広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国時代の船はどうなっていたの?三国志の海戦は目的別に船が用いられていた

この記事の所要時間: 33




三国時代の船01

 

三国志の呉は国土の中に大小様々な河川が流れていた事から、

船の扱いに習熟しておりました。

また長江近辺での戦では必ず船を用いて戦っていたそうですが、

三国志で行われた海上戦にはいったいどのような船があったのでしょうか。

 




北は乗馬術に長けており、南は船の扱いに慣れている

三国時代の船

 

三国志の時代には色々な戦闘用の船が登場します。

特に船の扱いに習熟していたのは呉の国です。

呉の国は領地の中に沢山の河川が流れていた事から、

普通の生活でも船を使っている事が多いです。

古来から北は馬の産地として有名であり、騎馬に長けていた人が多いとされています。

反対に南には河川が多い事から船の扱いに慣れている人が多かったそうです。




指揮官クラスの人物が乗る「楼船」

三国時代の船 楼船

 

今回は騎馬の話ではなく三国志に出てきた船のお話です。

三国志の時代にもたくさんの船が登場しております。

特に船の技術に習熟していたのは呉です。

呉は海戦が決まるとまず兵士達を指揮するための「楼船(ろうせん)」を準備します。

この船は将軍や兵を指揮する立場にいる指揮官クラスの人間が乗ることのできる戦艦です。

楼船は船を二つ横につなげた船に櫓などを立てていたそうです。

この船は全体を指揮するため、水上船では一番後ろに陣取ります。

また三国時代には船を鉄で作る技術はないため、船は木でできています。

そのため楼船に火矢が当たると燃える可能性があります。

そのため敵の火矢を防ぐため、

牛の皮を船全体に貼って火が付かないように工夫されています。

また兵士の数も100人前後乗船することが可能で、

敵から攻撃を受けてもすぐに矢で応戦して反撃することができます。

まさに戦艦にふさわしい防御力と攻撃力を備えておりました。

 

水上戦の特攻隊長「蒙衝」

三国時代の船 蒙衝

 

水上戦において先鋒を任される船は「蒙衝(もうしょう)」と言われる船です。

この船は少数の人間しか載っていません。

その理由はこの船が船体ごと敵に突撃して、敵の船を破壊する目的を持っていたからです。

そのため、蒙衝で突撃して船がバラバラになる前に乗っている人達は脱出。

その後、後続の味方の船に拾ってもらうようになっております。

まさに特攻隊長の名にふさわしい名を持つ「蒙衝」です。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【軍師連盟】晩年の司馬懿には欠点はなかったの?
  2. 涙なしには語れない桃園の結義
  3. 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介
  4. 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方
  5. 被らないのは裸で歩くようなもの?中国人が被っていた冠は何?
  6. 曹操が遺言で見せた女性への愛情
  7. 【軍師連盟】司馬懿は軍師?それとも将軍?司馬懿は武将として出世し…
  8. 【官渡の戦いの裏話】趙儼と李通がいなければかなりやばい状況だった…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 楊戯(ようぎ)とはどんな人?季漢輔臣賛を記して蜀の臣下を褒め称えた政治家
  2. 【燕の名将・楽毅の名言】古の君子は交わりを断つとも悪声を出さず
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース22記事【5/29〜6/4】
  4. 連環の計って、どんな作戦?
  5. 呉のマスオさん朱然、養子で入って呉に尽くした小さな大都督の人生
  6. 徳川家康は孫権を参考にしていた?二人の共通する人材起用のポイントとは!?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

1万7000人、秀吉軍のフルマラソン(中国大返し)街道でお茶とおにぎり食い放題、5日間で70キロ走破 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由とは? 朱霊(しゅれい)とはどんな人?曹家に仕えて30年のベテラン将軍!実は魏の隠れ五大将軍だった 【三国志都市伝説】袁術は曹丕より先に禅譲を考えていた? ひとりしかいない筈なのにたくさんいた? 『皇帝』のお話 36話:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布 司馬家の皇帝殺害を正当化するための故事が存在した!?晋国を安定に導く文言

おすすめ記事

  1. ゴールデンカムイネタバレ予想 127話 本当のチタタプ
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース9記事【7/25〜7/31】
  3. 関帝廟のご利益ってなに?神様の名前は「関聖帝君」
  4. 53話:体制を立てなおした劉備に曹操が襲いかかる
  5. 董卓は実は名将軍であるという根拠
  6. え!そんな理由なの?丁儀は曹丕に馬鹿にされたから曹植を応援した?
  7. 「はじめての三国志」のロゴが完成しました
  8. 朽井迅三郎(くちい・じんざぶろう)は実在したの?アンゴルモア 元寇合戦記の主人公に迫る

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP