月刊はじめての三国志2018年3月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました

はじめての三国志

 

『はじめての三国志』よりありったけの愛と感謝を込めて。

いつもはじめての三国志をご愛読いただきありがとうございます。

 

月間PV148万、読者数38.7万人、三国志界のおばけサイト、

「はじめての三国志」で掲載された記事をピックアップしました。(2018年3月)

 

この一冊で、はじ三の面白さがわかる月刊誌。

値段は何と99円とワンコインで電子書籍で講読することができます。

サクッと読めるラインナップのためスキマ時間などにいかがでしょうか?

 

■■■目次■■■

 

-陸遜と趙雲は本当に有能だったの?英雄を徹底分析
-兗州人がパッとしない理由は地元群雄が壊滅したからだった
-【三国志演義】無能な劉備は知識人の理想の君主?
-孫堅時代に陸遜がタイムスリップをしたら孫堅にどんな助言をする?【if三国志】
-曹操の配下で打線を組んだ場合、どんな球団になる?

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 鍾会
  2. Himalaya logo引用

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP