魏延
姜維特集




はじめての三国志

menu

西郷どん

西郷どんと最強ライバル徳川慶喜との関係は?

皇帝になった徳川慶喜




徳川慶喜

 

今回は西郷隆盛(さいごうたかもり)徳川慶喜(とくがわよしのぶ)との関係に注目します。

西郷は島津斉彬(しまづなりあきら)のもとで14代将軍に徳川慶喜を推すように工作していました。

14代将軍後継者問題が起こっていた頃に西郷と徳川慶喜は会っていたと考えられます。

 

この記事では、最初に禁門の変の頃の関係から取り上げます。

次に、西郷が幕府と戦うようになってからの2人の関係に注目します。

最後に、明治維新後の2人について取り上げます。

 

関連記事:徳川慶喜は会津藩をポイ捨てにした?

関連記事:徳川慶喜は静岡で余生を過ごした?知られざる逸話とゆかりの地を紹介

 

 

禁門の変から長州征伐まで

西郷隆盛

 

1864年の禁門の変で、西郷隆盛は幕府側について徳川慶喜とともに長州藩と戦いました。

禁門の変を理由に幕府は朝廷から長州征伐の勅命を受けて、長州藩を攻めます。

 

この時、西郷隆盛は単独で長州藩に乗り込み、説得しました。

長州藩は恭順の態度をとったことで長州征伐を避けることができました。

この長州征伐を第一次長州征伐と言います。

 

1865年になると、高杉晋作(たかすぎしんさく)らが長州藩の実権を握ります。

高杉ら長州藩が倒幕の動きを強めたため、幕府が長州征伐の勅許を得て再び長州藩を攻めます。

この戦争を第二次長州征伐と言います。

 

第二次長州征伐で幕府軍は敗戦を重ねました、

14代将軍徳川家茂(とくがわいえもち)が大阪城で病死したことによりこの戦争は停戦状態になりました。

この第二次長州征伐で、薩摩藩は兵を出していません。

幕府が命令を出しているにもかかわらず、薩摩藩は兵を出さなかったため、薩摩藩と幕府は対立します

 

 

大政奉還から戊辰戦争まで

京都御所

 

15代将軍徳川慶喜は朝廷に政権を返上する大政奉還を行いました。

大政奉還の狙いは直前に出された討幕の密勅の大義名分をなくすために政権を返上したと言われています。

大政奉還後、1867年に王政復古の大号令が出されます。

この大号令により、天皇中心の政府樹立が宣言されました。

また、摂政・関白の廃止、幕府の廃絶、官職として総裁・議定・参与の三職の設置が決まりました。

 

王政復古の大号令が出された後も徳川慶喜には朝廷内での官職がありましたが、

小御所会議(1867年12月)において、徳川慶喜の辞官納地が決まりました。

辞官納地に反発した旧幕府軍が挙兵し、戦争に突入します。

この旧幕府軍と明治新政府軍による一連の戦争のことを戊辰戦争と言います。

1868年1月の鳥羽伏見の戦いから始まり、1869年5月の五稜郭の戦いまで続きます。

徳川慶喜

 

鳥羽伏見の戦いで徳川慶喜は江戸城に逃亡し、恭順の態度をとります。

一方で、西郷隆盛は新政府軍として勝海舟(かつかいしゅう)と江戸城の無血開城の交渉を担当しました。

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末はじめての幕末

 

明治維新後の西郷隆盛と徳川慶喜

明治維新後の徳川慶喜

 

戊辰戦争では西郷隆盛は新政府軍として戦いを優位に進めますが、徳川慶喜は恭順の態度をとり、謹慎生活を送ります。

この時点で2人の立場は歴然としています。

明治維新後になると2人の立場は逆転します

徳川慶喜は謹慎生活が解かれ、静岡で隠居生活を送ります。

静岡での隠居生活は趣味三昧だったと言われています。

その後、静岡から東京に移動して貴族院の議員になったこともあります。

 

一方で、西郷隆盛は明治六年の政変で政府を去り、不平士族による最後の反乱である西南戦争を起こします。

西南戦争で西郷は賊軍の将となりますが、恩赦によって賊軍の将でなくなりました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は西郷隆盛と徳川慶喜との関係について取り上げました。

西郷隆盛は下級武士で、徳川慶喜は将軍という立場が異なりますが、2人とも国賊となりましたが、恩赦で国賊でなくなったことが分かりました。

西郷隆盛と徳川慶喜の2人は新政府軍と幕府という全く立場が異なるため共通点がないと思われがちですが、意外な形で共通点があることが分かります。

今回は政治的出来事を中心に共通点を探しましたが、西郷隆盛と徳川慶喜の趣味における共通点を探してみたいと思います。

 

関連記事:島津久光(しまづ ひさみつ)とはどんな人?西郷隆盛の生涯のライバル?

関連記事:大久保利通はどんな性格をしていたの?身長や西郷隆盛との関係性

 

【西洋文明に遭遇した日本の開国秘話に迫る!】
こんにちは西洋

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 藤堂平助とはどんな人?御陵衛士時代や美貌について
  2. 前原一誠 前原一誠は超がつく真面目人間だった!
  3. 大久保利通と麻生太郎は血縁だった?家系図から読み取る意外な関係性…
  4. 西郷従道 幕末 台湾出兵とは?明治政府最初の海外出兵を分かりやすく解説
  5. 幻のノーベル賞、山極勝三郎とはどんな人?【はじ三ヒストリア】
  6. 平野国臣 平野国臣の銅像を見に行こう、その人生の最後はどんなだった?
  7. 黒船(ミシシッピ号) プチャーチンの世界史、日本来航に隠された理由
  8. 佐久間象山は天才?実際の所を検証

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 玉璽 三国志
  2. 曹茂
  3. 周瑜と孫策
  4. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  5. 大政奉還した徳川慶喜
  6. 兵士と禰衡
  7. 龐統
  8. 老荘思想(ろうそうしそう)

おすすめ記事

  1. 西郷従道と西郷隆盛兄弟の関係は? 大山巌
  2. もしも、曹爽が司馬懿に勝っていたら三国志はどうなった? 司馬懿
  3. 68話:劉表死す、そして偽の遺言書で劉琮が後継者に 劉表死す
  4. 【秦の最強武将・白起】無敵の白起将軍の残念な最後
  5. 曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加していた! 曹休と曹丕を可愛がる曹操
  6. 衛瓘(えいかん)とはどんな人?司馬昭の重臣であり、晋の建国時に大いに活躍【晋の謀臣列伝】

三國志雑学

  1. 陸遜
  2. 曹操は女性の敵なの?もじのみ
  3. 法正が亡くなり悲しむ劉備
  4. 曹操 孔明をチェック
  5. 多様化が進む蜀の国
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏延
  2. 曹丕にバカにされて嫌な気分な王忠
  3. 孫策、陸遜、顧邵、他
  4. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  5. 司馬懿
  6. 黒田官兵衛
  7. 曹丕と曹操

おすすめ記事

気球 三国志 東方明珠のへなちょこ長江旅行記 その3 はじめての三国志 画像準備中 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり? 孔子と儒教 経営者こそ『論語』を学ぶべき!その理由とは…? 劉備に褒められる趙雲 【子龍一身これ胆なり】趙雲はどのような活躍をして劉備に褒められることになったの? 馬謖の失敗に嘆く孔明 馬謖は街亭の敗戦の後、何を画策したの?孔明を裏切る行為で憂え悲しむ 沮授はなぜか話を聞いてもらえない…主君に恵まれなかった人生 陶謙と劉備 遺言「君が国を取れ」は常套句だった!? 挑発する諸葛亮孔明 愛されすぎてことわざになった人・諸葛亮(しょかつりょう)編

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP