朝まで三国志軍師
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

玉(ぎょく)が大好きな中国人

この記事の所要時間: 127




玉璽 三国志

孫堅が見つけた伝国の玉璽は、政権の正統性を象徴する至高の

アイテムでした。

 

現代の中国でも、観光地の露店では、玉に名前を彫って即席で印鑑を

作ってくれるサービスがたくさんあります。

けれど、書道家の方など、一部の方を除いて、日本ではあまりなじみが

ない文化かもしれません。




玉(ぎょく)が大好きな中国人

 

私見ですが、中国は玉(ぎょく)好きな方が多いのではないかと思います。

若い女の子でさえも、玉の腕輪をつけたり(これがまたすごく重いのです)、

玉のネックレスやストラップをつけたりするのを好む方が多いです。

日本であれば、貴金属やジュエリーの飾りをつけるような感じです。

 

少し中国における玉について、考えてみたいと思います。




■玉とは

軟玉

(photo by wikipedia ネフライト

 

タリム盆地のホータンで採れる軟玉を指すことが多いです。

角閃石の一種で、硬度は5~6です。

ダイヤモンドなどの宝石や、翡翠などの硬玉と比べて柔らかめの石です。

 

古くは殷代の頃から、中原に運ばれてきていたのが確認できます。

シルクロードよりも以前に、西域と中国をつなぐ玉の道があったと

いうことになります。

 

色彩によって、白玉、黄玉、赤玉、碧玉、玄玉(黒)と呼びます。

 

現代では、ほとんどよい玉は彫りつくされた感がありますが、

それでも数年に一度、巨大で質のいい玉が産出されて、すさまじい高値で

取引されたりしています。

 

 

 

■古代中国においての玉

 

玉器は、王や貴族の権威を示すために使われました。

玉は、徳を守り、幸運をもたらすお守りのようなものでした。

 

また、古代中国では、人は死んでも魂が宙をさまよっている状態であり、

肉体が腐らなければいつでも戻って来られると考えられていました。

遺体の目や鼻といったあらゆる穴に玉を詰めておけば、体が腐らないと

考えられたようで、貴族たちは埋葬にたくさんの玉を使いました。

これを「葬玉」といいます。

 

特に王族などは、玉片を編んで作った「玉衣」を纏ったりもしました。

董卓は洛陽で、歴代の王墓を暴いて財宝を盗んだとされていますが、

きっと、こういうものをたくさん盗んだということでしょう。




この記事を書いた人:東方明珠

PPP_toboketahyoujyounokirin500

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

yoriburin

HN:

よりぶりん

自己紹介:

イラスト担当のよりぶりんです!大好きな三国志を壊さないように、ゆるく描けたかな?と思います。

『はじめての三国志』と言えば、このイラスト!と思って頂けるようにゆるく頑張ります!

好きな歴史人物:

呂布、前田 慶次
何か一言:

やっぱり劉備軍が描きやすいけど、馬騰一族も捨てがたいなぁ~

 

関連記事

  1. 長坂の戦いはどんな戦いだったの?史実をもとに地図を使い徹底解説!…
  2. 関羽はどうして神格化されてメジャーになったの?三国志で唯一、神に…
  3. 【三国志の新事実】マジで!?蜀の天才丞相・諸葛孔明が沢山いた!
  4. 22話:呂布と桃園3兄弟の大舞台、虎牢関の戦い
  5. 墨家(ぼっか)が滅んだ理由と創設者 墨子はどんな思想だったの?
  6. 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする
  7. 【ネオ三国志】第8話:新たな人材と張繡軍との再戦【蒼天航路】
  8. 老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 15話:神をも畏れぬ暴虐非道後漢をブッ壊した独裁者・菫卓
  2. 小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介
  4. 【2016年】年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】
  5. 『はじめての三国志』の楽しみ方~その1
  6. 麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ! 諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱世を生き抜いたの? 剣と刀ってどう違うの?【いまさら聞けない三国志の大疑問】 曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり 情報も貴重な戦力!天候は戦場の勝敗の行方を左右する天候事情 【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ! 【真・三國無双8】新キャラ周倉(しゅうそう)とはどんなキャラ?実際に存在した人? まるでルイージマンション?曹操の自宅は、お化け屋敷だった!!英雄のお屋敷を徹底紹介!

おすすめ記事

  1. 【田疇の進言】烏桓討伐戦で曹操に助言したのは郭嘉だけではなかった!
  2. 【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第2部
  4. 華歆(かきん)とはどんな人?孫呉の英雄達に仕えた文官
  5. 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり
  6. 梁習(りょうしゅう)とはどんな人?曹操も惚れた不安定な幷州を安定させた名官僚
  7. 中国の氏・姓の成り立ちをどこよりも分かりやすく解説!
  8. 日本で一番すごい武将?敵中を突破して帰国した猛将・島津義弘の武勇伝

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP