編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

劉備と劉邦

この記事の所要時間: 220




劉邦と劉備

 

劉備と劉邦。

タイトルは「項羽と劉邦」の間違いではありません。

あえての「劉備と劉邦」です。

 

というのも、中国史を習ったばかりの頃に、混乱して仕方がなかった二人でした。

時代的にも近い上、二人とも劉姓です。

しかも名前も一文字。混乱します!(私が)

 

そこで、二人を比べてみることで、違いをはっきりさせてみようと思いました。

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 




 劉備と劉邦の違いを分かりやすく解説

劉備

 

 

劉備(161~223)

 

言わずと知れた『三国志』の主人公、劉備。字は玄徳。

涿郡涿県出身で、三国時代の蜀の初代皇帝です。

 

地方豪族の一族に生まれたものの、幼いころに父が亡くなり、

母と蓆を編んだりして貧しい暮らしをしていました。

 

黄巾の乱の際に、義勇軍募集の立札を見て旗揚げし、義兄弟の関羽・張飛とともに

手柄を立て、その後、様々な勢力と対立しながら蜀を建国します。

 

劉備は、前漢景帝の子、中山靖王劉勝の末裔を名乗っています。

つまり、劉邦の玄孫の子孫ということですね。

 

 

劉邦

 

劉邦(前256または前247~前195)

 

秦の始皇帝の死後、項羽とともに戦い、天下を手に入れた、漢王朝の初代皇帝です。

沛県出身で、字は季。末っ子という意味だそうです。

 

中流農家出身で、始皇帝の墓陵建設のときに、全員を逃がして叛徒の仲間入りをします。

その後、陳勝・呉広の乱で反乱軍に身を投じ、

項羽とともに天下を目指しますが、いつしか二人は対立していきます。

 

激戦の上、勝利したのは劉邦でした。

紀元前202年に漢の皇帝につき、その後、途中に少しの間は空きますが、

三国時代を迎えるまで、彼の建てた漢王朝は存続し続けるのです。




そのほかの劉姓

三国志 夢

 

『三国志』に登場するのは劉備。その先祖が劉邦でした。

 

しかし、『三国志』には、劉備のほかにも劉姓の人物が登場します。

しかも劉備と直接の血のつながりがあるのは、ごく少数で、

だいたいは他人か、果てしなく遠い親戚にあたります。

 

・劉表 りゅう ひょう(142~208)

字は景升。前漢景帝の子、魯恭王劉余の末裔です。系譜が劉備ととても似ています。

荊州を治め、曹操から逃れて来た劉備を受け入れ、新野城を与えました。

 

・劉琦 りゅう き(?~209)

劉表の長男。後継争いに敗れ、劉備と行動を共にしますが、まもなく病死します。

 

・劉琮 りゅう そう(?~?)

劉表の次男。劉琦の異母弟。父の跡を継ぐものの、すぐに曹操に攻められて降伏します。

 

・劉璋 りゅう しょう(?~219)

字は季玉。漢王朝の末裔ですが、劉備と直接の血のつながりはありません。

益州を治めていましたが凡庸で、劉備が攻めてくると降伏し、益州を引き渡しました。

 

・劉封 りゅう ほう(?~220)

劉備の養子。援軍をしぶったことで関羽が死に、その責任を負って自害しました。

 

・劉禅 りゅう ぜん)(207~271)

字は公嗣。劉備の息子。蜀の二代目皇帝になりました。

 

関連記事:中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話

関連記事:曹参(そうしん)ってどんな人?漢の高祖劉邦に仕え軍事にそつなく政治にも優れた功労者

関連記事:夏侯嬰(かこうえい)ってどんな人?劉邦を挙兵時代から支えた夏候惇の先祖

関連記事:劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者

 

耳で聞いて覚える三国志




よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

兵馬俑 kawauso

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

キングダム 政

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

兵馬俑

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

始皇帝

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

 

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

■好きなこと(趣味):

本屋さんをはしごすること

 

■好きな三国志の人物:

孫策と周瑜

 

■幸せを感じる瞬間

自分の書いた文章に素敵なイラストを描いてもらったとき

 

■出没場所

動物園

 

関連記事

  1. 関帝廟のご利益ってなに?神様の名前は「関聖帝君」
  2. 魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた…
  3. 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!
  4. 75話:周瑜の計略で曹操の水軍が弱体化
  5. 赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病…
  6. 72話:劉琦の恩返し、劉備江夏城へ入る
  7. 東方明珠のへなちょこ万里長城旅行記 その5
  8. 実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 何で曹操は漢中で劉備に負けたの?
  2. 三国志の時代に実際にあった計略について徹底紹介
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【10/3〜10/9】
  4. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?苦難に耐えて皇帝になる Part.2
  5. 三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた?
  6. 109話:曹丕が献帝を廃し魏を建国

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【3/6〜3/13】 読書感想文に使えるオススメ歴史小説「日本の幕末・近代史編」おまけもあるよ 【はじビアの泉】現在の漢詩は曹操が造った?文化人曹操の功積 【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱!ジミーズ二人の共通点 45話:象対蟻か?袁紹vs曹操 【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピソードも紹介! はじめての三国志 好きな武将アンケート 投票結果 桃園三兄弟の別れ 関羽の死から夷陵の戦いまでを辿る

おすすめ記事

  1. 『李傕・郭汜祭り』の電子書籍出版のお知らせ
  2. アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 Part.2 高麗の栄光の為、父を裏切れ
  3. 陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材
  4. 東方明珠って、何者?
  5. 【天下分け目の最終戦】広武山の戦いで勝ったほうが天下の覇者になる重要な戦
  6. 【英雄亡き三国志の見どころ】司馬師vs王基の壮絶な舌戦:勝利の軍配はどちらに!?
  7. 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生
  8. 毛沢東(もうたくとう)とはどんな人?中国の赤い星の生涯

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP