キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

西郷どん

勝海舟と日本海軍、近代日本を切り開いた驚異のプロジェクト




日本海軍

 

明治維新以降、大日本帝国の近代化の象徴であり、

強国の象徴となっていったものは強力な海軍力でした。

 

海洋国家である日本は、海軍力の拡充に行い、明治時代に清を破り、

ヨーロッパ列強であるロシアの艦隊にも勝利する海軍を作り上げました。

 

近代日本の象徴でもある日本海軍の基礎を作ったのが勝海舟(かつかいしゅう)です。

そして、それは近代日本を切り開く原動力となっていきます。

 

明治を生きた勝海舟は、

その強くなり近代日本を引っ張る海軍を見つめ、予言めいたことを語ったのです。

今回は勝海舟と日本海軍について、その成功の原因を調べてみました。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:【五代友厚と勝海舟】それぞれの道で歴史に名を残した2人

関連記事:勝海舟の名言に感動!時代が変わっても心にしみる名言の数々!

 

 

開国して海軍の必要性を痛感した江戸幕府の取った行動とは?

江戸城

 

徳川幕府は大名に対し大型の軍船を作ることを禁じていました

商船に関しても、沿岸航海と積荷の上げ下ろしの効率化、

喫水が浅く運河航行も可能であることという経済的な要求により

「和船」の技術もガラパゴス化しています。

 

決して技術力が低いわけではないのですが、

あまりにも用途が限定された船になってしまったのです。

ペリーの来航を受け、まず大船建造禁止を止めるように

幕府に建白したのは、島津斉彬(しまづなりあきら)でした。

島津斉彬

 

当時の老中の阿部正弘(あべまさひろ)はそれを受け入れます。

この老中・阿部正弘と有力な幕臣であった大久保一翁(おおくぼいちおう)に見出されたのが勝海舟でした

 

勝海舟は大砲、蘭学の研究をしており、

佐久間象山(さくましょうざん)とも縁続きで当時の幕府の人材としては技術者として、

傑出した能力を持っているとみられていました。

 

ペリー来航により、広く意見を求めるという方針を老中の阿部正弘はとりました。

勝海舟はその際に「海防意見書」を幕府に提出しました。

勝海舟

 

これが、幕府中枢の目に留まり、

長崎海軍伝習所でオランダ人教官から教えを受け、海軍伝習所京都になります。

そして、幕府は西洋式の軍船の建造と人材の育成を行っていくのです。

 

アヘン戦争があり、ペリー来航の問題は、日本人の安全保障意識を高めました。

そして、日本の安全保障に必須な海軍力育成のための、

人材について高い教育水準の人材を抱えていたことが、

日本の他の非西洋諸国にはないアドバンテージであったでしょう。

 

 

西洋に追いつけ!幕府が見せようとした日本人の意地とは?

咸臨丸

 

咸臨丸(かんりんまる)は、幕府から購入した軍船です。

コルベットという種類の軍船で今でもこの呼称は一部の海軍に残っていますが、

当時はやや小型の軍船という程度の意味です。

これより大きな軍船をフリゲート艦といいます。

 

オランダ人の手によって、オランダから長崎に航行され、長崎海軍伝習所で練習艦となります。

船は外国から買えます。ちなみに咸臨丸は10万ドルでした。

しかし、動かせる人材がいなければどうにになりません。

 

長崎海軍伝習所では、咸臨丸により最新の西洋の航海技術を学び、

人材の育成を図ろうとしました。

勝海舟は、長崎海軍伝習所で操艦術を学びます。

 

その後、咸臨丸で太平洋を横断しますが、これはアメリカ人の船長たちの功績が大きいです。

しかし、勝海舟は幕府に対し、海軍士官の養成機関、

軍艦を造るための工廠の建築を提言しています。

 

そして、海軍人材を育てる事を目的として幕府は、神戸海軍操練所を設置しました。

海軍士官養成と工廠を兼ねた施設です。

坂本龍馬

 

そこで勝海舟は坂本龍馬(さかもとりょうま)陸奥宗光(むつむねみつ)伊東祐亨(いとうゆうこう)などに航海術を教え

海軍人材の基礎となる人材を育成したのです。

 

【維新を阻止しようとした男たちの秘話】
ガンバレ徳川

 

勝海舟が播いた種。明治政府を戊辰戦争で勝利に導いたのは「海軍」の力だった

黒船

 

戊辰戦争では小銃と大砲が主武器となります。

陸戦における散兵戦術の採用など、

明治政府軍が軍事的により西洋的な戦術を理解し吸収していた部分はありました。

 

しかし、戦争行方を決定的にしたのは海軍力の優劣でした。

幕府の陸上戦力も近代化してきますので、

幕府主力軍に限って言えば、かなり近代化の進んだ戦力となっていました。

そうなると、如何に大量の銃弾、砲弾を敵に叩き込めるかが勝敗を分けます

 

さて、どうやって大量の銃弾、砲弾を運ぶのか?

海路を使えばより多くの武器、弾薬が運べます。そのための制海権を維持するのが海軍の役割です。

 

そして、軍艦に搭載した大砲は陸上の大砲とは比較にならない機動力を持っています。

艦砲射撃は、沿岸部に都市の多い日本では威力を発揮します。

 

戊辰戦争では兵站、火力の運用の面で、海軍力が優れていた明治政府が勝利を得たのです。

その明治政府の海軍にも、旧幕府軍の海軍にも、勝海舟の教え子といえる人たちがいました。

 

日清戦争で世界中に「日本海軍」をアピールした明治政府。勝海舟はその時?

黄海海戦

(画像:黄海海戦Wikipedia)

 

日本海軍は勝海舟が生みの親で、山本権兵衛(やまもとごんべえ)が育てたといわれます。

明治政府は初の対外戦争である日清戦争で、優越した海軍力を見せ付けます。

 

ドイツ製の巨艦「定遠」、「鎮遠」を備えた清国海軍に勝利し、大陸と日本の海上交通路を確保します。

それにより、日本は日清戦争に勝利することができました。

勝海舟

 

しかし、その海軍海の親である勝海舟は、日本の勝利に対し冷めた言葉を残しています。

戦争に勝ったと威張っていると大変な目にあう。

武力の戦争に買っても経済の戦争に負けたら、国が滅びるといいました。

そして、中国人はその点で日本人より優れているといったのです。

 

ある意味、後の日中戦争から太平洋戦争に至る道を予言したようなものです

日本は、中国の国民党政府を武力で打倒できず太平洋戦争に突入してきました。

 

国民党政府は、ポンドにリンクした新貨幣である法幣制度を作ります。

この法幣によって、大陸での経済戦に日本は中国に負けていきます。

その意味で、勝海舟の言葉はかなり正確に歴史の行く末を見ていたといえるかもしれません。

 

歴史ライター夜食の独り言

歴史ライター夜食の独り言

 

勝海舟より以前に、海軍力が重要であることを唱えた林子平(はやししへい)のような人物はいたことはいました。

しかし、時代がそのような人材をまだ要求していなかったのでしょう。

 

勝海舟という人物の能力と時代の要請がかみ合って、

日本海軍は、対西洋列強に対する安全保障の砦として、

そして、海軍を強化するための造船業の近代化は日本の近代化の推進力のひとつとなりました。

 

軍艦の建造には、裾野の広い技術を必要とします。そのため多くの産業が発展していくことになります

海軍の強化に目をつけ、それを幕府に実行させ、

人材を育てた勝海舟はやはり幕末の傑物のひとりででしょう。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:勝海舟はホラ吹き?そのホラは実際にどうなったのか?

関連記事: 衝撃!江戸時代は1862年に終った?一会桑政権vs明治政権の戦い

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん

 

夜食

夜食

投稿者の記事一覧

歴史大好き。特に江戸時代から幕末、太平洋戦争にかけては好きすぎるくらいです。戦史が好きですので、時代を超えて「戦いの歴史」が好きという者です。よろしくお願いします!!

好きな歴史人物:田沼意次

何か一言:歴史小説もWEBで公開しています。

関連記事

  1. 坂本龍馬チビ説 坂本龍馬の身長は?本当は大きくないの?
  2. プチャーチンはどんな人?幕末の日本人に敬愛された騎士道の人
  3. 井伊直弼は倒れても像は倒れず!!震災と戦争を耐えた銅像ヒストリー…
  4. 【五代友厚と勝海舟】それぞれの道で歴史に名を残した2人
  5. 橋本左内の書籍にはどんなものがあるの?
  6. 西郷従道 幕末 台湾出兵とは?明治政府最初の海外出兵を分かりやすく解説
  7. 篤姫と幾島の本当の関係は?
  8. 島津久光の性格は頑固で融通が利かない?いい迷惑な薩摩藩父

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操 三国志 ゆるキャラ1
  2. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  3. 岳飛(南宋の軍人)
  4. 孔子の弟子であり文学が得意な子夏
  5. 法正が亡くなり悲しむ劉備

おすすめ記事

  1. 【列異伝】なんと!曹丕は中国初オカルト小説の作者だった? オカルト小説を書いている曹丕
  2. 19話:超豪華!反董卓軍の英雄達
  3. 楚の荘王が残した「鳴かず飛ばず」【五分でわかる春秋戦国時代の名言】 はじめての三国志 画像準備中
  4. 第5話:袁術くん「先延ばしの癖をどうすれば直せるのか」を学ぶ
  5. キングダム 本ネタバレ536話「大将軍の景色」
  6. 実は大激戦だった!劉備の蜀獲りを地図で見ると意外なこともわかる! 蜀の劉備

三國志雑学

  1. 孔子と儒教
  2. 司馬徽と劉表
  3. 陳宮
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム53巻
  2. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  3. ボロボロになった馬超

おすすめ記事

劉璋と劉備 88話:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する 【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ちんとう)はじさん臨終図巻 【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの? 織田信長 織田信長の妻は年上が多かった!意外に甘えん坊だった?信長 龐統した勝利 89話:龐統、涪水関を計略で落とす キングダム53巻 キングダム588話雑学スペシャル「王賁は何を食べていた?」 イギリスのEU離脱って何?三国志で例えて理解度アップ! 孫権が暴露!蜀は孔明の国だった

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP