キングダム
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

徳川慶喜の功績って一体何があるの!?

大政奉還した徳川慶喜




 

徳川幕府最後の将軍・徳川慶喜(とくがわよしのぶ)

鳥羽伏見(とばふしみ)の戦いに敗北後、

大阪城に残った味方の軍勢を置き去りにして逃亡した将軍として知られ、

卑怯者だとか臆病者とか言われている将軍です。

さてこの卑怯者や臆病者と言われる徳川慶喜が残した功績とは一体何があるのでしょうか。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:徳川慶喜とはどんな人?英雄・ヘタレ徳川最後の将軍に迫る

関連記事:徳川慶喜の墓はどこにあるの?谷中霊園の行き方とアクセス方法

 

 

徳川慶喜の功績とは

 

徳川幕府最後の将軍・徳川慶喜は一体どのような功績を残したのでしょう。

それは大政奉還を行った事、民衆を戦火から救ったこと、

国内統一に貢献した事の三つの功績があると言えるでしょう。

では徳川慶喜が残した三つの功績をご紹介しましょう。

 

 

徳川慶喜の功績その1:大政奉還

 

徳川慶喜の功績その1としては大政奉還を行った事と言えますが、

大政奉還とは一体何なのでしょうか。

ここで簡単にご紹介しましょう。

 

大政奉還とは徳川幕府が持っていた日本の行政権を天皇へ返したことです。

そして大政奉還を行った事で倒幕派の矛先をうまく回避する政策です。

倒幕派の人々は徳川慶喜がこのような方法で、

幕府を倒すことができなくなった事を知ってビックリしたそうです。

 

また徳川慶喜はこの政策を行った事後も日本の行政を代理で行う事ができ、

幕府や倒幕派の勢いを削ぐことができました。

頭が良く、決断力に富んだ徳川慶喜が残し得た功績の一つと言えるでしょう。

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末

 

徳川慶喜の功績その2:戦火から民衆を救った!!

 

徳川慶喜の功績その2としては、戦火から民衆を救ったことでしょう。

慶喜は鳥羽伏見の戦いで幕府軍が敗北すると江戸に向かって逃亡し、

ひたすら倒幕軍に逆らわない姿勢を貫きます。

慶喜は倒幕軍に逆らわない姿勢だけでなく行動に移します。

 

慶喜が取った行動は倒幕軍に抵抗しない意志を見せるため、

勝海舟(かつかいしゅう)達に徳川幕府の今後を託します。

そして慶喜は上野のお寺へ謹慎する事で、表舞台に出ないようにし、

倒幕軍に逆らわない姿勢を見せます。

 

慶喜から後を任された勝海舟は、

東海道からやってくる倒幕軍の総大将・西郷隆盛(さいごうたかもり)と交渉して

江戸城を明け渡す交渉を行い、江戸城明け渡しに成功。

こうして江戸城や江戸の町は倒幕軍の攻撃に遭うことなく、接収されることになるのです。

そして倒幕軍の攻撃を受けなかった事で江戸に住んでいた大勢の民衆は、

戦火に巻き込まれず明治の世を迎えることができたのです。

 

もし徳川慶喜が

「俺はまだ負けてねーぞ!!西郷隆盛がなんぼのもんじゃ!!明治政府かかってこいや!!」と言って

倒幕軍と戦う事になっていれば、江戸の町は戦火によって焼けてなくなっていたでしょう。

また江戸に住んでいた大勢の人々は、戦に巻き込まれないようにするため、逃亡していたでしょう。

 

また戦火で焼け野原になった江戸は復興するのに相当な時間がかかったはずで、

明治の首都が東京になる事なく、京都のままだったと思割れます。

さらに妄想を繰り広げれば、現在の日本の首都は東京ではなく京都になっていたかもしれません。

このように考えると慶喜が残した功績はかなり大きいと思います。

 

徳川慶喜の功績その3:国内統一に貢献!?

 

徳川慶喜の功績その3としては明治政府の国内統一に貢献した事ではないでしょうか。

もし徳川慶喜が明治政府に従わずに抵抗を続けた場合、

国内が統一されるまでにかなりの時間がかかったと思われます。

 

そして国内の統一に明治政府が手こずれば、

薩摩藩に力を貸していたイギリスや日本に開国を迫ってきたアメリカ、

不凍港が欲しかったロシアなどの諸外国から国内内戦に介入され、

日本の国土の所々が外国の植民地になっていたかもしれません。

 

そうなれば明治政府の統治する日本の領土は少なかった可能性が有り、

明治政府が国内の統一をすることがかなり難しい状況になっていたかもしれません。

上記のような可能性を考慮すると徳川慶喜が明治政府に抵抗する意思を見せなかったおかげで、

明治政府が国内の統一が容易に行われたと考えることが出来るのではないのでしょうか。

 

徳川慶喜のその後

 

徳川慶喜は幕末において上記の功績を残した後、

将軍の位から引退し、謹慎生活をすることで明治政府に逆らわない意向を示します。

明治政府も徳川慶喜に対して厳しい処罰を与えませんでした。

 

さて明治政府の時代に慶喜は一体何をしていたのでしょうか。

徳川慶喜は明治時代、趣味に没頭していたそうです。

彼の趣味はかなり多岐に渡り、狩猟、弓道、乗馬などアウトドアな生活を行っていましたが、

外で体を動かすだけでなく、家の中でも常に何かをしていたそうです。

例えば刺繍、囲碁など家の中でもできる趣味をしていました。

徳川慶喜はこうして将軍の位を引退して、一般時になってから趣味に没頭し、

達人クラスにまで極め、毎日を充実しながら生活していたそうですが、

大正二年に肺炎で亡くなったそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は徳川慶喜の功績を調査してみました。

徳川慶喜は時勢を見る目を備え、頭のいい将軍だったと思います。

さらに趣味を多く持ち、その趣味のほとんどを極めたそうです。

このことから幕末じゃなく徳川幕府の中期の将軍だったら、

徳川慶喜の評価はかなり違っていたと思います。

 

もし江戸中期の将軍だったら家康を超えるスーパー将軍とか呼ばれていたかもしれません。

皆様は徳川慶喜の功績を思い浮かべ、どのように彼を評価しますか。

 

参考文献 吉川弘文館 徳川慶喜 家近良樹著等

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜の身長は何センチあったの?

関連記事:徳川慶喜ってどんな人!?評価が定まらない最後の将軍

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟…
  2. 秀吉の下に天下を代表する軍師が揃うきっかけってなに?
  3. 【真田丸特集】劉備に忠誠を誓った趙雲と豊臣家に忠義を尽くした・毛…
  4. 土持政照とはどんな人?西郷どんの命の恩人に迫る
  5. 小早川隆景(こばやかわ たかかげ)とはどんな人?毛利を支えた三本…
  6. 【正史三国志】呉書を参考に孫権が皇帝へ登るまでの歴史をご紹介
  7. 徳川家を守った篤姫 島津斉彬と天璋院篤姫は実際どんな関係だったの?
  8. 読書感想文に使えるオススメ歴史小説「日本の幕末・近代史編」おまけ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 茶を飲む張角(太平道)
  2. 孔明 司馬懿 名前はどこで
  3. 城 銅雀台
  4. 袁家をイジメる董卓

おすすめ記事

  1. 118話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐前哨戦 孔明君のジャングル探検
  2. 棗祇(そうし)とはどんな人?新しい兵糧収入法を考え曹操の覇業を支えた功臣 棗祇(そうし)食料・兵糧担当
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【12/11〜12/17】
  4. 楊端和(ようたんわ)の最期は壮絶な戦死?キングダムの女将軍の死を大胆予想
  5. 官渡の戦いで袁紹が勝っていたら三国志はどうなっていたの?
  6. 2020年東京五輪のメリットは?経済効果や日本文化PRなど利点を紹介 オリンピックを誘致する田畑政治 いだてん

三國志雑学

  1. 張遼・楽進・李典
  2. 曹嵩
  3. 最弱武将 張飛
  4. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 処刑寸前で止める廬毓(ろいく)
  2. 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明
  3. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  4. 曹操と鶏肋
  5. 大隈重信

おすすめ記事

曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬? 亡くなる周瑜 周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子たち 孫権が張昭を呉の丞相に任命しなかったのはどうして? 馬超にも逸話はあるの?蜀の五虎大将軍・馬超孟起の逸話 【孔門十哲】子游(しゆう)とはどんな人?ドヤ顔といえばやっぱりこの弟子 何顒(かぎょう)とはどんな人?党錮の生き残りで袁術に嫉妬された人 曹操の使者を斬り捨てる武闘派の孔明 三国志平話が面白いのにすたれた理由 【8月の見どころ】8/23は諸葛亮の命日、五丈原を様々な角度から解説予定

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP