ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

玉(ぎょく)が大好きな中国人

玉璽 三国志


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

玉璽 三国志

孫堅が見つけた伝国の玉璽は、政権の正統性を象徴する至高のアイテムでした。

 

現代の中国でも、観光地の露店では、玉に名前を彫って即席で印鑑を作ってくれるサービスがたくさんあります。けれど、書道家の方など、一部の方を除いて、日本ではあまりなじみがない文化かもしれません。


玉(ぎょく)が大好きな中国人

 

私見ですが、中国は玉(ぎょく)好きな方が多いのではないかと思います。若い女の子でさえも、玉の腕輪をつけたり(これがまたすごく重いのです)、玉のネックレスやストラップをつけたりするのを好む方が多いです。日本であれば、貴金属やジュエリーの飾りをつけるような感じです。

 

少し中国における玉について、考えてみたいと思います。


玉とは?

 

タリム盆地のホータンで採れる軟玉を指すことが多いです。角閃石の一種で、硬度は5~6です。ダイヤモンドなどの宝石や、翡翠などの硬玉と比べて柔らかめの石です。

 

殷の大様

 

古くは殷代の頃から、中原に運ばれてきていたのが確認できます。シルクロードよりも以前に、西域と中国をつなぐ玉の道があったということになります。

 

色彩によって、白玉、黄玉、赤玉、碧玉、玄玉(黒)と呼びます。現代では、ほとんどよい玉は彫りつくされた感がありますが、それでも数年に一度、巨大で質のいい玉が産出されて、すさまじい高値で取引されたりしています。


古代中国においての玉

 

玉器は、王や貴族の権威を示すために使われました。玉は、徳を守り、幸運をもたらすお守りのようなものでした。

 

また、古代中国では、人は死んでも魂が宙をさまよっている状態であり、肉体が腐らなければいつでも戻って来られると考えられていました。遺体の目や鼻といったあらゆる穴に玉を詰めておけば、体が腐らないと考えられたようで、貴族たちは埋葬にたくさんの玉を使いました。これを「葬玉」といいます。

 

歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士

 

特に王族などは、玉片を編んで作った「玉衣」を纏ったりもしました。董卓は洛陽で、歴代の王墓を暴いて財宝を盗んだとされていますが、きっと、こういうものをたくさん盗んだということでしょう。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

東方明珠

東方明珠

投稿者の記事一覧

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

関連記事

  1. 蜀の劉備 中国雑技団の前身!?三国時代の大道芸
  2. 曹操を見捨てない丁氏と卞氏 曹操最初の妻丁氏とその一族の哀しき運命
  3. 黄巾賊 黄巾の乱から増える戦死者、三国志時代が人口減少を招いたの?
  4. 唐周(とうしゅう)黄巾賊 太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの?
  5. 張飛の男気人生 張飛が『春秋左氏伝』を読んでいた!?中国発インテリ伝説
  6. 三国時代の走行距離メーターと方位チェッカーが意外とハイテクな件
  7. 曹仁と曹操 【将苑】諸葛亮の兵法-用兵のコツは適材適所!
  8. 幕末 魏呉蜀 書物 【笑林】日本の昔話「芋ころがし」のルーツ? 人まねで失敗した話

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 呂布に暗殺される董卓
  2. 関羽の救援要請をシカトする劉封
  3. 悩む司馬炎
  4. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  5. 黒船(ミシシッピ号)
  6. 司馬懿
  7. 徐晃と許チョ
  8. 関羽と周倉

おすすめ記事

  1. 【宋代の茶】お茶商人の娘の哀しき運命 茶を飲む張角(太平道)
  2. 李典と楽進の仲って本当に悪かったの!? 張遼・楽進・李典
  3. 趙雲の京劇風コスチュームって何?真・三國無双8をさらに楽しむ 京劇コスチューム趙雲
  4. 岳飛とはどんな人?実は和平を邪魔した将軍だった 岳飛(南宋の軍人)
  5. 【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎 嬴政(始皇帝)
  6. もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!? 劉備と郭嘉

三國志雑学

  1. 曹休と曹丕を可愛がる曹操
  2. 蜀の馬超
  3. よかミカンさん はじめての三国志ライター
  4. 徐庶
  5. 三国志を統一した司馬炎


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 陳宮
  2. 曹叡から可愛がられる孫資
  3. 顔良を討ち取る関羽
  4. キングダム45
  5. 対立する西郷隆盛と大久保利通
  6. 張飛の男気人生

おすすめ記事

異議ありと叫ぶ司馬懿 太傅・司馬懿と曹爽の権力抗争「正始の政変」とは具体的にどんな争いだったの? 曹休 遼来来!よりも呉は彼を恐れていた?呉キラー曹休(そうきゅう) 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟 桃園の誓いがなかったら劉備はどうなっていたの? 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第3回 曹操交代!まさかのあの人が主力メンバー入り!! 大富豪と国獲り要素を併せ持つ新感覚iPhone向けアプリ『三国大富豪大戦』をAppStoreにて配信をスタート 勾玉を持っているツクヨミ 邪馬台国女王・卑弥呼の男弟の正体とは?ツクヨミ(月読命)との関係性 南蛮一の軍師・孟節(兵士を裏切る) 【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり 華雄と呂布 これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう)

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP