ライセンシー募集
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

はじめての変

9話:張角が太平道信者を増やした方法

この記事の所要時間: 212




張角 ゆるキャラ 黄巾賊 三国志

 

西暦184年、張角(ちょうかく)が率いる太平道は、黄巾党を興して、

打倒漢王朝に立ちあがります。

 

「蒼天已死 黄天當立 歳在甲子 天下大吉」

 

これは、武装蜂起した黄巾党のスローガンで、意味は以下の通りです。

 

前回記事:社会不安を利用し急速に拡大した太平道、当時の人が宗教に頼った理由とは?




このスローガンはどういう意味だい?

暴れる黄巾党008

「漢の命脈は尽きた、これからは黄巾の世の中だ、

時は甲子(西暦184年)の年、これにて天下は太平になる。」

 

中々の名キャッチコピーを元に張角は、36万人という信者を率いて、

漢王朝に攻撃を仕掛けるのです。




張角はどのようにして信者を獲得したのか?

黄巾賊 獲得 広める

 

しかし、張角はどのようにして36万人もの信者を獲得したのでしょうか?

 

当初の張角は、太平清領書という道教の教義を元に往来に立って

理想の世界を説法していました。

 

ですが、当然、聴く耳を持つ人はいません。

誰でもそうですが、宗教というものに対する最初の反応とはこういうものです。

 

そこで、張角は太平清領書に書いてある病気の治し方に着目します。

当時は医者に診てもらえるのは金持ちだけで庶民には縁遠い存在でした。

 

にわか医師になりきった張角

にわか医師 張角

 

張角は、にわか医師になり病気に苦しんでいる人々を訪ね歩き、

護符や、お札を焼いて水に溶いて飲ませ、九節の杖を使って呪文を唱えました。

 

これは張角ばかりでなく、聖書や仏典にもある聖人が病を治すという奇跡です。

 

張角の呪術は失敗する事もありましたが、張角は巧妙にも、

その言い訳も用意していました。

 

「私の力は、太平道を信じるものにしか効かない、不幸にも、死んだ者は、

信心というものが足りなかったのだ、、」

 

これならば、死んでしまった患者は信心が足りないせいで、張角が悪いのではない

という理屈が成り立ちます。

 

広がる張角が起こした奇跡

張角歴史の表舞台に登場(マジックショウ)

 

この病を治すという奇跡は、あっという間に周辺の村に広がりました。

呪術で病を癒せる=聖人という括りは、宗教の創始者にカリスマ性を

与えるのに必要不可欠な要素です。

 

そして、世の中には、病気に悩んでいる人は、沢山います。

また、「病は気から」という言葉の通り、人間には

プラシーボ効果という暗示の作用があります。

 

ブラシーボ効果って何?

6ab7621e12c8e207036d84ad267e0a84_m

 

例えば、ただの小麦粉を車に酔う人に「酔い止めの薬」と偽って渡すと

自分は薬を飲んだという安心感で、車酔いの症状が出ないのです。

 

広まる奇跡、太平道を信仰する信者続出

天変地異フリー

 

張角の奇跡が広まるにつれて、太平道を強く信じる人も出てきて、

それが、張角の呪術による病気の治療の成功率を上げた可能性もあります。

 

張角は、8名の高弟を各地に派遣して、自分の奇跡を吹聴させます。

それが、ますます張角にすがる人々を増加させ、36万人という

巨大な規模にまで太平道の信者を増加させたのです。

 

太平道の真理は何?

photo credit: Rainbow Lotus via photopin (license)

photo credit: Rainbow Lotus via photopin (license)

 

太平道の真理は、無為自然という道教の教えをベースにしながら、

因果応報を説いていました。

身を慎み、正しい行いをすれば、幸福がやってくる、享楽に耽り

悪い事をすれば、禍いを避ける事は出来ないというものです。

 

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

関連記事:老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた

 

無為自然という道教の教えを守った太平道の教徒達

7e8e7bdcf772f0c9f6e0fba1b4c75397_m

 

太平道の教徒は、この教えを忠実に守り、慎ましく質素な生活を送り

信者同士でコミュニティを造って集団で生活していました。

 

張角は、このような信者を、方という単位で分けていましたが、

方は1万人、小方でも7~8000人という規模でした。

 

太平道の場合には、これが、そのまま武装集団化して黄巾賊という

存在になっていったのです。

 

関連記事

  1. そういえば曹操の墓が見つかったけど本物なの?
  2. 世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る
  3. 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス
  4. 陳平(ちんぺい)とはどんな人?詐欺師か、天才軍師か?謀略の達人
  5. 思ったよりエロい?…三国志時代の女性の下着
  6. 老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった
  7. 甘寧の子孫はその後どうなったの?呂蒙の地位にも劣らぬ大出世した子…
  8. 夏候夫人|張飛の妻は、夏候淵の姪だった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!
  2. 【目からウロコ】魏武註孫子は○○○として編纂された
  3. それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選
  4. 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた
  5. 項羽に勝ったのはこれだ!項羽に勝つことができた劉邦自らの自己評価とは?
  6. 孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の出世をした漢に迫る!

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの? 始皇帝の法治国家を助けた韓非と李斯って何でいがみ合ったの? 戦う思想家集団 墨家(ぼくか)とは何者? 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第3部 呉のマスオさん朱然、養子で入って呉に尽くした小さな大都督の人生 もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた? 【匡亭の戦い】曹操が黄巾百万を降した奇跡が袁術の関東統一のチャンスを失ってしまう 東方明珠のへなちょこ万里長城旅行記 その5

おすすめ記事

  1. 【センゴク】織田信長は長年、本願寺に苦しめられた理由とは?
  2. 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由とは?
  3. 刑顒(けいぎょう)とはどんな人?三国志時代の曹植家に仕えていた執事
  4. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.1
  5. 沢山の人材を発掘した呉の孫権
  6. 裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに!
  7. 劉淵(りゅうえん)とはどんな人?劉備の子孫と称して晋を崩壊に導いた匈奴の単于
  8. 後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決まっていた

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP