ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

西郷どん

島津斉彬はルイヴィトンを愛用した最初の日本人?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

(絵:ルイヴィトン 香港店 wikipedia

 

ブランドに興味のない人でも「ルイヴィトン」の名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。

様々な装飾品などで超一流高級ブランドとして有名です。

説明するまでもないでしょう。

なぜ、いきなりルイヴィトンの話をするのか?

実は幕末時代の薩摩藩主・島津斉彬(しまづなりあきら)

日本人初のルイヴィトン愛好者であったといわれているのです。

肖像画などを見ても、凛とした洒落者っぽい感じはしますし、

なんといっても、「蘭癖大名」である曾祖父の影響を受け、

自身も相当の西洋通であった島津斉彬です。

高級ブランドと関係があってもおかしくはないでしょう。

いったい島津斉彬とルイヴィトンにはどんな接点があったのでしょうか。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:島津斉彬の死因は?島津斉興に暗殺されたのか?

関連記事:島津斉彬は幕末の天才藩主だった3つの理由


ルイヴィトンとはなんのメーカー?

(絵:ルイヴィトン wikipedia

 

そもそも、ルイヴィトンは世界初のトランク専門店として誕生しました。

1854年フランス・パリで店を開き、ルイヴィトンはトランクの販売を始めたのです。

島津斉彬が死去したのは1858年ですから、その接点は4年しかありません。

ということは、かなり早期のルイヴィトン愛用者であったということが言えそうです。

実際にそのブランドが知られるようになったのは、1860年以降であったと言われています。

 

(絵:1889年 パリ万国博覧会 wikipedia

 

ルイヴィトンがブランドとしての価値を上げたのは1867年のバリ万国博覧会での銅賞受賞、

1889年のバリ万国博覧会では市松模様のダミエラインで金賞受賞という過程の中で、

世界的に知られて愛好者が増えていったのです。

ロシア帝国の最後の皇帝であるニコライ二世皇帝もルイヴィトンの愛好者だったようです。

彼は、日露戦争のときのロシア皇帝です。

大日本帝国・海軍は薩摩藩直系です。

日本海海戦で有名な連合艦隊司令長官・東郷平八郎は薩摩出身です。

島津斉彬の末裔と日露戦争を戦った皇帝ニコライ二世も、

島津斉彬と同じルイヴィトン愛好者であったというのは面白い話です。

その他にも、同時代ではスペイン王国のアルフォンソ12世などの愛好者がいます。

島津斉彬の死後、ルイヴィトンは、世界の王宮貴族からの発注を受ける

超一級ブランドになっていったようです。

島津斉彬は古参のルイヴィトンファンだったようです。


島津斉彬はルイヴィトンをどこから入手した?

 

島津斉彬がルイヴィトンを入手したのは、かなり早い時期です。

これほど早い時期に極東の島国の藩主である島津斉彬が、

どうやってルイヴィトンを入手したのでしょうか。

不思議です。

今のところ、明確にこれだという史料は発見されていませんが、

当時の薩摩藩が琉球を窓口に海外交易を進めていたことを考えると、

琉球(沖縄)経由でルイヴィトンを入手したと考えるのが一番筋の通っている説のように思われます。

島津斉彬は琉球を中継地とした欧米諸国との交易を計画していました。

更に、ルイヴィトンの故国であるフランスとの交易により、

大砲、小銃などを買い入れ、更には軍艦の発注も行っています。

このようなフランスとの繋がりの中で、

島津斉彬の手にルイヴィトンのトランクが渡されたのではないかと推測できます。

 

関連記事:島津斉彬の急死は暗殺だったの?弟の久光が黒幕?

関連記事:お由羅騒動とは何?かんたんに分かりやすく解説


ルイヴィトンのモノグラムの秘密

 

薩摩藩とルイヴィトンの間には意外なつながりがあります。

薩摩藩の家紋といえば、馬印轡十字ですね、丸の中に「+」が書かれた紋章です。

馬印轡十字の家紋というのは、隠れキリシタンが、「家の家紋です」

と言い訳に使用したとの伝承もありますが、十字形というのは、

キリスト教徒にもなじみの深い物ではなかったかと思います。

ルイヴィトンの「モノグラム」には丸の中に丸の中に星印の書かれた文様があります。

これが、島津家の家紋である馬印轡十字をモチーフにしたものだと言われています。

薩摩藩が1867年にパリ万博に薩摩焼を出展しました。

 

(絵:白薩摩の置物 wikipedia

 

「白薩摩(白もん)」と呼ばれる白磁に華美な装飾を施した逸品です。これが大絶賛されます。

その薩摩焼を同じく出展していたルイヴィトンが注目しました。

ルイヴィトンは島津家の家紋に「インスパイア」を受け新たなデザインを作ったということです。

草葉の陰で島津斉彬も喜んでいたかもしれません。

パクるな!と怒ることはまずないと思います。


  

 

ルイヴィトンのトランクを買った最初の日本人って?

 

島津斉彬が最初のルイヴィトン所有者であったのは間違いないところです。

では、最初に購入したのは誰なのでしょうか。

最初の購入者とされているのは、土佐藩出身の上士であった後藤象二郎ではないかと言われています。

後藤象二郎は1883年のパリ万博に参加し、ルイヴィトンのトランクを購入したとされています。

彼の名は、ルイヴィトン社の顧客名簿にも残っていますので、明白な証拠がある、

日本人初のルイヴィトン購入者としていいのではないでしょうか。

後藤象二郎は、購入したルイヴィトンのトランクを一緒に

ルイヴィトンフランスを訪問していた板垣退助に贈っています。

彼らは親友だったと伝わっています。

板垣退助は、フランスの政治思想、

人権に関する書籍を頑丈なルイヴィトンのトランクに詰め込んで帰国したそうです。

後に自由民権運動に身を投じる板垣退助は、

このときにルイヴィトンのトランクに詰め込まれた数々の本で、

自由民権運動の基礎となる思想を創り上げていったのかもしれません。

 

島津斉彬は贅沢好きなミーハーだった?

 

島津斉彬は曾祖父の島津重豪の強い影響を受け、西洋文明に傾倒していきます。

その島津重豪は、西洋や中国の珍しい文物、華やかに惹かれる部分が大きく、

藩の財政を大きく傾けながらも緊縮財政など絶対に許さず、

死ぬまで散財を続け89歳まで蘭癖を貫いた生粋の西洋オタクでした。

しかし、島津斉彬は「コレクターとしての西洋オタク」ではなく、

自分の薩摩藩を西洋の様に近代化してしまおうと考える、ある意味もっと重症というより、

開明的な「蘭癖」の藩主だったのです。

集成館事業などで、造られた工場群、

そこで生み出された西洋諸国でしかあり得なかった大砲や軍船など、

実用的であり、当時の日本の危機的状況を踏まえた上で、自身の西洋知識を使っていった天才でした。

そんな、彼がルイヴィトンを愛用したのは、ミーハーだったわけではないでしょう。

そもそもルイヴィトンがまだ、世界的なブランドとして名を成す前だったのです。

おそらく、その頑丈なトランクがモノを運ぶのに便利であるという合理性において、

選んだのではないでしょうか。

 

一流の人物は一流のアイテムを持っていた

 

よく言われることですが、一流の人は一流のアイテムを持つということです。

これは単なるお金があるか見栄を張るというわけではなく、

本当にモノの価値が分かるという人間であるということではないかと思います。

そもそも島津斉彬がルイヴィトンを入手したのは、ルイヴィトンが開業してまだ4年目です。

銀行などが、事業として「安定しているかどうか」というのを調べますと

過去三年間の経営状態の資料などの提出を求められるわけです。

島津斉彬が、ルイヴィトンのトランクに出会ったとき、

ルイヴィトンはパリで店を開いて4年しかたっていません。

それほど早い時期に島津斉彬は、ルイヴィトンの価値を見抜いたといえるのではないでしょうか。

一流の人物は見る使うアイテムに対しても見る目があるということなのでしょうね。

島津斉彬はルイヴィトンの中でも屈指の古参ファンである歴史上の人物だったのです。

 

幕末ライター夜食の独り言

 

島津斉彬は、なんでもかんでも、

西洋のモノをありがたがるというタイプの「西洋かぶれ」ではなかったのです。

いいものは良いと認めます。ルイヴィトンもその実用性を高く評価したのでしょう。

幕末に日本にいた有名な医師ポンぺが、島津斉彬について語っている史料が残っています。

彼は西洋文明を取り入れるときに、西洋人に丸投げせず、

日本人の手と日本人の工夫も取り入れ西洋文明を吸収していったというのです。

アジア・アフリカの国でも西洋化を目指した国はあったのです。

何も西洋化を目指したのは日本だけではなかったのです。

しかし、西洋のモノをそのまま評価せず受け入れたり、

西洋人に丸投げしたりしないで自分たちの手で「西洋を創ろう」としたのは、

日本人だけであったようです。

そして、その嚆矢(こうし)となった人物が島津斉彬であったのです。

そんな彼に選ばれたルイヴィトンはやはり、素晴らしいものであったのでしょう。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:島津久光(しまづ ひさみつ)とはどんな人?西郷隆盛の生涯のライバル?

関連記事:西郷どんと会津藩はどんな関係性なの?3分で薩摩藩と会津藩の関係を理解


 

夜食

夜食

投稿者の記事一覧

歴史大好き。特に江戸時代から幕末、太平洋戦争にかけては好きすぎるくらいです。戦史が好きですので、時代を超えて「戦いの歴史」が好きという者です。よろしくお願いします!!

好きな歴史人物:田沼意次

何か一言:歴史小説もWEBで公開しています。

関連記事

  1. 【西郷どん】実は大久保利通は囲碁が下手だった?
  2. 平野国臣の名歌「わしは桜島より熱かばってん」の意味とは?
  3. 口うるさい徳川斉昭 藤田東湖が「せごどん」を生み出した?水戸学のカリスマの生涯
  4. 井伊直弼の子孫は幕末をどう生き延びたのか?
  5. 江藤新平の功績を知ろう「この国のかたち」
  6. 新選組の土方歳三 土方歳三に妻はいたの?モテモテ副長は独身主義
  7. 岩崎弥太郎 岩崎弥太郎とはどんな人?世界の三菱を築き上げた一代の政商の生涯
  8. 佐久間象山、幕末の天才奇人はどうして暗殺された?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム45
  2. 凌統
  3. 雷怖くない 能ある劉備
  4. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  5. 篤姫
  6. バナー はじめての三国志コミュニティ300×250
  7. 周瑜の魅力
  8. 三国夢幻演義バナー 龍の少年

おすすめ記事

  1. 【三顧の礼】演義の諸葛亮は居留守を使って自分を高く売った!? 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  2. 夏候惇の父親としての評価はどうだったの? 夏侯惇
  3. 島津斉彬の性格のダークサイドを紹介!贋金作りで軍資金を造る裏斉彬 科学者風の斉彬
  4. 坂本龍馬の髪型はハゲ隠しだったの? 坂本龍馬(幕末時代)
  5. 智謀が凄すぎて信用がならなかった真田昌幸の前半生に迫る!!
  6. 武田信玄とはどんな人?天下人信長・家康を震わす甲斐の虎 真田丸 武田信玄

三國志雑学

  1. 蜀の劉備
  2. 虎形棺座
  3. 五斗米道の教祖・張魯
  4. 魯粛と周瑜


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. スピリチュアルにハマる光武帝
  2. 信陵君
  3. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  4. 宦官
  5. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  6. 劉備とイチャイチャする孫尚香

おすすめ記事

三国志で言えば荀彧や賈詡の助言『人気ブロガ―のブログで人生改善』 楽進 楽進はチビだけどスゴイヤツ背が低いのは不利じゃない! 孟獲キャッチコピー 【ビジネス三国志】孟獲から学べ!相手の心を掴むビビッドなキャッチコピー 張繍 張繍とはどんな人?実はかなりの出世頭で人たらしだった? ゴルゴ13もびっくり!三国志のスナイパー武将・龐徳・太史慈・呂布 幕末大勢で一人に襲いかかる新選組 山南敬助とはどんな人?新選組から脱走した理由は? 紀霊(ゆるキャラ) 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第4回】 馬に乗って戦う若き織田信長 織田信長の逸話を紹介、当時としてもかなりロックな人だった?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP