広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

見た目で比較してもいいですか?曹操とナポレオン

この記事の所要時間: 20




ナポレオンと曹操

 

三国志曹操(そうそう)とフランス史のナポレオンが似ているという比較

意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた)を見て、

ああなるほど!と思いました。

 

人材登用の仕方、時流を読む力、妻を政治に関わらせなかったこと、

確かにそうですね。

 

しかし、どうしても気になったことがありましたので、書かせてください。

曹操とナポレオン、どちらも偉大な人物ですが、見た目が……見た目が……

 

小男なのです!




身長160cm台の英雄・曹操

現実主義曹操

 

『正史』に曹操の身長についての記載はありません。

しかし『三国志演義』や、そのほかの後代の創作物の影響もあり、

曹操というと、身長7尺(およそ160cm)の小男というイメージがあります。

 

トップに立つものというのは、美しさや立派さといった見た目はたいへん

重要です。

しかし、曹操について、見た目が美しいとか書かれた記述はまったくないのです。

威厳がないとか小男だとか……そんなひどい!

実力ひとつでのし上がっていった男なのかもしれません。

 

また、ナポレオンも、小男だったとされます。

彼の肖像画や彫像を見ると、いかにも威厳のある大きな人という気がして

信じがたいのですが。

 

しかし実際、博物館でナポレオンの軍服を見てみると、本当に小さいです。

167cmあったという推定もうそのよう。女性もののようなタイトで小さい

軍服です。

 

おまけに、フランスの親衛隊といえば、容姿端麗で高身長のよりすぐりの

人材の集まりですから、その中でナポレオンの小柄さは目立ったことでしょう。

ナポレオンも、そんな見た目のコンプレックスなどものともせず、

実力で皇帝までのし上がりました。

 

人は見た目で判断してはなりません!

 

関連記事:曹操には弱点はないの?

関連記事:三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操

関連記事:曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法




武将たちの身長

関羽神様

 

本当なのか誇張なのかは今になってはわかりません。

しかし、三国志の武将たちには、身長が定められている人もいます。

 

有名なところでは関羽(かんう)です。

身長9尺……およそ2m10cmでした。

当時の貧困生活の中から、よくぞここまで育ったものです。

 

しかし、これはあながちウソでもないかもしれません。

関羽の愛馬、赤兎馬(せきとば)も、普通の馬よりもたいへん大きい馬でした。

 

それを乗りこなしたのならば、身長も高いと言えるでしょう。

同様に、呂布(りょふ)も、同じくらいの体格を想像してもいいかもしれません。

 

関連記事:悲しみの巨人、兀突骨(ごつとつこつ)は実在してた?

関連記事:衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?

関連記事:なんで関羽の顔は赤いの?京劇が関係している?

 

張飛と孔明は同じ身長

張飛 参上

 

次は張飛(ちょうひ)、およそ185cm。

意外なことに、諸葛孔明も同じ身長です。

張飛というと、(横に)非常に大きいイメージがあるのですが

彼と並んでしまう軍師、孔明の長身に驚きます。

 

そのほかにも、劉表、許緒、趙雲も185cm仲間です。大きいですね。

 

関連記事:あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬

関連記事:馬超と張飛の一騎打ち

関連記事:夏候夫人|張飛の妻は、夏候淵の姪だった?

 

それでは兄貴・劉備の身長は?

劉備玄徳が眩しい理由 三国志

 

関羽、張飛の兄貴分である劉備(りゅうび)は、およそ172cmです。

前述の武将たちよりも少々低くはなりますが、それでも高いです。

しかし劉備の場合は、身長よりも、もっとスゴイ身体的特徴がありました。

 

手を下げると膝まで届くというのです。

それってラピュ○のロボット兵……(以下自粛)

 

関連記事:三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!

関連記事:曹操の精鋭部隊、青州黄巾軍って何?

関連記事:根拠のない夢を信じないリアリスト曹操

 

耳で聞いて覚える三國志




こちらの記事もよく読まれています

曹操 詩

 

関連記事:曹操の詩の世界を体験してみよう

 

曹操 女性の敵? 鄒氏

 

よく読まれてる記事:曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その1

 

曹操死んでもヨメを・・・

 

よく読まれてる記事:曹操が遺言で見せた女性への愛情

 

 

この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が…
  2. 三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」
  3. 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりや…
  4. なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの?
  5. 趙達(ちょうたつ)とはどんな人?サイババか!?三国志に現れた天才…
  6. 曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン
  7. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2
  8. 年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前まで遊牧民のプライドと一族を守ろうとした馬超
  2. 赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?
  3. 116話:劉備、失意の中白帝城に没す!
  4. 107話:関羽の死|桃園三兄弟の悲しい別れ
  5. 馬援(ばえん)とはどんな人?趙の三大天の一人趙奢を先祖に持ち子孫に馬超
  6. 王翦はどういう性格だったの?キングダムに学ぶつかみづらい男の処世術

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

秦の昭襄王(しょうじょうおう)って戦神と言われるほど本当に強かったの? 【武帝の欲望】あの馬が欲しい!汗血馬を手に入れる為に・・・・ 53話:体制を立てなおした劉備に曹操が襲いかかる びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望 董和(とうか)とはどんな人?孔明に認められた蜀の貴重な人材 張悌(ちょうてい)とはどんな人?呉の滅亡に殉じ、壮烈な死を果たす最後の宰相 【お知らせ】全記事一覧(アーカイブ)機能を追加しました! 【最終回 幻想少女】ここまで攻略プレイした感想を正直にお伝えします

おすすめ記事

  1. え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!
  2. 桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術
  3. 甘露寺の十字紋石|劉備の石占い
  4. 諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?|頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼす
  5. 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?
  6. もうやってられない! 三国志の時代ではどのような理由で主を変えてたの?
  7. 孔明や安倍晋三も真似た『国家百年の計』って一体誰の言葉?現在でも使える春秋戦国時代の名言
  8. 【第4回 幻想少女】凌統が外される!?強力なイケメン武将がレギュラー入り!!

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP