架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析

この記事の所要時間: 215




三国志 武具 軍備

 

三国志演義』を始めとする三国志の物語には、さまざまな武器が登場します。

 

中でも有名なのが、関羽雲長の使う青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう)と、

その義弟、張飛翼徳(正史では益徳)の持つ蛇矛(じゃぼう)でしょう。

 

『三国志時代の軍備・軍事ってどんなのがあるの?』の記事にも取り上げられていますが、この二つの武器は正史の記録には残されていません。

それもその筈、青龍偃月刀は宋代に、蛇矛はそれより更に後の明代に成立した武器だからです。

 

関連記事:三国志時代の軍備・軍事ってどんなのがあるの?

関連記事:三国志の時代に象兵はいたの?




明代に作られた三国志演義、民衆に馴染み深い武器を使用した

羅漢中

 

羅貫中が三国志に関する民間説話をまとめ『三国志演義』を書いたのが明代であることを考えると、当時の民衆に馴染み深い武器を登場させることで、

読者にストーリー上に登場する英雄たちをより想像しやすくする狙いがあったのかもしれません。

 

関連記事:【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの?

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情

関連記事:初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方




青龍偃月刀についてもっと詳しく

関羽 神様

 

青龍偃月刀は長柄に幅広の湾曲した刃をつけた武器です。

『三国志演義』によれば、関羽の青龍偃月刀は彼が劉備玄徳と共に挙兵する際、

鍛冶屋に作らせたもので八十二斤(きん)あったとされています。

 

これは後漢末の度量衡に合わせて計算すると約18kg、『三国志演義』が成立した明代では50kg程度に相当します。

関羽の豪傑ぶりを象徴する武器であったことを考えると、

後者の重さを意味したとみるのが妥当でしょう。

 

青龍偃月刀の刃が冷気を帯びた理由

神社 龍

 

鍛冶屋がこの青龍偃月刀を鍛える際、青龍が乗り移ったとする伝承もあります。

その為、この青龍偃月刀の刃は冷気を帯びたとも言われ、

“冷艶鋸(れいえんきょ)”と号されるようになったということです。

 

なお、一般的に中国の曲刀を『青龍刀』と呼ぶことがありますが、これは間違って広まったもので、正しくは『柳葉刀』と言い、青龍偃月刀とはまったく別のものです。

 

蛇矛はヘビのように波打った刃先

セイリュウ刀と蛇矛

 

蛇矛は、その名が示すようにヘビのように波打った刃先を持つ矛のことです。

『三国志演義』の劇中では呉の武将である程普もこの蛇矛を使っていますが、

有名なのは張飛の用いた長さ『一丈八尺の蛇矛』でしょう。

 

“一丈八尺”は長さの単位で、現代の単位に置き換えると4.4メートルに相当します。

 

ヘビのような波打つ刃先にしている理由

蛇 三国志

 

特徴的なヘビを思わせる波打つ刃先は武器として、単にデザイン以上の意味を持っています。

このような形状の刃は、真っ直ぐなものに比べて傷口を広げ、より重大なダメージを相手に与えることが可能となるのです。

 

西洋・東南アジアにも蛇矛と同じような武器は存在する

640px-Dresden-Zwinger-Armoury-Sword.04

 

西洋には蛇矛と同じように波打つ刃を持つフランベルジェと呼ばれる剣が存在します。

また、インドネシアを中心とする東南アジアにもクリスという波打つ刀身を持つ短剣があります。

 

水滸伝でも青龍偃月刀、蛇矛が使われている

水滸伝

 

『三国志演義』と並んで『中国三大奇書』の一作とされる小説『水滸伝(すいこでん)』には、

関羽の子孫とされる関勝(かんしょう)という人物が登場しますが、その関勝が用いる武器もまた、青龍偃月刀とされています。

 

また、同じ作品に登場する林沖(りんちゅう)は張飛に倣い、蛇矛を使っています。

これらの武器は、時代を越えて関羽と張飛、二人の武将を象徴するステータスシンボルということができるでしょう。

 

関連記事:華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器

関連記事:華麗なる中華世界を彩る三国志の武器

関連記事:これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想?

関連記事:実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由

 

 

耳で聞いて覚える三國志




よく読まれている記事

通俗子 張飛 女性

 

関連記事:三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた

 

張飛 文武両道

 

よく読まれてる記事:張飛(ちょうひ)は本当は知将だった?

 

 

孔明過労死

 

よく読まれてる記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

 

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

 

関連記事

  1. 赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬
  2. 魏の諸葛誕が反乱に失敗した原因ってなに?
  3. 三国志地図|中国にも九州があった?州について分かりやすく解説
  4. 三国志ならともかく戦国時代は興味がないから大河ドラマを見ないあな…
  5. 宦官VS外戚の争い 第二ラウンド
  6. さよなら2015年!年忘れだよ♪三国武将の名言・珍言語録
  7. 曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?…
  8. 【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる!
  2. 【転職面接を攻略】呂布、陳琳、孔明に学ぶ面接必勝法
  3. 【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話
  4. 【5分で分かる】田中角栄とは何者なの?戦後最大の庶民宰相をザックリ紹介!
  5. 始皇帝死後、秦は滅亡せず三代目まで続いてたってホント?
  6. 安保法案ってなに?三国志で理解する安保法案【今さら聞けない】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

武田勝頼の自信を信長・家康連合軍に打ち砕かれた長篠の戦い 【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない 韓浩(かんこう)とはどんな人?曹操が常に手元に置きたがった男 【素朴な疑問】呉には何で五虎将軍や五大将軍がいないの? 82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る どうして曹操は嫌われているのか!?別に否定もしません 58話:水鏡先生曰く、劉備に足りない人物って誰の事? 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった?

おすすめ記事

  1. 【関羽の北伐】麋芳、士仁はなぜ関羽に嫌われてたの?
  2. それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選
  3. 【シミルボン】意外!あの曹丕は大の甘党、スイーツ男子だった
  4. はじめての三国志ライター kawausoの記事修正のお詫び
  5. 「はじめての三国志」のロゴが完成しました
  6. 徳川家が豊臣を滅ぼすきっかけとなったのはどんな理由だったの?
  7. 益州の牧・劉璋の配下で最強の武将は誰か?魏延や黄忠を打ち破ったあの武将
  8. 三国志の時代の数学を体験してみよう!なんと円周率はおよそ3ではなかった!?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP