呂布特集
馬超


はじめての三国志

menu

西郷どん

西郷どんは桁外れの犬好きだったの?




西郷隆盛像

 

西郷隆盛(さいごうたかもり)と言えば軍服姿ではなく、上野恩賜(おんし)公園の銅像のように着物姿で犬を連れている姿が有名です。

西郷隆盛は写真嫌いだったと言うことで、銅像のイメージは親族から聞き取って作成したと言われています。

2018年の大河ドラマ『西郷どん』の冒頭で、妻の(いと)が銅像を見て「うちの旦那さぁはこげな人じゃなか」と言ったのは有名です。

この記事では、最初に西郷隆盛と犬との出会いについて取り上げます。

次に、西郷隆盛が犬を連れて散歩をする意外なきっかけについて取り上げます。

 

関連記事:西郷隆盛は大家族!幕末ビッグダディを解説

関連記事:大久保利通と西郷隆盛西南戦争の原因は王道vs覇道の対立だった

 

 

西郷隆盛は犬好きは犬の出会いから

西郷隆盛は犬好きは犬の出会いから

 

西郷隆盛は元々犬が好きで、実家で数匹飼っていました。

毎朝・毎夕に犬を連れて散歩している姿が近所の人に何度も目撃されています。

一方で、西郷隆盛は元々犬があまり好きでなかったという説があります

親族から薩摩犬を預かったことがきっかけで犬を飼うようになったと言われています。

犬を連れて兎狩りをすることは西郷の趣味の一つとなり、日課となっていました。

 

 

西郷隆盛のダイエットは犬の散歩?

西郷隆盛のダイエットは犬の散歩

 

西郷隆盛が犬好きになったきっかけは何でしょうか。

西郷は犬好きではなく、ダイエットのために犬を飼い始めたと言われています。

 

西郷が肥満体になった経緯について紹介します。

薩摩藩にいた頃、倒幕のために戦場で戦っていたことから相当な運動量だったと思われます。

脂っこい食事や甘いものが大好物でしたが、肥満になることはありませんでした。

 

明治政府では参議になりました。

参議とは太政官の1つで、会社の中では現場ではなく管理職になりました。

管理職になっても脂っこい食事や甘いものが大好物で食事量は減りませんでしたが、デスクワークで体を動かすことが少なくなったため

肥満になりました。

 

西郷は肥満になり、歩くだけで息切れしたり馬に乗ることができなくなったりしました。

ドイツ人医師ホフマンは西郷を肥満と診断しました。

 

肥満解消のために、炭水化物を減らすことと運動することをアドバイスしました。

食事制限だけでなく下剤(ひまし油)を1日5回飲むようにアドバイスしました。

西郷はホフマン医師のアドバイスを受け入れて食事改善をするとともに犬を連れて散歩するようになりました。

 

肥満を改善するために犬を連れて散歩したきっかけはダイエットで、後にその散歩の姿が上野恩賜公園の銅像にもなりました

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん

 

西郷どんの犬は肥満だった?

西郷どんの犬は肥満だった

 

飼い主の西郷隆盛だけでなく飼っていた犬も肥満になっていたと言われています

飼っていた犬が肥満になった要因として、西郷が狩猟で捕った兎や鶏などの獲物を犬の餌として与えていました。

西郷隆盛はウナギが好きであることが有名でした。

鰻と犬の逸話も有名です、鰻屋では鰻丼を注文しても西郷自身は食べずに犬に与えていました。

鰻屋では定価よりかなり多い金額を支払いました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は西郷隆盛の犬好きについて取り上げました。

犬好きになるきっかけがダイエットだったというのは意外かもしれません。

ここでは西郷の犬との逸話について取り上げます。

 

西郷が狩猟で捕った獲物については犬の餌だけでなく宿泊先の宿の家族やお供の青年などに分け与えていました。

鰻屋では西郷自身は何も食べずに犬に与え、定価よりも多い金額を支払っていましたが、西郷の真意は私学校の学生の支払いで不足した分を

補うことだったということです。

 

不平士族の最後の反乱である西南戦争のとき、西郷は愛犬を連れていました。

しかし、城山の戦いで追い詰められると、愛犬の首輪を外して逃がしています。

西郷隆盛の犬への優しさ、若者への面倒見の良さが表われています。

この面倒見の良さが現代でも多くの人々から支持されている理由であると考えられます。

 

関連記事:西郷隆盛像が上野恩賜公園に設置されている理由とアクセス(行き方)

関連記事:薩長同盟の目的は倒幕ではなかった!【知って得する幕末史】

 

【維新を阻止しようとした男たちの秘話】
ガンバレ徳川

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 【西郷どん】さらば斉彬!幻の上洛計画に迫る
  2. 大久保利通の妻はどんな人だったの?大久保満寿子に迫る
  3. 勝海舟と西郷隆盛!江戸を戦火から守った2人の真実とは?
  4. 橋本左内の本「啓発録」をサクッと解説!西郷隆盛も認めた天才の名言…
  5. 徳川斉昭 徳川斉昭とはどんな人?色々やり過ぎて嫌われた水戸の天才藩主
  6. 平野国臣 平野国臣の西郷隆盛救出!入水事件の真相とは?
  7. 後藤象二郎 後藤象二郎とはどんな人?大政奉還の立役者でもある土佐三伯の1人
  8. 島津斉彬は日蓮正宗に帰依していたの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 嬴政(始皇帝)
  2. 三国志 武器
  3. 李典
  4. 西郷隆盛
  5. はじめての三国志
  6. 周瑜と孫策
  7. キングダム54巻amazon

おすすめ記事

  1. 明智光秀は千利休として生き延びた? 千利休
  2. これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる! 真田丸 武田信玄
  3. 蔣欽(しょうきん)とはどんな人?孫権に『国士』と激賞された呉の十二将の一人
  4. 昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒狼 昌豨
  5. 【三国志雑学】孫権は南瓜作りのエキスパートだった? かぼちゃと孫権
  6. 勇気ある武将・徐盛!そのイケメンぶりを徹底解説 徐盛(じょせい)呉の将軍

三國志雑学

  1. 蜀の姜維
  2. 廖化 四龍将
  3. 李典


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. バジオウ
  2. 丁奉(ていほう)
  3. 曹操VSかく
  4. 坂本龍馬チビ説
  5. 漢の顔良(がんりょう)
  6. 呉の小覇王・孫策

おすすめ記事

荀況(じゅんきょう)とはどんな人?始皇帝の法治国家の形成や李斯・韓非の先生 kawauso編集長のぼやきVol.6「天敵」 三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選 韓信vs孔明 【八陣図】三国志の戦術マニア必見!少ない兵力を多く見せる必殺疎陣とは何? キングダム595話ネタバレ予想「羌瘣修羅場で信と急接近!」 鍾会を説得する姜維 姜維はどうして鍾会を同志に選んだの? 賈詡 ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか? 呂玲綺 【呂布の娘】呂玲綺は貂蝉の娘なの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP