過去の記事一覧

  1. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1

    白馬将軍、公孫瓚(こうそんさん)。このあだ名の響き……素敵すぎて、ご飯が三杯くらい進みますね!白馬に乗る…

  2. 桃園の誓012

    涙なしには語れない桃園の結義

    桃園の結義(または桃園の誓い)は、劉備(りゅうび)、関羽(かんう)、張飛(ちょうひ)の三人が、義兄弟の契…

  3. 孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ

    董卓(とうたく)に荒らされた洛陽の復旧に当たっていた孫堅(そんけん)は、城南の井戸の中から、伝国の玉璽を…

  4. 曹操様お守りします

    三国志演義と正史・汴水の戦いを比較

    孫堅が大活躍した汜水関の戦いと同じころ、曹操も、反菫卓連合軍の誰もが先陣を切ろうとしないことに業を煮…

  5. 法正

    法正(ほうせい)ってどんな人?蜀を支えた天才軍師

    三国志には数多くの人物が登場します。その中には、メジャーな人物の陰に隠れてあ…

  6. 桃園兄弟

    『三国志』人気を数字から考えてみる

    人間の歴史は戦争の歴史、とも言いますが、世の中にはさまざまな時代のさまざまな戦争を題材とした文学作品があ…

  7. 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに?

    『三国志』は“正史”と呼ばれる歴史書です。“正史”、という言葉を見て、皆さんはどう思われるでしょ…

  8. 曹操躍進

    27話:良い事が無かった曹操に勝機が訪れる!青州兵誕生秘話

    曹操というと、頭が切れて、戦も上手いスマートな人物として三国志には、描かれています。しか…

  9. 種子島を目指す衛温

    不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画

    正史『三国志』中の『魏志倭人伝』の記述により、三国時代に魏と倭国=日本との交流があったこ…

  10. はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇伝自慢」

    おとぼけ補足:やぁ、全国の三国志ファンの兄弟たちよ。「はじめての三国志」運営者代表のおと…

  11. 魔王曹操

    曹操はなぜ悪役となったか?……三国志と朱子学の関係について

    小説『三国志演義』の主人公と言えば劉備玄徳、そしてその主人公の仇役であり、最大の悪役として描かれているのが曹…

  12. 呂壱(呂壹)と孫権

    終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ

    三国志の一角を成した呉の孫権は、知名度こそ曹操、劉備に劣りますが、乱世が産んだ、バランス感覚の高い人…

  13. 後継者争いで悩む孫権

    権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権

    西暦200年、兄孫策(そんさく)の非業の死を受けて、19歳で呉の当主となった孫権(そんけん)。…




“歯痛の歴史"
“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “三国志データベース"

はじさん企画

“はじめての三国志企画特集" “はじめての三国志倶楽部" “水滸伝" “ブラック三国志" “袁術祭り" “ながら三国志音声コンテンツ" “鍾会の乱" “三国志人物事典 北方謙三三国志 “ほのぼの日本史WEB"




PAGE TOP