三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

9話:張角が太平道信者を増やした方法




張角 ゆるキャラ 黄巾賊 三国志

 

西暦184年、張角(ちょうかく)が率いる太平道は、黄巾党を興して、

打倒漢王朝に立ちあがります。

 

「蒼天已死 黄天當立 歳在甲子 天下大吉」

 

これは、武装蜂起した黄巾党のスローガンで、意味は以下の通りです。

 

前回記事:社会不安を利用し急速に拡大した太平道、当時の人が宗教に頼った理由とは?




このスローガンはどういう意味だい?

暴れる黄巾党008

「漢の命脈は尽きた、これからは黄巾の世の中だ、

時は甲子(西暦184年)の年、これにて天下は太平になる。」

 

中々の名キャッチコピーを元に張角は、36万人という信者を率いて、

漢王朝に攻撃を仕掛けるのです。




張角はどのようにして信者を獲得したのか?

黄巾賊 獲得 広める

 

しかし、張角はどのようにして36万人もの信者を獲得したのでしょうか?

 

当初の張角は、太平清領書という道教の教義を元に往来に立って

理想の世界を説法していました。

 

ですが、当然、聴く耳を持つ人はいません。

誰でもそうですが、宗教というものに対する最初の反応とはこういうものです。

 

そこで、張角は太平清領書に書いてある病気の治し方に着目します。

当時は医者に診てもらえるのは金持ちだけで庶民には縁遠い存在でした。

 

にわか医師になりきった張角

にわか医師 張角

 

張角は、にわか医師になり病気に苦しんでいる人々を訪ね歩き、

護符や、お札を焼いて水に溶いて飲ませ、九節の杖を使って呪文を唱えました。

 

これは張角ばかりでなく、聖書や仏典にもある聖人が病を治すという奇跡です。

 

張角の呪術は失敗する事もありましたが、張角は巧妙にも、

その言い訳も用意していました。

 

「私の力は、太平道を信じるものにしか効かない、不幸にも、死んだ者は、

信心というものが足りなかったのだ、、」

 

これならば、死んでしまった患者は信心が足りないせいで、張角が悪いのではない

という理屈が成り立ちます。

 

広がる張角が起こした奇跡

張角歴史の表舞台に登場(マジックショウ)

 

この病を治すという奇跡は、あっという間に周辺の村に広がりました。

呪術で病を癒せる=聖人という括りは、宗教の創始者にカリスマ性を

与えるのに必要不可欠な要素です。

 

そして、世の中には、病気に悩んでいる人は、沢山います。

また、「病は気から」という言葉の通り、人間には

プラシーボ効果という暗示の作用があります。

 

ブラシーボ効果って何?

6ab7621e12c8e207036d84ad267e0a84_m

 

例えば、ただの小麦粉を車に酔う人に「酔い止めの薬」と偽って渡すと

自分は薬を飲んだという安心感で、車酔いの症状が出ないのです。

 

広まる奇跡、太平道を信仰する信者続出

天変地異フリー

 

張角の奇跡が広まるにつれて、太平道を強く信じる人も出てきて、

それが、張角の呪術による病気の治療の成功率を上げた可能性もあります。

 

張角は、8名の高弟を各地に派遣して、自分の奇跡を吹聴させます。

それが、ますます張角にすがる人々を増加させ、36万人という

巨大な規模にまで太平道の信者を増加させたのです。

 

太平道の真理は何?

photo credit: Rainbow Lotus via photopin (license)

photo credit: Rainbow Lotus via photopin (license)

 

太平道の真理は、無為自然という道教の教えをベースにしながら、

因果応報を説いていました。

身を慎み、正しい行いをすれば、幸福がやってくる、享楽に耽り

悪い事をすれば、禍いを避ける事は出来ないというものです。

 

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

関連記事:老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた

 

無為自然という道教の教えを守った太平道の教徒達

7e8e7bdcf772f0c9f6e0fba1b4c75397_m

 

太平道の教徒は、この教えを忠実に守り、慎ましく質素な生活を送り

信者同士でコミュニティを造って集団で生活していました。

 

張角は、このような信者を、方という単位で分けていましたが、

方は1万人、小方でも7~8000人という規模でした。

 

太平道の場合には、これが、そのまま武装集団化して黄巾賊という

存在になっていったのです。

 

関連記事

  1. これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり…
  2. 張遼ってイケメンだったの?【張遼好き必見】
  3. 徐栄(じょえい)とはどんな人?曹操と孫堅を破った董卓軍の隠れた名…
  4. 司馬師と司馬懿は晋建国の功労者 司馬師とはどんな人?クーデターを成功させた晋建国の功労者
  5. 遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは?
  6. ニッチローも真っ青!三国志の英傑はモノマネ大好きだった!
  7. 【シミルボン】これは凄い!非常に我慢強い英雄、曹操
  8. 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. キングダム583話ネタバレ予想vol2リアルな食糧倉庫の規模って?
  2. 三国志武将のダイエットグッズでこんなのがあったら嬉しい
  3. 董卓が漢王朝を支配しなかったら三国志はどうなっていたの?
  4. 明智光秀の生い立ちを辿ってみよう 明智光秀 麒麟がくる
  5. 106話:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに
  6. 鼎(かなえ)って何?玉璽の前の権力のシンボルを紹介!!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 薩長同盟が結ばれるシーン 坂本龍馬と西郷隆盛と桂小五郎

おすすめ記事

鄧艾(とうがい)ってどんな人?苦労人のド根性人生に迫る 思わずホロリ!曹丕の妻・甄氏(しんし)の人情に訴え掛ける名エピソード 許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る 【キングダム予想】龐煖久しぶりの登場はレクイエムの序章? 光武帝・劉秀を支えた雲台二十八将の上位15人とはどんな人達だったの? 三国志演義と蒼天航路で趙雲の噛ませ犬!可哀想な麴義 41話:いつかは去りゆくと知っていながら関羽を厚遇した曹操 キングダムに登場する司馬尚はどんな性格なの?【キングダムネタバレ予想】

おすすめ記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第38話「井伊を共に去りぬ」の見どころ紹介
  2. 【第四回 放置少女】伏龍参戦の新イベントと公孫瓚に挑んでくるぜ!!
  3. 賈詡は一流の政治家でもあった!?降伏の進言をして名軍師と呼ばれた天才の生涯
  4. 【教えて中国朋友!】劉備が阿斗を投げたのはどうして?
  5. 【韓信の恩返し】受けた恩はしっかりと恩で返す器の大きい韓信
  6. 君たちはどう生きるか?アホ劉禅に学ぶ聡明な生き方
  7. 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち
  8. 【西郷どん】さらば斉彬!幻の上洛計画に迫る

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP