キングダム
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

はじめての三国志 4コマ劇場 その1

この記事の所要時間: 021




はじめての三国志4コマ劇場1-1




おとぼけ補足:

スタッフおとぼけ

やぁ、全国の三国志ファンの兄弟たちよ。

「はじめての三国志」運営者代表のおとぼけだ。

今回の4コマは曹操くんと許褚くんの関係を表した4コマ漫画だ。

ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ、おとぼけによるちょっぴり補足を付けたいと思う。

 

当サイトでは許褚くんは完全な癒やしゆるキャラ扱いですが、実際の三国志演義では、

徐州をめぐる劉備軍との戦いではあの関羽さん・張飛さんと戦い、ひけとらなかった魏の武将です。

更に渭水の戦い(いすいのたたかい)では、あの馬超さんとの一騎打ちで互いの槍が折れても

殴り合いの執念をみせ馬超さんを大変驚かせました。

そして天命を受け覇道を歩んだ魏の曹操くん。

人材と状況を巧みに動かして進言には耳を貸すが、戦略を決めるのは己自身。

カリスマ性に溢れる曹操くんと許褚くんの今後の4コマに期待しましょ!




この4コマ漫画を書いた人:よりぶりん

yoriburin

HN:

よりぶりん

自己紹介:

イラスト担当のよりぶりんです!大好きな三国志を壊さないように、ゆるく描けたかな?と思います。

『はじめての三国志』と言えば、このイラスト!と思って頂けるようにゆるく頑張ります!

好きな歴史人物:

呂布、前田 慶次
何か一言:

やっぱり劉備軍が描きやすいけど、馬騰一族も捨てがたいなぁ~




関連記事

  1. 王昶(おうちょう)ってどんな人?治世に優れた優秀な政治家で、軍事…
  2. 華麗なる中華世界を彩る三国志の武器
  3. 若かりし曹操は熱血漢
  4. 73話:孔明、大論陣を張り呉の降伏派を叩き潰す
  5. 周瑜はどうやって時代を超越した軍師・魯粛を手に入れたの?
  6. 曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは?
  7. 魏の夏侯惇・許褚・龐徳の息子達は優秀だった?気になる将軍たちの息…
  8. 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【10/23〜10/29】
  2. 44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介
  3. 楊戯(ようぎ)とはどんな人?季漢輔臣賛を記して蜀の臣下を褒め称えた政治家
  4. 蜀軍キラーとして名を挙げることになった陳泰の戦いに痺れる!
  5. なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの?
  6. 孫呉のラストエンペラー・孫皓を支えた陸抗と陸凱の逸話

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

秦国六大将軍、胡傷(こしょう)は王翦の師匠だった!? 三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの? 桓範(かんはん)とはどんな人?同郷の後輩曹爽の危機を救う為、逆転の策を献じた謀臣 【衝撃の事実】孫策の○○で孫呉が滅びる原因となった! はじさんが孫権を丸裸に!素顔は?身長は?孫権を徹底追及! 廬毓(ろいく)とはどんな人?曹氏三代に仕えた公平な人物 呉の初代丞相・孫卲(そんしょう)は「正史三国志」に記されていないのは何で? はにゃ?これ名詩なの?三国時代の詩が難解すぎる件

おすすめ記事

  1. 李意其(りいき)とはどんな人?「劉備は夷陵の戦いに敗れて亡くなる」と予言していた仙人
  2. 月刊はじめての三国志2017年12月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました
  3. 華麗なる中華世界を彩る三国志の武器
  4. 【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介
  5. 知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこっそり教えちゃいます!
  6. 劉備が皇帝になったのは皇族だった事が大きな理由?
  7. 対蜀戦を任される前の曹真はどんな活躍していたの?
  8. 関羽千里行って有名だけど何なの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP