よかミカンの三国志入門
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

見た目で比較してもいいですか?曹操とナポレオン

この記事の所要時間: 20




ナポレオンと曹操

 

三国志曹操(そうそう)とフランス史のナポレオンが似ているという比較

意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた)を見て、

ああなるほど!と思いました。

 

人材登用の仕方、時流を読む力、妻を政治に関わらせなかったこと、

確かにそうですね。

 

しかし、どうしても気になったことがありましたので、書かせてください。

曹操とナポレオン、どちらも偉大な人物ですが、見た目が……見た目が……

 

小男なのです!




身長160cm台の英雄・曹操

現実主義曹操

 

『正史』に曹操の身長についての記載はありません。

しかし『三国志演義』や、そのほかの後代の創作物の影響もあり、

曹操というと、身長7尺(およそ160cm)の小男というイメージがあります。

 

トップに立つものというのは、美しさや立派さといった見た目はたいへん

重要です。

しかし、曹操について、見た目が美しいとか書かれた記述はまったくないのです。

威厳がないとか小男だとか……そんなひどい!

実力ひとつでのし上がっていった男なのかもしれません。

 

また、ナポレオンも、小男だったとされます。

彼の肖像画や彫像を見ると、いかにも威厳のある大きな人という気がして

信じがたいのですが。

 

しかし実際、博物館でナポレオンの軍服を見てみると、本当に小さいです。

167cmあったという推定もうそのよう。女性もののようなタイトで小さい

軍服です。

 

おまけに、フランスの親衛隊といえば、容姿端麗で高身長のよりすぐりの

人材の集まりですから、その中でナポレオンの小柄さは目立ったことでしょう。

ナポレオンも、そんな見た目のコンプレックスなどものともせず、

実力で皇帝までのし上がりました。

 

人は見た目で判断してはなりません!

 

関連記事:曹操には弱点はないの?

関連記事:三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操

関連記事:曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法




武将たちの身長

関羽神様

 

本当なのか誇張なのかは今になってはわかりません。

しかし、三国志の武将たちには、身長が定められている人もいます。

 

有名なところでは関羽(かんう)です。

身長9尺……およそ2m10cmでした。

当時の貧困生活の中から、よくぞここまで育ったものです。

 

しかし、これはあながちウソでもないかもしれません。

関羽の愛馬、赤兎馬(せきとば)も、普通の馬よりもたいへん大きい馬でした。

 

それを乗りこなしたのならば、身長も高いと言えるでしょう。

同様に、呂布(りょふ)も、同じくらいの体格を想像してもいいかもしれません。

 

関連記事:悲しみの巨人、兀突骨(ごつとつこつ)は実在してた?

関連記事:衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?

関連記事:なんで関羽の顔は赤いの?京劇が関係している?

 

張飛と孔明は同じ身長

張飛 参上

 

次は張飛(ちょうひ)、およそ185cm。

意外なことに、諸葛孔明も同じ身長です。

張飛というと、(横に)非常に大きいイメージがあるのですが

彼と並んでしまう軍師、孔明の長身に驚きます。

 

そのほかにも、劉表、許緒、趙雲も185cm仲間です。大きいですね。

 

関連記事:あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬

関連記事:馬超と張飛の一騎打ち

関連記事:夏候夫人|張飛の妻は、夏候淵の姪だった?

 

それでは兄貴・劉備の身長は?

劉備玄徳が眩しい理由 三国志

 

関羽張飛の兄貴分である劉備(りゅうび)は、およそ172cmです。

前述の武将たちよりも少々低くはなりますが、それでも高いです。

しかし劉備の場合は、身長よりも、もっとスゴイ身体的特徴がありました。

 

手を下げると膝まで届くというのです。

それってラピュ○のロボット兵……(以下自粛)

 

関連記事:三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!

関連記事:曹操の精鋭部隊、青州黄巾軍って何?

関連記事:根拠のない夢を信じないリアリスト曹操

 

耳で聞いて覚える三國志




こちらの記事もよく読まれています

曹操 詩

 

関連記事:曹操の詩の世界を体験してみよう

 

曹操 女性の敵? 鄒氏

 

よく読まれてる記事:曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その1

 

曹操死んでもヨメを・・・

 

よく読まれてる記事:曹操が遺言で見せた女性への愛情

 

 

この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どち…
  2. 高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった!?
  3. 三国志一の策謀家、袁術の伝説
  4. 于禁と共に関羽に降伏した浩周と東里袞のその後とは?
  5. 曹昴の伝説 | 武将アンケート裏1位獲得
  6. 袁術へ強制的に仕えることになった華歆がマッハで彼に見切りをつけた…
  7. 【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった?
  8. 【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉備と豊臣秀吉はどっちがスゴイの?英雄の比較
  2. 【シミルボン】すでにキャラ立ちしている、民話の中の三国志
  3. 【数奇な人生】三国志演義には登場しない臧洪(ぞうこう)と袁術の奇妙なニアミス!
  4. 曹沖は魏の皇帝になる予定だった?曹操が愛した息子をご紹介
  5. 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その2
  6. ストーンヘンジを5分で理解!世界遺産ストーンヘンジの謎に迫る

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

マンガ『キングダム』に学ぶ、本心を隠し部下の本音を探れ 曹操の塩対応に張松ブチ切れ!曹操が冷たく扱ったのは傲慢ではなく驚くべき理由が隠されていた! 潘濬(はんしゅん)とはどんな人?劉備から孫権に主を代えるも孫権に忠義を尽くした硬骨漢 黄祖(こうそ)とはどんな人?正当防衛なのに孫家に恨まれ続けて殺された人 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介 曹嵩(そうすう)はどこの誰なのか?徐州大虐殺の切っ掛けにもなった曹操の父親 【三國志曹操伝 ONLINE プレイ攻略3】激戦・徐州攻略戦でONLINE の怖さを知ることに 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家

おすすめ記事

  1. 朱然(しゅぜん)ってどんな人?名将亡き後、呉の重鎮として孫家を支え続けた将軍
  2. 【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【3/20〜3/26】
  4. 【呉を作った男達】いぶし銀の輝きを放つ呉の英雄を紹介!
  5. 合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは?
  6. もし曹植が魏の初代皇帝になったらどうなったの?【if三国志】
  7. 高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった!?
  8. 【キングダム550話】「期限の知らせ」ネタバレ&レビュー

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP