三国志平話
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

蔣琬は諸葛亮がいなければ死んでいたってマジ!?




蔣琬

 

(しょく)の二代目リーダーとして国を支えた蔣琬(しょうえん)

彼は初代蜀の丞相・諸葛亮(しょかつりょう)の部下として活躍した人物ですが、もし諸葛亮劉備(りゅうび)の部下にいなければ、下級官吏として歴史に名を残すことなかったかもしれません。

また諸葛亮がいなければ蔣琬の命そのものが危なかったかもしれなかったのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:131話:新宰相・蔣琬(しょうえん)により変貌する蜀

関連記事:李福(りふく)はどんな人?諸葛孔明の遺言を運んだメッセンジャー

 

 

劉備に仕える蔣琬

劉備に仕える蔣琬

蔣琬は劉備が荊州南部を占領した時に仲間に加わった人物です。

彼の出身地は荊州の零陵と言われる土地が出身地で、この土地は荊州の南部に位置する場所にありました。

劉備は赤壁の戦いが終わると荊州南部全域を占領することに成功。この時に蔣琬は劉備へ仕える事になります。

 

 

ふてくされる蔣琬

ふてくされる蔣琬

 

蔣琬は若い頃から零陵で優秀な人物として有名な人でしたが、劉備に仕え、劉備と一緒に蜀へ入ると広都と呼ばれる小さな土地の長の位を与えられることになります。

蔣琬は劉備に期待していたのに小さい土地の長のくらいしか貰えないことにがっくりしてしまいます。

そして蔣琬は劉備の仕打ちにふてくされてしまい、長の仕事をしないでほっぽらかして酒ばかり飲んで仕事をしないで過ごしていました。

 

はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

劉備の逆鱗に触れる

劉備の逆鱗に触れる

 

劉備は地方の役人の仕事を見るために蜀の地方を巡ることにします。

劉備は各地の蜀の地方都市を巡りながら、蔣琬が就任している広都にもやってきます。

劉備は広都へやってくると酔っ払っている蔣琬の姿を見て激怒し、仕事をしないで酒ばかり飲んでいる蔣琬を処罰しようとします。

蔣琬は劉備の逆鱗に触れて処罰されそうになりますが、ここで劉備の信頼厚い助っ人が登場することになります。

 

諸葛亮のおかげで命拾いする

諸葛亮のおかげで命拾いする

 

劉備は蔣琬が仕事をしないで酒を飲んで泥酔している姿を見て激怒し、処罰しようとします。

諸葛亮は劉備が蔣琬を処罰しようとしていることを知り急いで劉備の元へ行き「まぁまぁ殿。ここで蔣琬を処罰するのはよくありません。

なんで蔣琬を処罰するのが良くないのか。

それは蔣琬が小さい地域を治める事に不向きで、国家を安定させる所に向いている人材だからです。

そのため彼をここで処罰するのは貴重な人材を失うことになるので、処罰するのはやめた方がいいと思います」と蔣琬を処罰することに反対意見をあげます。

劉備は諸葛亮を信頼しており、彼の言葉を聞いて蔣琬の処罰を取りやめて官職を辞めさせるだけでの軽い処罰で済ませることにします。

こうして蔣琬は諸葛亮に命を救われたことで彼の運命は大きく変化を遂げることになります。

 

才能を開花させる蔣琬

才能を開花させる蔣琬

 

蔣琬は諸葛亮に命を助けてもらった後、どんどん出世することになります。

蔣琬は官職を辞めることになりますが、すぐにまた官職を得ることになります。

初めは下級官吏でしたが劉備が漢中王に就任するとすぐに官職を引き上げられることになります。

その後蔣琬は劉備が亡くなり諸葛亮が蜀の国のトップに就任すると参軍の位を与えられることに。

そして諸葛亮が漢中から魏を討伐するために出陣することになると、漢中の留守を任されることになり、諸葛亮が行っていた事務作業をさばくことになります。

こうして蔣琬は諸葛亮の部下として実績を積み上げていった後、諸葛亮の死後、その後継者として歴史に名を残すことになるのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

蔣琬は諸葛亮に命を救われたことで歴史に名を残すことになったといっても過言ではないでしょう。

もし仮に劉備の部下に諸葛亮がいなければ、蔣琬は劉備によって処罰を受けて亡くなっていた可能性が非常に高いと言え、歴史に名を残すこともなかったでしょう。

このことを考えると諸葛亮がいたことによって蜀は諸葛亮死後も安定することができたと言えるのではないのでしょうか。

 

参考文献 正史三国志魏書など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:どうして魏延は叛いた?外様将軍の悲劇

関連記事:ええっ!独裁者諸葛亮を叱りつけた部下がいた!

 

【記事の見落としゼロ】はじ三配信スケジュール
配信スケジュール

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. どもっていても秀逸な政策と卓抜な戦術を提案した鄧艾に迫る
  2. 五虎大将軍の趙雲 これは不公平!趙雲が五虎将軍でドンケツの理由とは?格差の現実を徹…
  3. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 張遼の武器は本当に双鉞だったの?遼来来に迫る!
  4. 【荀彧の日記念】荀彧の妻は宦官の娘?曹操とのシンクロが半端ない
  5. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 【三国志とお金】三国志の時代の市場はどんなだった?
  6. 臥龍は起つ気まんまんだった!?三顧の礼のやらせ劇を詩から読み解く…
  7. もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった?
  8. 趙高 【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蜀の皇帝に即位した劉備
  2. 孔子と儒教

おすすめ記事

  1. 情報も貴重な戦力!天候は戦場の勝敗の行方を左右する天候事情
  2. 3話:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから? 始皇帝 はじめての三国志
  3. まるでクリントイーストウッド?三国志は西部劇だった?
  4. 「月刊はじめての三国志12月号」11月25日(日)に出版決定 はじめての三国志からのお知らせ バナー
  5. 袁紹の評価が残念な6つの理由 後継者を決めずにダラダラする袁紹
  6. 董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何?

三國志雑学

  1. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. バナー はじめての三国志コミュニティ300×250
  2. 篤姫
  3. 真田丸 武田信玄

おすすめ記事

宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝) 【はじめての水滸伝】主役級を一挙公開、これが好漢だ! ネズミで人生を変えた李斯 【睡虎地秦簡】秦帝国の法治主義を支えた司法マニュアルがあった! 項羽と劉邦 4話:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 潼関の戦いの舞台関中はどんな土地? 幕末 魏呉蜀 書物 『列子』はどんな本?永嘉の乱を生き残った奇書 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース38記事【1/23〜1/29】 袁紹にお茶を渡す顔良 郭図(かくと)とはどんな人?出ると負け軍師・袁家滅亡の戦犯 【三国志演義】無能な劉備は知識人の理想の君主?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP