三国志平話
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

当サイトからのお知らせ

月刊はじめての三国志2018年7月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました

この記事の所要時間: 011

はじめての三国志

 

『はじめての三国志』よりありったけの愛と感謝を込めて。

いつもはじめての三国志をご愛読いただきありがとうございます。

 

月間PV155万、読者数47.1万人、三国志界のおばけサイト、

「はじめての三国志」で掲載された記事をピックアップしました。(2018年7月)

 

この一冊で、はじ三の面白さがわかる月刊誌。

値段は何と99円とワンコインで電子書籍で講読することができます。

サクッと読めるラインナップのためスキマ時間などにいかがでしょうか?

 

■■■目次■■■

曹操の文学サロンが武に代わるソフトパワーを生み出した

-三国時代のトレンドファッションは?

-【荀彧の日記念】荀彧の妻は宦官の娘?曹操とのシンクロが半端ない

関羽もメロメロ(死語)武神の心を掴んだ杜夫人は人妻!

華佗が発明した幻の麻酔薬「麻沸散」とは?

 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 曹操の魅力とは?武将アンケート同立2位
  2. 月刊はじめての三国志2018年1月号 (桃園出版 三国舎)を出版…
  3. 【新企画】「袁術の成長」を通じて貴方も前向きな思考を身につけよう…
  4. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに龐徳を追加しました
  5. 【コラボ企画】はじめての三国志 x レキシズル 3月25日開催決…
  6. 三国志サミット2015年に、はじさんも出演します
  7. 楽天koboにて『#君主論』の販売を開始しました。
  8. はじめての三国志 FRESH! by AbemaTVを開設しまし…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【三顧の礼】諸葛亮の嫁の父・黄承彦の詩にドラゴンが出てカッコいい!
  2. 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介
  3. このマンガがすごい!呉に光を当てた『江南行』『みんなの呉』『赤壁ストライブ』をレビューするよ
  4. 石川五右衛門か!自ら釜茹でになろうとして孫権に止められた鄧芝
  5. 聶政(じょうせい)の律儀な性格と自分の顔を削って自刃した刺客の最期
  6. 三国志の時代には戦象がいた!象さんパオーンと大活躍

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【キングダム】「信の強さはホンモノ?」休載スペシャル どもっていても秀逸な政策と卓抜な戦術を提案した鄧艾に迫る もし郭嘉が魏の建国まで長生きしていたら魏の内閣総理大臣になっていた? 二つの中国はどうして出来た? 台湾問題を三国志で分かりやすく解説するよ 【応仁の乱】11年間続いた応仁の乱の幕開け御霊合戦とは 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【6/12〜6/18】 これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら? 司馬師(しばし)とはどんな人?眼球が飛び出て死亡!強烈すぎるのエピソード

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない
  2. キングダム最新566話「楊端和無双」ネタバレ&レビュー
  3. 餃子を食べれば耳たぶが生えてくる?中国のお正月を分かりやすく紹介
  4. 鉄壁の合肥城を作り上げた劉馥の一族にとんでもない奴がいた!?
  5. 阿部正弘の墓はどこにある?イケメン老中の眠る谷中墓地を紹介
  6. 【3分で分かる】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の華麗な生涯
  7. 五虎大将軍 趙雲の死因は何だったの?三国志一の美男子の最期
  8. 皇帝には、二つの名前があった!?諡号(しごう)とは何?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP