過去の記事一覧

  1. 異議ありと叫ぶ司馬懿

    司馬懿の性格は誤解されている!?忠臣司馬懿の姿

    皆さんは三国志に出てくる司馬懿(しばい)、司馬仲達についてどのようなイメージを抱いているでしょうか?…

  2. 豆まきをする韓信

    月刊はじめての三国志2020年2月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました

    『はじめての三国志』よりありったけの愛と感謝を込めて。いつもはじめての三国志をご愛読いただきありがとうございます。「はじめての三国志…

  3. 敗北する馬岱

    馬超の後を継いだ馬岱はどこに消えたのか?

    馬岱(ばたい)は蜀の五虎将軍である馬超(ばちょう)の従兄弟(いとこ)です。三国志に列伝は立てられていない…

  4. 孫呉討伐戦の総大将に就任した杜預

    杜預はどんな性格をしていたの?三国時代に終止符をうったはずの英雄は影が薄い?

    三国志の物語の終盤を飾る戦いが、杜預(とよ)による呉の征伐。「破竹の勢い」という故事の由来となったほどの…

  5. 明智光秀

    【麒麟がくる】明智光秀は本能寺の変の後何をしていたの?

    2020年のNHK大河ドラマ麒麟(きりん)がくるの主人公は本能寺の変で有名な…

  6. キングダム「騰は強いのになんで王騎の副官なのか?」

    今回は、王騎の副官ととして名高い騰(とう)は、どうして強いのに王騎(おうき)の下にいたのかを考えます。あ…

  7. 日本戦国時代の鎧(武士)

    【麒麟がくる】合戦に参加するには幾らかかったの?

    2020年のNHK大河ドラマは、明智光秀(あけちみつひで)が主人公の麒麟(きりん…

  8. 法正が亡くなり悲しむ劉備

    漢王朝の立役者?法正の死因とはいったい何だったのか考えてみよう

    三国志、三国志演義では数多くの武将や文官たちが出てきては、綺羅星のように煌めいて生涯を終えていきます。そ…

  9. はじめての三国志からのお知らせ バナー

    「月刊はじめての三国志2月号」1月25日(土)に出版決定

    『はじめての三国志』よりありったけの愛と感謝を込めて。いつもはじめての三国志をご愛読いただきありがとうございます。&…

  10. 王翦

    キングダム「王翦軍の全体像と特徴を解説」

    秦帝国で最強の軍隊を保持している将軍と言えば王翦(おうせん)でしょう。元々は蒙驁(もうごう)の指揮下にい…

  11. お茶を楽しむ明智光秀

    【麒麟がくる】光秀が連歌をやったのはお金の為?

    2020年のNHK大河ドラマ麒麟がくるの主人公は、天下の謀反人(むほんにん)明智光秀…

  12. 曹丕に恨まれた鮑勛(ほうくん)

    司馬懿が推薦するも曹丕の怒りを買って死刑になった鮑勛とは何者か?

    初平4年(193年)に曹操(そうそう)は青州黄巾軍と激しい戦いを繰り広げて勝利を得ました。しかし、この戦…

  13. 松永久秀

    【麒麟がくる】明智光秀と松永久秀には共通点があり過ぎた

    2020年のNHK大河ドラマ麒麟がくるの主人公、明智光秀(あけちみつひで)。そんな光秀の人生に大きな影響…

“ながら三国志音声コンテンツver2"
“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじさん企画

“はじめての三国志企画特集" “ながら三国志音声コンテンツ" “if三国志" “歯痛の歴史" “三国志読み放題サービス" “つながるはじめての三国志" “はじめての漢王朝" “黄巾賊" “赤壁の戦い" 袁術祭り
李傕祭り
君主論
春秋戦国時代
“THE一騎打ち"
PAGE TOP