三国志平話
if三国志




はじめての三国志

menu

五秒でわかる三国志

三国志初心者の為の諸葛亮孔明ってどんな人




死せる孔明

 

ゼロからはじめる三国志、5秒でわかる三国志

通称0353のコーナーです。

 

 

今回のテーマは蜀(しょく)の天才軍師「孔明(こうめい)」です。

 

三国志初心者のあなたも、以下の3つのキーワードを覚えておくだけで

孔明について語ることができます!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:天下の奇才!?諸葛孔明とはどのような人物だったのか

関連記事:姜維の兵法二十四編って孔明から貰った大事な宝物だった?




諸葛孔明のアダ名は伏竜 or 臥竜

孔明 軍師

孔明は、

・姓:諸葛(しょかつ)

・諱(いみな):亮(りょう)

・字(あざな):孔明(こうめい)

全部合わせて諸葛亮孔明が名前です。

 

「諸葛亮」と呼ぶ人もいれば、「諸葛孔明」と呼ぶ人もいます。

 

ここでは「孔明」で統一します。

 

 

・あだな:「伏竜」または「臥竜」(ふくりゅう)

 

・生没年:181年~234年

 

 

 

次に孔明を知る3つのキーワードをご紹介!




三顧の礼(さんこのれい)

三顧の礼 ゆるキャラ 孔明

 

207年、劉備(りゅうび)は自軍の軍師として孔明を迎えたいと願い、

孔明の住む草廬(そうろ)を訪れます。

 

ちなみに難し~い漢字を使う「草廬」ですが、

草ぶきの粗末な家という意味です。

 

 

一度目、二度目共に孔明は留守でしたが劉備はあきらめず、

三度目にようやく孔明に会うことができました。

孔明は劉備の熱意にうたれ、劉備に仕えることを承諾します。

 

 

以上のように、目上の者が目下の者に礼を尽くして

三度も出向いて頼むということを「三顧の礼」といいます。

 

 

日本史でも、戦国時代に羽柴秀吉が軍師竹中半兵衛を自軍に

迎え入れる際、三顧の礼で迎えました。

 

関連記事:孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較

関連記事:【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデルとしていた!?

関連記事:【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!

関連記事:孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう)

 

天下三分の計(てんかさんぶんのけい)

天下三分の計

 

孔明は劉備に、これからの中原を治めるすべとして

「天下三分の計」という知恵を授けます。

 

現在、天下は華北を治めた曹操(そうそう)と

河南の孫権(そんけん)が二大勢力でしたが、

曹操が南下して孫権を倒せば、劉備の活躍の場はなくなってしまいます。

 

そこで、劉備が荊州(けいしゅう)と益州(えきしゅう)を

手に入れることで、曹操孫権・劉備の三大勢力の力を拮抗させ、

天下を三人で治めるという案でした。

 

劉備は、まさにこれこそが漢王室を救う唯一にして絶対の方法だと

確信し、孔明と共に道を歩んでいきます。

 

魯粛の天下三分の計

孔明と魯粛

 

ちなみに、この天下三分の計ですが、

呉(ご)の軍師魯粛(ろしゅく)も同様の考えを同時期に持っていました。

 

死せる孔明、生ける仲達(ちゅうたつ)を走らす

劉禅

 

234年、すでに劉備は亡く、息子劉禅(りゅうぜん)の時代になっています。

孔明はこのとき北伐(ほくばつ)といって、

長らく魏(ぎ)と戦い続けていました。

 

その時の魏軍の武将で、孔明の最大のライバルとして描かれるのは

司馬懿仲達(しばいちゅうたつ)といいます。

 

関連記事:蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?

関連記事:劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

関連記事:実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗

関連記事:董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず!

 

孔明のライバルは司馬懿仲達(しばいちゅうたつ)

孔明 司馬懿 名前はどこで

 

孔明同様、珍しい二文字姓です。ここでは仲達と呼びます。

 

孔明は戦のさなか、星を読み、自分の死期が近いことを知ります。

そこで自軍に撤退の策を授け、自分に似せた身代わり人形を作らせます。

 

 

孔明過労死

 

孔明の死後、蜀軍は撤退し、仲達は当然のごとく追撃をしてきました。

仲達はすでに孔明が死んだとの情報を手に入れていたからです。

 

しかしそこへ、車いすに乗った孔明が現れます。

これは人形だったわけなのですが、

仲達は「孔明の罠だ! 奴は死んでなんかいなかった」といって

慌てて逃げ出すのです。

 

これが「死せる孔明、生ける仲達を走らす」です。

 

関連記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

関連記事:【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは

関連記事:諸葛亮孔明と戦略勝負を繰り広げた司馬懿仲達はどんな人だったの?

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

武田信玄も死を隠す

真田丸02(武田信玄)

 

日本史でも同様の計略があります。

 

戦国武将の武田信玄は臨終の際、自らの死を三年間隠すことを指示し

変わらずに「風林火山」の旗を使用させました。

 

諸葛孔明は貧乏だった?(kawa註)2018/11/15 追記

諸葛亮孔明

 

劉備の息子の劉禅を補佐して、事実上の蜀の支配者として政治と軍事を切り盛りした孔明。

本当なら、これだけの権力があれば賄賂でも何でも取り放題で大金持ちになれそうですが、意外な事に孔明は貧乏でした。

孔明は劉禅に自分の財産として桑を800株、痩せ田が15傾あり、食べるには困らないし、仕事上必要な手当は十分受け取っており、

家にはめぼしい財産とてなく、死んでから隠し財産が出てきたりして、陛下にご迷惑をかける事はありません。

このように語り自分に財産がない事を誇っているのです。

どうして、諸葛孔明が貧乏自慢をしていたかと言うと、蜀の国が実力に見合わない戦争を魏に仕掛けていて、

その分、蜀の人民に重い税金を掛けていたからでした。

人民には重税を掛けて、孔明一人が大金持ちでは誰も納得しないですし、孔明を信用して全てを任せた劉禅が人民に侮られて

バカにされてしまうでしょう。

孔明は、人民と同様に私も財産は蓄えておりません、同じく慎ましく倹約していると言いたかったのです。

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:お勧めしません!部下をダメにする諸葛孔明の管理術

関連記事:天才軍師の条件ってなに?諸葛亮孔明・司馬懿仲達・黒田官兵衛・大村益次郎に共通している条件とは?

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

関連記事

  1. 曹操と鶏肋 曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり
  2. 裏切りは許さぬ 曹操 呂伯奢一家殺害事件 曹操:「俺を裏切ることは許さない!」
  3. 馬超 vs 許褚 馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い
  4. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2
  5. 呉蜀赤壁の戦い 赤壁の戦いは計略の宝庫
  6. キレる曹操2 復讐に燃える曹操は三国鼎立を早める
  7. 「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼よ…
  8. 謝夫人 孫権の妻 孫権の妻たちは意外と知られてない?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 武帝は前漢の第7代皇帝
  2. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)
  3. 真田丸
  4. 劉封

おすすめ記事

  1. 劉備も茶を求めた?中国茶の種類 茶を楽しむ劉備
  2. 孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう)
  3. そうか!曹叡が豹変したのは、孔明が死んだからではなかった! 美女を集めた曹叡
  4. 五代友厚と大阪商法会議所近代大阪の基礎を築いた手法とは? 幕末 帝国議会
  5. 蒼天航路では王?正史三国志よりも活躍していた夏侯淵をご紹介 魏の夏侯淵
  6. 「杞憂」の出典は『列子』意外に長くてちょっぴり哲学 袁術

三國志雑学

  1. 酔いつぶれる劉備玄徳
  2. 魏の曹操孟徳
  3. 呉民衆の意見に耳を傾ける顧雍(こよう)
  4. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孫子の兵法 曹操
  2. 関羽に無視される孫権
  3. 典韋にボコボコにされる成廉
  4. 「魏」の旗を持った兵士
  5. 真田丸 武田信玄

おすすめ記事

騎射の術に長けた騎馬兵士 【衝撃】武霊王がいなければ関羽は赤兎馬に乗っていなかった! ゴールデンカムイネタバレ予想 131話 死神がやってくる 三国志大学で勉強する劉備 三国志テストにチャレンジ!!TOSIC990点を目指せ!! 11話:パンドラの箱を開けた漢王朝 典韋にボコボコにされる成廉 典韋の死因は?三国志でも有名な悪来の最期の勇姿 楽毅 【燕の名将・楽毅の名言】古の君子は交わりを断つとも悪声を出さず 対立する西郷隆盛と大久保利通 大久保利通と西郷隆盛西南戦争の原因は王道vs覇道の対立だった 島津斉彬は日本最初のカメラ小僧だった!幕末カメラ事情

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP