広告募集
李傕祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

9話:張角が太平道信者を増やした方法

この記事の所要時間: 212




張角 ゆるキャラ 黄巾賊 三国志

 

西暦184年、張角(ちょうかく)が率いる太平道は、黄巾党を興して、

打倒漢王朝に立ちあがります。

 

「蒼天已死 黄天當立 歳在甲子 天下大吉」

 

これは、武装蜂起した黄巾党のスローガンで、意味は以下の通りです。

 

前回記事:社会不安を利用し急速に拡大した太平道、当時の人が宗教に頼った理由とは?




このスローガンはどういう意味だい?

暴れる黄巾党008

「漢の命脈は尽きた、これからは黄巾の世の中だ、

時は甲子(西暦184年)の年、これにて天下は太平になる。」

 

中々の名キャッチコピーを元に張角は、36万人という信者を率いて、

漢王朝に攻撃を仕掛けるのです。




張角はどのようにして信者を獲得したのか?

黄巾賊 獲得 広める

 

しかし、張角はどのようにして36万人もの信者を獲得したのでしょうか?

 

当初の張角は、太平清領書という道教の教義を元に往来に立って

理想の世界を説法していました。

 

ですが、当然、聴く耳を持つ人はいません。

誰でもそうですが、宗教というものに対する最初の反応とはこういうものです。

 

そこで、張角は太平清領書に書いてある病気の治し方に着目します。

当時は医者に診てもらえるのは金持ちだけで庶民には縁遠い存在でした。

 

にわか医師になりきった張角

にわか医師 張角

 

張角は、にわか医師になり病気に苦しんでいる人々を訪ね歩き、

護符や、お札を焼いて水に溶いて飲ませ、九節の杖を使って呪文を唱えました。

 

これは張角ばかりでなく、聖書や仏典にもある聖人が病を治すという奇跡です。

 

張角の呪術は失敗する事もありましたが、張角は巧妙にも、

その言い訳も用意していました。

 

「私の力は、太平道を信じるものにしか効かない、不幸にも、死んだ者は、

信心というものが足りなかったのだ、、」

 

これならば、死んでしまった患者は信心が足りないせいで、張角が悪いのではない

という理屈が成り立ちます。

 

広がる張角が起こした奇跡

張角歴史の表舞台に登場(マジックショウ)

 

この病を治すという奇跡は、あっという間に周辺の村に広がりました。

呪術で病を癒せる=聖人という括りは、宗教の創始者にカリスマ性を

与えるのに必要不可欠な要素です。

 

そして、世の中には、病気に悩んでいる人は、沢山います。

また、「病は気から」という言葉の通り、人間には

プラシーボ効果という暗示の作用があります。

 

ブラシーボ効果って何?

6ab7621e12c8e207036d84ad267e0a84_m

 

例えば、ただの小麦粉を車に酔う人に「酔い止めの薬」と偽って渡すと

自分は薬を飲んだという安心感で、車酔いの症状が出ないのです。

 

広まる奇跡、太平道を信仰する信者続出

天変地異フリー

 

張角の奇跡が広まるにつれて、太平道を強く信じる人も出てきて、

それが、張角の呪術による病気の治療の成功率を上げた可能性もあります。

 

張角は、8名の高弟を各地に派遣して、自分の奇跡を吹聴させます。

それが、ますます張角にすがる人々を増加させ、36万人という

巨大な規模にまで太平道の信者を増加させたのです。

 

太平道の真理は何?

photo credit: Rainbow Lotus via photopin (license)

photo credit: Rainbow Lotus via photopin (license)

 

太平道の真理は、無為自然という道教の教えをベースにしながら、

因果応報を説いていました。

身を慎み、正しい行いをすれば、幸福がやってくる、享楽に耽り

悪い事をすれば、禍いを避ける事は出来ないというものです。

 

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

関連記事:老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた

 

無為自然という道教の教えを守った太平道の教徒達

7e8e7bdcf772f0c9f6e0fba1b4c75397_m

 

太平道の教徒は、この教えを忠実に守り、慎ましく質素な生活を送り

信者同士でコミュニティを造って集団で生活していました。

 

張角は、このような信者を、方という単位で分けていましたが、

方は1万人、小方でも7~8000人という規模でした。

 

太平道の場合には、これが、そのまま武装集団化して黄巾賊という

存在になっていったのです。

 

関連記事

  1. 読書感想文に使える黒田レンのオススメ歴史小説「古代中国史編」
  2. 三国志時代の離婚や再婚問題はどうなっていたの?曹文叔の妻を紹介
  3. 孫呉が天下統一できる可能性が2回もあった!?黒田レンの考察
  4. どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの?
  5. 【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない…
  6. 【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデ…
  7. 【キングダム羌瘣】超絶かわいい暗殺者の新たな夢ってなに?羌瘣の魅…
  8. 韓遂の処世術が現代人にも参考になる!いつでもナンバー2!キングメ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 飛信隊はどのような構成だったの?史実をもとに強さも考察
  2. 賈逵(かき)ってどんな人?地味で目立たないが、居ないと困る魏の将軍
  3. 【はじめてのスキッパーキ】どうして?スキッパーキのしっぽ(断尾)の話【第3話】
  4. 蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?
  5. 【三国志の民話】世論に逆らうな!曹操の民心掌握術
  6. キングダムの昌平君(しょうへいくん)は、なぜ秦を裏切るの?実在した男の数奇な運命

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【シミルボン】ドキッ!全員男!三国志の時代にあった男同士のひざまくら 【戦国時代と三国時代の類似点】権力者に抵抗して戦い抜いた曹髦と織田信孝 【シミルボン】真面目そうな夏侯惇がやってしまったロックな行動の理由とは 113話:老将・黄忠死す、次々と天に還る五虎将軍 【重要なお知らせ】ストライキ決行 かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生 趙雲は何で新参者の馬超や黄忠や魏延よりも位が低いの? 99話:荊州を餌に孫権に合肥を攻めさせる劉備

おすすめ記事

  1. 【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相取る」
  2. 【呉の猛将・太史慈】相手の隙をついて包囲網を突破:意外と知らない彼の知略エピソード
  3. 韓嵩(かんすう)が気の毒すぎる!劉表に命じられて曹操の元へ偵察に行って帰ってきたら殺されそうになる
  4. 【はじさん記念】無事1周年を迎えることができました。。
  5. 【はじめての君主論】電子書籍出版のお知らせ
  6. 38話:名門に生まれた策略家 袁術の非業の最期
  7. 誘引の計にかかった関羽、ブチ切れる。
  8. 若き日の曹操の優れた危機察知能力と後漢王朝への忠義心

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP