編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

三国志初心者の為の諸葛亮孔明ってどんな人

この記事の所要時間: 43




死せる孔明

 

ゼロからはじめる三国志、5秒でわかる三国志、

通称0353のコーナーです。

 

 

今回のテーマは蜀(しょく)の天才軍師「孔明(こうめい)」です。

 

三国志初心者のあなたも、以下の3つのキーワードを覚えておくだけで

孔明について語ることができます!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




諸葛孔明のアダ名は伏竜 or 臥竜

孔明 軍師

孔明は、

・姓:諸葛(しょかつ)

・諱(いみな):亮(りょう)

・字(あざな):孔明(こうめい)

全部合わせて諸葛亮孔明が名前です。

 

諸葛亮」と呼ぶ人もいれば、「諸葛孔明」と呼ぶ人もいます。

 

ここでは「孔明」で統一します。

 

 

・あだな:「伏竜」または「臥竜」(ふくりゅう)

 

・生没年:181年~234年

 

 

 

次に孔明を知る3つのキーワードをご紹介!




三顧の礼(さんこのれい)

三顧の礼 ゆるキャラ 孔明

 

207年、劉備(りゅうび)は自軍の軍師として孔明を迎えたいと願い、

孔明の住む草廬(そうろ)を訪れます。

 

ちなみに難し~い漢字を使う「草廬」ですが、

草ぶきの粗末な家という意味です。

 

 

一度目、二度目共に孔明は留守でしたが劉備はあきらめず、

三度目にようやく孔明に会うことができました。

 


 

孔明は劉備の熱意にうたれ、劉備に仕えることを承諾します。

 

 

以上のように、目上の者が目下の者に礼を尽くして

三度も出向いて頼むということを「三顧の礼」といいます。

 

 

日本史でも、戦国時代に羽柴秀吉が軍師竹中半兵衛を自軍に

迎え入れる際、三顧の礼で迎えました。

 

関連記事:孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較

関連記事:【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデルとしていた!?

関連記事:【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!

関連記事:孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう)

 

天下三分の計(てんかさんぶんのけい)

天下三分の計

 

孔明は劉備に、これからの中原を治めるすべとして

「天下三分の計」という知恵を授けます。

 

現在、天下は華北を治めた曹操(そうそう)と

河南の孫権(そんけん)が二大勢力でしたが、

曹操が南下して孫権を倒せば、劉備の活躍の場はなくなってしまいます。

 

そこで、劉備が荊州(けいしゅう)と益州(えきしゅう)を

手に入れることで、曹操・孫権・劉備の三大勢力の力を拮抗させ、

天下を三人で治めるという案でした。

 

劉備は、まさにこれこそが漢王室を救う唯一にして絶対の方法だと

確信し、孔明と共に道を歩んでいきます。

 

魯粛の天下三分の計

孔明と魯粛

 

ちなみに、この天下三分の計ですが、

呉(ご)の軍師魯粛(ろしゅく)も同様の考えを同時期に持っていました。

 

死せる孔明、生ける仲達(ちゅうたつ)を走らす

劉禅

 

234年、すでに劉備は亡く、息子劉禅(りゅうぜん)の時代になっています。

孔明はこのとき北伐(ほくばつ)といって、

長らく魏(ぎ)と戦い続けていました。

 

その時の魏軍の武将で、孔明の最大のライバルとして描かれるのは

司馬懿仲達(しばいちゅうたつ)といいます。

 

関連記事:蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?

関連記事:劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

関連記事:実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗

関連記事:董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず!

 

孔明のライバルは司馬懿仲達(しばいちゅうたつ)

孔明 司馬懿 名前はどこで

 

孔明同様、珍しい二文字姓です。ここでは仲達と呼びます。

 

孔明は戦のさなか、星を読み、自分の死期が近いことを知ります。

そこで自軍に撤退の策を授け、自分に似せた身代わり人形を作らせます。

 

 

孔明過労死

 

孔明の死後、蜀軍は撤退し、仲達は当然のごとく追撃をしてきました。

仲達はすでに孔明が死んだとの情報を手に入れていたからです。

 

しかしそこへ、車いすに乗った孔明が現れます。

これは人形だったわけなのですが、

仲達は「孔明の罠だ! 奴は死んでなんかいなかった」といって

慌てて逃げ出すのです。

 

これが「死せる孔明、生ける仲達を走らす」です。

 

関連記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

関連記事:【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは

関連記事:諸葛亮孔明と戦略勝負を繰り広げた司馬懿仲達はどんな人だったの?

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

武田信玄も死を隠す

真田丸02(武田信玄)

 

日本史でも同様の計略があります。

 

戦国武将の武田信玄は臨終の際、自らの死を三年間隠すことを指示し

変わらずに「風林火山」の旗を使用させました。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

 




こちらの記事もよく読まれています

劉備孔明と出会う?

 

よく読まれてる記事:劉備はどうやって三国志界の天才軍師・諸葛孔明を手に入れたの?

 

魯粛

 

よく読まれてる記事:演義と正史では大違い、稀代の豪傑 魯粛

 

諸葛孔明

 

よく読まれてる記事:肉まんから紙芝居まで? 諸葛孔明の発明伝説

 

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

 

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

■好きなこと(趣味):

本屋さんをはしごすること

 

■好きな三国志の人物:

孫策と周瑜

 

■幸せを感じる瞬間

自分の書いた文章に素敵なイラストを描いてもらったとき

 

■出没場所

動物園

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

 

関連記事

  1. 東方明珠って、何者?
  2. 三国時代のファッションはどんなのだったの?
  3. 人材を使いこなす事で天下を取った劉邦
  4. 37話:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る
  5. はじめての三国志 4コマ劇場 「三国志の英雄たちのアダ名」
  6. 「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼よ…
  7. 偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計
  8. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった?
  2. 【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かなかったばっかりに・・・・
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【5/22〜5/28】
  4. 曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説!
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十七話「消された種子島」の見どころ紹介
  6. 【お知らせ】はじめての三国志が電子書籍レベール「桃園出版 三国舎」を設立

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

キングダム 518話 ネタバレ予想:王翦の秘策がついに明らかに・・ 【日本人と三国志の出会い】奈良時代に董卓だとdisられていた人が存在した【シミルボン】 もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】 玉(ぎょく)が大好きな中国人 老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史 関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法 司馬昭(しばしょう)とはどんな人?三国時代終焉の立役者でもあり司馬懿の次男

おすすめ記事

  1. 赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?
  2. 十面埋伏の計とはどんな作戦?倉亭の戦いで程昱が発案した最強の伏兵
  3. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察
  4. 【最終回 幻想少女】ここまで攻略プレイした感想を正直にお伝えします
  5. 関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?
  6. 人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは?
  7. 【光武帝の伝説の戦い】劉秀の評判がこんなにも高い秘密はここにあった!
  8. 20話:激突、菫卓対反菫卓連合軍

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP