広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

劉備と劉邦

この記事の所要時間: 220




劉邦と劉備

 

劉備と劉邦。

タイトルは「項羽と劉邦」の間違いではありません。

あえての「劉備と劉邦」です。

 

というのも、中国史を習ったばかりの頃に、混乱して仕方がなかった二人でした。

時代的にも近い上、二人とも劉姓です。

しかも名前も一文字。混乱します!(私が)

 

そこで、二人を比べてみることで、違いをはっきりさせてみようと思いました。

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 




 劉備と劉邦の違いを分かりやすく解説

劉備

 

 

劉備(161~223)

 

言わずと知れた『三国志』の主人公、劉備。字は玄徳。

涿郡涿県出身で、三国時代の蜀の初代皇帝です。

 

地方豪族の一族に生まれたものの、幼いころに父が亡くなり、

母と蓆を編んだりして貧しい暮らしをしていました。

 

黄巾の乱の際に、義勇軍募集の立札を見て旗揚げし、義兄弟の関羽・張飛とともに

手柄を立て、その後、様々な勢力と対立しながら蜀を建国します。

 

劉備は、前漢景帝の子、中山靖王劉勝の末裔を名乗っています。

つまり、劉邦の玄孫の子孫ということですね。

 

 

劉邦

 

劉邦(前256または前247~前195)

 

秦の始皇帝の死後、項羽とともに戦い、天下を手に入れた、漢王朝の初代皇帝です。

沛県出身で、字は季。末っ子という意味だそうです。

 

中流農家出身で、始皇帝の墓陵建設のときに、全員を逃がして叛徒の仲間入りをします。

その後、陳勝・呉広の乱で反乱軍に身を投じ、

項羽とともに天下を目指しますが、いつしか二人は対立していきます。

 

激戦の上、勝利したのは劉邦でした。

紀元前202年に漢の皇帝につき、その後、途中に少しの間は空きますが、

三国時代を迎えるまで、彼の建てた漢王朝は存続し続けるのです。




そのほかの劉姓

三国志 夢

 

『三国志』に登場するのは劉備。その先祖が劉邦でした。

 

しかし、『三国志』には、劉備のほかにも劉姓の人物が登場します。

しかも劉備と直接の血のつながりがあるのは、ごく少数で、

だいたいは他人か、果てしなく遠い親戚にあたります。

 

・劉表 りゅう ひょう(142~208)

字は景升。前漢景帝の子、魯恭王劉余の末裔です。系譜が劉備ととても似ています。

荊州を治め、曹操から逃れて来た劉備を受け入れ、新野城を与えました。

 

・劉琦 りゅう き(?~209)

劉表の長男。後継争いに敗れ、劉備と行動を共にしますが、まもなく病死します。

 

・劉琮 りゅう そう(?~?)

劉表の次男。劉琦の異母弟。父の跡を継ぐものの、すぐに曹操に攻められて降伏します。

 

・劉璋 りゅう しょう(?~219)

字は季玉。漢王朝の末裔ですが、劉備と直接の血のつながりはありません。

益州を治めていましたが凡庸で、劉備が攻めてくると降伏し、益州を引き渡しました。

 

・劉封 りゅう ほう(?~220)

劉備の養子。援軍をしぶったことで関羽が死に、その責任を負って自害しました。

 

・劉禅 りゅう ぜん)(207~271)

字は公嗣。劉備の息子。蜀の二代目皇帝になりました。

 

関連記事:中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話

関連記事:曹参(そうしん)ってどんな人?漢の高祖劉邦に仕え軍事にそつなく政治にも優れた功労者

関連記事:夏侯嬰(かこうえい)ってどんな人?劉邦を挙兵時代から支えた夏候惇の先祖

関連記事:劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者

 

耳で聞いて覚える三国志




よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

兵馬俑 kawauso

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

キングダム 政

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

兵馬俑

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

始皇帝

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

 

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

■好きなこと(趣味):

本屋さんをはしごすること

 

■好きな三国志の人物:

孫策と周瑜

 

■幸せを感じる瞬間

自分の書いた文章に素敵なイラストを描いてもらったとき

 

■出没場所

動物園

 

関連記事

  1. 【誤解しないで!】男同士のひざまくらが三国志の時代に大流行!その…
  2. 【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後に蒙恬(もうてん)一族…
  3. 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第2回】
  4. なんじゃこりゃ?とツッコみたくなる三国志時代の職業別ユニフォーム…
  5. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.3
  6. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4
  7. 【保存版】三国志に登場する兄弟をドーンと紹介!!【三國志兄弟物語…
  8. なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?
  2. 三国志の時代に象兵はいたの?
  3. 廖化(りょうか)ってどんな人?蜀漢成立~滅亡まで戦い続けた蜀の将軍
  4. え!そんな理由なの?丁儀は曹丕に馬鹿にされたから曹植を応援した?
  5. 黒田官兵衛は本当に息子の活躍を苦々しく思っていたの?
  6. 春秋戦国時代初期の名軍師・范蠡の名言:狡兎死して走狗煮らる

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

徳川家が豊臣を滅ぼすきっかけとなったのはどんな理由だったの? 【シミルボン】三国志を産みだしたのは魯粛だった!クレイジーと言われた豪傑の人生 張悌(ちょうてい)とはどんな人?呉の滅亡に殉じ、壮烈な死を果たす最後の宰相 始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの? 左慈(さじ)の秒速デリバリー!三国志も鮮度が命 対蜀戦を任される前の曹真はどんな活躍していたの? 三国志の結婚事情、不公平?女は早く嫁がないと罰金があった 【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!!

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【4/17〜4/24】
  2. 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする
  3. 呉起(ごき)とはどんな人?各国を渡り鳥のように移った天才兵法家
  4. 【シミルボン】人間の発想怖過ぎる!血も凍る三国志時代の処刑方法
  5. 【祝】 山崎賢人主演で漫画「キングダム」実写化!キャスティングを大胆予想
  6. 【キングダム羌瘣】超絶かわいい暗殺者の新たな夢ってなに?羌瘣の魅力に迫る!
  7. 衝撃の新事実・・・諸葛孔明は実は二人いた!?
  8. 戦国四君 元祖男気ジャンケン、魏の信陵君

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP