三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

西郷どん

台湾出兵とは?明治政府最初の海外出兵を分かりやすく解説

西郷従道 幕末




台湾出兵 wikipedia

画像 : 台湾出兵 wikipedia

 

今回は台湾出兵(たいわんしゅっぺい)について取り上げます。

台湾出兵は明治政府の最初の海外出兵と言われています。

台湾出兵を通して、日本の琉球に対する立場と狙いについて取り上げます。

 

この記事の後半に台湾出兵後の台湾についても取り上げます。

この記事の終わりに台湾出兵当時の明治政府内部の問題についても取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:徳川慶喜は会津藩をポイ捨てにした?

関連記事:徳川慶喜は静岡で余生を過ごした?知られざる逸話とゆかりの地を紹介

 

 

台湾出兵とは?

台湾出兵時の日本人兵士 wikipedia

画像 : 台湾出兵時の日本人兵士 wikipedia

 

1871年、琉球王国の宮古島の漁民66人が台湾に漂着し、

54人の漁民が台湾の先住民に殺害されました。

この事件を琉球漁民殺害事件といいます。

 

清は殺害した台湾先住民が起こした事件に対して責任をとらなかったため、

日本が台湾に出兵するきっかけとなりました。

 

台湾出兵とは1874年に明治政府初の海外出兵です

 

西郷従道 幕末

 

日本は西郷従道(さいごうじゅうどう)西郷隆盛(さいごうたかもり)の弟)を指揮官として兵3000を出しました。

欧米は極東貿易の混乱を避けるために、

北京在住のイギリス人公使ウェードが調停に入り、解決しました。

 

 

台湾出兵の結果

 

琉球漁民殺害事件が起こったとき、

明治政府は琉球王国に琉球藩を設置しました。

琉球王国は清国と薩摩藩の両国の属国でしたが、

明治政府は一方的に琉球藩を設置したため清国と対立しました。

アメリカによる調停がありましたが、

日本と清国との解決に至りませんでした。

 

台湾出兵はイギリスの調停により解決しましたが、

その内容は日本が琉球に対して優位に立つものでした。

具体的な内容は次の通りです。

 

清国は日本に対して賠償金を支払うことになりました。

和解の文面の中で、

清朝が琉球を日本の一部であると認めたと、

日本政府は解釈し、

1879年の琉球処分へとつながりました。

結果、琉球王国は沖縄県となり、

日本の一部となりました。

 

次に、台湾出兵後の台湾について取り上げます。

台湾は1894年の日清戦争の講和条約である下関条約で、

日本の領土となりました。

台湾は太平洋戦争で日本が敗戦するまで日本の一部となりましたが、

戦後台湾に中華民国が入り、現在に至ります

 

幕末のおじゃるズ公家
公家

 

台湾出兵の前年に起こった明治政府内での対立

 

1874年に日本は台湾に兵を出しました。

1874年の前年に明治六年の政変が起こりました。

明治六年の政変では、

朝鮮を武力で開国させる征韓論と欧米諸国から帰国した岩倉(いわくら)使節団との対立で、

征韓論が却下され、

西郷隆盛ら征韓論者が明治政府を下野しました。

 

『西郷隆盛の征韓論とはどんなもの?』では、

ヨーロッパで政治体制を学んだ大久保利通(おおくぼとしみち)岩倉使節団

日本の政治体制が脆弱であることを認識しました。

 

政治体制が整っていないことから国内政治を優先させなければならないと判断しました。

大久保らは征韓論に反対しましたが、

なぜ台湾出兵を認めたのか気になります。

 

征韓論者が明治政府を去ったため、

不平士族による反乱が起こる危険性が高まっていました。

反乱が起こると明治政府は危うくなります。

そのため、大久保ら明治政府は

不平士族のガス抜きのために台湾出兵を認めたと考えられます

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は明治政府最初の海外出兵である台湾出兵について取り上げました。

台湾出兵を通して、

琉球王国が沖縄県に至るまでの経緯と台湾出兵後の台湾について取り上げました。

 

今回の記事では、

征韓論に反対した大久保利通らが台湾出兵を認めた理由について、

征韓論で去った政治家や不平士族による

反乱を回避するためのガス抜きではないかと考えられています。

 

しかし、議会や憲法のない明治政府がなぜ台湾出兵に踏み切ったのか、

不平士族のガス抜きのために出兵したのか、

他に何か具体的な理由があったのか、

これらの問題について触れることができませんでした。

 

征韓論に反対したにもかかわらず、

台湾出兵だけでなく、

江華島事件や日朝修好条規などアジアに向けて進出し始めます。

今後、明治政府初期の外交と政治体制について注目したいと思います。

 

関連記事:島津久光(しまづ ひさみつ)とはどんな人?西郷隆盛の生涯のライバル?

関連記事:大久保利通はどんな性格をしていたの?身長や西郷隆盛との関係性

 

【西洋文明に遭遇した日本の開国秘話に迫る!】
こんにちは西洋

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 篤姫のお墓がある上野寛永寺ってどんな所?一般の墓と違う?
  2. 来島又兵衛の豪傑ぶりと、その人間の魅力に迫る
  3. 西郷どんと最強ライバル徳川慶喜との関係は?
  4. 伊庭八郎とはどんな人?幕末の隻腕軍神に迫る
  5. 吉田松陰の名言を解説「諸君狂いたまえの意味とは?」
  6. 井伊直弼と井伊直虎家督相続で苦労した二人の共通点
  7. 幾島が大奥から日本の歴史を大変化させた!?
  8. 中岡慎太郎の写真の謎?近藤勇との意外な関係とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 石川克世
  2. 孫権に煽られて憤死する陸遜

おすすめ記事

  1. 三国志では欠かせない攻城と防御の13のテクニック
  2. 【山内容堂と坂本龍馬】2人の関係は「理想の上司と部下」だったのか?
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース38記事【3/6〜3/12】
  4. 真・三國無双8 新キャラクターを大予想!西晋の新武将は、この二人で決まり!!
  5. 杜預(どよ)ってどんな人?破竹の勢いで有名になった政治家
  6. 【教えて古墳時代!】庶民の暮らしや住居、税について徹底解説

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【知ってた?】三国志の軍隊を動かす為に絶対必要な2つのアイテム 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為すは、仁者の兵にあらざるなり」 まだまだあるよ!諸子百家シリーズ 陰陽家・農家・小説家 三国志の時代にも暗号があった!陰書と陰符 【キングダム】李牧(りぼく)とはどんな人?趙国最後の守護神・三大天 宿命のライバル?何度も激闘を繰り広げた姜維と鄧艾 【ネオ三国志】第6話:曹操美女にうつつを抜かして大敗北【蒼天航路】 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【9/25〜10/2】
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【12/18〜12/24】
  3. 西郷隆盛は本当に「ごわす」「おいどん」と鹿児島弁を言ってたの?
  4. 【歴史が変わった?】袁術が献帝を擁護していたらどうなってたの?
  5. 石田三成(いしだみつなり)とはどんな人?戦術が苦手で人から嫌われてたけど秀吉の大事な家臣で友人思いの人だった!!
  6. 五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎる!
  7. はにゃ?これ名詩なの?三国時代の詩が難解すぎる件
  8. 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その2「龍の目覚め」

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP