過去の記事一覧

  1. 当サイトからのお知らせ_特集バナーb

    「月刊はじめての三国志4月号」3月25日(水)に出版決定

    『はじめての三国志』よりありったけの愛と感謝を込めて。いつもはじめての三国志をご愛読いただきありがとうございます。「はじめての三国志…

  2. 軍議(日本史)モブa

    【麒麟がくる】足利将軍は無力ではない?最高裁だった室町幕府

    「麒麟(きりん)がくる」第11話では、知多半島を巡る今川義元(いまがわよしもと)と織田信秀(おだのぶひで…

  3. 強くなる関羽

    関羽の武力ばかりに目が行くが、他能力はどうだったの?関羽の能力を考察

    関羽(かんう)と言えば誰もが認める勇将であり、義将であり、その人気のあまり神とまでなった武将ですね。そん…

  4. 曹爽の配下にいる王渾

    138話:興勢の役と曹爽の没落

    太傅(たいふ)の司馬懿(しばい)を洛陽から追放した曹爽(そうそう)は、取り巻きの何妟…

  5. 洛陽城

    キングダム635話ネタバレ鄴陥落確定!「宝の山」レビュー考察

    大人気春秋戦国時代漫画キングダム。…

  6. 空箱を受け取る荀彧

    荀彧の「空箱」に「詰められていた」のは何だったの?

    タイトルでも少し触れていますが、今回のテーマは荀彧(じゅんいく)とその死因とも言われている空箱です。荀彧…

  7. 劉備に仕える張裔

    劉備は本当に義理人情の人だったのか?

    『三国志演義』で劉備(りゅうび)は困った人は見捨てておけない義理人情の人とされています。もちろん、それは…

  8. 春秋戦国時代の白起、デビュー戦から大殺戮

    キングダム635話ネタバレ予想vol3「実は六人じゃない!旧六大将軍を徹底紹介」

    現在キングダムでは、鄴(ぎょう)攻めがスピード決着し論功行賞を経て誰が大将軍になるのかに注目が集まってい…

  9. 歴史書をつくる裴松之

    正史『三国志』の執筆者・陳寿と注を作った裴松之とは何者か?

    陳寿(ちんじゅ)は正史『三国志』の著者です。最初は蜀(221年~263年)に仕えましたが、蜀滅亡後は西晋…

  10. はじめての三国志電子書籍_特集バナーa

    「はじめての三国志」電子書籍3冊同時発売のお知らせ

    はじめての三国志の読者の皆様こんにちは!kawauso編集長です。&nbsp…

  11. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)

    【麒麟がくる】戦国時代の出産はどんな感じだった?

    戦国時代の文献に出て来ない事には出産の様子があります。これらの事はあまりに当たり前すぎて記録する…

  12. 麒麟がきた 特集バナーver2

    麒麟がくる第9話 感想あらすじ「信長の失敗」麒麟がきた

    麒麟(きりん)がくる第九話は、ずーっと三太郎の浦(うら)ちゃんだった織田信長(お…

  13. 霊感商法で信者を増やす張角

    太平道はどのような思想だったの?張角が広めた太平道の思想を解説

    後漢(25年~220年)末期に形成された民間宗教で大規模なものは四川省の張魯(ちょうろ)率いる五斗米道(…

三国志って何?
“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじさん企画

“はじめての三国志企画特集" “3冊同時発売" “ながら三国志音声コンテンツ" “読者の声" “if三国志" “三国志読み放題サービス" “つながるはじめての三国志" “黄巾賊" “赤壁の戦い"
PAGE TOP