はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの?

この記事の所要時間: 229




太史慈

 

三国志では様々な武将の武器が登場します。

また鎧も鉄を多用したものが出てきた時代でした。

 

後漢時代は鉄は専売品とされてきましたが、じゃあその専売ってナニ?

という事で、鉄と専売制度のお話をしようと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:いい部屋ネットが必要?三国志時代の家事情

関連記事:曹操も思わずツイート!三国志の時代に造られた精巧な地図

 

 

中国大陸は鉄鉱石の宝庫

 

中国はユーラシア大陸の中でも、

数億年前から大陸の融合や分離が行われていない安定した地層を持つエリアで、

こうした地層には鉄鉱石が多く眠っています。

 

三国時代の頃でも華北、東北、蜀、江南湾岸地域などが産出地で、

あまり高度な採掘技術がなくとも容易に得ることができました。

 

 

漢末期頃の製鉄技術は産業革命直前の西欧並み

漢末期頃の製鉄技術は産業革命直前の西欧並み

 

加えてその技術は高く、何と後漢末期頃の製鉄技術は産業革命直前の西欧並みでした。

 

これは古くから磁器の制作(1300℃近い高温を必要としました)と

青銅器(銅と錫の合金で殷以前から高度な品を作っていた)の製造技術が発達しており、

高温炉と銑鉄・鋳鉄技術をいち早く取り入れたからだと言われています。

 

紀元前5世紀頃から高温炉による精度の高い鉄を造り、紀元前3世紀頃には鋼が造られ、

前漢の時点で炭素を均質に含んだ、かなり良質な鋼が造れるようになっていました。

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 

前漢には鉄の専門家も存在していた

 

前漢には鉄を専門に扱う職人や商人が出現し大いに流通しました。

しかし前漢の武帝の頃、匈奴との戦いで疲弊した国庫の財政を立て直すため、

生活の必需品だった鉄、塩、酒を政府の管理のもとで製造・販売するシステムを整備します。

 

官営の製鉄施設が各地に造られ、価格の安定化にも努めた結果、国庫を潤す事ができました。

 

武帝の死後には規制に反対する商人・職人からの強い反発があり、

また儒教的観点からも民のものを官が横取りするみだいなのはちょっと…と反対意見が出て、

昭帝の代には『塩鉄論』の元となる大々的な討論会が行われました。

 

この結果お酒の専売は行われなくなりましたが、

鉄と塩は解かれる事がなく、前漢に比べかなり経済活動が自由だった後漢でも続きました。

 

 

後漢は鍛鉄技術が上がり武器に革命

後漢は鍛鉄技術が上がり武器に革命

 

官製工房だったのが功を奏したのかな?と思える事もありました。

後漢は鍛鉄技術が飛躍的にアップした時代でもあり、これは武器に革命を起こしました。

 

それまでは鉾や戟や刀が主流で、純粋に刺突できる槍はありませんでした。

これは鉄の精度が低かったため、脆いきっさきしか作れず、戦場では役に立たなかったためです。

そのためどちらかというと「重さでたたき切る・突き刺す」ような武器が重用されました。

 

 

諸葛亮が槍を発明した?

孔明 劉備の剣とハンコ

 

しかし精度の高い鋼が作れるようになり、細身であっても十分に武器として機能する槍が登場します。

おそらく矛を扱いやすいように改良したのでしょう。

諸葛亮が槍を発明した…なんて伝説が残っているくらいですから、

後漢末から晋の間の騒乱で進化した武器だったのでしょう。

 

前漢・後漢で極めた製鉄の技が、三国時代に武器として開花する…

そんな時期だったのでしょうね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の将軍たちは家族サービスできていたの?三国時代の軍生活

関連記事: 三国志時代の便利すぎる水時計と元祖ブタの貯金箱を紹介!実は知られていない三国時代のイイモノ

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  

 

 




関連記事

  1. 三国志の時代のお祭りは、どんな様子だったの?
  2. 赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い
  3. 三国志にも麻薬常用者はいた?魏の何晏は中毒患者?
  4. 【徹底調査】諸葛恪の欠点とは一体何!?
  5. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期
  6. なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活
  7. 王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男 
  8. 【諸葛亮の北伐】精鋭部隊をミエル化

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 介子推(かいしすい)とはどんな人?晋の重耳に自らの身を犠牲にして忠誠を尽くす
  2. 坂本龍馬の虚実入り混じった名言、そこまで言ってええんかい!
  3. 日中対決!後漢をぶっ壊した董卓と貴族政治を破壊した源義仲
  4. 【意外】日本人のほうが三国志を原文で読めるって知ってた?
  5. 天に頭はあるの?プライド賭けたトンチ合戦の勝敗は
  6. 井伊直弼の墓がある豪徳寺は猫萌えのお寺だった?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

金ケ崎の退却戦ってなに?秀吉の名前が一躍知れ渡ることになる退却戦 36話:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布 94話:成都を陥落させ李厳を得る劉備軍 井伊直弼の墓がある豪徳寺は猫萌えのお寺だった? 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1 劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上 【曹操が慕った偉大な王様】天下の三分の二を所有するも王へ登らなかった周の文王ってどんな人? ゴールデンカムイネタバレ予想 125話『実りの季節』

おすすめ記事

  1. 周瑜は絶対音感を持つミュージシャンだった!?
  2. 蜀に入れば生き返る!?桃源郷とよみがえりの話
  3. 三国時代の経済ってどうなってたの?
  4. 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【後半】
  5. 春秋戦国時代初期の名軍師・范蠡の名言:狡兎死して走狗煮らる
  6. 【リアルチート】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?優れた政策と逸話 Part.3
  7. 銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだったの?
  8. 教える事は特権?後漢時代の塾の先生は威張っていた!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP