キングダム
コメント機能リリース




はじめての三国志

menu

春秋時代

老子っていつ生まれて何をしていた人なの?

孔子と儒教




老子

 

道家(どうか)の祖としてその名を知られる老子(ろうし)ですが、

その生涯について知っていると

自信を持って言える人は全くと言っていいほど

いないのではないでしょうか。

 

それもそのはず、

彼の生涯については生まれてから死ぬまで謎だらけで、

今日に至るまで誰もその真の姿を見出すことができていません。

 

なぜ彼はそれほどまで謎に包まれているのでしょうか?

その謎をいつか誰かに解いてほしいということで、

今回は老子についてのあらゆる珍妙奇天烈なウワサをご紹介して

前途有望な皆さんに興味を持ってもらおうと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた

関連記事:【シミルボン】とっても面倒くさい!三国志の時代の髪の毛のお手入れ

 

 

ママのお腹の中にいた年数がヤバすぎる

 

老子が生まれた年には諸説ありますが、

紀元前5世紀末から紀元前4世紀前半、

すなわち、春秋時代から戦国時代に移り変わる

過渡期に生まれたというのが有力な説のようです。

 

孔子(こうし)やら孟子(もうし)やら韓非(かんぴし)やら、

そのあたりの思想家たちが活躍した

時代に生まれたであろうことは

皆さんもなんとなく予想できていたとは思いますが、

老子の誕生にまつわるエピソードが

とんでもなくヤバイのです。

 

実は老子、

ママのお腹の中に60年以上いたというのです

それだけでも驚きですが、

中には3700年お腹にいたという珍説まで飛び出している始末。

 

普通の人は母親の胎内で10か月ほど過ごして

生まれてくるものですし、

長い妊娠期間を経て無事生まれてきたと

世界中で話題になった赤ちゃんでも1年5か月ほどでしたから、

そのことに鑑みればどれほど異常なことであるかは

すぐにお分かりいただけるでしょう。

 

それだけの期間ママの胎内ですくすく育った老子は、

生まれたときには既に大人で、

白髪混じりの長い髪の毛やひげを蓄えていたそうな。

 

まぁこんな話は当然嘘だと思いますが、

それだけの期間ママの腹の中から出てこなかった老子はもちろん、

老子を何十年も腹に宿して生活していたご母堂の超人ぶりにも

驚かずにはいられませんね。

 

 

孔子の師匠!?実はブッダ!?

孔子の師匠!?実はブッダ!?

 

その出生エピソードからしておかしい、いえ怪しい老子ですが、

なんと孔子の師匠であるとの噂まである人物なのです

孔子は若いときに老子から礼を学んだという話が

『荘子』やら『史記』やらに残されています。

 

ところがその一方で、

孔子が死んでから130年近く経った頃に

秦の献公(けんこう)とご対面するというエピソードもあってもう滅茶苦茶。

そのため老子は不老不死の仙術を会得していたと

まことしやかに囁かれていたようです。

 

これだけでもビックリ人間(?)ですが、

インドに行って仏教の開祖・ブッダになったという珍説もある模様。

実は老子はママの左脇から生まれたという

珍エピソードも語られており、

これはブッダがママの右脇から生まれたという

エピソードとカブっています。

 

いずれも中国で仏教と道教を結びつけるのが流行った時代に

誰かが作ったホラ話だとは思いますが、

それにしたって老子を神格化しすぎではないでしょうか。

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲

 

偉人の末裔系グラドルの先駆けはあの王朝の〇氏!?

偉人の末裔系グラドルの先駆けはあの王朝の〇氏!?

 

実は老子の本名は李耳(りじ)であったと言われています。

 

孔子はその姓「孔」に

先生を意味する「子」がついているのいうことで、

老子についても「老」が姓なのかなと思われがちですが、

彼の姓は「李」。

トリッキーな彼はやっぱりその呼称もトリッキーなのですね。

 

そんな彼には自称老子の末裔が鈴なり。

李姓の者たちがこぞってその末裔だと自称したといいます。

その中でも最たる例は、

唐王朝を築いた李氏であり、

彼らは老子の末裔であると喧伝したことにより

世の人々に必要以上に崇められたといいます。

 

まぁ彼らが老子の子孫であることは

そのルーツをたどれば

火を見るより明らかだそうですが。

 

微妙なグラドルがキャラ付けのために

偉人の末裔を名乗ってうまいこと

名を売っているというやつの先駆けにして成功例が

千数百年前にあったというわけです。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

神秘的でつかみどころのない存在である老子。

実在したのかすら疑わしい有様ですが、

中国史においては絶大な存在感を放っていますね。

 

それにしても、

やっぱり彼の本当の姿を知りたいものです…。

 

関連記事:【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!!

関連記事:【シミルボン】とっても面倒くさい!三国志の時代の髪の毛のお手入れ

 

【古代日本の誕生秘話】
大和朝廷

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 孔子と儒教 孔子の幼少期から青年期はどんな人だったの?
  2. 汗血馬を手に入れる李広利 春秋時代を代表する名君・荘王にも面白い話があった!
  3. 孔子と儒教 春秋と史記に隠された意味がダヴィンチコードレベル
  4. 曹操 【春秋時代ミステリー】春秋時代に残るホラー話
  5. 城濮の戦いとはどんな戦い?晋の文公が覇者たる地位を手に入れること…
  6. なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの?
  7. ストイックすぎる仁徳者・顔回 顔回 【孔門十哲】顔回(がんかい)とはどんな人?孔子が最も愛した弟子
  8. 桓公(かんこう) 【春秋時代の覇者から学ぶ】桓公・勾践・呉起から学ぶ!明日から使え…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  2. 曹丕
  3. 岩崎弥太郎
  4. 竹林の七賢
  5. 諸葛孔明
  6. 織田信長
  7. キングダム45
  8. 袁術
  9. 袁術と孫策

おすすめ記事

  1. キングダム583話ネタバレ予想vol2リアルな食糧倉庫の規模って? キングダム52巻
  2. 呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない 赤兎馬
  3. 三国インフィニティ(三国INFINITY)とはどんなアプリゲーム?
  4. 下ヒの戦いで最期を曹操に惜しまれた陳宮、彼は曹操とどんな関係だったの? 陳宮
  5. 実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる 小帝
  6. 周瑜はどのような病気で亡くなったのか考えてみた 水面に弱気な自分が映る周瑜

三國志雑学

  1. 曹操
  2. パワハラをする張飛
  3. 郭嘉 vs 法正
  4. 船冒険する諸葛直 船
  5. 孫権の髭


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 異議ありと叫ぶ司馬懿
  2. 反董卓軍010
  3. 孔明

おすすめ記事

曹仁 三国志 ゆるキャラ 61話:曹仁が繰り出した高度な陣形 八門金鎖の陣を繰り出す。劉備軍はどうやって攻略したのか? キングダム 【キングダム】信は大将軍の前に「李信」に改名するの?その理由に迫る! 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの? 徳川家を守った篤姫 篤姫のお墓がある上野寛永寺ってどんな所?一般の墓と違う? 張燕 賊徒から三国志の英雄に出世した武将がこんなにいる! 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました 袁術は異常気象のせいで天下を握り損ねたってホント? 関羽が殺されキレる劉備 110話:関羽の悲報に復讐に燃える劉備

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP