ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
馬超


はじめての三国志

menu

西郷どん

「小松なくして維新なし」小松帯刀の役割に迫る

小松帯刀




小松帯刀

 

小松帯刀(こまつたてわき)西郷どんでの役割について考えてみよう!』では、

小松帯刀の人柄を中心に、

西郷隆盛(さいごうたかもり)との逸話と

アーネスト・サトウが小松を最も魅力的な人物と評価したことについて取り上げました。

 

今回は小松帯刀の人柄ではなく、

実績について紹介します。

西郷隆盛や大久保利通(おおくぼとしみち)と比べると、

小松の実績はあまり知られていません。

具体的な小松帯刀の実績について取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:偉人たちの名前を冠した「小松帯刀」を飲んでみよう!

関連記事:小松帯刀の死因は結核!若くして死んだ総理候補の素顔

 

 

小松帯刀の名前って本当?

 

小松帯刀は1835年に喜入領主・肝付兼善(きもつきかねよし)の三男として生まれました。

少年の頃は通称として尚五郎(なおごろう)と名乗っていました。

 

1856年、22歳の時に吉利領主・小松清猷(こまつきよもと)の養子となり、

家督を相続します。

養子になった頃に清猷の妹・(ちか)と結婚しました。

このとき、名前を小松清廉(こまつきよかど)と名前を変えています

 

小松清廉が本名で、

大河ドラマなどで出てくる帯刀という名前は通称として使っています。

 

 

小松帯刀の実績を見てみよう

明治政府の大砲

 

小松帯刀は薩英戦争後に西洋化に向けて積極的な活動をします

薩英戦争では水雷を鹿児島湾に設置し、

イギリス軍を迎え撃ちました。

 

薩英戦争後に集成館で蒸気船機械鉄工所の設置に尽力します。

禁門の変で京に攻め上ってきた長州藩を破りました。

 

朝廷から幕府に長州藩を征討するよう勅命が下りますが、

第一次長州征伐で長州藩を降伏させ、

戦争を回避することに成功しました。

 

長崎に出向すると、

武器商人グラバーと交流を持ちます。

ミニエー銃を大量に購入することに成功しました。

 

また、五代友厚(ごだいともあつ)らをイギリスに留学させることにも成功しました。

長崎で長州藩の伊藤博文(いとうひろぶみ)らと交流を始め、

後に薩長同盟につながります。

 

大政奉還後、明治維新において、

島津久光(しまづひさみつ)に率先して版籍奉還を行うよう説得しました。

 

小松帯刀の実績を見ると、

かなりの実力者でした。

小松は少年の頃から病弱で、

様々な病気に悩まされ、

35歳の若さで死亡しました。

 

【西洋文明に遭遇した日本の開国秘話に迫る!】
こんにちは西洋

 

その功績を果たせた理由って何だろう?

西郷隆盛のパソコン

 

小松帯刀は28歳の若さで島津久光に認められ、

薩摩藩の家老になりました

 

小松は家老になると、

造船などの工場が集まる集成館を管理しました。

長崎に出向すると軍艦などの西洋式の海軍知識を習得しました。

小松の得た知識は後の戊辰戦争にも活かされます。

 

小松は交渉能力に長けていて、

幕府や他藩の交渉の窓口役を担いました。

小松の交渉能力については

第一次長州征伐で長州藩を全面降伏させたことや薩長同盟の成功につながります。

 

小松は病弱で湯治に通っていましたが、

湯治場で身分に関係なく様々な人々と交流したことが

交渉能力の向上につながったのかもしれません。

 

「小松なくして維新なし」維新プロデューサー小松!

明治維新の大砲

 

島津斉彬(しまづなりあきら)が急死してから島津久光が薩摩藩の国父として実権を握ります。

久光は家老の筆頭に小松帯刀を任命し、

藩の全権を託しました。

 

小松は藩の役職に最適任者を置き、

藩政を行いました

小松が家老に任命されたことで、

西郷隆盛や大久保利通のような下級武士で能力のある人が登用されました。

 

薩英戦争について、

イギリスの海軍が一地方貴族に負けたと新聞で報道されると、

国民感情による突き上げがいっそう高まる可能性があります。

 

小松はこのようなイギリスの国民感情を考慮し、

家族への扶養当てを出す提案をしました。

また、グラバー紹介を通じて最新の武器・大砲・弾薬を

イギリスに供給することを約束させることにも成功しました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は人柄とは異なり、

小松帯刀の実力について紹介しました。

 

小松帯刀は西郷隆盛や大久保利通を超える有能な人物として評価されましたが、

病気がちで35歳の若さで死亡するため

表舞台に小松帯刀の名前が出にくいのが特徴です。

 

小松が病弱でなければ、

小松帯刀の名前が歴史上の表舞台に

西郷隆盛・大久保利通・坂本龍馬(さかもとりょうま)ら有名人と同じくらい出たのかもしれません。

 

今後の『西郷どん』の小松帯刀に注目したいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:島津久光の性格は頑固で融通が利かない?いい迷惑な薩摩藩父

関連記事:薩長同盟の目的は倒幕ではなかった!【知って得する幕末史】

 

【あなたの知らない新選組の姿がここにある!】
新選組

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 久坂の思想から新日本グランドデザインを探れ!
  2. チェストと叫ぶ西郷隆盛 西郷どんのチェストの意味は?西郷隆盛と示現流のチェスト関係性を分…
  3. 井伊直弼の子孫は幕末をどう生き延びたのか?
  4. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 井上源三郎とはどんな人?剣術の腕や人柄を紹介
  5. 五代友厚 幕末 五代友厚と大久保利通、互いを認め合った2人の逸話
  6. 吉田松陰(極悪顔) 尊皇攘夷とは一体何なの?幕末の志士達が唱えた言葉に迫る!!
  7. 松平定敬とはどんな人?戊辰戦争から大河ドラマの演者まで紹介
  8. ピストルを乱射する坂本龍馬 坂本龍馬の虚実入り混じった名言、そこまで言ってええんかい!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント
    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ste3643kgr4/hajimete-sangokushi.com/public_html/wp-content/themes/core_tcd027/comments.php on line 41
    (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. お酒 三国志 曹操
  2. 朱然と陸遜
  3. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀
  4. 陸遜 剣と刀
  5. 君たちはどう生きるか?劉禅
  6. 廉頗
  7. 影の薄い孫権
  8. 西洋が好きな霊帝

おすすめ記事

  1. 夏侯淵の死後、一族はどうなったのか? 夏侯淵
  2. 10話:実は、最初から作戦に失敗していた黄巾賊 張角と通じていた宦官
  3. 劉備の墓は三国時代どこにあったの?またいつ亡くなったの? 劉備
  4. 「自治三訣」って一体どんな言葉?東京都知事の所信表明に出てきた言葉を分かりやすく! はじめての三国志 画像準備中
  5. 宗預(そうよ)とはどんな人?孫権が涙を流して別れを告げた蜀の外交官
  6. 孫登(そんとう)とはどんな人?超絶優しい孫権の長男 孫権の跡継ぎ9歳の孫亮

三國志雑学

  1. 海賊時代の孫堅と孫策
  2. マッハで逃げる袁術に捕まってしまう華歆(華キン)
  3. 諸葛瑾
  4. ボロボロになった馬超


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 胡亥
  2. ストイックすぎる仁徳者・顔回 顔回
  3. 張遼・楽進・李典
  4. 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟

おすすめ記事

2つの持論を展開する費禕 【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピソードも紹介! 蒟蒻問答 孔明と張飛 まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ 【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【11/6〜11/12】 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀は琵琶湖の城の城主だった!明智光秀が琵琶湖の城主になった経緯 関羽 【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!! 皇帝に就任した曹丕 後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決まっていた 孔明 vs 司馬懿 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第14部

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP