よかミカンの三国志入門
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

はじめての変

【第2話】戦え!于禁文則ん「李典曼成」

この記事の所要時間: 215




戦え于禁㈪01 李典

 

漢帝国のなかで、この兗州は東に位置する。

黄河を挟んで北には冀州、東には青州と徐州、南には豫州、

そして西には都の長安や遷都前の都だった洛陽のある司隷が隣接していた。

于禁文則が食客として世話になっている李家は、兗州のなかでも南に位置する済陰郡の乗氏県という場所の豪族であった。

食客を何千と抱えている。

 

前回記事:【第1話】戦え!于禁文則ん「鮑信との出会い」




戦え于禁㈪02 董卓

 

漢帝国の帝は幼く、相国から太師となって政治を独占する董卓の傀儡と化していた。

地方には名士と呼ばれる若く志の高い者たちが、董卓(とうたく)の命令で太守や刺史として就任していたが、国は乱れている。

賊徒の数は益々増えるが、それを討伐する力を持っている者は少ない。

地方の豪族は自らの命を自らで守るべく募兵し、武装した。

軍閥の誕生である。

 

今、この兗州は東の青州を発端に爆発的に広がりを見せている黄巾賊の残党に攻め込まれていた。

残党と云っても百万を超える大軍である。

兗州を束ねる州刺史の劉岱が急ぎ兵を整えた。

とはいっても刺史には軍権はない。

軍権を持っている太守や軍閥の力を借りなければ兵は集まらない。

すぐに駆け付けたのは済北国の国相である鮑信である。兵は二万。

そして東郡の太守である曹操も兵を挙げた。

曹操は黒山賊を討ち滅ぼし、捕虜を兵として吸収しており三万を率いて州都を目指した。

他にも黄巾賊から領土を守ろうと集結してきた兵数は合計二十万。

その中には、乗氏県の豪族・李家の当主、李乾の姿もあった。

鮑信と李乾は若い頃から朋友の交わりを結んでいる。

ふたりは兗州の州都で出会うと固く手を握り友情を確かめ合った。

 

「これは鮑師匠。お久しぶりでございます。ご壮健でなによりです」

于禁文則がそう云って師匠である鮑信のもとに挨拶にきた。

 

李典

 

于禁文則の隣にはその手を引くようにしてここまで連れてきた李乾の親族、李典(りてん)の姿があった。

李典は李乾の姪で、男の姿をして帯剣しているが、実は女であった。

理由があって男装しており、武芸も達者で、食客たちのなかで李典の正体を知っているものは少ない。

「ほう。文則か。懐かしいな。息災か」

「は、はい。一応、息災にございます」

歯切れの悪い返答をしながら于禁文則は頷く。相手の目を見て話ができないのは昔からの癖だ。

 

鮑信と于禁

 

それを見て鮑信は苦笑したが、武芸の腕前はよく知っているので、何も云わなかった。

李典に連れられてまた戻っていく。

大方、李典に挨拶に行くよう促されたのであろう。

 

戦え于禁㈰05

 

于禁文則は極度の人見知りで、自分から他人に声をかけるなど滅多にない。

他人と話をするのが苦手なために山に籠っていることが多い。

その姿を探し出すのも一苦労で、いつの間にかそれが李典の仕事にもなっていた。

 

李典

 

李典、字は曼成。兗州山陽郡鉅野県で熹平四年の生まれである。歳は18歳であった。

ちなみに三国志の英雄、孫策周瑜と同じ年に生まれている。

于禁文則よりも歳は3つほど下であった。

 

于禁と李典

 

于禁文則が黒色の甲冑を好んで身に着けるのに対して、対称的に李典は白色の軽装姿である。

剣を振るい戦うことよりも晴耕雨読の生活を好んでいるのだが、周囲の環境はそれを許さなかった。

実の父母は黄巾の賊徒に殺されている。そこで母方の伯父である李乾のもとに世話になっている。

これでも李典は分家の李家の当主なのだ。

 

于禁と李典

 

 

当主は男しか継げないため、やむなく男装をしていた。

 

本家の当主である李乾のもとにふたりが向かう。

そこには李乾の嫡男である李整の姿もあった。

父に負けず劣らずの猛者ぶりで有名だ。

「鮑国相の籠城の諫めも聞かずに劉刺史が出陣された」

李整がふたりにそう告げた。

兵は揃いきってはいない。特に東郡の曹操は未だ到着していなかった。

短気なところが劉岱の欠点と云われていた。

「鮑国相は?」

李典が尋ねると、李整が、

「曹太守が到着次第、共に後を追うことになっている」

「我らは?」

「鮑国相の旗下として扱われることとなった。曹太守を待つ」

「承知いたしました」

 

于禁と李典

 

李典はそう答えると于禁文則を連れて兵列へと戻って行った。

いよいよ兗州兵は黄巾の残党百三十万とぶつかり合うことになる。

【2話完】




よく読まれている記事

袁術

 

よく読まれている記事:【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?




この記事を書いた人:ろひもと理穂

ろひもと理穂

■自己紹介:

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。

 

■好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

 

■何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 馬超の死因は何か?病死?隠居?暗殺?自害?
  2. 【田疇の進言】烏桓討伐戦で曹操に助言したのは郭嘉だけではなかった…
  3. 官渡の戦いを終戦に導いた許攸(きょゆう)は偉大なの!?
  4. 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝…
  5. 勝負下着の参考に!三国時代の下着ってどんなのだったの?
  6. 関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介!
  7. 孫権はなぜ孫策の子息を冷遇したの?それは孫権が袁術を愛していたか…
  8. さよなら2015年!年忘れだよ♪三国武将の名言・珍言語録

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部
  2. 孔明の最期の晩餐は一体何を食べていたの?
  3. 【キングダム553話】「ルーディン」ネタバレ&レビュー
  4. 【西郷どん】さらば斉彬!幻の上洛計画に迫る
  5. 近藤勇の墓は?新選組局長の最期の地をめぐる
  6. 関羽はお金の神様?風水における関羽像について

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの? 龐統の死後、その一族はどうなったの?魏に降った一族たちの数奇な運命 竹中半兵衛重治と黒田官兵衛はどっちが凄かったの? 【キングダム554話】「壁軍の攻防」ネタバレ&レビュー 読書感想文に使えるオススメ歴史小説「日本の幕末・近代史編」おまけもあるよ 蜀を制圧したばかりの劉備軍をまとめるために孔明が打ち出した二つの方針とは? キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実在したの? 【キングダムで話題】戦国七雄の神武将7人を紹介

おすすめ記事

  1. はじめての三国志の「よくあるご質問」についてのお答え
  2. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第5部
  3. 陸遜はなんで改名をしたの?陸議と魏書では記載されているイケメン陸遜の改名に迫る
  4. 秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!?
  5. ペリーは蒸気船の父!アメリカ海軍近代化プロジェクトX
  6. 誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念
  7. 三国志に出てくる羌族ってどんな民族?
  8. 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP