はじめての三国志 4コマ劇場 「長坂橋を死守する張飛くん」




長阪橋を死守する張飛




おとぼけ補足:

スタッフおとぼけ

やぁ、全国の三国志ファンの兄弟たちよ。

「はじめての三国志」運営者代表のおとぼけだ。

今回の4コマは曹操から逃れる劉備軍、長坂橋を死守する張飛の4コマ漫画だ。

ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ、おとぼけによるちょっぴり補足を付けたいと思う。
劉琮が曹操に降伏し、劉備が気付いた時には曹操軍は近くの苑にまで迫ってきていました。
そこで劉備は自分を慕ってくれている民間人と共に南に決死の逃走を開始。

劉備の元には10万ほどの人々、数千台の荷台が付き従ったため、1日の移動距離は10里あまり。
これだと曹操軍に追いつかれるのは時間の問題です。

そこで劉備は張飛に20騎ほど預け、背後を守らせました。

そして追ってくる敵兵を睨みつけて張飛は一人で長阪橋の上で仁王立ちして叫びました!
「おれは張飛益徳!死をかけて戦うぞ!」
と大声で一喝すると曹操軍は張飛の迫力に気圧されて立ちすくんだと言います。
また張飛が一人で橋を守っているため、伏兵がいるのではないかと疑い曹操軍を一時的に足止めする事に成功。

こうして劉備は劉琦のいる江夏へ逃げのびることが出来ました。




この4コマ漫画を書いた人:よりぶりん

yoriburin

HN:

よりぶりん

自己紹介:

イラスト担当のよりぶりんです!大好きな三国志を壊さないように、ゆるく描けたかな?と思います。

『はじめての三国志』と言えば、このイラスト!と思って頂けるようにゆるく頑張ります!

好きな歴史人物:

呂布、前田 慶次
何か一言:

やっぱり劉備軍が描きやすいけど、馬騰一族も捨てがたいなぁ~




関連記事

  1. 矢を集める諸葛亮孔明

    デザイン担当:よりぶりん

    76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法

    孔明(こうめい)に次々と自分の計略を見破ら…

  2. 敵に囲まれる馬謖
  3. 周瑜 美男子

    デザイン担当:よりぶりん

    周瑜公瑾の輝かしい功績

    周瑜公瑾は(しゅうゆ・こうきん175~210)まで生きた…

  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 孫堅の妻

    デザイン担当:よりぶりん

    記録が乏しい孫堅の妻たち

    孫権の父親、孫堅(そんけん)は、物語の序盤で亡くなって…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP