蔣琬は諸葛亮がいなければ死んでいたってマジ!?

2018年10月9日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

蔣琬

 

 

(しょく)の二代目リーダーとして国を支えた蔣琬(しょうえん)。彼は初代蜀の丞相・諸葛亮(しょかつりょう)の部下として活躍した人物ですが、もし諸葛亮が劉備(りゅうび)の部下にいなければ、下級官吏として歴史に名を残すことなかったかもしれません。また諸葛亮がいなければ蔣琬の命そのものが危なかったかもしれなかったのです。

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



劉備に仕える蔣琬

劉備に仕える蔣琬

蔣琬は劉備が荊州南部を占領した時に仲間に加わった人物です。彼の出身地は荊州の零陵と言われる土地が出身地で、この土地は荊州の南部に位置する場所にありました。劉備は赤壁の戦いが終わると荊州南部全域を占領することに成功。この時に蔣琬は劉備へ仕える事になります。

 

 

 



ふてくされる蔣琬

ふてくされる蔣琬

 

蔣琬は若い頃から零陵で優秀な人物として有名な人でしたが、劉備に仕え、劉備と一緒に蜀へ入ると広都と呼ばれる小さな土地の長の位を与えられることになります。蔣琬は劉備に期待していたのに小さい土地の長のくらいしか貰えないことにがっくりしてしまいます。そして蔣琬は劉備の仕打ちにふてくされてしまい、長の仕事をしないでほっぽらかして酒ばかり飲んで仕事をしないで過ごしていました。

 

はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

劉備の逆鱗に触れる

劉備の逆鱗に触れる

 

劉備は地方の役人の仕事を見るために蜀の地方を巡ることにします。劉備は各地の蜀の地方都市を巡りながら、蔣琬が就任している広都にもやってきます。劉備は広都へやってくると酔っ払っている蔣琬の姿を見て激怒し、仕事をしないで酒ばかり飲んでいる蔣琬を処罰しようとします。蔣琬は劉備の逆鱗に触れて処罰されそうになりますが、ここで劉備の信頼厚い助っ人が登場することになります。

 

 

諸葛亮のおかげで命拾いする

諸葛亮のおかげで命拾いする

 

劉備は蔣琬が仕事をしないで酒を飲んで泥酔している姿を見て激怒し、処罰しようとします。諸葛亮は劉備が蔣琬を処罰しようとしていることを知り急いで劉備の元へ行き「まぁまぁ殿。ここで蔣琬を処罰するのはよくありません。なんで蔣琬を処罰するのが良くないのか。

 

それは蔣琬が小さい地域を治める事に不向きで、国家を安定させる所に向いている人材だからです。そのため彼をここで処罰するのは貴重な人材を失うことになるので、処罰するのはやめた方がいいと思います」と蔣琬を処罰することに反対意見をあげます。劉備は諸葛亮を信頼しており、彼の言葉を聞いて蔣琬の処罰を取りやめて官職を辞めさせるだけでの軽い処罰で済ませることにします。こうして蔣琬は諸葛亮に命を救われたことで彼の運命は大きく変化を遂げることになります。

 

 

 

才能を開花させる蔣琬

才能を開花させる蔣琬

 

蔣琬は諸葛亮に命を助けてもらった後、どんどん出世することになります。蔣琬は官職を辞めることになりますが、すぐにまた官職を得ることになります。初めは下級官吏でしたが劉備が漢中王に就任するとすぐに官職を引き上げられることになります。

 

その後蔣琬は劉備が亡くなり諸葛亮が蜀の国のトップに就任すると参軍の位を与えられることに。そして諸葛亮が漢中から魏を討伐するために出陣することになると、漢中の留守を任されることになり、諸葛亮が行っていた事務作業をさばくことになります。こうして蔣琬は諸葛亮の部下として実績を積み上げていった後、諸葛亮の死後、その後継者として歴史に名を残すことになるのです。

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

蔣琬は諸葛亮に命を救われたことで歴史に名を残すことになったといっても過言ではないでしょう。もし仮に劉備の部下に諸葛亮がいなければ、蔣琬は劉備によって処罰を受けて亡くなっていた可能性が非常に高いと言え、歴史に名を残すこともなかったでしょう。このことを考えると諸葛亮がいたことによって蜀は諸葛亮死後も安定することができたと言えるのではないのでしょうか。

 

参考 正史三国志魏書など

 

 

▼こちらもどうぞ

ええっ!独裁者諸葛亮を叱りつけた部下がいた!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

-蔣琬
-, ,