キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

この記事の所要時間: 240

 

曹操

 

今から1800年前の中国の物語、三国志三国志演義として広く知られる物語は、

実は事実を歪曲した部分も多い、実6虚4の物語という人もいる。

その中で劉備(りゅうび)孔明(こうめい)は素晴らしい人格者として描かれ、

逆に董卓(とうたく)曹操(そうそう)は横暴な極悪人として

千年以上もdisられてきた。

 

しかし、虐げられた三国志の悪役達が、1800年の時空を越えて甦る!

さあ、本日はオールナイトノンストップ、三国志の英傑達が本当のワルを明らかに

する為に朝まで大激論を繰り広げます。

 

 

本日の登場英傑9名の紹介

朝まで三国志

・ナレーション

さあ、いよいよ始まります、ノンストップ、ルール無用の暴露合戦、

朝まで三国志、まずは、善人顔した連中の仮面を暴くべく

1800年の時を越えて甦った悪役達を紹介しましょう。

 

エントリー№1、歩く産業廃棄物、昔はこれでも勇猛な将軍だったのに、

今では、ただのデブ、洛陽と長安で悪逆非道を尽くした揚句、愛人にも、

ボディーガードにも裏切られ、最後には、死体のヘソにロウソクを立てられ

三日三晩燃え続けた男、董卓仲潁(とうたく・ちゅうえい)の入城です。

 

朝まで三国志 董卓

董卓「うす! オラ董卓、黄河を油で汚したのは俺じゃねえ!!」

 

エントリー№2、その裏切り癖はもう病気のレベル、6人もの群雄を

目先の欲で裏切り、最後には、全ての群雄に見限られ、劉備と醜い罵りあいを

演じた挙句、処刑された三国志最強の軽薄男、呂布奉先(りょふ・ほうせん)

赤兎馬に跨り、堂々の入城!

朝まで三国志 呂布

呂布「ちいーす、呂布っす!ま、楽しくやりまーす」

 

エントリー№3、自称皇帝、自称はじさんのマスコット、自称袁家の御曹司、

猜疑心と嫉妬心の塊で、次々に敵を造り出したばかりか、経済音痴をさらけ出し

揚州と南陽郡の二つの裕福な都市を廃墟にし、最後は「はちみつなめたい」と

言いながら餓死した男、袁術公路(えんじゅつ・こうろ)の入城でーーーす!!

 

朝まで三国志 袁術

 

袁術「無礼な!袁家の御曹司は自称ではないわっ!!」

 

エントリー№4、三国志史上最大の悪役、正義の英雄劉備のライバルにして、

目的の為には、どんなものでも足蹴にする極悪非道な男、一方で、演義では、

赤壁敗戦後、関羽(かんう)に命乞いするなど散々な扱いを受けるちっちゃいオッサン、

曹操孟徳(そうそう・もうとく)の入城でーーーーーーす!!

朝まで三国志 曹操

 

曹操「わしは、チビではない!!(怒)」

 

 

さあ、続きまして、三国志演義では、善人、正義の人として通っている

英傑を紹介していきます。

ああっ、いけません、呂布劉備に向かって靴を投げました。

劉備も元靴売りだけあって、負けません、二人ともブレイク!ブレイク!

 

朝まで三国志 劉備 呂布

 

呂布「この大耳野郎!!巨人兵!ラピ○タ!!!」

劉備「じゃかあしい、この土地泥棒!徐州返せ!(泣)」

 

もう、手が付けられないので、劉備は最後に紹介するとして、

それ以外の方々を紹介しましょう。

 

エントリー№1、劉備の頼れる兄貴、北方の雄にして異民族で構成された

騎馬軍団、白馬義徒(はくば・ぎと)を操るイケメンダンディー、

公孫瓚伯珪(こうそん・さん・はくけい)入城!!!

朝まで三国志 公孫瓚

 

公孫瓚「フッ、そんなに褒めないでくださいよ・・」

 

エントリー№2、曹操に追われた劉備を保護した荊州の仁君。

孔明や龐統(ほうとう)、馬良(ばりょう)のような名士を集め、

荊州を一大アカデミズム都市にした功労者、

劉表景升(りゅうひょう・けいしょう)の入城でーーーす。

朝まで三国志 劉表

 

劉表「まあまあ、喧嘩は良くない、ここは穏便に話合いましょう」

 

エントリー№3、劉備に徐州を譲った好々爺、悪逆な曹操の侵略により、

寿命を縮めてしまった悲劇の徐州牧、陶謙恭祖(とうけん・きょうそ)の入城です。

 

朝まで三国志 陶謙

 

陶謙「ゴホ、ゴホ、、いやはや、乱世とは嫌なものじゃのう」

 

さて、エントリー№4、ようやく呂布と引きはがされた三国志演義前半の主人公、

貧乏な靴売りから、蜀漢の皇帝に上りつめた苦労人、生ける人間磁石、

涙のカリスマ、中山靖王(ちゅうざんせいおう)、劉勝(りゅうしょう)の末裔、

劉備玄徳(りゅうび・げんとく)の堂々の入城―――――です!!

 

朝まで三国志 劉備

劉備「うっ・・うっ・・呂布の野郎が徐州を奪わなかったら

あんな苦労もしなくて済んだのに・・」

 

 

そして、事態の収拾が付かなかった場合の助っ人として

「安心して下さい、穿いてませんよ」でブレイクを果たした禰衡(でいこう)氏を呼んでいます。

朝まで三国志

はじさんは格調高い番組なので、脱いだ瞬間にフルボッコです気を付けて下さい。

 

朝まで三国志 禰衡

 

禰衡「はーーーーい!」

 

さあ、そして、クセモノ揃いの9名を束ねるのは、この人、

はじさんの田原総一郎こと、Mr.kawausoです!!

朝まで三国志 kawauso

 

kawasuo「えー、三国志演義が誕生してから600年余り、劉備善玉、

曹操悪玉という図式は根強いものがありますが、あれは飽くまで、

フィクションの話、この辺りで正しい歴史認識というものを踏まえて、

真の三国志一のワルは誰かを決めていきたいと思います」

 

・ナレーション

 

いよいよ始まる、はじめての三国志プレゼンツ、朝まで三国志

曹操は、呂布は董卓は、どんな主張をするのか、

そのまえにCМ行きます。

 

つづく(第2部 21日(土) 22時30分配信開始)

次の記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第2部

関連記事

  1. 漫画潰す気か!原作者ブチ切れ必至のキングダムの最後をネタバレ予想…
  2. オルド将軍は実在するの?やっぱり最期は龐煖にバッサリ?
  3. 【意外な事実】公孫サンは英雄劉備が真似した人物だった!
  4. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第13部
  5. 超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード
  6. 陳寿が語る孫権像
  7. 134話:頑固な忠臣、張昭と孫権の対立がシュール
  8. 江戸期は『三国志』の二次創作が大ブームを巻き起こしていた!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超

おすすめ記事

  1. 敵役だけど、やっぱり曹魏がナンバーワン! 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  2. 実は楽進は張飛と一騎打ちをしてたってマジ!?
  3. 三国志学会公認:横浜関帝廟ツアー
  4. 【1年3ヶ月ぶり】宇治一世 氏の朗読作品「耳で聞いて覚える三国志」の再開お知らせ
  5. 郭嘉と賈詡どっちが秀でた軍師だったのか【今夜比べてみました】
  6. 【悲報】ついに夏侯惇が最弱劉備に負けてしまう!!

三國志雑学

  1. 曹丕
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

王修(おうしゅう)とはどんな人?袁譚を最後まで支え続けた忠臣に曹操もリスペクト 実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛 呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ! 蜀 武運を誇る馬超 潼関の戦いの原因と目的と経緯について簡単に解説するよ 王淩(おうりょう)とはどんな人?魏の忠臣として、司馬家の専横を許さなかった知勇兼備の将 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第3部 【お知らせ】はじめての三国志の運営スタッフの裏側 官渡の戦いで袁紹が勝っていたら三国志はどうなっていたの?

おすすめ記事

  1. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロであり陳寿も認めた忠義と信義【後編】
  2. 三國無双のイケメン武将・魏の鍾会にまつわるエピソードがすごい
  3. 【お知らせ】新企画第3弾「はじめての九品官人法」をリリースします。
  4. はじめての三国志 4コマ劇場 「祝融夫人の日常」
  5. 試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害
  6. 播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣
  7. 孟宗とはどんな人?孟宗竹(もうそうちく)の由来は呉の親孝行ものであるこの人から!
  8. 張遼の一騎打ちは本当なの?史実の一騎打ちを紹介

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP