クモがコーヒーを飲むと[酔う理由]

2024年5月13日


はじ三倶楽部 スマホの誤変換でイライラする参加者(はてな)

 

クモがコーヒー一滴で酔っ払う?信じられないかもしれませんが、実際に科学的実験でその現象が確認されています。でも、一体なぜこんなことが起こるのでしょうか?

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



偶然発見され科学界に新たな驚きをもたらした

医者の顔もあるコナン・ドイル

ピーター・ウィット氏によって偶然発見されたこの現象は、科学界に新たな驚きをもたらしました。ウィット氏は元々クモの研究者ではなかったにも関わらず、彼の実験がクモの生態に新たな光を当てることとなったのです。

 

 

カフェインがクモの中枢神経を麻痺させる

 

クモがコーヒーを飲むと、その中のカフェインがクモの中枢神経を麻痺させ、まるで酔っ払ったような状態になります。この意外な反応は、他のどの飲み物よりも顕著で、クモが作る巣の形が明らかに異なることからもその影響が明確に見て取れます。

 

 

まとめ

 

この不思議な事実をもとに、我々は自然界のさまざまな生物がどのように環境に適応しているのか、そしてそれがどのように我々の日常生活に影響を与えうるのかをもっと探求する必要があります。クモの行動から学ぶことはまだまだたくさんあるでしょう。次回、家の中や庭でクモを見かけたときは、その不思議な生態を思い出し、新たな発見を楽しむきっかけにしてみてください。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はじめての三国志 編集部

はじめての三国志

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

-外部配信
-