ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

孔子と儒教




儒教

 

儒教は春秋戦国時代に孔子によって興された思想・哲学の一派であり、

同時代に数多く存在した諸子百家と呼ばれる思想家(潮流)の代表的な存在でもあります。

 

始祖である孔子以降、儒教思想家(儒家)は数多く輩出されましたが、

ここでは特に諸子百家の時代に活躍した代表的な三人の思想家を紹介しましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:徳と礼儀で国を維持する 儒教(儒家)ってどんな思想?(1)(概要編)

関連記事:【子供は親のコピー】劉備の阿斗投げを容認する儒教の驚きの論理

 

 

儒教の始祖 孔子ってどんな人?

儒教の始祖 孔子ってどんな人?

 

孔子(こうし)は紀元前552年(551年という説もあり)に

魯(ろ・三国時代の青州・徐州の辺り)という国に生まれました。

父親は当時すでに70歳を超える武官、母親の出自ははっきりとしていませんが、

身分の低い16歳の巫女であったとされています。

 

孔子が魯に仕官したのは28歳の頃とされていますが、

幼い頃に両親を亡くしている孔子がどこで学問を修めたかについてはよく解っていません。

一説には道教(道家)の始祖である老子に師事したとも言われています。

 

孔子の弟子の子貢は「師匠(孔子)は、

特定の師について学問を学ばれたのではない」という旨の言葉を残しています。

 

その後孔子は仕えた君主が国外追放されるのに同行して亡命する(後に帰国)など、

波乱の人生を送りますが、

52歳の時に魯と和議の為に訪れていた斉の国の特使が、

王の暗殺を目論んでいることを見抜きます。

 

その功績を讃えられ、最高裁判官と外交官を兼ねた地位を与えられます。

 

 

孔子には3000人の弟子がいた

孔子には3000人の弟子がいた

 

しかしその3年後、孔子は弟子を引き連れ、諸国を巡る旅に出てしまいます。

一説には国政に絶望した為とも言われていますが、真相は定かではありません。

13年間の放浪の末、彼は帰国して古典文献の整理の仕事を行いますが、

当時の王との折り合いは悪く、497年、74歳でこの世を去りました。

 

孔子には3000人の弟子がいたとされています。

その弟子の中でも特に才能の優れた弟子約70名は『七十子』と呼ばれています。

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲

 

論語(ろんご)って何?

論語(ろんご)って何?

 

孔子の残した書物というと『論語(ろんご)』を思い出される方も多いと思いますが、

実は孔子自身は自ら書を書き残してはおらず、

論語は弟子たちとの問答を後に弟子の手によってまとめられたものです。

 

孟子って誰?性善説を説いた見栄っ張り?

 

孔子とならんで儒教で重要とされるのが孟子(もうし)です。

孟子は本名を孟軻(もうか)と言い、

孔子の没後125年後の紀元前372年に

鄒(孔子と同じく三国時代の青州、徐州の辺り)に生まれたとされています。

 

幼少期の孟子とその母親には有名な逸話が存在します。

孟子が生まれた頃、彼とその母親は墓場の近くに住んでいました。

毎日葬式を見て育った孟子は葬式ごっこをして遊ぶようになります。

教育上良くないと思った母親は彼を連れて引っ越しますが、そこは市場の近くでした。

 

商人ごっこを始めた孟子を見た母親は、今度は学問所の近くに引っ越しました。

やがて孟子は学問を志すようになります。

 

この『孟母三遷』の故事は史実ではないとされていますが、

現代でも子どもの教育に環境が重要であることの引き合いとして、良く喩え話にされますね。

 

孟子には見栄っ張りでプライドの高い一面があったようです。

彼は自分を諸侯の師匠であり賓客であると考え、諸侯と同等の人間であると考えていました。

 

彼が旅をする時は数十台もの車と数百名の従者を引き連れて行進したと言います。

 

孟子のプライドの高さは諸侯の王に対しても発揮されました。

彼は王宮に呼び出されて参内するを拒み、用があるなら王の方から自分の元に来いと言い、

王の地位を軽んじるようなことを平気で王の前で発言するなど、

歯に衣着せない言動を通しました。

結局、そのような性格が仇となったのか、

彼は諸侯から重用されることなく生涯を終えています。

 

性善説(せいぜんせつ)って何?

劉備

 

孟子の唱えた思想のうち、もっとも有名なのが『性善説』です。

孟子によれば人間の本質である四端(仁・義・礼・智)は

誰もが生まれながらに持っているものだと言います。

 

しかし、それは努力して伸ばしていかない限り、人間は獣に等しいとも唱え、

努力して徳を身につけなければならないとしています。

 

筍子って誰?性悪説を唱えた、荀彧荀攸の先祖

 

筍子(じゅんし)は紀元前4世紀末頃、

趙(三国時代の并州から冀州にかけての辺り)の国の出身とされています。

彼は50歳を過ぎてから斉の国で学長職を任じられましたが、その後讒言のために国を去り、

その後楚に用いられ、職を辞した後もその地に留まったと言います。

 

性悪説(せいあくせつ)って何?

劉備

 

筍子の思想の根幹にあるのは『性悪説』です。

 

彼は人間の本性を際限ない欲望であると考え、

そのままでは無限の欲望に駆られ、奪い合い争い合うしかないとしました。

そのために、人間は後天的な努力を重ねて善へと向かう必要があると説いたのです。

 

しばしば、筍子の性悪説は孟子の性善説と対極的な考え方であるとされますが、

実は孟子も筍子も、人間が努力なしでは善を維持できないという意味では

同じことを説いたということも可能です。

 

人間の本質にかかわらず、後天的な徳が重要とする点では、

孟子と筍子は非常に親しい思想を持っていたといえるかもしれません。

 

三国時代に曹操の家臣として活躍した荀彧荀攸は、筍子の子孫にあたるとされています。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:荀攸(じゅんゆう)ってどんな人?同族の荀彧の影に隠れた才能

関連記事:劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

 

最強の戦略教科書『はじめての孫子の兵法』
はじめての孫子の兵法

 

 




石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. ええっ?こんなに大変だったの!献帝の東遷を地図で徹底解説
  2. 1185(いいはこ)になった?三国時代の幕府って何?
  3. 孫策に攻撃される黄祖 孫策は仇を討てたのか?黄祖と孫家のバトルを考察
  4. 呂布のラストウォー 呂布 呂布の生涯戦績を分かりやすく紹介
  5. 李儒と三国志 超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表
  6. 荀彧の系図を調べてみるととんでもない○○が判明!?
  7. 沙摩柯 沙摩柯(しゃまか)とはどんな人?武蛮族の王が甘寧を討ち取り呉を恐…
  8. 鼎(かなえ) 中国古典によく出てくる「鼎」って何?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 公孫サン(公孫瓚)
  2. 孔明と司馬懿
  3. 楚の旗と兵士
  4. 丁奉(ていほう)
  5. 程昱(ていいく)
  6. 陸遜
  7. 曹純
  8. 茶を飲む張角(太平道)
  9. 城 銅雀台

おすすめ記事

  1. 合体!曹&袁コンビ!董卓軍をフルボッコに撃破する方法!! 司馬朗と曹操
  2. 3分で分かるアンティキティラ島の機械の技術力の高さ! アンティキティラ島の機械
  3. 漢方薬には意外な歴史があった!?漢方薬の原型や雑学豆知識 スーパーDr華佗07 尹正
  4. 【渤海国の謎に迫る】なぜ渤海国は謎の王国になってしまったのか? 丸木舟(弥生時代)
  5. 第8話:三国夢幻演義 龍の少年「運命の攻防」配信中 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  6. キングダム581話ネタバレ予想王賁vs堯雲&馬南慈の変則マッチ発生 キングダム52巻

三國志雑学

  1. 呉夫人
  2. 鄒氏
  3. 魏王の曹操
  4. 馬良と孔明
  5. 関平


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 桂小五郎(木戸孝允)
  2. 嬴政(始皇帝)
  3. 黄忠の様子を見に行く趙雲
  4. 李姫
  5. キングダム53巻
  6. 馬超の仲間入り

おすすめ記事

馬で高速移動する王翦 キングダム595話ネタバレ雑学王翦はどこから鄴を攻めた? 徳川家康をボコボコにする武田信玄 武田信玄はどんな業績を残したの?内政面や戦の業績を分かりやすく紹介 司馬昭 司馬昭(しばしょう)とはどんな人?三国時代終焉の立役者でもあり司馬懿の次男 冒頓単于と劉邦 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.2【完】 ギャップに驚き!禰衡だけでは無かった!Mr.天然、曹植の裸踊り 陳宮 陳宮は何故曹操を裏切ったのか? 七星剣 三国志の武器はどこが製造していた?武器を製造する考工令とは スピリチュアルにハマる光武帝 光武帝はとんでもないスピリチュアマニアだった!?劉秀の意外な一面

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP