春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析

この記事の所要時間: 215




三国志 武具 軍備

 

三国志演義』を始めとする三国志の物語には、さまざまな武器が登場します。

 

中でも有名なのが、関羽雲長の使う青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう)と、

その義弟、張飛翼徳(正史では益徳)の持つ蛇矛(じゃぼう)でしょう。

 

『三国志時代の軍備・軍事ってどんなのがあるの?』の記事にも取り上げられていますが、この二つの武器は正史の記録には残されていません。

それもその筈、青龍偃月刀は宋代に、蛇矛はそれより更に後の明代に成立した武器だからです。

 

関連記事:三国志時代の軍備・軍事ってどんなのがあるの?

関連記事:三国志の時代に象兵はいたの?




明代に作られた三国志演義、民衆に馴染み深い武器を使用した

羅漢中

 

羅貫中が三国志に関する民間説話をまとめ『三国志演義』を書いたのが明代であることを考えると、当時の民衆に馴染み深い武器を登場させることで、

読者にストーリー上に登場する英雄たちをより想像しやすくする狙いがあったのかもしれません。

 

関連記事:【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの?

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情

関連記事:初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方




青龍偃月刀についてもっと詳しく

関羽 神様

 

青龍偃月刀は長柄に幅広の湾曲した刃をつけた武器です。

『三国志演義』によれば、関羽の青龍偃月刀は彼が劉備玄徳と共に挙兵する際、

鍛冶屋に作らせたもので八十二斤(きん)あったとされています。

 

これは後漢末の度量衡に合わせて計算すると約18kg、『三国志演義』が成立した明代では50kg程度に相当します。

関羽の豪傑ぶりを象徴する武器であったことを考えると、

後者の重さを意味したとみるのが妥当でしょう。

 

青龍偃月刀の刃が冷気を帯びた理由

神社 龍

 

鍛冶屋がこの青龍偃月刀を鍛える際、青龍が乗り移ったとする伝承もあります。

その為、この青龍偃月刀の刃は冷気を帯びたとも言われ、

“冷艶鋸(れいえんきょ)”と号されるようになったということです。

 

なお、一般的に中国の曲刀を『青龍刀』と呼ぶことがありますが、これは間違って広まったもので、正しくは『柳葉刀』と言い、青龍偃月刀とはまったく別のものです。

 

蛇矛はヘビのように波打った刃先

セイリュウ刀と蛇矛

 

蛇矛は、その名が示すようにヘビのように波打った刃先を持つ矛のことです。

『三国志演義』の劇中では呉の武将である程普もこの蛇矛を使っていますが、

有名なのは張飛の用いた長さ『一丈八尺の蛇矛』でしょう。

 

“一丈八尺”は長さの単位で、現代の単位に置き換えると4.4メートルに相当します。

 

ヘビのような波打つ刃先にしている理由

蛇 三国志

 

特徴的なヘビを思わせる波打つ刃先は武器として、単にデザイン以上の意味を持っています。

このような形状の刃は、真っ直ぐなものに比べて傷口を広げ、より重大なダメージを相手に与えることが可能となるのです。

 

西洋・東南アジアにも蛇矛と同じような武器は存在する

640px-Dresden-Zwinger-Armoury-Sword.04

 

西洋には蛇矛と同じように波打つ刃を持つフランベルジェと呼ばれる剣が存在します。

また、インドネシアを中心とする東南アジアにもクリスという波打つ刀身を持つ短剣があります。

 

水滸伝でも青龍偃月刀、蛇矛が使われている

水滸伝

 

『三国志演義』と並んで『中国三大奇書』の一作とされる小説『水滸伝(すいこでん)』には、

関羽の子孫とされる関勝(かんしょう)という人物が登場しますが、その関勝が用いる武器もまた、青龍偃月刀とされています。

 

また、同じ作品に登場する林沖(りんちゅう)は張飛に倣い、蛇矛を使っています。

これらの武器は、時代を越えて関羽と張飛、二人の武将を象徴するステータスシンボルということができるでしょう。

 

関連記事:華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器

関連記事:華麗なる中華世界を彩る三国志の武器

関連記事:これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想?

関連記事:実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由

 

 

耳で聞いて覚える三國志




よく読まれている記事

通俗子 張飛 女性

 

関連記事:三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた

 

張飛 文武両道

 

よく読まれてる記事:張飛(ちょうひ)は本当は知将だった?

 

 

孔明過労死

 

よく読まれてる記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

 

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

 

関連記事

  1. 【ビジネス三国志】孟獲から学べ!相手の心を掴むビビッドなキャッチ…
  2. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どち…
  3. 袁術のもと、孫家を守り抜いた孫賁(そんふん)、孫輔(そんほ)兄弟…
  4. 眼球が飛び出て死亡!強烈すぎる司馬師(しばし)のエピソード【はじ…
  5. 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?
  6. 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた
  7. まるでルイージマンション?曹操の自宅は、お化け屋敷だった!!英雄…
  8. えっ?三蔵法師にも、猪八戒にも沙悟浄にも前世があった!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察
  2. 王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男 
  3. 漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!
  4. 74話:孔明に嫉妬する周瑜
  5. 【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?
  6. 荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?地味だけど的確な献策を行った軍師

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生 孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも? 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方 五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介 夏侯惇は軍人としては優秀だったの?正史三国志から夏侯惇を分析 【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース38記事【3/6〜3/12】 権力に執着した曹操が魏王になるまでに荀彧と荀攸との間に亀裂が生じる

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【3/13〜3/20】
  2. 諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変えて愛されていた!
  3. 【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王
  4. 保護中: 【保存版】はじめての三国志 登場人物・団体の一覧
  5. 【日本人と三国志の出会い】奈良時代に董卓だとdisられていた人が存在した【シミルボン】
  6. 誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念
  7. 屈原(くつげん)とはどんな人?楚のために命を尽くす有能な政治家
  8. とっても地味な孫権の息子達7名を一挙紹介

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP