ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

裴松之とは何をした人なの?三国志を愉快に描いた歴史作家の想い

裴松之(歴史作家)


裴松之(歴史作家)

 

おそらく80パーセントの三国志(さんごくし)ファンは知らないと思われる裴松之(はいしょうし)。彼は偉大な歴史家で『三国志』を多方面から研究した人物です。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

彼の偉業がなければ『三国志演義(さんごくしえんぎ)』は産声を上げなかったかもしません。ここでは、裴松之と彼が注釈をつけた裴注三国志にフォーカスしていきます。

 

自称・皇帝
当記事は、
「裴松之 歴史作家」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:体裁に騙されるな!陳寿が劉備以外を貶していた件

関連記事:魏志倭人伝とは何?陳寿に感謝!三国志時代の日本がわかる

 


 

三国志は2つ存在した!

曹操 耳で聞いて覚える三国志

 

歴史書『三国志』。これは西晋(せいしん
)
の時代の西暦280~290年に書かれました。

 

晋蜀の産まれ 陳寿

 

作者は陳寿(ちんじゅ)という歴史家でした。しかし、彼が書いた三国志は疑わしい記述を全て省いた簡素でモノ足りない内容でした。

それからおよそ100年、裴松之がこの世に生を受けます。南朝宋の文帝は学問好きな皇帝で陳寿の三国志のファンでしたが、そのサッパリし過ぎた

簡素な内容を惜しみ裴松之に対して、三国志に注釈をつけて増補するように命じました。

そこで、裴松之は陳寿が拾わなかった史料を再検討して極力拾い注釈をつけた上で採用したのです。

 

陳寿(晋)

 

つまり、三国志には第一弾の陳寿の三国志と裴松之の増補版とも言うべき三国志があり、歴史書として名高い三国志は100年に渡って、シリーズで刊行されたのです。

 


 

裴松之は傘寿・80歳まで生きた歴史家

 

祖父は「光禄大夫(こうろくたいふ
)
」、父は「員外郎」という公務員の役職に就いていました。裴松之の家は官僚一家だったのです。現代の東大エリートの家に生まれたようなもの。将来は約束されていました。

 

孔子と儒教

 

そんな高級官僚が身近にいる裴松之、本が大好きで8歳にして『論語(ろんご)』や『詩経(しきょう
)
』をマスター。20歳で「殿中将軍」の地位を得ます。そんな折、親戚のおじさんである庾楷が桓玄(かんげん
)
にやられ、兵が敗走します。おじさんは夏口(かこう)(現在の湖北省武漢)で桓玄に白旗を上げました

 

この事件を聞いた裴松之は新野太守(県知事のようなもの)に命じられます。新野(現在の河南省南陽市)は夏口のすぐ北の領土。桓玄の追手が来てもおかしくありません。頭の切れる裴松之は新野の地へ赴任することを渋ります。軍靴の高鳴りとともに降参したおじさんは桓玄の手に落ちます。ところが裴松之はまだ新野には行っていなかったので、桓玄の魔の手から逃れることができたのです。

 

これも戦略の一つでしょう。桓玄を倒そうと早々に着任していたら、裴松之の命も危なかったはずです。


 

裴松之は劉裕グループの一人

歴史書をつくる裴松之

 

やがて、裴松之は公務員として数々の職を経験、軍事機密を扱う「尚書(しょうしょ
)
」で働きます。

 

西暦416年、太尉(たいい)劉裕(りゅうゆう
)
とともに北伐(ほくばつ)に同行。劉裕はのちに宋の皇帝となる人物です。このとき、劉裕は裴松之を称賛し、素晴らしい才能を持つ人物であると評しています。戦を重ね、晋軍(しんぐん)洛陽(らくよう)を陥落させる頃には、裴松之は劉裕グループの中心人物にまで出世するのです

 

斉王になる司馬攸

 

晋が成立してからは零陵内史(れいりょうないし)国子博士(こくしはかせ)といった職を経て、名声を高めていきます。65歳の時、太中大夫に就任。80歳になると病にかかり他界します。さすがの奇才もウイルスには勝てませんでした。


  

 

 

普遍的になった裴注三国志

劉備の黒歴史

 

歴史書として名高い陳寿の三国志。裴松之は多くの文献を取り入れ、信用性がたとえ低くても三国志に関する史料として取り上げ、陳寿の三国志を盛り沢山の注釈をつけたユニークな一冊に仕上げました。

 

現在でも購入可能で「天津古籍出版社」から126元で販売されています。845ページに及ぶブリタニカ国際大百科事典並みの分量で、2019年現在のレートで2,000円ほどです。中国は本や食べ物、交通機関がリーズナブルなので、留学にはぴったりです。もちろん本は中国語で書かれていますが、現代の中国語と異なり、まるで高校の漢文に出てきたような漢字や文法が使われています。中国を旅行した際に一冊購入してみるのもいいでしょう。

 

実は学校で習う『魏志倭人伝』もこの三国志の中の一部。興味のある人は魏書の東夷、倭人の項目を調べてみましょう。

 

三国志ライター上海くじらの独り言

三国志ライター 上海くじら

 

裴松之は官僚として三国時代の歴史を研究していました。そのため裴注(はいちゅう)三国志にファンタジー要素はありませんが、信頼度の有無に関わらず注釈を入れて、歴史書として編纂したことに価値があります。

 

学問をして知識を蓄える蔣欽(しょうきん)

 

例えるなら、新聞の記事と週刊誌の記事をごちゃ混ぜにして一冊の本にしたようなものです。文部科学省の役人がこんな本を作ったら大臣に怒られそうなものです。しかし、裴松之は歴史である以上、推測の域を出ないことから、多くの史料を集めることに重きを置いたのです。

 

裴松之が拾ったゴシップ史料満載の「増補版」正史三国志は、後世の三国志演義に無数のエピソードを与える事になります。

こうして絶大な支持を得た三国志演義は、マンガ、ゲーム、ライトノベルへと拡散していき時代を超えて

三国志のストーリーが連綿と語り継がれる事になったのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:キーワードは劉備の最期一文字に託された陳寿の思い

関連記事:ズルい!陳寿と司馬氏が劉備&孫権の皇帝詐称をOKにした理由

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの

 

上海くじら

上海くじら

投稿者の記事一覧

三国志との出会いは高校生の頃に読んだマンガの三国志。
上海留学中に『三国志演義』の原文を読む。
また、偶然出会った中国人と曹操について語り合ったことも……。
もちろんゲームの三国無双も大好きです。

好きな歴史人物:
曹操、クリストファー・コロンブス

何か一言:
覇道を以って中原を制す

関連記事

  1. 城 銅雀台 【長江三峡】劉備が逃げ込んだ白帝城によかミカンが突撃
  2. 【孫家一筋】陳武(ちんぶ)、陳修(ちんしゅう)、陳表(ちんひょう…
  3. 蒋琬(しょうえん) 蒋琬の政策とは?諸葛孔明とは違う政策を考えていた!?
  4. 後継者争い 劉協と劉弁 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事…
  5. 黄月英 諸葛亮の妻・黄月英は伝説だらけのスーパーレディな件
  6. 張昭 中国の氏・姓の成り立ちをどこよりも分かりやすく解説!
  7. そんろは 孫魯班 孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題
  8. 陸遜 陸遜の人柄は地元の民間説話でも高評価!完全無欠の性格の良さが滲み…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁紹モグラ作戦
  2. 韓遂の仲間になる成公英
  3. 曹丕
  4. 韓非子を読む劉禅
  5. 蜀の姜維
  6. 袁術と郭嘉
  7. 蒼天航路
  8. 諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ

おすすめ記事

  1. 【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!?
  2. 馬岱の最期は?死のミステリーに迫る! 敗北する馬岱
  3. 【はじめての三国志読者へお知らせ】あの袁術祭りのバナーを設置したよ!
  4. 甘寧の死因は討ち死に?それとも病死? 三国志に出てくる海賊達と甘寧
  5. もし曹操が劉備と入れ替わったらどうなる?【三国志もしもシリーズ】
  6. 【キングダム553話】「ルーディン」ネタバレ&レビュー キングダム

三國志雑学

  1. 法正と張松
  2. 荀彧
  3. 唐周(とうしゅう)黄巾賊


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 徳川慶喜(幕末)
  2. 胡亥
  3. 吉田松陰
  4. 西郷隆盛像
  5. 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱

おすすめ記事

袁家をイジメる董卓 もしも呂布が悪人・董卓を成敗しなかったら三国志はどうなる? 盧植と何進 董卓が幼き皇帝を救った!そのとき宮廷にいた何進は何をしていたの? キングダム55巻 キングダム最新612話ネタバレ予想vol2「金毛は頑張る?それとも瞬殺」 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀 【山崎の戦い敗因】明智光秀は長雨の為に秀吉に敗北した! キングダム52巻 キングダム583話最新ネタバレ「十三日目」レビュー キングダム563話「族王カタリ死す」ネタバレ&レビュー はじめての三国志 画像準備中 孟宗とはどんな人?孟宗竹(もうそうちく)の由来は呉の親孝行ものであるこの人から! 法正に敗れる夏侯淵 老黄忠に迫る!黄忠が夏侯淵を討ち取ったのは本当に法正のおかげ?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP