ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
徐庶


はじめての三国志

menu

西郷どん

廃藩置県とは?中央集権国家を目指した改革を分かりやすく解説

薩長同盟が結ばれるシーン 坂本龍馬と西郷隆盛と桂小五郎


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

薩長同盟が結ばれるシーン 坂本龍馬と西郷隆盛と桂小五郎

 

『中央集権国家を目指して(1)―版籍奉還とは―』では、

藩主が薩長土肥にならって

土地と人民を明治政府に返上させたと版籍奉還について取り上げました。

 

土地と人民を明治政府に返上すると、

旧藩主は知藩事として引き続き支配し続けました。

知藩事は明治政府から給料を受け取っていたため、

明治政府の財政状況は悪化していました。

今回は版籍奉還後のさらなる改革として廃藩置県を取り上げます。

 

今回の記事では、

西郷隆盛(さいごうたかもり)が実行した廃藩置県はどんな偉業?』

で取り上げなかった北海道と沖縄県についても取り上げます。

 

関連記事:樺太千島交換条約とは?分かりやすく解説

関連記事:【西郷どん】日米修好通商条約って何が問題だったの?

 

 

廃藩置県とは?

 

版籍奉還後、旧藩主は知藩事として幕府時代からの藩の領地を支配し続けていました。

知藩事としての給料は明治政府から受け取っていましたが、

1871年に廃藩置県が行われました。

廃藩置県により知藩事という役職はなくなり、

リストラされました。

 

廃藩置県後、日本の政治はどのように変わったのでしょうか。

『西郷隆盛が実行した廃藩置県はどんな偉業?』では、

廃藩置県後の府と県の数を3府302県から3府43県にまで減らしました。

なお、府は東京・大阪・京都の重要地に置かれました。

 

廃藩置県により全国の府県の首長は府知事・県令となり、

中央から役人が派遣されました。

当時の府知事・県令は、

戦後の都道府県知事とは異なり、

選挙では選ばれていません

 


 

廃藩置県当時の北海道

 

ここでは廃藩置県当時の北海道について取り上げます。

江戸時代、北海道は蝦夷地と呼ばれていました。

ただし、松前藩があったのは現在の渡島半島で、

現在の函館市辺りでした。

 

18世紀にラックスマンが根室に来航するなど

ロシアが日本に接近するようになりました。

江戸幕府の老中だった田沼意次(たぬまおきつぐ)は、

『赤蝦夷風説考』の著者である工藤平助(くどうへいすけ)の意見を採用し、

蝦夷地探検を始めました。

蝦夷地探検に派遣された人では、

樺太を探検した間宮林蔵(まみやりんぞう)や千島列島を探検した近藤重蔵(こんどうじゅうぞう)らが有名です。

 

明治時代になると1871年に廃藩置県を断行しましたが、

北海道だけ他の府県と異なりました。

1868年に明治政府は箱館に北海道を設置し、

1869年には北海道開発と経営の行政機関である開拓使を東京に設置しました。

 

箱館(現在の函館)には開拓使の出張所を置きました。

1871年に開拓史の役所を箱館から札幌に移しました。

開拓使は1882年に廃止されましたが、

県制によって北海道には札幌・函館・根室の3県が設置されました。

 

1886年に北海道庁が設置され、

開拓の中心となる役所となるとともに札幌・函館・根室の3県は廃止・統合されて、

現在の北海道になりました

 

【西洋文明に遭遇した日本の開国秘話に迫る!】
こんにちは西洋


 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は廃藩置県の概要と廃藩置県当時の北海道について取り上げました。

北海道については開拓使設置から現在に至るまでの過程を取り上げましたが、

北方領土を含む千島列島については詳しく取り上げませんでした。

 

千島列島については

『樺太千島交換条約とは―開国から現在の北方領土問題に至るまで―』

で取り上げます。

 

高校時代に日本史の授業をとっていた読者の中には、

学校や予備校の先生が廃藩置県の例外として

北海道よりも沖縄県のことを強調していたという印象を受けた人がいるかもしれません。

 

1871年に廃藩置県が断行されると、

琉球王国は沖縄県ではなく琉球藩が設置されました。

尚泰(しょうたい)は琉球藩の藩主となりましたが、

1879年に琉球処分により琉球藩はなくなりました。

琉球藩は沖縄県と名前を変えて日本の一部となり、

現在に至っています。

 

今後、琉球王国が現在の日本の一部である

沖縄県になるまでの過程について注目したいと思います。

具体的には、

江戸時代初期に琉球王国が薩摩藩の属国となってから

琉球処分により沖縄県となるまでの過程と

琉球処分から現在までの沖縄県について注目したいと思います。

 

関連記事:阿部正弘はペリーを撃退していた?日米和親条約の奇跡

関連記事:西郷隆盛の征韓論とはどんなもの?

 

【攘夷魂!テロに走ったサムライ達】
俺達尊攘派

 


 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 佐賀藩に鍋島閑叟あり!幕末イノベーション革命の成果とは?
  2. 榎本武揚 樺太千島交換条約とは?分かりやすく解説
  3. 大久保利通の妻はどんな人だったの?大久保満寿子に迫る
  4. 西郷隆盛像 西郷隆盛の政治思想はどんなもの?
  5. 【戊辰戦争を振り返る】明治新政府軍 vs 旧幕府軍
  6. 皇帝になった徳川慶喜 西郷どんと最強ライバル徳川慶喜との関係は?
  7. 島津斉彬の人柄とは?誰もが納得する名君の心構え
  8. 大久保利通と麻生太郎は血縁だった?家系図から読み取る意外な関係性…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. スキッパーキ犬
  2. 石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう)
  3. 曹操
  4. 生姜を買ってくる左慈と曹操
  5. 郭嘉の本
  6. オリンピックを誘致する田畑政治 いだてん
  7. 魏延と姜維
  8. 郭嘉 vs 法正

おすすめ記事

  1. 司馬懿の孫の司馬炎は何をした人なの?謎の占田法・課田法など解説
  2. 【真田丸特集】司馬懿と秀吉、大返しで天下を手繰り寄せる! 孟達を討伐する司馬懿
  3. 斉藤一とはどんな人?新選組の三番隊組長の剣術や人物像に迫る 斎藤一 新選組
  4. 【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!? 連幹の計 呂布 貂蝉
  5. 小栗忠順の最期!なぜ小栗は明治政府に殺されたのか?
  6. 井伊直弼は井伊直虎の子孫なのか?大河をまたいで続く井伊家

三國志雑学

  1. 馬謖に地理を伝える諸葛亮孔明
  2. 作戦勝ちする陳登
  3. 蜀の姜維
  4. 環夫人


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 桃園3兄弟
  2. 吉田松陰(極悪顔)
  3. 郭嘉を採用する曹操
  4. 弩(ど)を発射させる蜀兵士達
  5. 正史三国志・呉書を作り上げる韋昭(いしょう)
  6. 三国志大学で勉強する劉備
  7. 周瑜はナルシスト
  8. 夏侯覇の妻は誰?

おすすめ記事

趙雲が人気の理由 趙雲ってどんな人?投票ランキング1位の理由 天才軍師・郭嘉の息子も天才軍師だったの!? 董卓 まだ漢王朝で消耗してるの?第1話:改革なき破壊者 董卓 キングダム54巻amazon キングダム最新607話ネタバレ予想vol2「本能型と知略型」 毛利家を守るために小早川隆景の苦渋の決断とは? 李斯 政の配下となった李斯の最期が残念すぎる 蒼天航路 丁奉は蒼天航路では可愛い女の子?丁奉の仲いい人は化け物は? キングダム52巻 キングダム585話ネタバレ予想堯雲を討ち取るのは羌瘣?その3つの理由

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP