呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

蔣琬は諸葛亮がいなければ死んでいたってマジ!?

蔣琬(しょうえん)




蔣琬

 

(しょく)の二代目リーダーとして国を支えた蔣琬(しょうえん)

彼は初代蜀の丞相諸葛亮(しょかつりょう)の部下として活躍した人物ですが、もし諸葛亮劉備(りゅうび)の部下にいなければ、下級官吏として歴史に名を残すことなかったかもしれません。

また諸葛亮がいなければ蔣琬の命そのものが危なかったかもしれなかったのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:131話:新宰相・蔣琬(しょうえん)により変貌する蜀

関連記事:李福(りふく)はどんな人?諸葛孔明の遺言を運んだメッセンジャー

 

 

劉備に仕える蔣琬

劉備に仕える蔣琬

蔣琬は劉備が荊州南部を占領した時に仲間に加わった人物です。

彼の出身地は荊州の零陵と言われる土地が出身地で、この土地は荊州の南部に位置する場所にありました。

劉備は赤壁の戦いが終わると荊州南部全域を占領することに成功。この時に蔣琬は劉備へ仕える事になります。

 

 

ふてくされる蔣琬

ふてくされる蔣琬

 

蔣琬は若い頃から零陵で優秀な人物として有名な人でしたが、劉備に仕え、劉備と一緒に蜀へ入ると広都と呼ばれる小さな土地の長の位を与えられることになります。

蔣琬は劉備に期待していたのに小さい土地の長のくらいしか貰えないことにがっくりしてしまいます。

そして蔣琬は劉備の仕打ちにふてくされてしまい、長の仕事をしないでほっぽらかして酒ばかり飲んで仕事をしないで過ごしていました。

 

はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

劉備の逆鱗に触れる

劉備の逆鱗に触れる

 

劉備は地方の役人の仕事を見るために蜀の地方を巡ることにします。

劉備は各地の蜀の地方都市を巡りながら、蔣琬が就任している広都にもやってきます。

劉備は広都へやってくると酔っ払っている蔣琬の姿を見て激怒し、仕事をしないで酒ばかり飲んでいる蔣琬を処罰しようとします。

蔣琬は劉備の逆鱗に触れて処罰されそうになりますが、ここで劉備の信頼厚い助っ人が登場することになります。

 

諸葛亮のおかげで命拾いする

諸葛亮のおかげで命拾いする

 

劉備は蔣琬が仕事をしないで酒を飲んで泥酔している姿を見て激怒し、処罰しようとします。

諸葛亮は劉備が蔣琬を処罰しようとしていることを知り急いで劉備の元へ行き「まぁまぁ殿。ここで蔣琬を処罰するのはよくありません。

なんで蔣琬を処罰するのが良くないのか。

それは蔣琬が小さい地域を治める事に不向きで、国家を安定させる所に向いている人材だからです。

そのため彼をここで処罰するのは貴重な人材を失うことになるので、処罰するのはやめた方がいいと思います」と蔣琬を処罰することに反対意見をあげます。

劉備は諸葛亮を信頼しており、彼の言葉を聞いて蔣琬の処罰を取りやめて官職を辞めさせるだけでの軽い処罰で済ませることにします。

こうして蔣琬は諸葛亮に命を救われたことで彼の運命は大きく変化を遂げることになります。

 

才能を開花させる蔣琬

才能を開花させる蔣琬

 

蔣琬は諸葛亮に命を助けてもらった後、どんどん出世することになります。

蔣琬は官職を辞めることになりますが、すぐにまた官職を得ることになります。

初めは下級官吏でしたが劉備が漢中王に就任するとすぐに官職を引き上げられることになります。

その後蔣琬は劉備が亡くなり諸葛亮が蜀の国のトップに就任すると参軍の位を与えられることに。

そして諸葛亮が漢中から魏を討伐するために出陣することになると、漢中の留守を任されることになり、諸葛亮が行っていた事務作業をさばくことになります。

こうして蔣琬は諸葛亮の部下として実績を積み上げていった後、諸葛亮の死後、その後継者として歴史に名を残すことになるのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

蔣琬は諸葛亮に命を救われたことで歴史に名を残すことになったといっても過言ではないでしょう。

もし仮に劉備の部下に諸葛亮がいなければ、蔣琬は劉備によって処罰を受けて亡くなっていた可能性が非常に高いと言え、歴史に名を残すこともなかったでしょう。

このことを考えると諸葛亮がいたことによって蜀は諸葛亮死後も安定することができたと言えるのではないのでしょうか。

 

参考文献 正史三国志魏書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:どうして魏延は叛いた?外様将軍の悲劇

関連記事:ええっ!独裁者諸葛亮を叱りつけた部下がいた!

 

【記事の見落としゼロ】はじ三配信スケジュール
配信スケジュール

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 司馬懿の孫の司馬炎は何をした人なの?謎の占田法・課田法など解説
  2. 小帝と董卓 【日本人と三国志の出会い】奈良時代に董卓だとdisられていた人が…
  3. 曹操 三国志の時代の鎧は防弾チョッキ感覚だった?周、殷、キングダムまで…
  4. 五虎大将軍の関羽 樊城の戦いから関羽の凄さを知る!史実でも関羽は凄かった
  5. 三国志で一番の悪酔い君主は誰だ?【酒乱ランキング】
  6. 周泰(しゅうたい)の全身の傷を解説する孫権 周泰(しゅうたい)ってどんな人?孫権に重んじられた、全身傷だらけ…
  7. 兵士 朝まで三国志 【シミルボン】兵士達の心のオアシス、軍市とはどんなモノだったの?…
  8. 三国志ライター黒田レン 孫呉が天下統一できる可能性が2回もあった!?黒田レンの考察

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 美化された袁紹に羨む袁術
  2. 天下三分の計
  3. 桂小五郎(木戸孝允)
  4. 上杉謙信
  5. 呉民衆の意見に耳を傾ける顧雍(こよう)
  6. 夏侯惇と呂布

おすすめ記事

  1. 武田観柳斎とはどんな人?武田観柳祭から読み取る新選組の武田観柳斎 幕末大勢で一人に襲いかかる新選組
  2. 【母は偉大なり】三国志の英雄を支えた偉大な母たちを紹介!
  3. 呂布の凄さをいろんな角度から考察!彼が「やらかした」その時歴史が動いた! 赤兎馬にまたがる呂布
  4. 「褒めて伸ばす」の実践者にして成功者・孫権 孫権
  5. 【第三次濡須口の戦い】曹丕の火事場泥棒から起きた最期の激戦 皇帝に就任した曹丕
  6. 【朝まで三国志 2017】諸葛亮参戦のお知らせ

三國志雑学

  1. 石亭の戦い 曹休と韓当
  2. 魏延と姜維
  3. 王平は四龍将
  4. 張飛の男気人生
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム
  2. 魏曹操と魏軍と呉軍
  3. 周瑜の魅力
  4. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  5. 苛ついている曹操

おすすめ記事

【お知らせ】新企画第3弾「はじめての九品官人法」をリリースします。 朝まで三国志 劉備 【教えて中国朋友!】劉備が阿斗を投げたのはどうして? 馬騰 馬騰(ばとう)とはどんな人?馬超のパパで知られる荒れ地の猛将 大阪城へいざ参らん!!黒田家元家老・後藤又兵衛 姜維、孔明 【発見】諸葛亮の軍略の後継者は姜維だけではなかった! 幕末刀剣マニアの坂本龍馬 日本刀はどこがどう凄いの?【はじ三ヒストリア】 魯粛 魯粛の子孫は父と同じように優秀な人なの?? 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP