はじめての三国志コミュニティ
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

はじめての変

新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった

この記事の所要時間: 222




董卓&呂布

 

三国志の時代は各地の群雄が天下統一を目指して戦いに明け暮れた時代です。

戦いに明け暮れた時代でありますが、多数の名言を残した時代でもあります。

今回は三国時代に散らばっている名言と名言を述べた人物の背景を紹介していきたいと思います。

第一回は悪逆非道の限りを尽くした董卓(とうたく)が述べた名言と意外な素顔を紹介します。




悪逆非道の暴君董卓の意外な素顔

董卓えらそう 独裁

 

董卓は人が思いつくあらゆる悪逆非道を行います。

正史三国志を書いた陳寿は「性格は残忍で、記録に残っている歴史上の人物でこれ程悪い人間はいないだろう」と評価。

彼はこれ程の評価を受けていたのですが、実は董卓若い頃はかなりいい人間でこんな名言を残しています。



若かりし頃はデブじゃない

董卓 はじめての三国志 ゆるい

 

董卓は隴西郡と言う中国の西の生まれです。彼はデブのイメージが強いと思いますがそんな事はありません。

董卓は若い時はデブではなく細身の筋肉質の肉体で、馬にひらりと乗れるほど乗馬が得意でした。

さらに力が強く馬に乗りながら左手と左手で弓を引くことができ、その強さに周りは恐れたそうです。

その強さから怖気(おじけ)づかない性格と武芸の強さを見込まれ将校に取り立てられます。

その後数々の戦で大いに活躍し、実績を積んで行きます。

 

羌族の当主から尊敬を集める

朝まで三国志 董卓

 

董卓は後年洛陽や長安で行ったような暴虐で悪い事をしているイメージが強いと思います。

しかし若いころはそんなイメージは全くなく、暴虐な人間とはかけ離れた人間でした。

董卓は若い頃に異民族である羌族が住んでいる地域を周り、各地に住んでいる羌族の頭領と親交を結びます。

ある日羌族の頭領が董卓の家を訪れます。董卓の家は貧乏であり、彼らをもてなす用意ができませんでした。

彼は悩んだ末農耕用に使っていた牛を殺し、もてなします。

彼らは董卓の好意に感激し、自らの領地に帰った後彼の家に農耕用の牛や酒を贈ります。

このように若い頃は人望を得ていた人物でした。

 

関連記事:董卓は実は名将軍であるという根拠

関連記事:超豪華!反董卓軍の英雄達

関連記事:後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)

 

反乱軍平定で功績を挙げる

朝まで三国志 董卓

 

彼は韓遂(かんすい)らが反乱を起こした際、自ら軍勢を率いて彼らの反乱を平定。

朝廷から褒められます。また中国の西方には異民族が多数存在し反乱を繰り返し起こしていました。

董卓は軍勢を率いて異民族と繰り返し戦います。

 

関連記事:三国志に出てくる羌族ってどんな民族?

関連記事:馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)

関連記事:三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?

関連記事:曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編

 

「為すはすなわち己なるも有するはすなわち士なり(この手柄は俺が挙げたが、褒美はみんながもらうべきだ」by董卓

朝まで三国志 董卓

 

董卓は反乱を平定し名声を挙げます。

そんなある日西方の漢陽郡と呼ばれる地域で羌族が大規模の反乱を起こします。

董卓は羌族の反乱を平定するため出陣します。彼は羌族を激しく攻める立て、反乱を鎮圧します。

朝廷は反乱鎮圧で実績を上げている董卓を報奨し、9000の絹を与えます。

董卓はこの褒美をもらった時に彼らに対して上記の言葉を述べます。

現場の辛さを味わった事のある彼だからこそ部下に対して、優しい言葉をかける事が出来たのでしょう。

彼の部下は董卓の思いやりのある言葉を聞き、大いに感激し、泣き出す将校までいる程でした。

 

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

関連記事:沙摩柯(しゃまか)武蛮族の王|甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる

関連記事:老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった

関連記事:五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

董卓の意外な一面を彼の名言と共に紹介しました。

彼の若い頃には悪い逸話よりもいい話が多く他にもこんな話が残っております。

董卓はまじめにしっかりと田畑を耕して生活をしていました。

そんなある日いつもと同じように畑を耕していると畑の中から一振りの刀を発見します。

この刀を後年、学者である蔡邕見せた所、西楚覇王項羽の刀であることが判明するのです。

董卓はこの刀を宝としてしまい込むのです。彼は陳寿の言う通り、洛陽に入城したころから悪逆非道をはじめ変貌をしていきます。

しかし若い頃はそんな悪い人間ではなかったのです。

今回のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。それじゃまたにゃ~♪



よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉
■自己紹介:

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。

好きな歴史人物:張遼夏候惇文鴦

何か一言:好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 何で曹操はあれだけ関羽を愛していたのに配下から逃がしたの?
  2. 【元祖】那須与一は呂布だった?弓矢の実力も一流の呂布の逸話
  3. 三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの…
  4. 策士・参謀・軍師の役割の違いって何?
  5. 曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?
  6. 曹操を好きになってはいけない6つの理由
  7. 終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ
  8. 王昶(おうちょう)ってどんな人?治世に優れた優秀な政治家で、軍事…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 司馬懿(しばい)ってどんな人?実は列伝が無い孔明のライバル
  2. 天下の袁紹軍の組織図はどうなってたの?袁紹陣営をミエル化してみる!
  3. 【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かなかったばっかりに・・・・
  4. 三国志の時代のライター陽燧(ようすい)が中々便利!
  5. 卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人
  6. 要離(ようり)とはどんな人?呉王・闔廬の為に身命をとした刺客

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

本拠地の兗州でクーデター発生!親友の裏切りにあった曹操 【三国志刀剣乱舞】三国志武将が持っていた名刀・名剣を紹介するよ 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ! ええっ!曹操と劉備は元々は仲が良かったって本当? 【第四回 放置少女】伏龍参戦の新イベントと公孫瓚に挑んでくるぜ!! 三国志フェス2015に「はじめての三国志」のおとぼけも主演します! 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どころ 【有料記事】三国志の軍隊のマニアックな規律を紹介

おすすめ記事

  1. 陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み取る陸遜の能力
  2. 【シミルボン】幸村だけじゃない曹操、孔明も使った赤備え!
  3. 前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国へ
  4. 曹丕はどうやって後継者争いに勝ち残って魏の初代皇帝になれたの?
  5. 【蜀漢の年表】劉備と孔明が支えた季漢の歴史を超分かりやすく解説
  6. 錦馬超の武勇はどこまで本物なの?正史と演義を比較してみよう
  7. 【地図付き】地味だけど結構重要だった!諸葛亮の南中遠征
  8. 大奥には入れ替えがあった?意外に知らない大奥

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP