ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
徐庶


はじめての三国志

menu

春秋時代

『論語』は日本の偉人に大きな影響を与えていたって知ってた?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

儒教

 

「子、()わく…」

という特徴的な書き出しで始まることが多い『論語(ろんご)』の言葉は、

中学生の国語の教科書に必ずと言っていいほど取り上げられています。

中学時代、ツラツラと書かれている漢字の羅列を見て瞬時に拒否反応を起こし、

それなのに暗記テストまであって大変苦労をしたという人もいるかもしれません。

 

「あんなもん何の意味があるんだ!」

(ののし)る人も少なくありませんが、

『論語』が日本に与えた影響は計り知れないほどなのですよ。

というわけで今回は、『論語』が日本に与えた影響のほんの一部をご紹介したいと思います。

 

関連記事:三国志の人々の精神に影響を与えた論語(ろんご)って何?

関連記事:四書五経とはぶっちゃけ何?読んだら何になるの?

 


 

百済の王仁(わに)が伝えた『論語』

王仁Wikipedia

(画像:王仁 Wikipedia)

 

日本に『論語』をもたらしたのは、

5世紀頃に百済(くだら)から渡来した王仁(わに)という人物であったと言われています。

彼については『日本書紀』や『古事記』などにも記されており、

『論語』だけではなく書の教科書と言われる

千字文(せんじもん)』をもたらしたことでも有名です。

 


 

聖徳太子も『論語』の教えをリスペクト

聖徳太子も『論語』の教えをリスペクト

 

『論語』に記されている内容は

人として大切にするべき当たり前のことばかりですが、

その当たり前をわかりやすい言葉で短く言い表しているということで

学識のある人々に広く読まれるようになりました。

 

このように日本人の心を掴んだ『論語』の言葉は、

ついに憲法デビューを果たします。

和を以て貴しと為し、(さから)うこと無きを宗とせよ。

 

皆さんもご存知でしょう。

これは、聖徳太子(しょうとくたいし)が定めた「十七条の憲法」の第一条です。

ここに見える「和を以て貴しと為し」の部分こそ、

『論語』学而篇から採用した言葉です。

 

「人とよく話し合って協力することを大切にしなさい」

という意味のこの言葉は、

聖徳太子が思い描いた理想の政治に必要不可欠なものだと考えられたのでしょうね

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲

 

仏教の解釈を『論語』の言葉で

仏教の解釈を『論語』の言葉で

 

中国では儒教が人々に大切にされていましたが、

日本では儒教よりも仏教の方が人々に尊ばれていました。

平安時代に一応科挙(かきょ)ができたものの、

官吏でさえも世襲制度(せしゅうせいど)が横行していた日本では

儒教を学ぶ必要性も感じられなかったのでしょう。

 

それでも、鎌倉時代に曹洞宗を開いた道元(どうげん)

度々『論語』の言葉を引用して

仏教の教えを弟子に説いていたといいます。

 

もしかしたらその頃には、

『論語』の言葉は人々がわざわざ学ぶまでもないほど

浸透しつくしていたのかもしれませんね。

 

江戸幕府も『論語』を奨励

江戸幕府も『論語』を奨励

 

表向きに『論語』を学ぶことが奨励されなくなってから長い年月が過ぎ去りましたが、

そんな『論語』に再びスポットライトが当てられる時がきます。

 

それは、江戸時代です。

江戸幕府は朱子学を官学として定めたため、

朱熹(しゅき)が四書と称して尊んだ『論語』も日本人に広く学ばれることになりました。

 

江戸時代には武士だけではなく、

寺子屋で庶民の子や女の子も学問を受けたことから

『論語』の教えは日本人なら誰もが知るものとなったのです。


 

中国人留学生も日本の『論語』教育に感動

辮髪

 

やがて文明開化のときが訪れると、西洋の学問がもてはやされるようになって

一時期『論語』の教えは日本人の心から消えかけてしまいますが、

和魂洋才(わこんようさい)」が唱えられるようになると、

『論語』の教えは再びその息を吹き返します。

 

『論語』を大和魂と考えることに違和感を覚える人もいるかもしれませんが、

その頃にはすっかり日本人の魂と同化していたのでしょう。

この「和魂洋才」を実践した日本は、アジアで唯一西洋列強と渡り合える国に成長を遂げました

 

日清戦争以降、中国人の日本留学が増えたのですが、

日本を訪れた中国人留学生たちはびっくり。

何せ中国ではとうの昔に読まれなくなった

『論語』の教えが日本では未だに尊ばれていたのですから。

 

帰国後、中国人留学生たちがそのことを口々に話したために、

中国でも『論語』が再び人々に読まれるようになります。

その当時、西洋列強に虐げられていた中国ですが、

アジアの同胞とも呼べる日本が、自国で生み出された『論語』の教えを矜持として

西洋列強と渡り合っていると知ったときには、大変誇らしく感じたことでしょう。


  

 

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

『論語』の教えは現代を生きる私たちにも脈々と受け継がれています。

『論語』そのものを学ばずとも

知らず知らずのうちに親をはじめとする周囲の人々から

その教えを学びとっています。

 

「日本人は宗教を持たないのに、なぜそれほどまでに礼儀正しく道徳の心があるのか?」

と疑問に思う外国の人もいるようですが、

その答えの1つとしてまず間違いなく『論語』の名を挙げることができるでしょう。

 

我々日本人の道徳心の根源は『論語』にあります。

そしてそれは、これから先も親から子へと脈々と受け継がれていくことでしょう。

 

関連記事:知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる!

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

 

日本古代史を分かりやすく解説「邪馬台国入門はじめての邪馬台国

 


 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【孔門十哲】子路(しろ)とはどんな人?孔子と憎まれ口をたたきあっ…
  2. 汗血馬を手に入れる李広利 春秋時代を代表する名君・荘王にも面白い話があった!
  3. 【刀匠干将・莫耶】二人が作った剣、実は三国志にも関わり合いがあっ…
  4. 【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活
  5. 孔子と凄く仲が悪かった隠者とはどんな人達?
  6. 孔子と儒教 老子っていつ生まれて何をしていた人なの?
  7. 外交官でもあり、財神にもなった子貢 【孔門十哲】子貢(しこう)とはどんな人?弁舌なら孔子にも負けない…
  8. 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具と…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. スピリチュアルにハマる光武帝
  2. 五斗米道の教祖・張魯
  3. 竹林の七賢
  4. 幕末 魏呉蜀 書物
  5. 蒋琬(しょうえん)
  6. おんな城主 直虎
  7. 張飛と劉備
  8. 車に乗る諸葛亮

おすすめ記事

  1. あけましておめでとうございます、2015年も「はじめての三国志」をよろしくです
  2. 島津斉彬は幕末の天才藩主だった3つの理由 科学者風の斉彬
  3. 江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜の身長は何センチあったの? 徳川慶喜(幕末)
  4. 袁術は実はベトナムに逃げ延びていた!?【歴史ミステリー】
  5. 澶淵の盟はどんな影響が出たの?堕落する真宗と北宋の滅亡の始まり 澶淵の盟 北宋と遼の盟約
  6. 呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ! 騙し合う呂布と袁術

三國志雑学

  1. 蒋琬(しょうえん)
  2. 李典
  3. 袁術と劉繇
  4. 荀彧と袁紹


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 甘寧 裏切る ゆるキャラ
  2. 張角逝く
  3. 蜀の劉備
  4. 呂不韋
  5. 作戦を提案する金禕(きんい)
  6. 後継者を決めずにダラダラする袁紹

おすすめ記事

はじめての三国志からのお知らせ バナー 「月刊はじめての三国志2月号」1月25日(金)に出版決定 孔明 孔明の最期の晩餐は一体何を食べていたの? お互いに歌を交わす趙雲と劉備 【三国志平話】まるでベルばら!劉備と歌を交わしながら趙雲登場 【緊急】今ならプライム会員10%オフ!歴史小説が熱い【はじさん書評倶楽部】 これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行 kawausoさん kawauso編集長のぼやきVol.6「天敵」 ボロボロになった馬超 馬超はメンタルが弱い?馬超孟起のメンタルが弱かった理由 【架空戦記】時空を超えた対決!韓信VS 諸葛亮孔明の一本勝負

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP