月刊はじめての三国志2020年4月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました

 

はじめての三国志

 

『はじめての三国志』よりありったけの愛と感謝を込めて。いつもはじめての三国志をご愛読いただきありがとうございます。「はじめての三国志」で掲載された記事をピックアップしました。(2020年4月)

 

この一冊で、はじ三の面白さがわかる月刊誌。値段は何と99円とワンコインで電子書籍で講読することができます。サクッと読めるラインナップのためスキマ時間などにいかがでしょうか?

 

■■■目次■■■

-張郃はどうして張飛に負けても処罰されなかった?
-夏侯惇の空白の10年を深読み
-趙雲が評価されたのは劉禅の代になってから?趙雲の評価を解説します
-孔明は車椅子に最初は乗っていなかった!諸葛亮のトレードマークは嘘?
-曹操を支えた軍師たち!曹操軍の軍師と言えばいったい誰?

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  2. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  3. 夜のひととき ながら三国志特集バナー

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP