キングダム
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

玉(ぎょく)が大好きな中国人

玉璽 三国志




玉璽 三国志

孫堅が見つけた伝国の玉璽は、政権の正統性を象徴する至高の

アイテムでした。

 

現代の中国でも、観光地の露店では、玉に名前を彫って即席で印鑑を

作ってくれるサービスがたくさんあります。

けれど、書道家の方など、一部の方を除いて、日本ではあまりなじみが

ない文化かもしれません。




玉(ぎょく)が大好きな中国人

 

私見ですが、中国は玉(ぎょく)好きな方が多いのではないかと思います。

若い女の子でさえも、玉の腕輪をつけたり(これがまたすごく重いのです)、

玉のネックレスやストラップをつけたりするのを好む方が多いです。

日本であれば、貴金属やジュエリーの飾りをつけるような感じです。

 

少し中国における玉について、考えてみたいと思います。




■玉とは

軟玉

(photo by wikipedia ネフライト

 

タリム盆地のホータンで採れる軟玉を指すことが多いです。

角閃石の一種で、硬度は5~6です。

ダイヤモンドなどの宝石や、翡翠などの硬玉と比べて柔らかめの石です。

 

古くは殷代の頃から、中原に運ばれてきていたのが確認できます。

シルクロードよりも以前に、西域と中国をつなぐ玉の道があったと

いうことになります。

 

色彩によって、白玉、黄玉、赤玉、碧玉、玄玉(黒)と呼びます。

 

現代では、ほとんどよい玉は彫りつくされた感がありますが、

それでも数年に一度、巨大で質のいい玉が産出されて、すさまじい高値で

取引されたりしています。

 

 

 

■古代中国においての玉

 

玉器は、王や貴族の権威を示すために使われました。

玉は、徳を守り、幸運をもたらすお守りのようなものでした。

 

また、古代中国では、人は死んでも魂が宙をさまよっている状態であり、

肉体が腐らなければいつでも戻って来られると考えられていました。

遺体の目や鼻といったあらゆる穴に玉を詰めておけば、体が腐らないと

考えられたようで、貴族たちは埋葬にたくさんの玉を使いました。

これを「葬玉」といいます。

 

特に王族などは、玉片を編んで作った「玉衣」を纏ったりもしました。

董卓は洛陽で、歴代の王墓を暴いて財宝を盗んだとされていますが、

きっと、こういうものをたくさん盗んだということでしょう。




この記事を書いた人:東方明珠

PPP_toboketahyoujyounokirin500

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

yoriburin

HN:

よりぶりん

自己紹介:

イラスト担当のよりぶりんです!大好きな三国志を壊さないように、ゆるく描けたかな?と思います。

『はじめての三国志』と言えば、このイラスト!と思って頂けるようにゆるく頑張ります!

好きな歴史人物:

呂布、前田 慶次
何か一言:

やっぱり劉備軍が描きやすいけど、馬騰一族も捨てがたいなぁ~

 

関連記事

  1. 読書する劉備 【痛恨の極み】吉川英治さん、どうしてあの三国志の迷シーンを復活さ…
  2. 曹操を好きになってはいけない6つの理由
  3. 中国古典によく出てくる「鼎」って何?
  4. 賈詡のせいで董卓死後、中華が戦乱に陥った!?
  5. 三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの…
  6. 逃げる劉備追う曹操 曹操の迅速な機動力VS劉備の逃げ足の速さ
  7. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編
  8. 夏侯惇 夏候惇の父親としての評価はどうだったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操は関羽をGET
  2. 劉備孔明と出会う?
  3. 馬超 許褚
  4. 劉邦はヤンキー
  5. カール・マルクス

おすすめ記事

  1. 【無残な最期を遂げた鄒氏】残酷な死を迎えた三国志の美女
  2. キングダム最新565話「前線にて」ネタバレ&レビュー
  3. 歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い 子供 桃園
  4. 本多忠勝の身長はどれくらい?愛用の蜻蛉切や黒糸威胴丸具足から身長推測 張飛と本多忠勝
  5. 本格三国志小説『三国夢幻演義 龍の少年 第3話』7/29(日)配信決定!
  6. カルロス・ゴーンとはどんな人?日産を立て直した改革者の功罪

三國志雑学

  1. 孫策、陸遜、顧邵、他
  2. 夏侯惇
  3. 泣く子も張遼
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔子と儒教

おすすめ記事

正史三国志・蜀書で見る蜀で忠誠度の高い武将ランキングを発表! 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第3部 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2 張羨(ちょうせん)とはどんな人?天下分け目の荊州合戦、劉表と争った南郡の支配者 韓非が作った故事成語「矛盾と守株」の真の意味とは? 華雄と呂布 これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう) 黒田官兵衛 信長ジェラる?高松城水攻めからの甲州征伐の流れが完璧すぎる はじめての三国志編集長 kawauso 「見てる媒体」から「見たい媒体」へ脱皮宣言!はじ三公孫瓚特集

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP