江戸時代は医療技術が未発達で、現代に比べ普通に人が死にやすい時代だったのです。

それは大名であっても同じです。

今の基準で人の死を不自然と語るのも無理があるかもしれませんね。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:大久保利通はどんな性格をしていたの?身長や西郷隆盛との関係性

関連記事:西郷どんと会津藩はどんな関係性なの?3分で薩摩藩と会津藩の関係を理解

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末はじめての幕末

 

夜食

夜食

投稿者の記事一覧

歴史大好き。特に江戸時代から幕末、太平洋戦争にかけては好きすぎるくらいです。戦史が好きですので、時代を超えて「戦いの歴史」が好きという者です。よろしくお願いします!!

好きな歴史人物:田沼意次

何か一言:歴史小説もWEBで公開しています。

関連記事

  1. 福山藩主としての阿部正弘は領民には迷惑な君主だったの?
  2. 井伊直弼は倒れても像は倒れず!!震災と戦争を耐えた銅像ヒストリー…
  3. 阿部正弘の墓はどこにある?イケメン老中の眠る谷中墓地を紹介
  4. 島津斉彬は日蓮正宗に帰依していたの?
  5. 幾島とはどんな人?篤姫の尻を叩いて将軍後継者問題を進めた女スパイ…
  6. 徳川家定はどんな人?障害を乗り越え必死に頑張った13代将軍の素顔…
  7. 井伊直弼の安政の大獄はいつから始まった?時系列で解説
  8. 吉田松陰の「草莽崛起論」とはどんなもの?分かりやすく解説

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 近藤勇の池田屋事件での活躍とは?
  2. 于禁と共に関羽に降伏した浩周と東里袞のその後とは?
  3. 鍾会の蜀討伐案と羊祜の呉討伐案の違いってなに?
  4. BOOK☆WALKERにて『#君主論』の販売を開始しました。
  5. 王基(おうき)ってどんな人?軍事・政治で非凡な能力を見せた魏の武将
  6. 三国時代の船はどうなっていたの?三国志の海戦は目的別に船が用いられていた

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

2分で分かる合肥の戦い その5 孫権には甘寧がいる 秦の昭襄王(しょうじょうおう)って戦神と言われるほど本当に強かったの? 三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの? 蜀の名将として名高い黄権も曹丕によるパワハラを受けていた! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/3〜7/9】 曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの? 周處(しゅうしょ)とはどんな人?必ず負けると分かっていながらも、戦い抜いた闘将【晋の将軍列伝】 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/12〜12/18】

おすすめ記事

  1. 曹操と劉備ではどっちの武力が上?究極の個人対決
  2. これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話
  3. 邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?
  4. 【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生
  5. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介
  6. はじめての三国志 4コマ劇場 「関羽単騎駆け」
  7. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第33話「嫌われ政次の一生」の見どころをご紹介
  8. 陸遜の妻は誰?妻はなんと大喬との間の子供だった?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP