劉備はどんな学生時代を送っていたのか?英雄の卵もその頃?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

劉備 経歴

 

英雄は生まれた瞬間から英雄だった訳ではありません。誰しも生まれた瞬間は赤ん坊であり、子供時代を経て、成長していくのです。もちろんそれは三国志(さんごくし)の英雄の一角、劉備(りゅうび)とて同じ事。

 

茶を楽しむ劉備

 

今回はそんな劉備の学生時代の一幕をちょっとだけご紹介したいと思います。

 




劉備「大きくなったら」

 

まずはちょっとだけ、学生時代よりも前の幼き劉少年のお話を一つ。ある日、劉少年は家の前に生えている大きな桑の木を見て言いました。「大きくなったら天子様の乗っている馬車に乗るんだぁ」天子様とは君子、つまり皇帝のこと。

 

これを聞いた叔父さんはびっくりして劉少年の口を塞ぎ「滅多なことを言うな!そんなことを言うだけで我が一族は皆殺しになるぞ!」と叱ったそうです。

 

関連記事:謎が多い劉備の生まれについて、高祖の血族とは本当なのか?

関連記事:【血統を知ろう】劉備は前漢の初代皇帝・劉邦の末裔なの?

 




劉少年の発言について

 

これをちょっと解説すると、まず桑の木は中国では神聖な木とされ、男の子が生まれると家の周囲に植えたり、守り木のように扱われていました。このためか、皇帝の馬車は桑の木でできていたのです。

 

劉邦はヤンキー

 

また発言についてですが、不敬(ふけい)さは置いておくとしても(かつ)ての高祖・劉邦(りゅうほう)始皇帝(しこうてい)を見て「男子たるものああならなくてはならないな」と言ったものにどこか近しいものを感じますね。

 

関連記事:劉邦から劉備に続く『漢』という時代の影響を考察してみる

関連記事:高祖?劉邦、太祖?劉邦、正しいのはどっちだ?

 

 

学生時代の始まり

土いじりをする劉備

 

劉備の父親は劉備が幼い頃に亡くなっており、劉備は生活が困窮する中で母親と二人、(むしろ)を討って生活していたと言います。しかし生活が苦しい中でも母親は劉備にしっかりとした教育を施そうとしたのか、175年、劉備が15歳の頃に従叔父の援助を受けて劉備は学問を学ぶように向かわされました。これが劉備の学生時代時代の始まりです。

 

関連記事:3988名に聞きました!劉備はどの職業に向いている?詐欺師?ナンパ師?

関連記事:劉備が天下統一できなかった3つの理由

 

劉備の師・盧植

盧植

 

この劉備の先生こそ、かの有名な盧植(ろしょく)です。盧植は若い頃から学問を治め、博学なだけでなく節度も守り、声もとても良い(ちょっと意訳)人物でした。

 

生徒に勉強を教える盧植

 

盧植は劉備が学問を学び始めた175年に文武の才能がある人物として推薦を受け、九江太守(きゅうこうたいしゅ)に任命されていました。ここで反乱を起こした蛮族を降伏させ、病のため職を辞して故郷に帰り、塾を開いて近隣の子供たちに学問を教える先生となったのです。

 

関連記事:劉備の師匠である盧植の子は司馬一族の側近になっていた!?

関連記事:劉備の師匠・盧植はなぜ知識人から人気があったの?

 

劉備の学生時代とは?

三国志大学で勉強する劉備

 

これだけ見ると「そんな凄い人の下で勉強していたなんて!」とインテリボーイ劉備を思い浮かべますが、実はこの劉備の学生時代、しっかりと勉強していたかどうかは多少疑問が残ります。

 

というのも、まずはこの盧植先生、この後すぐ請われて復職しています。またそもそも太守を一度辞職したのも病気だったので、この頃はそこまで教え子たちに直接指導する時間は取れなかったのではないか?という疑問も。

 

関連記事:読書嫌いの劉備が学んだ盧植先生!クラスメイトは誰だったの?

関連記事:盧植とはどんな人?不正と悪を憎み酒を愛した武闘派学者の人生

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-劉備
-