キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

西郷どん

西郷どんと最強ライバル徳川慶喜との関係は?

皇帝になった徳川慶喜




徳川慶喜

 

今回は西郷隆盛(さいごうたかもり)徳川慶喜(とくがわよしのぶ)との関係に注目します。

西郷は島津斉彬(しまづなりあきら)のもとで14代将軍に徳川慶喜を推すように工作していました。

14代将軍後継者問題が起こっていた頃に西郷と徳川慶喜は会っていたと考えられます。

 

この記事では、最初に禁門の変の頃の関係から取り上げます。

次に、西郷が幕府と戦うようになってからの2人の関係に注目します。

最後に、明治維新後の2人について取り上げます。

 

関連記事:徳川慶喜は会津藩をポイ捨てにした?

関連記事:徳川慶喜は静岡で余生を過ごした?知られざる逸話とゆかりの地を紹介

 

 

禁門の変から長州征伐まで

西郷隆盛

 

1864年の禁門の変で、西郷隆盛は幕府側について徳川慶喜とともに長州藩と戦いました。

禁門の変を理由に幕府は朝廷から長州征伐の勅命を受けて、長州藩を攻めます。

 

この時、西郷隆盛は単独で長州藩に乗り込み、説得しました。

長州藩は恭順の態度をとったことで長州征伐を避けることができました。

この長州征伐を第一次長州征伐と言います。

 

1865年になると、高杉晋作(たかすぎしんさく)らが長州藩の実権を握ります。

高杉ら長州藩が倒幕の動きを強めたため、幕府が長州征伐の勅許を得て再び長州藩を攻めます。

この戦争を第二次長州征伐と言います。

 

第二次長州征伐で幕府軍は敗戦を重ねました、

14代将軍徳川家茂(とくがわいえもち)が大阪城で病死したことによりこの戦争は停戦状態になりました。

この第二次長州征伐で、薩摩藩は兵を出していません。

幕府が命令を出しているにもかかわらず、薩摩藩は兵を出さなかったため、薩摩藩と幕府は対立します

 

 

大政奉還から戊辰戦争まで

京都御所

 

15代将軍徳川慶喜は朝廷に政権を返上する大政奉還を行いました。

大政奉還の狙いは直前に出された討幕の密勅の大義名分をなくすために政権を返上したと言われています。

大政奉還後、1867年に王政復古の大号令が出されます。

この大号令により、天皇中心の政府樹立が宣言されました。

また、摂政・関白の廃止、幕府の廃絶、官職として総裁・議定・参与の三職の設置が決まりました。

 

王政復古の大号令が出された後も徳川慶喜には朝廷内での官職がありましたが、

小御所会議(1867年12月)において、徳川慶喜の辞官納地が決まりました。

辞官納地に反発した旧幕府軍が挙兵し、戦争に突入します。

この旧幕府軍と明治新政府軍による一連の戦争のことを戊辰戦争と言います。

1868年1月の鳥羽伏見の戦いから始まり、1869年5月の五稜郭の戦いまで続きます。

徳川慶喜

 

鳥羽伏見の戦いで徳川慶喜は江戸城に逃亡し、恭順の態度をとります。

一方で、西郷隆盛は新政府軍として勝海舟(かつかいしゅう)と江戸城の無血開城の交渉を担当しました。

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末はじめての幕末

 

明治維新後の西郷隆盛と徳川慶喜

明治維新後の徳川慶喜

 

戊辰戦争では西郷隆盛は新政府軍として戦いを優位に進めますが、徳川慶喜は恭順の態度をとり、謹慎生活を送ります。

この時点で2人の立場は歴然としています。

明治維新後になると2人の立場は逆転します

徳川慶喜は謹慎生活が解かれ、静岡で隠居生活を送ります。

静岡での隠居生活は趣味三昧だったと言われています。

その後、静岡から東京に移動して貴族院の議員になったこともあります。

 

一方で、西郷隆盛は明治六年の政変で政府を去り、不平士族による最後の反乱である西南戦争を起こします。

西南戦争で西郷は賊軍の将となりますが、恩赦によって賊軍の将でなくなりました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は西郷隆盛と徳川慶喜との関係について取り上げました。

西郷隆盛は下級武士で、徳川慶喜は将軍という立場が異なりますが、2人とも国賊となりましたが、恩赦で国賊でなくなったことが分かりました。

西郷隆盛と徳川慶喜の2人は新政府軍と幕府という全く立場が異なるため共通点がないと思われがちですが、意外な形で共通点があることが分かります。

今回は政治的出来事を中心に共通点を探しましたが、西郷隆盛と徳川慶喜の趣味における共通点を探してみたいと思います。

 

関連記事:島津久光(しまづ ひさみつ)とはどんな人?西郷隆盛の生涯のライバル?

関連記事:大久保利通はどんな性格をしていたの?身長や西郷隆盛との関係性

 

【西洋文明に遭遇した日本の開国秘話に迫る!】
こんにちは西洋

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 長州藩はどうしてああなってしまったのか?3つの理由
  2. タウンゼントハリスはどんな人?善意の仮面をかぶった食わせ者外交官…
  3. 上野彦馬とはどんな人?偉人を撮り続けた写真家
  4. 横井小楠 坂本龍馬が注目した横井小楠の政治とは?
  5. 中岡慎太郎の陸援隊とはどんな組織?
  6. 島津斉彬の人柄とは?誰もが納得する名君の心構え
  7. 前原一誠は超がつく真面目人間だった!
  8. 明治政府の教育改革・学制とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 後継者を決めずにダラダラする袁紹
  2. 徐庶
  3. 呉の小覇王・孫策
  4. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  5. 于禁

おすすめ記事

  1. 諸葛亮の幼い日はどんなだった?
  2. 董襲(とうしゅう)とはどんな人?孫家の仇敵・黄祖討伐戦で活躍した武勇の士
  3. ギョッ!これも薬?華佗も利用した、ちょいグロな漢方薬の話
  4. 【応仁の乱】11年間続いた応仁の乱の幕開け御霊合戦とは 畠山義就
  5. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.1
  6. 世界一お粗末! 菫承の曹操暗殺計画。間男の恨みでぶち壊しに!

三國志雑学

  1. 生姜を買ってくる左慈と曹操
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔明による出師の表

おすすめ記事

【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.3【完】 袁術 まだ漢王朝で消耗してるの?第2話:早すぎた改革者 袁術 よかミカンって、何者? 劉邦をなだめる陳平と張良 なんで漢王朝の国号は「漢」になったの?劉邦の意地があった? 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(おうろう) 【ネオ三国志】第2話:蒼天航路の曹操と魏武の強 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍 郭淮が夏侯淵の死後に才能を開花させる!! 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】進化する名将?張飛は決して脳筋ではなかった!
  2. 【男の嫉妬は怖すぎる】スーパーエリート袁術 VS スター劉繇(りゅうよう)
  3. 明智光秀と服部半蔵は同一人物だった?伊賀を越えた光秀に迫る 服部半蔵
  4. 【シミルボン】びっくり!三国志の時代の役人は役所に五日間缶詰だった? 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  5. 彗星のごとく駆け抜けた小覇王・孫策 呉の小覇王・孫策
  6. 黄巾賊の組織体制はどうなっていたの?太平道を布教させた宗教団体をミエルカしてみるよ
  7. 【列子】どうしてオバチャンはいつも幸せそうなのか?恥も自意識もない生き方とは? 石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう)
  8. 三国時代にはもうハンバーガーが食べられていた!?驚きの食文化をご紹介

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP