キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

介子推(かいしすい)とはどんな人?晋の重耳に自らの身を犠牲にして忠誠を尽くす




photo credit: High grain performance via photopin (license)

 

春秋の五覇の一人に数え上げられる晋の重耳(ちょうじ)は、

歳をとってから君主の座に就きます。

その原因は若い時に晋の国が乱れたせいで、国外に逃亡しなくてはなりませんでした。

そのため彼は、晋の国の君主として立つまで、

10年以上も諸国を放浪することになります。

この時彼に付き従って旅をつづけた家臣は多くいますが、

その中で自分の身を犠牲にして晋の文公を支えた

忠義の化身である介子推(かいしすい)を取り上げたいと思います。

 

関連記事:これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介!




自らを犠牲にする

photo credit: ceci n’est pas une lune via photopin (license)

 

史記は介子推がいつ頃から彼に従ったか明記しておりません。

しかし晋の文公に付き従って彼を支えたのは間違えありません。

その証拠として、晋の文公が晋の国を出た際に、彼も付き従って晋の国を出ます。

そして重耳と共に各地を放浪する事になりますが、ある時食料が無くなってしまいます。

そこで彼は自分の太ももを切り取って重耳に与えます。

重耳は自らの肉を切り取った介子推に感謝を伝えて、彼の肉を食べたそうです。




自分の功績を誇らない

photo credit: Toronto Ontario ~ Canada ~ Allan Gardens ~ Landmark Site ~ Historical Allan Gardens Conservatory ~ via photopin (license)

 

このように介子推は自らを犠牲にして、重耳に仕えます。

その後も長くて辛い放浪生活を続けますが、秦の君主の助けを得てようやく晋の国に帰還することがかないます。

こうして重耳は晋の国の君主として擁立され、晋の文公となります。

その後晋の文公は、自分が放浪の旅を続けていた時に付き従ってくれた家臣たちに

褒美を与えます。

ある家臣は自らの功績を誇らず、自分に多くの過失があったと文公に言います。

しかしこのやり取りを聞いていた介子推は「あいつは自分を謙遜してあんなことを言っているが、

褒美がほしいと意思表示しているのと同じだ」と怒ります。

そして介子推は「こんな卑しい人と一緒にいるのは御免だ」と言って

文公の元を去っていきます。

 

文公から何の報いもない

photo credit: I’m only happy when it rains… via photopin (license)

 

こうして晋の文公は自分と共につらい旅を味わった配下達にねぎらいの意味を込めて、

領地や爵位を与えていきますが、

介子推には一切褒美を与えることはありませんでした。

介子推も自分の事をアピールせず、文公の元を去っていきます。

 

介子推の従者が張り紙を貼る

photo credit: Simplicity . . . via photopin (license)

 

介子推の従者は、介子推が一生懸命文公の為に尽くしてきたのに、

何の褒美も与えない事に激怒し、ある張り紙を貼ります。

その張り紙に書いた内容は「龍は天に上るために五匹の蛇が助けます。

四匹の蛇は龍から報いてもらうことができたが、一匹の蛇は何にももらえず

龍の元を去った。」との内容です。

この張り紙の内容は晋の文公が放浪の旅をしていた時、

五人の家臣が必死に彼を助け、晋の国主になった時、

四人は文公から褒美をもらい満足しますが、

一人(介子推)だけが何ももらえないという意味です。

この内容を知った文公は介子推が籠っている山を彼に与えることにします。

そしてこの山を「介山(かいざん)」と名付け、彼の領地とします。

 

介子推を偲ぶまつりがあった

photo credit: Spider in the myst 3453 via photopin (license)

 

十八史略(じゅうはちしりゃく)と言われる歴史書には、

介子推は文公の元を去って山にこもりますが、

その後文公は介子推が籠った山に火を放ちますが、

文公は介子推が逃げられるように、

山の中にある一本の道には火が燃え広がらないようにします。

この時介子推は山から下山せず、

そのまま一本の木の下で母親と共に焼け死んでおりました。

その後介子推を偲ぶことが風習化され、

清明節(せいめいせつ:旧暦の2月頃~3月後半)の前日には、

中国の人々は家の戸口に柳の枝を指して、介子推の魂を呼び寄せていたそうです。

この風習を寒食節と言います。

この寒食節は今日の中国では行っている人はほとんどいません。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

春秋五覇の一人に数え上げられる偉大な君主であった晋の文公ですが、

自分に身をもって忠義を尽くしていた人材に何も報いることをしなかったのは、

最大の汚点であると思います。

自分に何も報いなかった文公の悪口を言わず、

晋の文公の元から去った介子推はかなりの人物であったと思われます・

それにしても誰かに言われるまで、

晋の文公は介子推の事を思い出さなかったのでしょうか。

これは一つの事を物語っている証拠であると思います。

名君と言われた文公ですら功績のあった臣下に報いることをしなかったのであれば、

現在の会社などでは自分の手柄をアピールして、

上司に功績を認めさせたほうが昇進につながるのではないでしょうか。

過度なアピールは禁物ですが、

少しくらいはアピールして印象をづけたほうがいいのかもしれませんね

「今回の春秋戦国時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじさんでお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

関連記事:狐偃(こえん)とはどんな人?晋の文公を覇者の地位までのし上げた宿臣

関連記事:劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?

関連記事:これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介!

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー



よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

兵馬俑 kawauso

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 合肥の戦いの満寵 村上義清(むらかみよしきよ)とはどんな人?武田家キラーとしてその…
  2. 【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオー…
  3. 曹叡 曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝
  4. 孫武(ゆるキャラ) 孫臏の魔術がスゴイ!どの国からも侮られていた斉兵を強兵に変えた改…
  5. 桓騎軍のDQN集団がヤバ過ぎる・・・何であんなのが配下に集まるの…
  6. 大政奉還した徳川慶喜 徳川慶喜の大政奉還は日本国大統領の布石だった!?
  7. 曹操 幼少期・青年期の曹操がかなりやんちゃってほんと!?
  8. 黒田官兵衛 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 篤姫
  2. 沖田総司 幕末
  3. 亡くなる卑弥呼
  4. 金栗四三 いだてん
  5. 司馬懿

おすすめ記事

  1. 【朝まで三国志2017】秋告知(5)開催日時が決定したよ
  2. 袁術大助かり!漢の時代に盛んになった養蜂を分かりやすく解説
  3. 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その1 劉備 婿
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【2/20〜2/26】
  5. 諸葛亮が発明した三国志のミリ飯「博望鍋盔」を実食! 三国志の計略と孔明
  6. 【キングダム】昌平君と媧燐は生き別れの姉弟?そこから導かれる悲しい最後

三國志雑学

  1. 蜀の劉琦
  2. 酔いつぶれる劉備玄徳
  3. 魔王曹操
  4. 献帝
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. ホウ徳
  2. 曹操は褒め上手
  3. 黒田官兵衛
  4. 織田信長
  5. 于禁を虐める曹丕

おすすめ記事

侍と忍者は世界でも大人気!!侍と忍者が登場するゲーム5選 東京五輪でテロ対策をしている警察や警察犬 いだてん 2020年東京五輪のテロ対策とは?策定された政府のテロ対策計画は? 【お知らせ】はじめての三国志が電子書籍レベール「桃園出版 三国舎」を設立 孫権の跡継ぎ9歳の孫亮 孫登(そんとう)とはどんな人?超絶優しい孫権の長男 張飛のヨメ 張飛の妻は13歳!名門夏侯氏の娘、夏侯夫人 篤姫 篤姫はなぜ人気がある?大河ドラマヒットの法則 劉備の黒歴史 怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超人の秘密! 劉備と呂布 どうして劉備は呂布を胡散臭いと思ったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP