よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

西郷どん

島津斉彬はイギリスをどう思ってた?島津斉彬の功績に迫る!

この記事の所要時間: 45




 

幕末の薩摩藩主・島津斉彬(しまづなりあきら)

大久保利通(おおくぼとしみち)西郷隆盛(さいごうたかもり)を抜擢したことで有名ですね。

維新の英傑を育てた明治維新の陰の功労者ともいえる存在です。

いえ、それ以上かもしれません。

そして、島津斉彬は「蘭癖大名」と呼ばれていました。

「蘭癖大名」とは、現代風に言ってみれば

「オランダオタク」、「オランダマニア」です。

要するに「西洋文明大好き」という人物だったのです。

そして島津斉彬はそれゆえに困難の人生を歩みます。

さらに、島津斉彬の生きた幕末時代。

 

 

世界の海洋通商国家としての覇権はイギリスが手中にしていました。

オランダは海洋通商国家としての地位をイギリスに蹴落されていたのです。

オランダは海外貿易の利益をイギリスに投資して、

己で敵を育ててしまったので、同情の余地はありませんが。

幕末時代、世界は弱肉強食、そして国内も激動する中にありました。

その時代を生きた薩摩藩主・島津斉彬。

島津斉彬の功績についてイギリスとの関係をみながら考察していきましょう。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:島津斉彬の死因は?島津斉興に暗殺されたのか?

関連記事:島津斉彬(しまづなりあきら)はどんな人?西郷隆盛と大久保利通を育てた名君

島津斉彬が外国の文化や新しいものが好きだった理由

 

島津斉彬は「蘭癖大名」と呼ばれ外国文化、西洋文化に強い関心を示していたのはなぜでしょうか。

その理由は、曾祖父の重豪の影響があります。重豪はオランダ文化が大好きだったのです。

島津斉彬は、その曾祖父の影響を受けて育ちました。

しかも、長い間、江戸育ちですから、

薩摩にいるよりも海外情報は入りやすかったというのもあるでしょう。

距離は長崎と薩摩の方が近いですが、情報が集まるのはやはり江戸です。

そして、島津斉彬がイギリスという世界最強国家を意識するのは、

「アヘン戦争」により清が敗れたという事実を知ったときです。

当時の日本人の感覚では、清は圧倒的な大国です。文化の先達の国でもありました。

その清がアヘン戦争で、イギリスにボロ負けします。圧倒的大敗です。

海外情勢を気にしている当時の日本人にとっては、

北朝鮮で核開発が成功したどころの衝撃ではなかったのではないでしょうか。

そして、島津斉彬の「蘭癖」はイギリスへの関心へと変わっていくのです。

集成館事業(しゅうせいかんじぎょう)とは何?

 

島津斉彬は43歳になってやっと藩主になります。

当時の日本人の寿命を考えると、かなり高齢での就任ということになりますね。

これは、島津斉彬の「蘭癖趣味」が藩財政を傾けると警戒されていたことが大きな理由です。

実際、島津斉彬を可愛がっていた曾祖父の重豪は

「蘭癖」趣味のための凄まじい浪費をしています。

これが一因で薩摩藩の財政は破たん寸前となりました。

いつの時代も、オタクは自分の好きなことのためには、金に糸目をつけなかったのですね。

薩摩藩では、調所広郷(ずしょひろさと)が、

商人に対し無茶苦茶な要求を通して、何とか藩財政を立て直したばかりです。

ここで、またしても「西洋オタク」の島津斉彬を藩主にするのは、

「藩財政を傾けること間違いなしでごわっそッ!」と周囲が大反対だったのです。

またそれに輪をかけ、父である島津斉興と仲が悪かったというのもあります。

しかし、彼は藩主になると「集成館事業(しゅうせいかんじぎょう)」を開始します。

島津斉彬は、単に西洋の珍しい物をコレクションするというオタク的趣味に走りませんでした。

西洋の技術・産業に追いつくべき投資を開始したのです。

清を破ったイギリスに代表される西洋列強に対し、

日本が独立を守るには、西洋の進んだ武器が必要であり、

それを作るためには国内に産業が無ければならないと考えたのです。

アヘン戦争の情報からそのことは分かっていたのです。

そしてできたのが「集成館」と呼ばれる大工場群です。

この西洋の産業を薩摩藩内で興す事業を「集成館事業」と呼びました。

「集成館事業」で生まれた製品としては「薩摩切子」のルーツとなったガラス産業が有名です。

その他にも兵器製造、特に大砲の製造に必要な反射炉、溶鉱炉の建造も行っています。

この点から、アヘン戦争における清の敗因が

「イギリスとの火力差」であることを認識していたのでしょう。

 

近代産業の育成に貢献した島津斉彬の功績

 

他藩でも西洋化目指した藩はあります。四国の宇和島藩では、

大村益次郎(おおむらますじろう)と「提灯職人」が、蒸気船を作ったりします。

他にも佐賀藩など、西洋の産業を藩内に興そうした藩はあります。

しかし、薩摩藩が本気になったということが、非常に意味があります。

なんと言っても薩摩は大藩です。その地力は相当なものがあるのです。

雄藩である薩摩藩が、島津斉彬の主導で、西洋の文化、

科学技術を取り入れ、産業を起こすということは、小さな藩がそれをやるより大きな成果がでます。

島津斉彬の「集成館事業」は大きな費用が大きかったのは事実です。

しかし、その結果、多くの西洋文明を吸収で切る人材を育てたこと。

そして、真っ先に日本の重工業として立ち上がる造船業の基礎も作り上げました。

薩摩藩が造った西洋式軍艦「昇平丸」は明治期まで使用されたのです。

そして、島津斉彬の立ち上げた西洋化事業は、

彼の死後も止まることはありませんでした。

 

薩英戦争では、集成館事業で開発された兵器も登場

 

島津斉彬の死後起きた薩英戦争では、「集成館事業」で開発された兵器も投入されました。

その中には「管制機雷」という海に爆弾を浮かべ、

電線でつなげ、船が来たら陸地からスイッチをいれて爆破するという

当時のハイテク兵器まで投入していたのです。恐るべき薩摩藩です。

ただ、その場所に船が来てくれないとどうにもできない兵器だったのですが。

しかし薩摩は結果としてイギリスに「日本人、恐るべし、獰猛すぎるし」という思いを抱かせています。

イギリス側の史料が残っています。

勇猛さと西洋文明を取り入れる貪欲さに、イギリスも何かを感じたのかもしれません。

 

西郷どん(せごどん)の島津斉彬について

 

NHKの大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」では、島津斉彬を、

日本人ハリウッドスターである渡辺謙さんが演じています。

この配役という時点で、製作者側が、どれだけ島津斉彬を重要視しているかというのが分かります。

「世界の渡辺謙」ですからね。

以前、NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」で、

主役を演じ渡辺謙さんもその恩義に応えると言っています。

魅力的な配役で、いかにも西郷隆盛、大久保利通を抜擢し、育てたという風格を感じさせますよね。

 

幕末ライター夜食の独り言

 

もし、島津斉彬が藩主になる前に死んでいたら日本はどうなっていたでしょう。

43歳という年齢はいかに大名家の人間であっても、生命に予断の許されない歳だったのです。

現代の43歳とは違います。

江戸時代というのは健康ということに関して言えば、

現代に人には想像もつかぬほど過酷なものだったのです。

医学の進歩は微々たるもので、はしかでもバタバタ死にます。

天然痘も流行ります。コレラも流行ります。

たった、ひとつの傷でも破傷風になれば、もうおしまいです。

体力の衰えていくのも現代人よりも、早かったでしょう。

そのような中で、彼が藩主となり、大久保利通、西郷隆盛を抜擢し、

西洋化の道筋を示さなかったら、今の日本の姿はだいぶ変わったものになっていたかもしれません。

島津斉彬はそれほどまでに、幕末時代の中では重要な人物ではなかったかと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:島津斉彬の急死は暗殺だったの?弟の久光が黒幕?

関連記事:西郷どんと会津藩はどんな関係性なの?3分で薩摩藩と会津藩の関係を理解

 

夜食

夜食

投稿者の記事一覧

歴史大好き。特に江戸時代から幕末、太平洋戦争にかけては好きすぎるくらいです。戦史が好きですので、時代を超えて「戦いの歴史」が好きという者です。よろしくお願いします!!

好きな歴史人物:田沼意次

何か一言:歴史小説もWEBで公開しています。

関連記事

  1. 桂小五郎と幾松幕末を彩る世紀の恋の真実
  2. 井伊直弼と いいなおとら との関係性と共通性を紹介
  3. 橋本左内の啓発録は将来の自分へ書いた「~手紙拝啓十五の君へ~」だ…
  4. 島津斉彬と天璋院篤姫は実際どんな関係だったの?
  5. 大奥には入れ替えがあった?意外に知らない大奥
  6. お由羅騒動とは何?かんたんに分かりやすく解説
  7. 山内容堂は鯨の如く酒を飲んでいたって知ってた!?
  8. 吉田松陰の弟子と松下村塾の教育方針を紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 仰天!三国志の時代にはナビゲーション技術があった!?
  2. 本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説
  3. 三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かりやすく解説
  4. 【三国志演義】孔明が残した錦嚢策(きんのうのさく)って一体なに?
  5. 荊軻(けいか)とはどんな人?伝説の暗殺一家ゾルディック家もびっくり!秦王政を暗殺しようとした男
  6. 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

長州藩はどうしてああなってしまったのか?3つの理由 これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想? 黒田家を支え続けた後藤又兵衛はなぜ出奔することになったの? 【ネタバレ注意】キングダム547話「矛の嘆き」ネタバレ&レビュー 【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由とは? 孫呉の二代目丞相・顧雍に迫る!正史三国志・呉書からみた丞相の実績 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【5/30〜6/5】 【ネタバレ注意】キングダム543話 「主戦場」 レビュー&今後予想

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.5「kawausoのアイデア」
  2. 【三国志の疑問】どうして宦官は消滅しなかったの?
  3. 【祝】はじめての三国志!月間50万PVを達成!
  4. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介
  5. 三国大戦スマッシュ!(さんすま)とはどんなアプリゲーム?
  6. 曹操の機転。濮陽の戦いと定陶の戦い
  7. 孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した?
  8. 【よくわかる】SEALDsは後漢時代にも存在した?党錮の禁とSEALDsの共通点

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP