何皇后はなぜ宦官の味方をしたのか?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

宦官 ゆるキャラ 後漢

 

黄巾の乱以前から、宦官と外戚の争いは、どちらかが優勢、片や劣性と

何度も繰り返すために、非常に混乱しやすいです。

しかし、この二勢力の間で起こったいさかいの中で、最もわけがわからないのは、

何進と何皇后の関係ではないでしょうか。

 

何進が袁紹と共に十常侍を廃そうとしたところ、何皇后はそれを止めるのです。


何皇后は外戚勢力であるはず?

後宮 美女 階級

 

劉弁の実母である何皇后は、どこからどう見ても、外戚勢力です。

国母になるためには手段を選びません。

霊帝の寵愛が深い邪魔な王美人を殺した過去もあるくらいです。

外戚勢力のナンバーワンといっても過言ではないでしょう。

 

しかし、十常侍のわいろによって、ころりと宦官の意見に耳を傾け、

兄である何進をたしなめてしまう。

普通に考えれば、おかしいです。

ここは兄と一緒になって、徹底的に宦官と劉協をつぶしておくべきところです。

 

そうとうスゴイわいろをもらって、目がくらんでしまったのでしょうか。


何皇后の立場は宦官より?

何皇后(毒蛇) 何進

 

金銭を積まれて目がくらんだのだとしたら、

何皇后はかなりおつむが残念な人です。しかしそんなわけはないと断言できます。

 

なぜなら何皇后は、肉屋の娘から皇后に上りつめた人です。

これは生半可な努力では達成できないことと言えるからです。

頭脳を駆使し、うまく人脈を使い、必死でこの地位を手に入れたに違いありません。

目先の欲望に飛びつくような人ではないのです。

 

何皇后の住む後宮という場所は、宦官の城です。

彼女が高い地位を手に入れるためには、宦官の協力が不可欠です。

宦官にわいろを贈り、皇帝と自分を取り持つ太いパイプ役となってもらうよう

働きかけ、ようやく皇帝の寵愛を得ることができるのです。

 

何皇后と宦官の間には、長い間に培われた深いつながりがあるということです。

 

つまり何皇后は、何進の妹という外戚の立場でありながらも、

もともとは宦官勢力下に含まれると言えるのではないでしょうか。

 

関連記事

  1. 犬とネズミ
  2. ジャンヌ・ダルク
  3. 羅貫中と関羽
  4. 郭嘉
  5. 孫晧(孫皓)
  6. 忘年会の特集バナー ver.3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP