広告

[謙信の死因]本当に梅干と酒が原因!?高血圧大名のリアル

2023年6月11日


上杉謙信

 

越後(えちご)の龍こと上杉謙信(うえすぎけんしん)

 

上杉謙信は戦においては戦国時代最強時代と言われるほどの兵士を率いて、各地の戦いで勝利を重ねてきた戦国大名です。上杉謙信はチョーお酒が大好きな戦国武将で、ほとんど毎日お酒を飲んでいたそうです。

 

上杉謙信のお酒のおつまみはなんとあの酸っぱくて丸い形をしている梅干だったそうです。そしてこの上杉謙信が毎日のように飲んでいたお酒と梅干が彼の死因だったかもしれないのです。

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



上杉謙信の死因は?

亡くなる上杉謙信

 

越後の龍・上杉謙信は手取川の戦い(てとりがわのたたかい
)
で織田軍に大勝利を収めた後、居城・春日山城(かすがやまじょう)に戻って関東へ遠征する準備を行っていました。上杉謙信は関東へ遠征する準備をすべて整えて、いつでも出陣できる状態であった1587年の3月、トイレで突然倒れてそのまま亡くなってしまいます。

 

上杉謙信の死因は脳卒中と言われています。どうして上杉謙信は脳卒中になってしまったのでしょうか。

 

 

 

大好きなお酒とおつまみに食べていた梅干が原因

梅干しと酒を楽しむ上杉謙信

 

上杉謙信はチョー酒豪で、毎日お酒を飲み酔っ払っても乱れることお酒を飲み続けていたそうです。一体上杉謙信はどれくらいのお酒の量を飲んでいたのでしょうか。

 

上杉謙信がよく使っていた盃が「上杉神社」に春日杯と呼ばれる盃が残っています。この上杉謙信が使っていた春日杯の大きさですが、直径10センチで深さが6.5センチ程で、結構なお酒の量が入ることがわかると思います。

 

また上杉謙信が戦に赴いた先で馬に乗りながら飲んでいた馬上杯と呼ばれる盃も「上杉神社」に展示されています。この馬上杯の大きさですが、直径が11センチ程で深さが5.4センチほどです。

 

両方ともかなりの大きさの盃であるのがお分かりになると思います。さて話がズレてきたので元に戻したいと思います。上杉謙信は春日杯を使って毎日お酒を飲んでいたそうです。

 

上杉謙信はお酒を飲む際、お酒のお供として梅干をかじりながら飲んでいたようで、毎日お酒を片手に梅干をほおばりながら飲んでいたようです。しかし梅干を毎日食べているのであれば、高血圧になりやすい食生活を送っており、このお酒と梅干が上杉謙信の死因である脳卒中に関係してくることになります。

 

 

脳卒中は高血圧の人が成りやすい

 

脳卒中は高血圧が最大の原因で、高血圧の人がなりやすい病気です。そのため上杉謙信が毎日お酒を飲みながら、お酒のおつまみとして梅干を食べていたとすれば、高血圧になっている可能性があります。

 

そしてお酒と梅干が上杉謙信の身体を高血圧にしていたとすれば、彼の死因である脳出血の原因にお酒と梅干が挙げられるのではないのでしょうか。

 

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

上杉謙信はチョーお酒に強い人物ですが、彼のお酒に強いエピソードを最後にご紹介して締めくくりたいと思います。

 

上杉謙信は上洛したとき、近衛前久と将軍・足利義輝の三人で酒宴を行います。この時上杉謙信は近衛前久と足利義輝と意気投合し、話が盛り上がり朝まで飲み明かしたそうです。

 

そして翌日近衛前久のもとへ将軍から「今上杉謙信が家に来て酒盛りをしているから君と君のお父上一緒に参加しないか」と手紙がやってきます。近衛前久は前の日に朝まで飲んでいたせいで、二日酔いで頭がガンガンして痛かったこともあって将軍へ「私は昨日朝まで飲んだこともあり二日酔いになってしまいました。今回は遠慮させていただきます。」と断りの連絡を入れたそうです。

 

しかし彼の父は将軍家に行って上杉謙信と足利義輝の三人で酒宴を行い、かなり盛り上がっていたそうです。このことから上杉謙信がかなりの酒豪であったことがお分かりになると思います。

 

また上杉謙信と同じくらい将軍・足利義輝も酒豪だったこともお分かりになるのではないのでしょうか。

 

■参考文献 新人物文庫 上杉謙信謎解き散歩など

 

▼こちらもどうぞ

上杉謙信と関羽はどちらが強いの?日中の軍神対決【if三国志】

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

-外部配信