三国志平話
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

西郷どん

橋本左内の辞世の句とは?獄中の天才の無念を読み解く

 



 

橋本左内

 

幕末の英傑のひとり橋本左内(はしもとさない)は、

君主の福井藩主・松平春嶽(まつだいらしゅんがく)の側近として幕政に深く関わります。

そして、将軍後継問題で大老となった井伊直弼(いいなおすけ)と対立し、安政の大獄(あんせいのたいごく)で刑死しました。

 

その辞世の句は「二十六年、夢の如く過ぐ。平昔(へいせき)顧思(こし)すれば感ますます多し。

天祥(てんしょう)の大節、(かつ)心折(しんせつ)す。土室(どしつ)なほ(ぎん)ず、正気(せいき)の歌。」というものです。

今回は、この辞世の句から読み取れる天才・橋本左内の心情について考察していきます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:橋本左内の啓発録は将来の自分へ書いた「~手紙拝啓十五の君へ~」だった

関連記事:橋本左内の書籍にはどんなものがあるの?

 

 

橋本左内の最期について

 

橋本左内の最後についいては伝承による物しかなく、史料的に確かなものはないようです。

ただ、その最期はかなりとり乱したものであったらしいのです。

このことについて、フィクションである歴史小説、

山本周五郎の「城中の(しも)」では泣き叫んで死んでいったことが、

逆に武士としての無念を表しているものであると描いています。

この小説は昭和15年に書かれた作品です。

日本全体が戦時色に染まり、日本人全体が潔く生きるという空気の中発表された物の様です。

また、橋本左内は、取り調べのときに自分の行動は藩命によるものだと主張したとのことです。

井伊直弼

 

これが、井伊直弼の反発を招き、「遠島」から「死罪」になったとも言われます。

要するに、藩主に責任を負わせようとしており、武士らしからぬ態度であるということです。

この橋本左内の言葉は正直ではあったものの、当時の価値観とは受け入れられなかったのでしょう。

 

 

辞世の句とは

 

辞世の句とは人が死の間際に読んだ句のことをいいます。

辞世の句を読むようになったのは中世以降で、

戦国時代以降に有名な辞世の句がならんでいるのではないでしょうか。

歴史上の有名人物では、豊臣秀吉(とよとみひでよし)浪速(なにわ)のことも夢のまた夢」などのフレーズは

目にしたこともある人も多いかと思います。

 

武士や身分の高い人にとっては、死の間際に辞世の句を読むことが中世以降習慣化していきます。

ですので、歴史上の有名人物の多くが辞世の句を残しています。

橋本左内もその習慣に従い辞世の句を残しています。

 

【攘夷魂!テロに走ったサムライ達】
俺達尊攘派

 

橋本左内の辞世の句

橋本左内の辞世の句

 

橋本左内の辞世の句は

「二十六年、夢の如く過ぐ。平昔を顧思すれば感ますます多し。

天祥の大節、嘗て心折す。土室なほ(ぎん)ず、正気の歌。」と言うものです。

 

26歳と言う若さで、本来であれば死ぬような罪を犯していない中で、

死を迎えなければならなかった無念の気持ちがこもった辞世の句であるように見えます。

橋本左内の辞世の句を意訳すれば

「26年の生涯が夢の様に過ぎて言った。

昔のことを思い出すとその思いはますます大きくなっていく。

かつての文天祥(ぶんてんしょう)の思いに感心したものであるが、

自分も彼と同じく土牢の中にあって正気の歌を(うた)うのだ」というところです。

 

この中で出てくる文天祥とは、

中国の南宋の政治家で元との和平交渉の中でとらえられ、

元に帰順するように何度も言われながらも、

それを拒否して刑死した忠臣とされている人物です。

彼の謳った歌が正気の歌とよばれているものです。

 

橋本左内はその忠臣に自分をなぞらえ、辞世の句を詠みました。

君主である松平春嶽に忠実に、彼の政治方針、将軍として慶喜(よしのぶ)擁立に動いたことが、

死罪に値することなのかと言う無念も感じます。

 

橋本左内の死を惜しんだ西郷隆盛の言葉とは

泣く西郷隆盛

 

安政の大獄では西郷隆盛(さいごうたかもり)自身がその災禍(さいか)を避けるため

奄美大島(あまみおおしま)に「謹慎(きんしん)」と言う形で身をひそめていたのです。

西郷隆盛が橋本左内の死を知ったのは奄美大島で隠遁中(いんとんちゅう)のことでした。

橋本左内の死を知った西郷隆盛は

「橋本(まで)死刑に逢い候儀案外(そうろうぎあんがい)悲憤千万(ひふんせんばん)()(がた)き時世に御座候(ござそうろう)」と

大久保利通(おおくぼとしみち)などに送った手紙に書いています。

 

橋本左内の刑死を悲しく怒りを感じる物であり堪えられないと書いています。

西郷隆盛は「将軍継嗣問題(しょうぐんこうしもんだい)」で橋本左内と共同歩調ととっており、

その才能も高く評価していました。

橋本左内の死は西郷隆盛に大きな衝撃を与えたことは間違いないでしょう。

 

三国志ライター夜食の独り言

 

橋本左内の辞世の句は己の正しさを死後まで信じていたのでしょう。

将軍の擁立問題についてはそれぞれに言い分があり、

後世の人間が評価するのは難しいですが、もし慶喜の将軍就任が早まった場合、

幕府を政治勢力として残したままの明治維新(めいじいしん)というものがあったかもしれません。

幕府の権威を取り戻そうと強権を振るった井伊直弼が逆に、

幕府の命脈を縮めていったような感じもします。

 

橋本左内は26年間の短い人生で、具体的に何か実績を残したとは言い難いとは思いますが、

西郷隆盛など、当時を生きた幕末の有名人に大きな思想的な影響を与えました。

橋本左内の死後も彼の開国をするならば、

むしろ日本が海外に進出すべきだという考えは、その後の日本の動きにかぶってきていきます。

それが、批判的に取られる時代もありましたが、当時の世界の状況を考えれば、

橋本佐内の考えは、グローバルスタンダードな考え方であったのかもしれません。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:橋本左内の書籍にはどんなものがあるの?

関連記事:島津斉彬は日蓮正宗に帰依していたの?

 

【維新を阻止しようとした男たちの秘話】
ガンバレ徳川

 

 

夜食

夜食

投稿者の記事一覧

歴史大好き。特に江戸時代から幕末、太平洋戦争にかけては好きすぎるくらいです。戦史が好きですので、時代を超えて「戦いの歴史」が好きという者です。よろしくお願いします!!

好きな歴史人物:田沼意次

何か一言:歴史小説もWEBで公開しています。

関連記事

  1. 大隈重信 大隈重信とはどんな人?早稲田大学の創設者の人生を年表で紹介
  2. 岩倉具視 岩倉具視の性格や出身は?ヤモリと呼ばれた男の生涯
  3. 大村益次郎 幕末 徴兵制度とはどんな制度?富国強兵を目指した徴兵制度導入の目的とは…
  4. チェストと叫ぶ西郷隆盛 西郷どんのチェストの意味は?西郷隆盛と示現流のチェスト関係性を分…
  5. 坂本龍馬(幕末時代) 【武田鉄矢に怒られろ!】坂本龍馬は本当はこんな人だった?
  6. 渋沢栄一 渋沢栄一とはどんな人?大政奉還後、明治時代の実業家になるまで
  7. ペリーと黒船常識。ウソ?ホント?
  8. 西郷どんの恩返し奄美大島貿易拠点構想

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁術
  2. 何晏
  3. 黒田官兵衛
  4. 劉備と孫権
  5. 君たちはどう生きるか?劉禅

おすすめ記事

  1. 井上源三郎とはどんな人?剣術の腕や人柄を紹介 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  2. 【陳祇】蜀滅亡の原因は黄皓だけのせいではなかった?
  3. キングダム 533話 ネタバレ予想:爆誕!飛信軍
  4. 就職戦線異状だらけ!かなり大変だった三国志時代の就職
  5. 徳川慶喜の功績って一体何があるの!? 大政奉還した徳川慶喜
  6. 【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!?

三國志雑学

  1. 鍾会を説得する姜維
  2. 三国志 武器
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 法正
  2. 簒奪する王莽
  3. 徐庶

おすすめ記事

2018年末のご挨拶 はじさんスタッフ 石川 おとぼけ kawauso 黒田 みおやま はじめての三国志 2018年歳末のご挨拶 呉の小覇王・孫策 孫策(そんさく)とはどんな人?たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王 鼎(かなえ)って何?玉璽の前の権力のシンボルを紹介!! キングダム ネタバレ予想536話「右翼で大戦争勃発」 五虎大将軍の関羽 【関羽の北伐】麋芳、士仁はなぜ関羽に嫌われてたの? 蜀の厳顔 【衝撃の事実】厳顔は老将なんかじゃなかった!? 【劉備・曹操・孔明英雄亡き後】軍事面で活躍した人物は鍾会、鄧艾それとも諸葛誕!?正史三国志・魏書からご紹介 劉邦はヤンキー 劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP