よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

西郷どん

西郷どんは桁外れの犬好きだったの?




西郷隆盛像

 

西郷隆盛(さいごうたかもり)と言えば軍服姿ではなく、上野恩賜(おんし)公園の銅像のように着物姿で犬を連れている姿が有名です。

西郷隆盛は写真嫌いだったと言うことで、銅像のイメージは親族から聞き取って作成したと言われています。

2018年の大河ドラマ『西郷どん』の冒頭で、妻の(いと)が銅像を見て「うちの旦那さぁはこげな人じゃなか」と言ったのは有名です。

この記事では、最初に西郷隆盛と犬との出会いについて取り上げます。

次に、西郷隆盛が犬を連れて散歩をする意外なきっかけについて取り上げます。

 

関連記事:西郷隆盛は大家族!幕末ビッグダディを解説

関連記事:大久保利通と西郷隆盛西南戦争の原因は王道vs覇道の対立だった

 

 

西郷隆盛は犬好きは犬の出会いから

西郷隆盛は犬好きは犬の出会いから

 

西郷隆盛は元々犬が好きで、実家で数匹飼っていました。

毎朝・毎夕に犬を連れて散歩している姿が近所の人に何度も目撃されています。

一方で、西郷隆盛は元々犬があまり好きでなかったという説があります

親族から薩摩犬を預かったことがきっかけで犬を飼うようになったと言われています。

犬を連れて兎狩りをすることは西郷の趣味の一つとなり、日課となっていました。

 

 

西郷隆盛のダイエットは犬の散歩?

西郷隆盛のダイエットは犬の散歩

 

西郷隆盛が犬好きになったきっかけは何でしょうか。

西郷は犬好きではなく、ダイエットのために犬を飼い始めたと言われています。

 

西郷が肥満体になった経緯について紹介します。

薩摩藩にいた頃、倒幕のために戦場で戦っていたことから相当な運動量だったと思われます。

脂っこい食事や甘いものが大好物でしたが、肥満になることはありませんでした。

 

明治政府では参議になりました。

参議とは太政官の1つで、会社の中では現場ではなく管理職になりました。

管理職になっても脂っこい食事や甘いものが大好物で食事量は減りませんでしたが、デスクワークで体を動かすことが少なくなったため

肥満になりました。

 

西郷は肥満になり、歩くだけで息切れしたり馬に乗ることができなくなったりしました。

ドイツ人医師ホフマンは西郷を肥満と診断しました。

 

肥満解消のために、炭水化物を減らすことと運動することをアドバイスしました。

食事制限だけでなく下剤(ひまし油)を1日5回飲むようにアドバイスしました。

西郷はホフマン医師のアドバイスを受け入れて食事改善をするとともに犬を連れて散歩するようになりました。

 

肥満を改善するために犬を連れて散歩したきっかけはダイエットで、後にその散歩の姿が上野恩賜公園の銅像にもなりました

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん

 

西郷どんの犬は肥満だった?

西郷どんの犬は肥満だった

 

飼い主の西郷隆盛だけでなく飼っていた犬も肥満になっていたと言われています

飼っていた犬が肥満になった要因として、西郷が狩猟で捕った兎や鶏などの獲物を犬の餌として与えていました。

西郷隆盛はウナギが好きであることが有名でした。

鰻と犬の逸話も有名です、鰻屋では鰻丼を注文しても西郷自身は食べずに犬に与えていました。

鰻屋では定価よりかなり多い金額を支払いました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は西郷隆盛の犬好きについて取り上げました。

犬好きになるきっかけがダイエットだったというのは意外かもしれません。

ここでは西郷の犬との逸話について取り上げます。

 

西郷が狩猟で捕った獲物については犬の餌だけでなく宿泊先の宿の家族やお供の青年などに分け与えていました。

鰻屋では西郷自身は何も食べずに犬に与え、定価よりも多い金額を支払っていましたが、西郷の真意は私学校の学生の支払いで不足した分を

補うことだったということです。

 

不平士族の最後の反乱である西南戦争のとき、西郷は愛犬を連れていました。

しかし、城山の戦いで追い詰められると、愛犬の首輪を外して逃がしています。

西郷隆盛の犬への優しさ、若者への面倒見の良さが表われています。

この面倒見の良さが現代でも多くの人々から支持されている理由であると考えられます。

 

関連記事:西郷隆盛像が上野恩賜公園に設置されている理由とアクセス(行き方)

関連記事:薩長同盟の目的は倒幕ではなかった!【知って得する幕末史】

 

【維新を阻止しようとした男たちの秘話】
ガンバレ徳川

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 井上源三郎とはどんな人?剣術の腕や人柄を紹介
  2. 井伊直弼の評価はどうなっているの?独裁者?英雄?
  3. 橋本左内の子孫はバラエティ豊かだった!
  4. 島津斉彬の人柄とは?誰もが納得する名君の心構え
  5. 島津斉彬は日蓮正宗に帰依していたの?
  6. 幾島とはどんな人?篤姫の尻を叩いて将軍後継者問題を進めた女スパイ…
  7. 幕末大勢で一人に襲いかかる新選組 武田観柳斎とはどんな人?武田観柳祭から読み取る新選組の武田観柳斎…
  8. 坂本龍馬の海援隊とはどんな組織?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. ゆるい許褚
  2. 蜀の劉琦

おすすめ記事

  1. 記録が乏しい孫堅の妻たち
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【3/20〜3/27】
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第34話「隠し港の龍雲丸」の見どころ紹介
  4. 儒者に騙されるな!黄巾の乱は義挙だった?
  5. 幕末にサソリ固め!来島又兵衛の壮絶なアラフィフ人生
  6. 【センゴク】丹波の反乱と松永久秀の反乱

三國志雑学

  1. 曹操と夏侯惇
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 丸木舟(弥生時代)
  2. 劉備軍 曹操軍
  3. 曹操軍

おすすめ記事

蜀の武将・張達(ちょうたつ)と范彊(はんきょう)に同情の余地はあるの? 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 【明智光秀の家紋・桔梗紋】きっかけは明智光秀が仕えた土岐氏だった 三国志の時代の鎧は防弾チョッキ感覚だった?周、殷、キングダムまで鎧を徹底紹介! 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴 中国で最初に車椅子を使ったのは諸葛孔明だった? 車椅子を発明した人から歴史まで徹底解説! 新選組の土方歳三 土方歳三、新選組副長の刀はどんなモノ? 秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!? 【三国志RPG】DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)第2回 ドラゴンブレイドのアプリはやり込むほどに面白い!

おすすめ記事

  1. 呂布はどうして義父の董卓を裏切ったの?
  2. 【後出師の表】は味方の士気を下げるダメダメ偽造文書だ
  3. 三国志時代のセキュリティはどうなっていたの?何でもかんでも機密保持じゃい!
  4. 集まれ、団子三兄弟!劉備の息子たち
  5. 曹操の窮地を何度も救った英雄・曹仁
  6. kawauso編集長のぼやきVol.13「好きな漫画家」
  7. 【センゴク】織田信長って本当は優しく思いやりのある性格だった! 織田信長
  8. 侍と忍者は世界でも大人気!!侍と忍者が登場するゲーム5選

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP