広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての変

三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの?

この記事の所要時間: 25

鉄 s

 

三国志では様々な武将の武器が登場します。

また鎧も鉄を多用したものが出てきた時代でした。

 

後漢時代は鉄は専売品とされてきましたが、じゃあその専売ってナニ?

という事で、鉄と専売制度のお話をしようと思います。

 

 

 

中国大陸は鉄鉱石の宝庫

万里の長城 s

 

中国はユーラシア大陸の中でも、数億年前から大陸の融合や分離が行われていない安定した地層を持つエリアで、

こうした地層には鉄鉱石が多く眠っています。

 

三国時代の頃でも華北、東北、蜀、江南湾岸地域などが産出地で、あまり高度な採掘技術がなくとも容易に得ることができました。

 

漢末期頃の製鉄技術は産業革命直前の西欧並み

製鉄技術 s

 

加えてその技術は高く、何と後漢末期頃の製鉄技術は産業革命直前の西欧並みでした。

 

これは古くから磁器の制作(1300℃近い高温を必要としました)と青銅器(銅と錫の合金で殷以前から高度な品を作っていた)の製造技術が発達しており、

高温炉と銑鉄・鋳鉄技術をいち早く取り入れたからだと言われています。

 

紀元前5世紀頃から高温炉による精度の高い鉄を造り、紀元前3世紀頃には鋼が造られ、

前漢の時点で炭素を均質に含んだ、かなり良質な鋼が造れるようになっていました。

 

 

 

前漢には鉄の専門家も存在していた

鉄 s

 

前漢には鉄を専門に扱う職人や商人が出現し大いに流通しました。

しかし前漢の武帝の頃、匈奴との戦いで疲弊した国庫の財政を立て直すため、

生活の必需品だった鉄、塩、酒を政府の管理のもとで製造・販売するシステムを整備します。

 

官営の製鉄施設が各地に造られ、価格の安定化にも努めた結果、国庫を潤す事ができました。

 

武帝の死後には規制に反対する商人・職人からの強い反発があり、

また儒教的観点からも民のものを官が横取りするみだいなのはちょっと…と反対意見が出て、

昭帝の代には『塩鉄論』の元となる大々的な討論会が行われました。

 

この結果お酒の専売は行われなくなりましたが、

鉄と塩は解かれる事がなく、前漢に比べかなり経済活動が自由だった後漢でも続きました。

 

 

後漢は鍛鉄技術が上がり武器に革命

夜 s

 

官製工房だったのが功を奏したのかな?と思える事もありました。

後漢は鍛鉄技術が飛躍的にアップした時代でもあり、これは武器に革命を起こしました。

 

それまでは鉾や戟や刀が主流で、純粋に刺突できる槍はありませんでした。

これは鉄の精度が低かったため、脆いきっさきしか作れず、戦場では役に立たなかったためです。

そのためどちらかというと「重さでたたき切る・突き刺す」ような武器が重用されました。

 

 

諸葛亮が槍を発明した?

孔明 劉備の剣とハンコ

 

しかし精度の高い鋼が作れるようになり、細身であっても十分に武器として機能する槍が登場します。

おそらく矛を扱いやすいように改良したのでしょう。

諸葛亮が槍を発明した…なんて伝説が残っているくらいですから、後漢末から晋の間の騒乱で進化した武器だったのでしょう。

 

前漢・後漢で極めた製鉄の技が、三国時代に武器として開花する…そんな時期だったのでしょうね。

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 

 

こちらの記事もよく読まれています

セイリュウ刀と蛇矛 張飛

 

よく読まれてる記事:英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析

 

三国志 武器

 

 

よく読まれてる記事:華麗なる中華世界を彩る三国志の武器

 

趙雲 三尖刀

 

 

よく読まれてる記事:華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器

 

 

この記事を書いた人:栂みつは

みつは様

HN:

栂みつは

自己紹介:

初めましてこんにちは。栂(つが)みつはと申します。
10代の頃から三国志にハマり、小説や演義では飽き足らず正史を購入。列伝を読みふけってはニヨニヨする残念な青春を送っておりました。

関連記事

  1. よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統
  2. 【姜維の北伐】実は「絹の道」シルクロードを奪って西域との貿易を考…
  3. 【ネオ三国志】第8話:新たな人材と張繡軍との再戦【蒼天航路】
  4. ホリエモンが舛添都知事を庇った理由と晏嬰で考える政治家倫理
  5. 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【3/6〜3/13…
  7. 【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【前…
  8. 初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十六話「綿毛の案」の見どころ紹介
  3. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期
  4. KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウの意外な側面6連発
  5. 子産(しさん)とはどんな人?超弱国を強国にした春秋時代の名宰相
  6. 中国四大美女のひとり貂蝉

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【戦国四君物語】史記から見てみた魏の信陵君ってどんな人? 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり 56話:水鏡先生との出会い。劉備に足りない人材って誰の事? 66話:曹操、孔明の実力を確認すべく劉備討伐の兵を挙げる 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【3/27〜4/3】 美濃大返し炸裂!織田家の覇権をかけた柴田勝家(アゴ)と羽柴秀吉(サル)の戦い 豊臣秀吉による惣無事令って何?わかりやすく解説 曹操の機転。濮陽の戦いと定陶の戦い

おすすめ記事

  1. 呉の家臣団の組織関係が孫策時代と孫権時代が全く違い面白い
  2. 【シミルボン】意外!あの曹丕は大の甘党、スイーツ男子だった
  3. 韓宣(かんせん)とはどんな人?曹植が口喧嘩して勝つことのできなかった人物
  4. 呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選
  5. 董卓は何で李儒や賈詡がいたのに賈詡を重用しなかったの?
  6. 蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?
  7. 出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具
  8. 口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP