月刊はじめての三国志2022年4月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました

はじめての三国志

 

はじめての三国志』よりありったけの愛と感謝を込めて。いつもはじめての三国志をご愛読いただきありがとうございます。

 

kawauso編集長 はじめての三国志主宰・おとぼけ

 

4月19日(火)に「月刊はじめての三国志4月号」の出版が決定しました。

 

月刊はじめての三国志 表紙 劉表 2022年4月号

 

4月号の表紙を飾るのは、春に欠かせない三色団子を頬張る劉表です。ちなみに桜を愛でながら菓子を食べる風習は江戸時代から始まり、3色のお団子もこの頃に生まれたといわれています。今やお花見の席からは姿を消しつつある三色団子ですが、皆さまは食べましたか?

 

ちなみに4月号では、「はじめての三国志」で掲載された記事をピックアップしています。(2022年4月)

 

この一冊で、はじ三の面白さがわかる月刊誌。値段は何と99円とワンコインで電子書籍で講読することができます。サクッと読めるラインナップのためスキマ時間などにいかがでしょうか?

 

■■■目次■■■

– 驚愕!許褚の強さを示すエピソードは本当なの?
– 赤兎馬はとんでもない長生きだった!?
– あの勇猛な呂布が命乞い?その真相に迫る
– 三国志演義被害者の一人?曹操が頼りにした韓浩の逸話
– 魏に軍師を要請していた?卑弥呼が魏に使いを送る理由とは?

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はじめての三国志 編集部

はじめての三国志

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

-当サイトからのお知らせ