呂布特集
コメント機能リリース


はじめての三国志

menu

有料記事

【有料記事】少帝劉弁は本当に無能な皇帝だったのか?

小帝

はじめての三国志の有料購読サービス『はじめての三国志 note』をお知らせします。

ここでしか読めない有料記事が、1本単位で購入いただけるようになりました。

又は、月額580円で過去の有料記事含めて定額制でお得に購読することもできます。

 

 

読み応えのある連載、はじ三の運営スタッフの日記、運営制作の裏側、出典元の紹介、

コメントの書き込みも可能であり、運営スタッフに直接やり取りをすることができます。

今後はより専門的な解説、はじ三のファン同士がコメント内で交流などお楽しみいただけます。

 

下記のnoteから途中まで無料で閲覧できますので、一度お試しください。

 

関連記事

  1. 【有料記事】三国志の時代の墨は○○で出来ていた
  2. 曹操軍 【有料記事】三国志の軍隊のマニアックな規律を紹介
  3. 食糧庫を焼かれて慌てる袁紹軍 【有料記事】古代中国で大火事その意外な消火方法とは?
  4. 過労死する諸葛孔明 【有料記事】諸葛亮は陣中ではなく村で死んでいた
  5. 司馬朗と董卓 【有料記事】董卓が長安に遷都したのは韓遂のせいだった?
  6. 過労死する諸葛孔明 【有料記事】費禕は諸葛亮の後継者ではなかった!【歴史の盲点】

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 司馬懿
  2. 甘寧 裏切る ゆるキャラ
  3. 豊臣秀吉 戦国時代2
  4. おんな城主 直虎
  5. 悪来と呼ばれた典韋
  6. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ
  7. キングダム54巻amazon

おすすめ記事

  1. 悲惨!呉のエクスペンダブルズ甘寧のストレス爆発人生を振り返る 甘寧に殺されかける料理人
  2. 三国志の時代に実際にあった計略について徹底紹介
  3. 杜預(どよ)ってどんな人?破竹の勢いで有名になった政治家
  4. 前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国へ
  5. 【三国志×位置ゲー】スマートフォンゲームアプリ『見つけて!三国志』iOS版 配信開始!
  6. 帯来洞主とはどんな人?孟獲の良きパートナーでもあり義理の弟を紹介 帯来洞主(南蛮族)

三國志雑学

  1. 若かりし劉備
  2. 孔明のテントがある野外のシーン
  3. 諦める公孫サン(公孫瓚)
  4. 李カク、献帝


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 病気がちな孔明
  2. 幕末 魏呉蜀 書物
  3. ツンデレ曹丕
  4. 劉備に足りないもの 三国志
  5. 殺害される姜維と鍾会

おすすめ記事

王允と呂布 王允(おういん)ってどんな人?中華を救うべく董卓暗殺に成功するも…残念な結末を迎える 蜀の馬超 馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】 孟獲キャッチコピー [ビジネス三国志]自分用のキャッチコピーを造り人脈を広げる 黒田官兵衛は活躍したのになぜ領地はびっくりするくらい少ないの? 明智光秀が剣を持って戦っているシーン 明智光秀の墓はどこにある?2箇所ある明智光秀の墓へのアクセス方法 はじめての三国志からのお知らせ バナー 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに馬謖を追加しました 作戦勝ちする陳登 これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想? 解煩督 呉 【呉最強説】孫権率いるレッドな政権孫呉軍団の弱点ってあるの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP