架空戦記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

はじめての三国志 4コマ劇場 「長坂橋を死守する張飛くん」

この記事の所要時間: 033




長阪橋を死守する張飛




おとぼけ補足:

スタッフおとぼけ

やぁ、全国の三国志ファンの兄弟たちよ。

「はじめての三国志」運営者代表のおとぼけだ。

今回の4コマは曹操から逃れる劉備軍、長坂橋を死守する張飛の4コマ漫画だ。

ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ、おとぼけによるちょっぴり補足を付けたいと思う。
劉琮が曹操に降伏し、劉備が気付いた時には曹操軍は近くの苑にまで迫ってきていました。
そこで劉備は自分を慕ってくれている民間人と共に南に決死の逃走を開始。

劉備の元には10万ほどの人々、数千台の荷台が付き従ったため、1日の移動距離は10里あまり。
これだと曹操軍に追いつかれるのは時間の問題です。

そこで劉備は張飛に20騎ほど預け、背後を守らせました。

そして追ってくる敵兵を睨みつけて張飛は一人で長阪橋の上で仁王立ちして叫びました!
「おれは張飛益徳!死をかけて戦うぞ!」
と大声で一喝すると曹操軍は張飛の迫力に気圧されて立ちすくんだと言います。
また張飛が一人で橋を守っているため、伏兵がいるのではないかと疑い曹操軍を一時的に足止めする事に成功。

こうして劉備は劉琦のいる江夏へ逃げのびることが出来ました。




この4コマ漫画を書いた人:よりぶりん

yoriburin

HN:

よりぶりん

自己紹介:

イラスト担当のよりぶりんです!大好きな三国志を壊さないように、ゆるく描けたかな?と思います。

『はじめての三国志』と言えば、このイラスト!と思って頂けるようにゆるく頑張ります!

好きな歴史人物:

呂布、前田 慶次
何か一言:

やっぱり劉備軍が描きやすいけど、馬騰一族も捨てがたいなぁ~




関連記事

  1. 鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性
  2. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2
  3. 46話:袁紹軍の審配、石弓隊で曹操軍を撃破
  4. 遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説
  5. 8話:社会不安を利用し急速に拡大した太平道、当時の人が宗教に頼っ…
  6. 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方
  7. 諸葛孔明の影に隠れる劉備
  8. うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. よく考えてみると劉備は反董卓連合に参加していないのでは!?
  2. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第2回 三国志マニアも喜ぶ豊富なキャラ!
  3. 【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの?
  4. 軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>
  5. 宝刀・七星剣(しちせいけん)?なにそれ?おいしいの?伝家の宝刀を分かりやすく解説!
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第21話「ぬしの名は」の見どころ紹介

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎる 王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実 羊祜(ようこ)ってどんな人?皆に慕われた名将 呉の諸葛恪が目指した政治は孔明のパクリだった!? 妻子を人質に取られすぎな劉備 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【前半】 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る! 徐邈(じょばく)とはどんな人?曹操の禁酒令を破ったのに逆に出世した男

おすすめ記事

  1. 若き日の曹操の優れた危機察知能力と後漢王朝への忠義心
  2. 来敏(らいびん)とはどんな人?孔明が魏延よりも苦手だった学者
  3. 【三国時代】英雄の地位はどの位?
  4. 【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧
  5. 占領する城を増やし領土を広げる国盗りボードゲーム『三国志ダイス』の事前登録を8月22日からスタート
  6. 天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった?
  7. 貴族はみんな兄弟げんかをする!袁紹VS袁術、曹丕VS曹植,孫和VS孫覇
  8. 62話:徐庶を手に入れたい曹操、程昱の鬼畜な計略を採用し劉備から徐庶を奪うの巻

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP