よかミカン

  1. 苛ついている曹操

    【後漢のゴーマニスト】実証主義を貫いた王充(おうじゅう)

    三国志の曹操(そうそう)より130年ほど前に生まれた王充(おうじゅう)。後漢の思想家…

  2. 関羽

    関羽も丸暗記した春秋左氏伝はどうして人気があるの?

    三国志のヒゲのナイスガイ関羽(かんう)が暗記するほど好んで読んでいたという春秋左氏伝(しゅんじゅうさしで…

  3. 貂蝉を奪い合う曹操と関羽

    なんで曹操は人妻が好きなのか?人妻と付き合いたがる男性の心理

    曹操(そうそう)は人妻好きだと言われています。秦宜禄(しんぎろく)の元妻の杜氏(とし)を夫人にし…

  4. パワハラをする張飛

    どうして張飛は士大夫に卑屈なの?

    蜀(しょく)の劉備(りゅうび)の弟分、張飛(ちょうひ)。劉備が蜀の主となり、張飛自身も相応の身分…

  5. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲

    嘘じゃないの!劉備の国を取れ発言は本心だった

    蜀(しょく)の初代皇帝・劉備(りゅうび)は呉(ご)への遠征に失敗したあと白帝城(はくていじょう)に入り、…

  6. 君たちはどう生きるか?劉禅

    君たちはどう生きるか?アホ劉禅に学ぶ聡明な生き方

    蜀(しょく)の二代目皇帝、劉禅(りゅうぜん)。政治を重臣たちに任せっきりにしていたこと、宦官(か…

  7. 株式会社三国志で働く劉備と孔明

    独裁なんて無理!三国志の群雄は雇われ社長

    三国志の英雄、曹操(そうそう)・劉備(りゅうび)・孫権(そんけん)。いずれも皇帝になりました(曹操は死後…

  8. 孔明

    【後出師の表】は味方の士気を下げるダメダメ偽造文書だ

    西暦228年11月、蜀の第二次北伐の直前に、蜀(しょく)の丞相(じょうしょう)・諸葛亮(しょかつりょう)…

  9. 孔明

    【出師の表】本当は全く泣けない実用文だった!

    西暦227年、蜀(しょく)が第一次北伐の準備を始める前に、蜀の丞相(じょうしょう)・諸葛亮(しょかつりょ…

  10. 三国志の計略と孔明

    諸葛亮が発明した三国志のミリ飯「博望鍋盔」を実食!

    ゲームなどでおなじみの「博望坡(はくぼうは)の戦い」の後、博望を守備していた関羽(かんう)に諸葛…

  11. 孔明

    王朗はいかにして「噛ませ犬」になったのか

    蜀の丞相・諸葛亮(しょかつりょう)との舌戦に敗れ憤死するという、噛ませ犬役を担わされている王朗(おうろう…

  12. 王朗

    噛ませ犬じゃないよ!正史では立派な人・王朗

    三国志演義の中で、若い頃は会稽太守として孫策(そんさく)と戦って敗れ、老いては魏の司徒として蜀と…

  13. 酔っ払う関羽

    関羽も食べた巨大ビスケット「博望鍋盔」の由来とお家で作れる豚まんレシピ

    汗ばむような日が増えてきました。夏はパンや肉まんを作るのによい季節です。小麦の生地をふっくらさせ…

PAGE TOP