キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

いだてん

東京オリンピックの暑さ対策としての打ち水は効果あるのか?

日本の猛暑に疲弊している海外のマラソン選手 いだてん




日本の猛暑に疲弊している海外のマラソン選手 いだてん

 

2020年の東京オリンピックは7月24日に開幕し、8月9日に閉会する予定です。7月から8月にかけて、35度を超える猛暑日が連続する時期で、湿度も70%以上を超えます。

 

この時期のニュースについて、熱中症で死亡したことを耳にすることが多くなります。また、適切に冷房を使うこと、水分補給をすること、屋外での運動を控えることなどニュースで熱中症の予防を呼びかけています。

 

この記事では、色々な猛暑対策が考えられている中で打ち水に注目します。なぜ暑い時期になると打ち水をするのか。打ち水の由来から話を始めます。記事の後半では、打ち水以外の水を使った暑さ対策について紹介します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「東京オリンピック 打ち水」
「東京五輪 暑さ対策」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:【東京オリンピック2020】残された問題と課題とは?

関連記事:東京オリンピック開催期間における電車の輸送問題はどうなる?

 

 

打ち水の由来は?

呂布を水攻めする曹操

 

日本では夏になると玄関に水をまく「打ち水」の習慣があります。ホームページ「打ち水大作戦2018」によれば、打ち水の由来は、茶道でおもてなしの一環で土埃を抑えるために朝に水をまいたことです。江戸時代になると、打ち水は土埃を抑え、暑さ対策として庶民の間に広まるようになりました。

 

 

打ち水の効果は?

関羽

 

打ち水をすることでどのような効果が期待できるのでしょうか。「打ち水大作戦2018」によれば、打ち水をすることで風向きが変わり、そよ風が吹きます。打ち水をすると涼しく感じるのは風向きが変わるからだと考えられます。

 

打ち水によって、水が地面の熱を奪い、冷やす効果も証明されています。打ち水は国土交通省の有識者会議で提唱されています。小池百合子東京都知事はイベントを通して積極的に打ち水をPRしています。

 

2020年東京オリンピックに向けて、水を使った暑さ対策とは?

猛暑に苦戦している観客達 いだてん

 

2020年の東京オリンピックまで、あと1年と数ヶ月になりました。夏の日本は猛暑日が多いことから選手・観客・スタッフを守るための暑さ対策が議論されています。ここでは、打ち水以外で水を使った暑さ対策に注目します。

 

産経新聞のインターネットニュース記事「【東京五輪】打ち水、ミストシャワー、遮熱性舗装… 暑さ対策に繰り出す“あの手この手”」によれば、様々な暑さ対策が取り上げられています。

 

具体的には、アスファルトの間に穴を空けて地面から水をまく方法が暑さ対策として期待されています。この記事の読者の中には、雪国では道路の下にある消雪パイプに水を流して地面から水をまいているのを見た人がいるかもしれません。雪国では地面から水をまくことで道路に雪が積もらないようにしています。都会では暑さ対策として注目されていて、雪国の発想を応用したのかもしれません。

 

他にミストシャワーが挙げられます。暑さ対策として霧を散布すると涼しく感じることができます。一方で、ミストシャワーで濡れると不快に感じる人がいるといわれています。今後、不快感を低減させたミストシャワーの開発が課題となっています。

 

東京五輪ライターオフィス樋口の独り言

三国志ライター オフィス樋口

 

今回は2020年の東京オリンピックの暑さ対策として打ち水や水を用いた暑さ対策について取り上げました。この記事を通して、打ち水が茶道の習慣がルーツであったことや江戸時代に庶民の間で広まったことが分かりました。また、実証実験で打ち水が温度を下げるという効果が証明されていることも分かりました。

 

この記事の後半では、暑さ対策として打ち水以外の水を使った暑さ対策を紹介しました。これらの暑さ対策については、2020年の東京オリンピック以降で応用されることが期待されています。

 

水を用いた暑さ対策以外では、簾やよしずも注目されています。簾などを見る機会は少なくなりましたが、光を遮るという点で暑さ対策の効果が注目されています。2020年の東京オリンピックが暑さ対策を通して日本の伝統的な生活習慣を考え直すきっかけになればと思います。

 

関連記事:2020年東京五輪開催に向けてタクシーはどう変わる?補助金も出るらしい?

関連記事:2020年の東京オリンピックの課題である暑さ対策とは?

 

【スポーツと共に歩んだ日本近代史】
いだてん

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 大学と東京五輪の連携学生の通訳ボランティア いだてん 東京オリンピック2020は大学連携とPRで大きく変わる?
  2. 金栗四三 いだてん 金栗四三が箱根駅伝を開催した理由は?
  3. オリンピックを誘致する田畑政治 いだてん 大河ドラマの田畑政治とはどんな人?いだてんの主人公を紹介
  4. スウェーデンで海外ロケの撮影をしている田畑政治と金栗四三 いだてん 大河ドラマ初の海外ロケ「いだてん」はどこで撮影されたの?
  5. 猛暑に苦戦している観客達 いだてん 2020年の東京オリンピックの課題である暑さ対策とは?
  6. 幻の1940年の東京五輪 いだてん 2020年東京五輪開催に向けてタクシーはどう変わる?補助金も出る…
  7. 幻の1940年の東京五輪 いだてん 東京五輪のエンブレム問題とはどんな問題だったの?
  8. 日射病で失神する金栗四三 いだてん 金栗四三の失敗が日本マラソンの原点となった

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 亡くなる卑弥呼
  2. 劉備 結婚
  3. 高杉晋作
  4. 李牧
  5. 曹宇
  6. 関羽に無視される孫権
  7. 三国夢幻演義バナー 龍の少年

おすすめ記事

  1. 孫策は小喬を手に入れるためにとんでもない行動を起こした!? 結婚を喜ぶ孫策
  2. 【書評】キングダム 最強のチームと自分をつくる【伊藤羊一】
  3. 宮本武蔵や土方歳三のような剣豪が三国志時代にも存在した?後漢末期の流派も紹介! 撃剣を使う曹丕
  4. 邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国 卑弥呼
  5. 三国志平話が面白いのにすたれた理由 曹操の使者を斬り捨てる武闘派の孔明
  6. 12話:黄巾賊の反乱を平定した漢王朝と残念なくらい無能な霊帝

三國志雑学

  1. 徐盛(じょせい)呉の将軍
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. 苛ついている曹操
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 司馬懿と曹操
  2. 梁興と馬騰
  3. 空を飛ぶスーパーマン袁術
  4. 太史慈
  5. 曹操と曹丕

おすすめ記事

超爽快シミュレーションRPG「三国志CROSS」の後半イベント『帝ちんの宝貝ザクザク祭』がスタート 龐統と的盧 的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第19話 「罪と罰」の見どころ紹介 益州に侵攻した劉備にとって最も強敵だったのは誰? 月刊はじめての三国志2018年6月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 曹沖が亡くなり悲しむ曹操 周不疑(しゅうふぎ)ってどんな人?曹沖と並び立つ天才少年の悲劇 夏侯惇 【悲報】ついに夏侯惇が最弱劉備に負けてしまう!! 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第7部

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP