春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

玉(ぎょく)が大好きな中国人

この記事の所要時間: 127




玉璽 三国志

孫堅が見つけた伝国の玉璽は、政権の正統性を象徴する至高の

アイテムでした。

 

現代の中国でも、観光地の露店では、玉に名前を彫って即席で印鑑を

作ってくれるサービスがたくさんあります。

けれど、書道家の方など、一部の方を除いて、日本ではあまりなじみが

ない文化かもしれません。




玉(ぎょく)が大好きな中国人

 

私見ですが、中国は玉(ぎょく)好きな方が多いのではないかと思います。

若い女の子でさえも、玉の腕輪をつけたり(これがまたすごく重いのです)、

玉のネックレスやストラップをつけたりするのを好む方が多いです。

日本であれば、貴金属やジュエリーの飾りをつけるような感じです。

 

少し中国における玉について、考えてみたいと思います。




■玉とは

軟玉

(photo by wikipedia ネフライト

 

タリム盆地のホータンで採れる軟玉を指すことが多いです。

角閃石の一種で、硬度は5~6です。

ダイヤモンドなどの宝石や、翡翠などの硬玉と比べて柔らかめの石です。

 

古くは殷代の頃から、中原に運ばれてきていたのが確認できます。

シルクロードよりも以前に、西域と中国をつなぐ玉の道があったと

いうことになります。

 

色彩によって、白玉、黄玉、赤玉、碧玉、玄玉(黒)と呼びます。

 

現代では、ほとんどよい玉は彫りつくされた感がありますが、

それでも数年に一度、巨大で質のいい玉が産出されて、すさまじい高値で

取引されたりしています。

 

 

 

■古代中国においての玉

 

玉器は、王や貴族の権威を示すために使われました。

玉は、徳を守り、幸運をもたらすお守りのようなものでした。

 

また、古代中国では、人は死んでも魂が宙をさまよっている状態であり、

肉体が腐らなければいつでも戻って来られると考えられていました。

遺体の目や鼻といったあらゆる穴に玉を詰めておけば、体が腐らないと

考えられたようで、貴族たちは埋葬にたくさんの玉を使いました。

これを「葬玉」といいます。

 

特に王族などは、玉片を編んで作った「玉衣」を纏ったりもしました。

董卓は洛陽で、歴代の王墓を暴いて財宝を盗んだとされていますが、

きっと、こういうものをたくさん盗んだということでしょう。




この記事を書いた人:東方明珠

PPP_toboketahyoujyounokirin500

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

yoriburin

HN:

よりぶりん

自己紹介:

イラスト担当のよりぶりんです!大好きな三国志を壊さないように、ゆるく描けたかな?と思います。

『はじめての三国志』と言えば、このイラスト!と思って頂けるようにゆるく頑張ります!

好きな歴史人物:

呂布、前田 慶次
何か一言:

やっぱり劉備軍が描きやすいけど、馬騰一族も捨てがたいなぁ~

 

関連記事

  1. 【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓
  2. 被らないのは裸で歩くようなもの?中国人が被っていた冠は何?
  3. 強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致
  4. 文欽・毌丘倹の反乱を鎮圧することができたのは傅嘏の進言があったか…
  5. 52話:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【1/1〜1/8】…
  7. はじめての三国志 4コマ劇場 「祝融夫人の日常」
  8. 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前ま…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?
  2. 三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介しちゃいます♪
  3. ここを押さえれば大丈夫!NHK大河ドラマ『真田丸』を100倍楽しむ方法!
  4. 【はじさん運営報告】イベント・企画・アクセス数
  5. 三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」
  6. 三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断 【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった? 始皇帝・政が甘々な性格であった事が原因で秦が滅びた? 蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図った政治家 孔明の死後から三国志の統一までをザックリ紹介 【取り扱い注意!!】はじさんの中の人、kawausoがリアルに登場 三国志時代も男同士はチューしてたの?当時の恋愛事情を紹介 三国志一騎打ちの強さベスト10!一騎当千は誰だ!

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【12/19〜12/25】
  2. 【武田信勝の苦悩】偉大なる父の跡を継いだ若き当主に問題発生
  3. 【権力を巡る兄弟の確執】曹丕&曹植 VS 後白河天皇&崇徳天皇
  4. 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将
  5. 正史の張郃(ちょうこう)ってどんな人?劉備や孔明も恐れた魏の猛将
  6. 無理ゲーを打開する曹操が凄い!曹操を苦しめた歴代武将
  7. 【初めての戦国史】尼子氏再興作戦決行!!しかし・・・・
  8. 呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP